UCカードのクレジットカード

この記事の目次
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位

ゼビオカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
スポーツを楽しむ人におすすめのカード!

ゼビオといえばスポーツ用品店として有名ですが、そんなゼビオでお得になるのがゼビオカードです。

ゼビオ各店で使えばポイント還元率がアップ!
貯まったポイントはお買い物の際に1ポイントから使えるので無駄がありません。

また、ゼビオだけでなくゴルフ用品を取り扱うヴィクトリアでもお得にショッピング!

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 1,250円(税抜) 1,000円 = 5ポイント - - × × × ×
キャンペーン情報
  • 商品割引券1,000円分プレゼント!
  • 新規入会3か月内にカード利用で、毎月抽選で200名様に1,000ポイントプレゼント!
ゼビオカードの公式サイトでチェック

口コミ

入会・年会費無料でありながらポイントが貯められるので(女性 40代 パート)

まとまった物を購入するのにボーナス払いやスーパーやドラッグストアなどは一回払いで使用したとしても手数料がかからないのでカード払いにした方が現金で同じように支払ったとしてもカードの方がポイントもつき貯まるとその分でお買い物などもできるので断然お得だと思いました。

またカードだと小銭もでなくカード購入はまとめて支払うので便利だと思い取得しました。

それからボーナス払いは前もって先に購入できるのでちょうど春先に子供の大学入学で一人暮らしをはじめることになり何かと必要な時に先に買い物ができるので助かると思ったのもありました。

それと使用しなかったとしても入会・年会費が無料なので損はないと思ったのもポイントになりました。

入社当時の交通機関が東京メトロだったため、ToMecardに申し込みました(女性 20代 会社員)

UCカードのToMeCardを申し込んだきっかけは、入社当時、自分の最寄駅から会社の最寄駅までが東京メトロだったからです。

当時世の中はSuicaが主流でしたが、交通機関が東京メトロ、PASMOだった私は、ビュー・スイカカードを選ぶという選択肢はありませんでした。

今でこそ交通系ICカードは統一されていますが、統一されていない時期だったのです。

ToMeCardのメリットは、乗れば乗る分だけポイントが貯まるという仕組みでした。
ToMeCardそのもののポイントと、PASMOとしてのポイントを二重で溜めることが出来、とてもお得感があったのです。

もちろん定期券もToMeCardで購入しました。
その方がポイントの還元率が高かったからです。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。