東日本で必携のおすすめビューカード5選!

移動で便利!お買い物でお得!知らなきゃもったいないビューカード

ビューカードはユーザーによって持つべき券種が変わる

王道派か節約派か

ビューカードの種類はいろいろありますが、大きくは2つに分けられます。

本家本元のJR東日本完全子会社、株式会社ビューカードから発行されるプロパーカードと、提携先の施設でお得になる提携カードです。
提携企業のカードには、独自ポイントがダブルでもらえるメリットがあります。

クレジットカードとSuica、定期券を1枚に集約した三位一体型にこだわるのであれば、王道のプロパーカードは安定感抜群です。

駅ビルや家電量販店などでの独自のお得感を求めるのであれば、種類も豊富な提携カードの中からのチョイスするのもおすすめです。

自分の基準で選ぶ1枚

プロパーカードと提携カードでは券面も違い、デザイン的にもバラエティに富んでいます。
“VIEW”のロゴがビューカード系列の印になりますが、カードによっては搭載されていない機能があるので、よく内容を確認してから選択をしましょう。

例えばSuicaが搭載されていても定期券機能が使えない、あるいはSuicaが付いていないため、オートチャージを利用する場合は設定が必要なカードもあります。
ビューカードを申し込む際には、まず自分が必要とする機能をピックアップしてからチェックしていくと後悔しません!

ポイント還元率が高いほうが良い人、より利便性のあるカードが欲しい人、それぞれの基準に従って一番適したビューカードを探してください。

おすすめビューカード5選

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カード

株式会社ビューカードから発行されているプロパーカードの、代表的なクレジットカード。
「ビュー・スイカ」カードの詳細は次の通りです。

  • 初年度年会費:477円(税抜)
  • 年会費:477円(税抜)
  • ETCカード:477円(税抜)
  • 基本ポイント還元率:0.5%
  • Suica定期券
  • Suicaオートチャージ機能
  • 国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB
  • 海外旅行傷害保険:最大500万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最大1000万円(利用付帯)
初年度から年会費が必要となるデメリットはありますが、利用代金明細書をWeb明細にすれば、明細書発行のたびに毎月50ポイント(50円相当)、年間最大600円相当のポイントが貯まり、年会費分以上ポイントが獲得できます。
また、年間の利用金額に応じて、ボーナスポイントも貯まります。

モバイルSuica登録でモバイルSuica年会費(通常953円+税)が当面無料となります。

また、ほとんどの乗車券・特急券、旅行商品は、ポイントが3倍になるVIEWプラスの対象となっており、こちらも注目したいポイントです。

JR東日本のサービスをよく利用するユーザーで、あまり他店でのショッピングにビューカードを利用しないのであれば、シンプルながら便利に使いこなせるおすすめカードとなっています。

ルミネカード

ルミネカード

駅近ショッピングエリアとして女性に人気のルミネで優遇されるルミネカードは、お買い物好きならぜひ持っていたい1枚です。
カード情報の詳細を見ておきましょう。

  • 初年度年会費:無料
  • 年会費:次年度以降953円(税抜)
  • ETCカード:477円(税抜)
  • 基本ポイント還元率:0.5% 
  • Suica定期券
  • Suicaオートチャージ機能
  • 国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB
  • 海外旅行傷害保険:最大500万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最大1000万円(利用付帯)
初年度は年会費がかかりませんが、翌年からは953円+税が必要となります。
やや高いのがネックと受けとられがちですが、ルミネでの利用がいつでも5%オフになる他、シーズンごとに10%オフになるキャンペーンがあり、一概に損とはいえません。

登録によりモバイルSuicaの年会費を当面無料にすることもできるので、利用の仕方によってはそれほどの負担には感じられないはずです。


Suica定期券・Suicaオートチャージ機能とフル装備の、お買い物&移動に強い1枚といえます。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

実は密かに「ビューカードの中では最強?」とまでいわれるのが、ビックカメラSuicaカードです。

そのお得感の理由を見てみましょう。
基本的なカードスペックは次の通りです。

  • 初年度年会費:無料
  • 年会費:477円(税抜)
  • ETCカード:477円(税抜)※年1回の利用で2年目以降も無料
  • 基本ポイント還元率:1%※JRE POINT0.5%+ビックポイント0.5%
  • Suicaオートチャージ機能
  • 国際ブランド:VISA/JCB
  • 海外旅行傷害保険:最大500万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最大1000万円(利用付帯)
ビックカメラSuicaカードのもっとも大きなメリットは、還元率が常時1%以上となることです。
Suicaのチャージを利用してのビックカメラ内でのショッピング利用には、10%以上もの付与ポイントが期待できます。

初年度の年会費が無料なのに加え、翌年以降も年1回の利用で無料と、その難易度は高くありません。


残念ながら定期券機能は付加できませんが、大型家電などの購入に向けてどんどん貯められる使い勝手の良いクレジットカードとなっています。

JRE CARD

JRE CARD

JRE CARDは2018年7月から申し込み受付が開始された、新しいビューカードです。
電車に乗るほか、東日本の駅ビルでのショッピングがお得になるのが特徴です。

  • 初年度年会費:無料
  • 年会費:477円(税抜)
  • ETCカード:477円(税抜)
  • 基本ポイント還元率:0.5%
  • Suicaオートチャージ機能
  • 国際ブランド:VISA JCB
  • 海外旅行傷害保険:最大500万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最大1000万円(利用付帯)

ビューカードは以前「フェザンカード」「ペリエビューカード」「アトレビューSuicaカード」などを発行していましたが、現在は受付を終了しています。
それらに代わり、新しく登場したのがJRE CARDなのです。

こういった経緯から、東日本を中心に分布している駅ビルでポイントや割引などの優待を受けることができます。
また、JRE CARDは「Suica・定期券なし」「Suica付」「Suica定期券付」の3種類から選ぶことができます。 今の自分に必要なものを選ぶといいでしょう。

ビューゴールドプラスカード

ビューゴールドプラスカード

ワンランク上のビューカードをご希望でしたら、ビューゴールドプラスカード一択と言ってもいいでしょう。
カードの基本情報はこちらです。

  • 初年度年会費:10,000円(税抜)
  • 年会費:10,000円(税抜)
  • ETCカード:無料
  • 基本ポイント還元率:0.5%
  • Suicaオートチャージ機能
  • 国際ブランド:JCB
  • 海外旅行傷害保険:最大5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最大5,000万円(自動付帯)

年会費は10,000円(税抜)と高額になりますが、家族カードの1枚目は年会費無料、2枚目以降は3,000円(税抜)なので、家族で使うほどお得です。

最大のメリットは、充実した海外・国内旅行傷害保険。
そして、9つのコースから選べる入会・利用特典です。


どんどんクレジットカードを使いたくなること間違いなしです! 2019年4月1日以降、JRE POINT5,000ポイントに変更

自分のライフスタイルに合ったビューカードを選ぼう

出張が多い人には

プロパーのビューカードは、一般の利用でのポイント還元率は0.5%と平凡です。

その代わりJR東日本が関連する乗車券やVIEWプラス対象商品、定期券、Suicaチャージなどはすべてポイントが3倍、JR東日本グループの優待なども見逃せません。

JR東日本エリアでの電車利用が多く、他の店舗で利用するつもりがなければ「ビュー・スイカ」カード、列車に加えて航空機での出張が多いのであればマイルが貯められるJALカードSuica、というようにライフスタイルでカードを選んでいけば後悔せずに活用ができます。

買い物が大好きな人には

電車の乗り降りの際にルミネでお買い物を楽しみたい、利用駅の近辺で電化製品を見るのが趣味、という場合にルミネカードやビックカメラSuicaカードがあります。

地方都市で駅ビル利用をする人には、JRE CARDのようにご当地向きのビューカードがおすすめです。

多彩なビューカードの中から、自分の生活パターンや好みにぴったりの1枚がきっと見つかるでしょう。

おわりに

JR東日本が提供するビューカードは、電車通勤・通学をしている人必携ともいえるクレジットカードです。
スムーズな電車の乗り降りに、駅ビル利用、駅近ショッピング、どんなシーンにでもぴったりとマッチする1枚が必ず見つかります。

ライフスタイルとの相性ばっちりのビューカードをお供に、お得な毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

次のページ>> どうすれば無駄なく使える?ビューカードのポイントプログラムについて徹底解剖!
前のページ>> 通勤・通学に便利?!新生活に必需品の定期券をビューカードでお得に利用する方法

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。