イギリスはクレジットカード必須!留学や旅行におすすめのカード3選

イギリスに持っていくべきクレジットカード

この記事でわかること

イギリスのクレジットカード事情

クレジットカードが使える場所・現金が必要な場所

クレジットカードを利用するメリット・注意点

旅行者や留学生におすすめのクレジットカード

これからイギリスへ旅行や留学などで渡航するという方、または検討している方必見!

「イギリスに持っていくならどのクレジットカードがいいんだろう?」
「海外で現金を持ち歩くのはちょっと不安」

そのような疑問や不安を抱えている方に、今回はイギリスでクレジットカードが使える場所や使うメリット、おすすめのカードを一挙ご紹介していきます。

美咲
こんにちは、美咲です。
イギリスといえば、中世ヨーロッパの建物や教会などの歴史的建造物が有名ですよね。
私も本場の紅茶やフィッシュアンドチップスを堪能してみたいです。

ところでイギリスを満喫するなら、やはり現金よりクレジットカードの準備が必要ですよね?

ガマ蔵
イギリスではちょっとした現金が必要な場合もあるんやけど、クレジットカードは少なくとも2枚は持っておくとええな。
支払い以外にも旅行保険やらキャッシングで現地通貨を引き出すんにも便利に使えるんや。

まず最初に、今回の記事でおすすめするクレジットカードの特徴をご覧ください。

おすすめカード特徴公式サイト
エポスカード
エポス
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 年会費が永年無料
  • 一時的な限度額の増加が可能
学生専用ライフカード
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 学生は海外利用分5%をキャッシュバック
  • 国際ブランドはVISA/MasterCard/JCBから選べる
三井住友カード




  • 学生専用カードあり
  • 世界最高水準のセキュリティシステム
  • ショッピング補償付帯

イギリスのクレジットカード事情

じつはイギリスではクレジットカードよりもデビットカードの方が多く普及しています。

ですが、旅行や留学に行くのであればクレジットカードでも問題ありません。
クレジットカードであれば不正利用への対応が迅速で、さらに利用した分だけポイントが貯まります。

国際ブランドがJCBやアメックスの場合は利用できない可能性があるので、海外で利用するためのカードとしてVisaまたはMastercardのものを新しく発行することをおすすめします。

美咲
カードの不正利用を防ぐためにも、ICチップ付きのクレジットカードだとさらに安心です!

 

クレジットカードが使える場所・現金が必要な場所

イギリスでクレジットカードが使える場所、使えない場所は以下のとおり。

クレジットカードが使える場所現金が必要な場所
  • ホテル
  • レストラン
  • 観光地のショップ
  • スーパーマーケット
  • 百貨店
  • 郵便局
  • 有料トイレ
  • チップ
  • 露店
  • 少額の買い物
  • タクシー
  • パブ

日本と違ってイギリスの公衆のトイレは有料の場合があります。
コインをトイレの入り口に直接入れる場合が多いので、いくらか小銭を用意していくとスムーズです。

また、トイレを利用するときだけでなく、クレジットカードの少額利用は拒否されてしまう可能性もあるので、トラブルを回避するためにもなるべく小銭は用意しておきましょう。

 

イギリスでチップを支払うタイミング

海外旅行をするときに気になる「チップ」ですが、イギリスではアメリカほど頻繁に支払う習慣がありません。
イギリスの場合、ベッドメイキングやファーストフード店などカジュアルなお店では不要です。

以下の3つがチップを支払う代表的なシチュエーションです。

チップが必要な場合
  • ポーターに荷物を運んでもらったとき
    ⇒1ポンド程度
  • レストラン
    ⇒食事代の10%程度
  • タクシー
    ⇒料金の10%程度
タクシーの場合チップは必須ではありませんが、おつりをチップとして渡すケースがあります。

 

クレジットカードを使うメリット5つ

イギリスでクレジットカードを使うメリットは以下の5つ。

  • 海外旅行傷害保険がある
  • 支払いがラク
  • キャッシングができる
  • 紛失・盗難保険がある
  • ポイントが貯まる

ここからはこれらのメリットについて詳しくご紹介していきます。

 

1.海外旅行傷害保険がある

海外では医療費が高くかかりがち。
もしも海外に滞在中、ケガや病気で病院へ行くことになった場合、「高額な医療費がかかってしまうのでは……」と不安ですよね。

そのようなときでもクレジットカードに”海外旅行傷害保険”が付帯されていれば安心!
ただし、クレジットカードの海外旅行傷害保険には「自動付帯」「利用付帯」があるので渡航前に確認しておきましょう。

海外旅行傷害保険
  • 自動付帯
    カードを持っているだけで補償が適用
  • 利用付帯
    「旅行代金をカードで支払う」「出国する前に空港までの交通費をクレジットカードで支払う」などの条件を満たせば補償が適用
補足説明

保険の補償期間は1旅行につき最長90日間のものが一般的です。

 

2.支払いがラク

現金で支払いをする場合、海外だと「どの紙幣や硬貨を何枚出せばいいのか」と戸惑って時間がかかってしまうこともあるかもしれません。

そのようなとき、クレジットカードならレジでさっと差し出すだけなので、ストレスなくスムーズに支払いが可能です。

 

3.現金が必要な場合キャッシングが便利

イギリスで現金を準備する際、空港や銀行で日本円からポンドに両替すると、6%~10%ほどの両替手数料がかかってしまうことがあります。

一方、キャッシングの場合はATM手数料+利息がかかりますが、帰国してから早めに返済すれば空港や銀行の両替手数料よりも安く済みます。

手数料

もし両替をするのであれば、ATMのキャッシングがお得です。

 

4.紛失・盗難保険が利用可能

万が一クレジットカードを第三者に不正利用された場合でも、クレジットカードには紛失・盗難保険が付帯されているので安心です。

カードを盗まれてしまった場合や、見覚えのない利用履歴があった場合は、すぐにカード会社に連絡すれば対応してくれます。

緊急時にすぐ連絡ができるよう、渡航前にカード会社の緊急連絡先をメモしておきましょう。


”クレジットカードを紛失してしまった!”そのような場合に備えて、ぜひこちらの記事もあわせてご覧ください。

クレジットカード 紛失

クレジットカードを紛失したらすぐにやるべき4ステップ!

 

5.カードのポイントが貯まる

現金で支払った場合はそこで終わりですが、クレジットカードを利用すればポイントを貯めることが可能。

貯まったポイントはショッピングに利用したり、商品に交換できたりするほか、カードによってはマイルへ移行できるポイントプログラムもあるので次回の旅に活用することもできますよ。

 

イギリスでクレジットカードを利用する際の注意点

イギリスは日本とは文化も環境も違うので、クレジットカードを利用するときに気をつけておかなくてはならない点もいくつかあります。
ここでは4つの注意点をご紹介します。

 

スリやひったくりに注意

残念ながら海外では観光客を狙ったスリやひったくりが多発しています。
リュックサックなどの場合は後ろから開けられてしまうケースもあるので、荷物を体の前に持つかチャックに鍵をつけるなどの対策をしておきましょう。

また、食事中やカメラで写真を撮るときなど荷物から目を離したり、カバンを開けたりするときにも注意が必要です。
ちょっとした隙を狙って盗まれる恐れがあるので、気を抜かないようにしましょう。

 

暗証番号は絶対に見られないようにする

暗証番号を見られたうえでカードを盗まれると、現金を引き出されてしまう危険性もあります。
クレジットカードを盗まれて不正利用されてしまった場合、キャッシングで引き出された現金は盗難保険の補償適用外となってしまう可能性もあるので注意!

クレジットカードの暗証番号を入力する際は、手で隠すなどして暗証番号を絶対に知られないことが重要です。


クレジットカードの不正利用に関してはこちらの記事でさらに詳しく解説しています。

クレジットカード 不正利用

クレジットカードの不正利用を防止する7つの対策!

 

カードの提示を求められても見せない

日本ではあまり聞きませんが、海外では偽物の警官になりすましてクレジットカードや荷物の提示を求めてくるケースもあります。

本物の警察はパスポート以外の提示は求めてこないので、クレジットカードや荷物などは絶対に見せないようにしましょう。

 

50ポンド紙幣を用意しない

イギリスの紙幣の中で一番大きな単位は£50(フィフティーパウンズ)紙幣になります。

しかしこの£50紙幣はあまり使われておらず、特に外国人が使用すると偽造を疑われてしまう場合があります。

両替をするときなどは£50紙幣よりも小さい単位の紙幣を持つようにしましょう。

イギリス滞在中の注意点
  • スリやひったくりに注意!
  • 暗証番号は人に見られないようにする
  • カードの提示を求められても見せない
  • 高額紙幣を持たないようにする

 

旅行者や留学生にオススメのクレジットカード3選

ここではイギリスでの利用におすすめのクレジットカードを3枚紹介します。

 

エポスカード

エポスカードのおすすめポイント
  • 年会費が永年無料
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • ショッピング利用可能枠を一時的に増額できる
エポス
年会費永年無料
国際ブランドVisa
審査/発行最短即日
申込資格日本国内在住の満18歳以上(高校生を除く)
旅行保険海外旅行傷害保険:最高500万円(自動付帯)
その他保険カード紛失・盗難補償
付帯サービス緊急医療アシスタンスサービス

エポスカード」は年会費が永年無料なうえに、海外旅行傷害保険が自動付帯されています。
海外での急なケガや病気で病院にいかなければならないときでも、補償があると安心。

また、海外サポートデスクでは緊急時だけでなく、旅行に役立つ情報などを日本語で対応してくれます。

さらには海外でたくさんお買い物したいとき、ショッピング利用可能枠を一時的に増額できるサービスも利用可能。

ショッピング利用可能枠の一時的増額サービスは申込みが必要です。
申込みから利用開始まで2日~1週間程度かかる場合があるので、旅行が決まったら早めに申込みしましょう。


エポスカードの申し込みをお考えの方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

エポスカードの作り方

エポスカードの作り方❘ネット&店頭申し込みの方法をご紹介!

エポスカードの審査に通る5つの対策

エポスカードの審査基準と審査通過のコツ|申し込み方法を徹底解説!

 

学生専用ライフカード

学生専用ライフカードのおすすめポイント
  • 年会費無料
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外利用分が5%キャッシュバック!
年会費無料
国際ブランド
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
審査/発行最短3営業日
申込資格高校生を除く満18歳以上25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方。
旅行保険海外旅行傷害保険:最高2,000万円(在学期間中のみ自動付帯)
その他保険カード会員保障制度
ETCカード無料

学生専用ライフカード」は在学期間中だけではなく、卒業後もずっと年会費無料で利用することが可能

学生を限定とした”海外利用分が5%キャッシュバック””海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで自動付帯”などの特典が受けられます!

「カード会員保障制度」は、カード紛失や盗難により不正利用された場合も損害を補償してくれるため、万が一カードを第三者に盗まれても不安になることがありません。

さらに携帯電話料金を学生専用ライフカード決済にすると、Amazonギフト券500円分が毎月10人に1人当たるチャンスもあります!


学生専用ライフカードを検討されている方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

ライフカードの作り方

ライフカードの作り方を画像付きで解説!スムーズに申し込む方法

ライフカード審査 アイキャッチ (2)

ライフカードの審査基準は厳しくない!審査通過のポイントをチェック

 

三井住友カード

三井住友カードのおすすめポイント
  • 初年度年会費無料、学生は在学中年会費無料
  • セキュリティ面が充実
  • ショッピング補償付帯!
三井住友カード
年会費(税込)1,375円
※インターネット入会で初年無料
※条件付きで年会費割引あり
国際ブランド
  • Visa
  • Mastercard
審査/発行最短3営業日
※カード到着まで約1週間
※書類郵送の場合は約2週間~3週間
申込資格満18歳(高校生は除く)
旅行保険海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
その他保険ショッピング補償:年間最高100万円まで
ETCカード550円(税込)
※初年度無料
※2年目以降は前年度に1回以上、ETC利用の請求分があれば無料
※三井住友カード プラチナ会員は無料

三井住友カード」には最高水準のセキュリティシステムが導入されています。
カードの不正利用を検知・24時間365日対応してくれるので、海外でも安心して利用することが可能。

在学中の年会費が無料の「三井住友カード(学生)」や、18歳~25歳の方限定で申し込める「三井住友カード デビュープラス」もあり、これから留学生するという方におすすめのクレジットカードが揃っています。

また「国際ブランドをどちらも選択できない」「VisaかMa、どっちにしようか迷う」という場合、2つの国際ブランドを申し込みできるデュアル発行も可能です。


三井住友カードのお申込みをお考えの方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

三井住友カードの作り方

三井住友カードの作り方を画像付きで解説!スムーズに申し込む方法!

三井住友カードの審査

三井住友カードの審査は厳しい?審査難易度と審査通過のコツ!

 

まとめ

イギリスでは利用する場所により現金が必要な場合がある

クレジットカードの利用時はスリやひったくり、暗証番号を見られないように注意

「旅行保険付帯」や「キャッシング機能」など必要にあわせて2枚以上のカードを用意しておく

イギリスへ行く前に、「Visa」または「Mastercard」の国際ブランドのクレジットカードを準備しておきましょう。

現金が必要な場合は現地で海外キャッシングが便利です。
カードと現金をうまく使い分けて、スムーズで安全にイギリス旅行を楽しみましょう!

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。