300万ダウンロード突破の人気プリペイドカード『バンドルカード』についてインタビュー!

バンドルカードインタビュー

「キャッシュレスに興味があるけれど、クレジットカードは審査に通るか不安……」
「クレジットカードは使い過ぎてしまうかもしれない……」

そんな不安をお持ちの方におすすめなのがプリペイドカードです。

一口にプリペイドカードと言ってもさまざまなカードがありますが、その中でも勢いのあるカードが「バンドルカード」です。

バンドルカードは、株式会社カンムが2016年9月にローンチしたプリペイドカード。
2020年には累計300万ダウンロードを突破!
その実績もあってか、株式会社カンムはテクノロジー企業成長率ランキング「2020年 日本テクノロジー Fast 50」にて2位を受賞しています。
2019年では1位を受賞し、その成長率の高さがわかります。

今回はバンドルカードの事業企画とPMを担う佐藤様にお話を伺いました。
(取材日:2021年2月16日)

取材協力
株式会社カンム佐藤様

株式会社カンム 事業開発部
ガルシア 佐藤 仁美 氏

「バンドルカード」リリースの背景

バンドルカード

画像引用元:バンドルカード公式サイト(最終閲覧日:2021年2月18日)

――バンドルカードを開発するにあたり、特に大事にされた点は何でしょうか?

銀行口座などの金融サービスを利用できない人は「アンバンクド」と呼ばれています。
また、金融サービスが難しくて心理的な距離を取っている人を弊社では「心理的アンバンクド」と呼んでいます。

日本ではそういった心理的アンバンクドの人が多いと感じており、そのような方々に対して金融サービスの利用のハードルを下げるようなサービスを作っていくことを大事にしています。

バンドルカードなら、アプリをダウンロードして電話番号と生年月日を入力するだけで登録できます
カードもその場で発行でき、対象年齢制限等もなく、誰でも使えるシンプルなサービスとなっています。

 

「バンドルカード」の特長や主な利用者層など

――バンドルカードの主な利用者層はどのような方々でしょうか?

10代から30代の若年層の方が多いです。
特にクレジットカードを持っていない方たちに認知されています。

「お金は手元にあるけれど、ネットショッピングなどの支払いが面倒」という方にもよく利用されています。


――「特にこのような方に使ってほしい」「今後はこのような方に使ってほしい」というターゲットはございますか?

クレジットカードを持っていない人だけでなく、一部持っている人にもバンドルカードが利用されていることがわかっています。

先述した利用者はクレジットカードでは「利用可能枠が大きくて使い過ぎが怖い」ということで、予めチャージすることで使える額を決めれるバンドルカードを「使い過ぎないのがいい」という理由で使われていることが多いようです。

今後はそのようなカードを持っていない人だけでなく、「使い過ぎが怖い方」「予算をコントロールしたい中高年の方」の利用も拡大したいと考えています。


――クレジットカードをやめてプリペイドカードにするのではなく、両者を使い分ける方もいるのでしょうか?

クレジットカードを持たれている方には使い分けている方も多いです。

たとえば、たまにある大きなお買い物ではクレジットカードで支払い、生活費や趣味の支払いはバンドルカードで支払うかたちです。

最近ではアイドルやアニメグッズを購入する際、クレジットカードだと使い過ぎるのでバンドルカードで決めた額だけ使うということも多いですね。


――他社のプリペイドカードと比べたとき、バンドルカードの一番の強みは何でしょうか?

他のプリペイドカードにはない特徴として「ポチっとチャージ」という後払い機能が強みだと思います。

これまでのプリペイドカードは使い切りであったり、コンビニや銀行口座でチャージしたりするものでした。
しかしコンビニでのチャージは面倒ですし、銀行口座との紐付けは不正利用の不安がありました。

「ポチっとチャージ」ならその場でチャージし、翌月末までに好きなタイミングで支払いをすることができるのがメリットです。
ユーザー様からも好評のチャージ手段となっています。

ポチっとチャージ

画像引用元:バンドルカード公式サイト(最終閲覧日:2021年2月18日)

 

「バンドルカード」をお得に使うポイント

――アプリでもカードでも利用できるバンドルカードですが、「このような場面で使うのがおすすめ!」「このような場面でよく使われている」という具体例はございますか?

「今すぐ欲しいものがあるけれど、チャージするのが面倒……」「早くしないと欲しい商品が売り切れてしまう!」という場合にポチっとチャージで後払いチャージをして購入するのがおすすめです。

 

コロナ禍による利用者の変化やキャッシュレス決済の今後について

――コロナ禍に入り、現金に触れるのを避けるためにキャッシュレス化が進んでいる印象ですが、貴社でも利用者層や発行数などに変化はございましたか?

「現金に触れるのが怖いから」というより「アプリ上ですぐに発行できる」という点が支持されて発行数が伸びていると感じています。

特におうち時間が長くなったことで、映像系のサブスクリプションサービスへの需要やアーティストのライブ配信が増えたこともあり、クレジットカードでしか支払えないサイトでのサービス利用が増えています。


――プリペイドカードに限らず、キャッシュレス決済には今後どのようなサービスが求められるとお考えでしょうか?

日本にはキャッシュレス決済に心理的なハードルを持っている方がいらっしゃるので、そういった方にも受け入れられるシンプルなサービスが求められると思います。

敬遠されがちなサービスと思われないことが大事で、老若男女問わず誰でも簡単に登録できて利用も簡単なサービスが求められていくと考えています。

 

まとめ

バンドルカードはキャッシュレス決済に苦手意識を持っている方におすすめのプリペイドカード

既にクレジットカードを持っている方にも、使い過ぎを防ぐ目的などでおすすめ!

バンドルカードの独自機能「ポチっとチャージ」を利用すれば急な支払いにも対応可能

今回はバンドルカードについて貴重なお話をお聞きすることができました。

バンドルカードは審査も年齢制限もないので、気軽に作れるプリペイドカード。
「ポチっとチャージ」を利用すればその場でチャージできるというメリットもあります。

前払いでも後払いでもチャージできるバンドルカードは、他とは一味違うプリペイドカード。
キャッシュレス決済に興味を持っている方も、現金派という方も、バンドルカードから脱現金を試してみてはいかがでしょうか。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。