クレジットカードの在籍確認を解説!突然の電話に備えるための方法

クレジットカード 在籍確認

クレジットカードを作る際には避けられないのが在籍確認です。
中には、「どうして在籍確認なんてしなくてはいけないのか」と疑問に思っている人もいるでしょう。

また、在籍確認を「カード契約をした事実が周りに知られそう」「対応するのが面倒」などの理由で避けたがる人は少なくありません。

実際、職場や自宅にカード会社からの電話がかかってくると、秘密にしたかったカード契約も周囲に知られてしまいかねません。
しかし、在籍確認の流れを正しく把握しておけば、いざというときも冷静に対応できます。

美咲
こんにちは、美咲です。

それにしても、クレジットカードの在籍確認ってどうして必要なんですか?
できれば避けたいんですけど……。

ガマ蔵

確かに、クレジットカード契約になれていない人からすると在籍確認は緊張するやろうなあ。

でも、審査に通るために在籍確認はめっちゃ重要なんや!
在籍確認せんと、カード会社は安心して契約を結ぶことなんかできへんからな。

師匠の言う通り、この記事ではクレジットカードの在籍確認はどのような流れでおこなわれるのか、何の意味があるのかについて解説します。

在籍確認が必要な理由

在籍確認とは、クレジットカードに申し込んだ際、登録された個人情報が正しいかどうかを確認するためのプロセスです。

主な方法としては、登録された職場に電話をかけるなどして、本人が本当に在籍しているかどうかを調べます。

在籍確認で確認されているポイントは、まず「収入」です。

申し込んだ本人に十分な収入がなければクレジットカードの支払いもできません。
毎月の返済日に、しっかりお金を支払っていける能力を「返済能力」と呼んでいます。

返済能力を判断するためにカード会社は申し込みの際、「年収」や「職業」を登録してもらっています。
そして、「返済能力に問題がない」と認めれば、審査を通過してカード契約を結ぶことができるのです。

 

しかし、データ上で年収を登録しただけでは、本当にそれだけの稼ぎがあるかがわかりません。
また、審査に通りたいがために偽の職場を登録する人もいるでしょう。

そこで、不正防止のために在籍確認がおこなわれます。
登録情報にある勤務先に電話を入れ、在籍している確認がとれてはじめて「登録情報に間違いなし」とみなされるのです。

 

在籍確認なしの可能性があるシチュエーションとは?

クレジットカードの審査では、在籍確認なしで契約が認められるときもあります。

 

すでに他のクレジットカードを使っている

可能性があるシチュエーションとしては、他のクレジットカード会社のサービスをすでに利用しているケースです。

クレジットカード会社では複数のクレジットカードを運用しているケースも少なくありません。
そして、一度審査を通過し、契約を結んだ個人情報はカード会社間で共有されています。
つまり、在籍確認を何度も行わなくてもすでに登録情報は信用できる」とみなされているわけです。

他のクレジットカードをすでに利用していて返済能力に疑いがなく、勤務先も変わっていないとなると、在籍確認を省くことが多くなるでしょう。

補足説明

例外として、他のカードを利用していても「遅延が多い」など返済に関して問題行動を起こしていると、改めて返済能力を確かめなくてはいけません。

また、申し込んできた本人の経歴にかかわらず、在籍確認を行うカード会社もあります。

 

クレジットヒストリーが優良

クレジットヒストリー

「クレジットヒストリー」が優良であるケースも在籍確認をおこなわない可能性があります。

クレジットヒストリーとは、「信用情報機関」に登録されている返済に関する履歴です。
カード契約を結ぶと、契約者は自動的にカード会社が提携している信用情報機関に個人情報が登録されます。

補足説明

主な信用情報機関には株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC)の3種類があります。

一度信用報機関に登録されると、契約者の返済状況、利用状況などはすべてデータとして残り、提携しているすべての貸金業者に共有されていきます。
つまり、契約者が新たにカード契約を行おうとすると信用情報機関で履歴を調べられ、クレジットヒストリーが明らかにされるのです。

クレジットヒストリーに問題があると、「契約ができない」「契約できても借入額の上限が低くなってしまう」などの問題が起こります。
ただし、一度も延滞がなく信用が十分と判断されれば「優良顧客」とみなされ、希望額のまま、問題なく審査を通りやすくなるでしょう。

そして、在籍確認を省かれる可能性も生まれます。
在籍確認とは、あくまで「返済能力がまだ信用されていない」人に対してカード会社が行う審査の一部です。
すでに、他社との取引で十分に返済能力を証明している人には、在籍確認を行う必要性がありません。

クレジットヒストリーを汚さないためにも、カードの支払い日などの条件を甘くみないように心がけましょう。

 

職場が変わっていない場合

前回クレジットカードを作ったときと同じ職場を登録したケースでも在籍確認が省かれる可能性があります。
なぜなら、「職場が同じなら収入に大きな変化はない」と考えるからです。

何か特別な事情がない限り、同じ会社に在籍していて年収が大幅に下がることはありません。
逆に、昇進するなどして年収が上がることがあった場合、そのときはむしろ返済能力は高まっているといえます。

いずれにせよ、在籍確認をやり直す決定的な理由にはなりません。

補足説明

「年収は大きく変わっていないものの、職場は変わった」場合には変更情報が正しいかどうか、カード会社は再度在籍確認あおする必要があります。

 

信用情報機関に情報がない人は在籍確認がくる可能性が高い

信用情報機関に情報がない人は在籍確認がくる可能性が高い

カード会社が必ず在籍確認をするのは、信用情報機関になんの情報もない人から申し込みがあった場合です。

信用情報機関の情報がなければ、本人の返済能力について判断ができません。
そのため、一から返済能力を調べたうえで、カード会社が信用情報機関に申請し、個人情報を新たに登録してもらう必要があります。

このような理由から、クレジットカードの作成に慣れていない人ほど、在籍確認が職場にかかってくる可能性は高いといえるでしょう。

信用情報機関に登録されていない人で、一番多い理由は「クレジットカードを作ったことがないから」です。
このような状態を「スーパーホワイト」と呼びます。

また、そのほかのカードローン、住宅ローンといった契約を結んだ過去がない人も信用情報機関には情報が載っていません。

 

信用情報機関はあくまで、貸金業者や金融機関で共有されているデータベースです。
クレジットカードや借金と無縁で生きてきた人の情報が存在しないのは当然といえるでしょう。

そして、たとえ過去に借金をしていた人でも「信用情報機関と提携していない業者から借入を行っていた」という人なら、信用情報機関に履歴は残りません。

補足説明

俗に「ヤミ金」と呼ばれるような貸金業者の中には、信用情報機関も把握していないところがたくさんあります。

そのほか、個人で貸金業を行っているような人からお金を借りた場合でも、信用情報機関に履歴は残らないでしょう。
過去、借入のあった人は契約先を確認したうえで、「借金をしたことがあるから在籍確認はかかってこないはず」とはやとちりしないようにするのが賢明です。

 

転職したばかりだと在籍確認はある

クレジットカード会社が必ず在籍確認をするケースとして、転職したばかりの場合があります。
また、就職してから勤務年数が少ないときは在籍確認をされる可能性が高くなるでしょう。

ただし、「転職をしたとしてもすぐにクレジットカード会社に伝わるものなのか」と思う人もいるかもしれません。
基本的に、契約内容の変更は自己申告制となっています。

つまり、転職をしたとしても無条件でカード会社に伝わるとは限りません。
申告しないまま放置しておけば、以前登録された職場情報のまま信用情報機関の履歴が残り続けます。
ただし、別のやりとりをしているときにうっかり転職した事実を知られてしまうと、カード会社から不信感を持たれてしまう恐れはあります。

「転職によって年収が減った」などの事実があると、なおさら「不利な情報を隠そうとした」というようにカード会社から解釈され、クレジットヒストリーが汚れかねません。
転職したらすぐ、自分からカード会社に告げて個人情報を更新してもらうのが得策です。

補足説明

ちなみに、在籍確認があるのは契約審査の時に限られます。
転職後、新たにカード契約を結んだり、再契約したりするときにも在籍確認が行われますが、契約期間中に転職先へと在籍確認がかかってくることはありません。

そして、転職によって年収が下がってしまったとしても、原則的に現状の契約内容が強制的に変更させられることはないでしょう
クレジットカード会社と良好な関係性を維持するために、小さな情報の変更でもこまめに申告するのがおすすめです。

 

在籍確認の内容はシンプル

申し込んだ本人が電話に出た場合
会社で電話に出ている状態は不自然ではないものの、会話が長くなればなるほど周囲から不審に思われる恐れが出てきます。

そのため、「在籍確認では本人が会社に在籍しているとわかった時点で目的が果たされるため、電話口で話す内容は特にありません。

「~さんでいらっしゃいますか」と質問され、「そうです」と答えれば、それ以上の会話は続かないのが普通です。
「わかりました。ご協力ありがとうございました」などの簡単な挨拶があって、電話が切れます。

どんなに長くても時間は2~3分ですぐに終わるでしょう。

本人以外が電話に出た場合

本人が電話を取れない場合は、在籍確認において大きな問題にはなりません。

在籍確認の目的は登録された勤務先にちゃんと在籍しているかどうかを調べることです。
そのため、本人の留守中に他の社員が電話に出たとしても「~さんいらっしゃいますか」と担当者が質問し、「おりますが、今は外出中です」のような回答が得られれば「在籍確認は完了した」とみなされます。

何度も電話がかかってくることはないので、安心しましょう。

 

在籍確認の電話は会社名も名乗る?

基本的に、多くのカード会社は申し込んだ本人のプライバシーを考慮し、会社名まで名乗ることはありません。
担当者の名前だけを告げ、「~さんいらっしゃいますか」と聞くのが一般的な流れです。

もしも「どのようなご用件でしょうか」「どちらの会社でしょうか」と聞き返されても、対応した人の様子から本人が在籍しているとわかった時点で再びかけてくることはありません。

補足説明

ただし、中には担当者が会社名と名前を名乗るパターンもあります。
こうした名乗り方はマニュアルで決められているため、特に理由がなければ変更はないでしょう。
そして、クレジットカードの在籍確認だと会社名から名乗るパターンが多いのが特徴です。

 

在籍確認を避ける3つの方法

在籍確認で名前とカード会社名を名乗ってしまう事態を避けたいなら、いくつかの対策があります。

 

すでに利用しているカード会社に申し込む

在籍確認を避ける方法として、すでに利用しているクレジットカード会社に申し込む方法があります。

原則、在籍確認は一度行われれば、再び電話が職場にかかってくることはありません。
つまり、過去に在籍確認を済ませているカード会社に申し込む限り、会社に電話はかかってこないでしょう。

すでに個人情報を提供しているので、在籍確認を避けられる可能性が高いといえます。
本人を優良顧客としてカード会社が認識してくれている場合、在籍確認も含めて面倒な手続きはなく、新たな契約が成立します。


ただし、同じカード会社に申し込む際にはデメリットも発生します。

本人が転職しているなど、かつての個人情報が変更していたときには在籍確認がやり直されるケースもあるので注意しましょう。

また、「一度行った在籍確認は二度とやらなくていい」とルールで決まっているわけではないので、同じカード会社に申し込んでも在籍確認を避けられる確率は100%ではありません。
二度目以降のカード審査でも在籍確認がされることもあるので、油断は禁物です。

また、ショッピングの利用状況によっては審査に通らないことも珍しくありません。
「返済を遅らせた履歴がある」「借入額が上限を超えている」などのネガティブな情報が登録されていれば、同じ会社で新しい契約は結べない可能性があるので、自身のクレジットヒストリーを見直すとよいかもしれません。

 

審査時間が早い会社に申し込む

クレジットカード会社によっては「即日融資」「審査がスムーズ」などのPRをしており、より多くの契約者を獲得しています。

そして、在籍確認を避ける方法としても、審査時間が早いクレジットカード会社に申し込んでみるのは有効です。
どうして審査時間が早いカード会社が好まれるのかというと、審査をおこなったその日のうちに融資までこぎつけられるからです。

「すぐにクレジットカードが必要!」という消費者のニーズに応えるには、できるだけ審査の手順を簡略化しなくてはいけません。
そこで、在籍確認そのものを省いてしまうカード会社も出てきているのです。

在籍確認をカード会社からかけなくても、たとえば消費者から「源泉徴収」「給料明細」などといった書類を写真で送ってもらえば、在籍確認に近い審査はおこなえます。
これらの書類の日付が最近であればあるほど、信ぴょう性も高くなります。

特に、ネット審査・融資などの方法が注目されつつある時代では、在籍確認を省いたスムーズな流れが重要になってきています。


スピード発行できるクレジットカードは最短即日・スピード発行可能なクレジットカードの記事をご覧ください。

 

普段から延滞に気をつける

これまでクレジットカードを利用してきた人が新たにカード契約を行う場合、「クレジットヒストリー」は非常に重要です。

ヒストリーにネガティブな履歴があると、信用度が低くなるので審査に通りにくくなります。
また、審査を通してもらえる場合でも在籍確認を避けられないようになり、心配事が増えてしまいます。

つまり、クレジットヒストリーに傷が入らないよう普段から心がけておくのが得策です。

具体的には、返済の「延滞」「滞納」をせず、必ず期日までに必要額を用意するように努めましょう。

補足説明

口座から自動引き落としになっている人は、返済期日が近づいても預金に余裕があるかを確かめるようにします。
本人に悪気がなくても、預金が少なくて引き落としできなかったときには「延滞」扱いになり、クレジットヒストリーに悪い履歴が残ってしまいます。

延滞をしないようにするメリットは、新規申込の場合だけに限りません。
というのも、延滞をし続けていると職場に電話がかかってくる恐れもあるからです。

契約者が延滞をして支払う意志が見えないとき、通常は本人の電話にかかってきます。
それでも、本人が電話に出ないようなら、次は自宅の電話にかかってくるのが普通です。

それでもなお、誰も電話に出ないときは職場まで電話がかかってくることもありえるのです。
もちろん、職場に電話をしたときでも、担当者は「カード会社名」を名乗らず「氏名」だけを告げますし、本人以外に用件を話すことはまずありません。

それでも、周囲にカード契約の事実を隠し通したいなら、最初から延滞をせず真面目に返済を続けるのが理想でしょう。


クレジットカードの締め日・支払日についてはこちらを参考にしてください。

クレジットカード 締め日

クレジットカードの締め日・支払日一覧!遅延しないために要チェック

 

まとめ

在籍確認をするかしないかは、結局クレジットカード会社の判断です。
在籍確認は必ず防げるとは限りません。

在籍確認では、本人以外に用件が伝わることがありません。
「最近、勧誘の電話が多くて困っている」程度に説明しておき、普段通りに振舞えば同僚も特に気にはしないでしょう。

クレジットカードを作るにあたって、在籍確認には非常に重要な意味合いがあります。
しかし、一方で在籍確認をできる限り避けたいと感じる人も少なくありません。

せめて、いざというとき慌てないように在籍確認の内容だけでもご確認ください。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。