クレジットカード審査期間に注目!目指せクレカの即日発行!

クレジットカードの審査期間

高速インターネットやスマホの普及によって、オンラインショッピングや各種のコンテンツを利用する人が増えています。

そこで気になるのが、サイト内で商品の購入をする際、支払い方法がクレジットカード決済のみにしか対応していない場合があることです。

しかし、どうしても欲しい商品があり、在庫が少ないならクレジットカードが即日で欲しくなることもありますよね。

美咲
こんにちは、美咲です。

前から欲しかった商品をクレジットカードで支払うために今、新しいクレジットカードを作るか検討中なんですけど、審査期間ってどのくらいかかるんだろう・・・。
ガマ蔵
なんや、嬢ちゃんそんなこと知らんでカードを作ろうとしとるんか?
しゃあない、クレジットカードの審査期間はカードごとによって違うんや。
どのくらいの審査期間がかかるのかちゃんと教えたる!

というわけで、今回はクレジットカードは申し込んでから発行までにどの程度の期間がかかるのか、入会の審査期間の目安などを解説します。

「すぐにクレジットカードが欲しい!」という方のために、即日発行可能なクレジットカードもご紹介します。

クレジットカードの審査はなぜ必要?

クレジットカードは申し込みをしたからといって、誰にでもすぐに発行してもらえるものではありません。

クレジットカード会社によって細部は異なりますが、カードの入会申込書には多くの個人情報の記入が必須です。
住所、氏名、生年月日、年齢、勤務先、職種や地位、正社員か契約社員か、持ち家か賃貸か、勤続年数、年収、家族構成など詳しく記入しなければなりません。

クレジットカード会社はそれらの情報を元に、カード申込者がきちんと支払日に滞りなく返済してくれる人物であるかどうかを見極める必要があります。

なぜなら、クレジットカード会社は申込者の代わりに購入店に商品代金を立て替えて支払っているため、利用者からカード利用料金分を確実に回収しなければ利益が出ないからです。

そのため、クレジットカード利用者がどの程度の返済能力があるかを前もって審査する必要があるのです。

美咲
師匠!
審査を通りやすくするために年収を多めに『盛って』書いてもいいんですか?
ガマ蔵
そらあかんで!
申込書類は正しく書かなあかん。
盛って書いたところでいずれバレるようになってんねん。
美咲
そうなんですか。
じゃ、正々堂々と薄給をさらすことにします!
ガマ蔵
お、おう・・・。
それと、あちこちに借金がある場合は、それもわかるようにできてんねん。
美咲
なるほど。
カード会社としては、確実に借金を返してくれる人かどうかを見極めたいんですね。
ガマ蔵
せやで。
そのためにあの手この手で審査しとるんや!

クレジットカードの審査の詳細についてはこちらをご覧ください。

クレジットカード審査徹底追跡

クレジットカードの審査基準|審査落ちを防ぐポイントとおすすめカード

 

カード会社によって審査期間がまちまちなのはなぜ?

クレジットカードの入会申込みをしてから実際にカードが届くまでにかかる期間はさまざまです。
クレジットカード会社によって審査期間がまちまちな場合もありますし、申し込み者によって審査にかかる時間が異なる場合もあります。

一般的には消費者金融系のクレジットカードの発行は早く、銀行系や信販系のクレジットカードの発行はかなり日数がかかる傾向があります。

なぜ、このように審査期間が異なっているのでしょうか?

 

それは、カード会社ごとに審査基準や審査方法が異なるからです。
また、カード会社の営業日や営業時間などにも関わってきます。

たとえば、24時間365日クレジットカード申し込みが可能な会社と、土日祝祭日を休日にしている会社では対応も異なりますし、休日を挟めばそのぶん審査にかかる期間も長引くといえます。
各クレジットカード会社の公式ホームページを見ると「最短3日」「最短3営業日」というところがありますが、この2つの違いを理解しておくことが大切です。

最短3日なら、平日の3日でも、土日祝祭日を挟んだとしても「3日」で発行可能ということになります。

最短3営業日は、平日なら3日でも、土日を挟めば5日ということになるわけです。

さらに「最短」と付いているので、「早ければ3営業日」という意味であり、必ずしも3営業日で発行できることを約束していません。
そのため、最短即日発行可能となっていても、実際にカードが手元に届いて使えるようになるまでに1週間程度かかることも珍しくないのです。

 

審査期間が短い!考えられる理由とは?

クレジットカード会社やカードのランクにより、即日や翌日発行などの審査期間が短いクレジットカードもあります。
遅ければ発行までに1カ月近くかかるカードもあるのに、なぜそんなにスピーディに進むカードがあるのでしょうか。

 

まずは、利用希望額が少額であることが挙げられます。

カード入会申込者の希望枠が30万円以下の場合は、簡易的な審査により大きな金融事故がないことがわかればすぐにカードを発行することができます。

そのため、希望枠が30万円以下の少額で、信用情報に大きな問題がなければ素早くカードを手にすることができるわけです。

 

また、カード入会申込者がすでに同じカード会社の他のサービスを利用しており、支払いの遅延などがない優良顧客であることが証明されれば審査にかかる時間は短いでしょう。

 

審査期間が長くなる3つの原因

人によっては、クレジットカードの入会申込みをしてから手元に届くまでに2週間以上かかる場合があります。
この場合も、審査期間が長くなる理由があると考えられます。

 

原因1:キャッシングの利用希望額が高い

時間がかかる理由の1つとして、キャッシングの利用希望額や借入希望枠で引っかかっていることが挙げられます。

貸金業法では、個人がキャッシングやカードローンなどでお金を借り入れる際には「総量規制」の対象になります。

「総量規制」とは本人の年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはならない、という貸金業者が守らなければならない制度です。
そのため、クレジットカード会社は入会申込者の他社からの借入残高がいくらあるかを確認して、申込み時の利用希望額と合算して年収の3分の1を超える場合は審査に通りません。

ただし、住宅ローンや自動車ローンなどの担保貸付の残高は除外します。

つまり、無担保での利用希望額があまりにも高額すぎると審査落ちしてしまう可能性が高まるということです。

しかし、この場合は比較的早くに結果が出るでしょう。
問題は次の場合です。

 

原因2:在籍確認

電話

勤務先の会社が休日のために在籍確認が取れないこともあります。

申し込みから数日して携帯電話にクレジットカード会社から電話があり、カードの入会申込みをしたか、携帯電話の所有者本人に間違いがないかなどの確認があるでしょう。
その後、在籍確認のために勤務先へ電話をかけて問題ないか問われます。

事前に本人に確認せずに勤務先に個人名で電話をするケースもあります。

ここで拒否すると審査に通過することは難しいです。

その会社をすでに辞めているというなら、審査にも落ちるでしょう。
転職を繰り返している場合なども審査が厳しくなり、余計に時間を費やすことになりえます。


在籍確認は、クレジットカード会社の担当者は会社名を名乗らず個人名で勤務先に電話をかけてきます。

そこで、本人に回ってくれば在籍確認が取れたことになります。

また、外出や離席中でも、電話を受けた人が「ただ今席を外しております」と答えれば、間違いなく勤務先に在籍していることがわかるため問題ありません。

ただし「そのようなものはおりません」「1年前に退職しております」などと言われてしまっては、申込書に虚偽申告をしたということになるため審査には落ちるでしょう。

 

タイミングが悪いとなかなか在籍確認が取れないこともあるかもしれません。

小規模の会社で電話を受けるのが手一杯の場合、または勤務先の連休など、このようなときは処理を後回しにされ時間がかかることがあります。

 

本人に問い合わせるためにカード会社の担当者が電話をかけているのに、知らない番号からの着信だからと電話に出ないのではそこで審査は止まってしまいます。

メールで問い合わせがくる場合もあるため、迷惑メールフォルダーなどに振り分けられていないか見落とさないように気をつけましょう。

在籍確認に至る前に申込者の信用力が十分な場合は在籍確認が省略される場合もあります。

 

原因3:書類の不備

基本的なことですが、書類に不備がある場合も確認を取るのに時間がかかる原因です。

たとえば、本人確認書類の運転免許証のコピーが不鮮明なときや、住所変更があったのに裏面の手書きの住所をコピーしていなかったため、申込書の住所と相違があるなどの場合です。

審査を早く通過させるためには、入会申込書は手書きのときは楷書で読みやすく、Web申込時は入力間違いのないように、また、添付書類に不備がないように最低限気をつける必要があります。

 

審査期間が短いカード会社の特徴

どうしても急ぎたい人のために、クレジットカードを即日発行しているカード会社もあります。

土日祝祭日でも、決められた時間内に手続きをすれば申し込みをした日にカードを手にできます。
また、申し込み当日の発行が無理でも、翌日や3日でカードを発行できるところもあります。

審査期間が短いのは、どのような特徴のクレジットカードなのでしょうか?

クレジットカード会社は、銀行系、信販系、消費者金融系、流通系などに大別されます。
それぞれ特徴があり、審査基準に違いがあります。

その中でも、流通系や消費者金融系のクレジットカード会社は審査が短い傾向にありますので、必要に迫られて急いでクレジットカードを作りたい人に向いています。

流通系クレジットカード
流通系のクレジットカードは若者や主婦でもクレジットカードの審査が通過しやすいため、ショッピングモールでキャンペーン期間中として大々的に入会パンフレットなどを配布していることが多いです。

あらかじめWebで入会申込みをして審査に通過すれば、早ければ即日カウンターでクレジットカードを発行してもらえることもあります。

消費者金融系クレジットカード
消費者金融系は、土日祝祭日に営業しているところも多く無人店舗の自動契約機などもあります。
日中のなるべく早い時間に申し込み機械審査に通過すれば、即日カードを受け取ることも可能です。

つまり、審査期間が短いカード会社は「営業時間が長く土日祝祭日でも対応可能」「Web申込みができる」「自動契約機がある」「審査基準がゆるい」という特徴を持つ消費者金融系と流通系といえます。

 

審査期間が長いカード会社の特徴

一方、審査期間が長い傾向にあるのは、銀行系や信販系のクレジットカード会社です。

カードの入会申込みをしてからカードが手元に届くまでにかなりの日数を要します。
中には1カ月程度かかったという人もいるようです。

銀行系や信販系のカード会社は、一般的に審査基準が厳しいことで有名です。
入会申込書の記載事項に基づき詳細に判定を進め、ひとつひとつの項目に対して信用力を数値化して点数を付けます。

これをスコアリングと呼び、合計点数により書類審査の合否を決めているのです。

たとえば、勤続年数が長く組織の役職に付き高所得、持ち家に妻子と長く居住している、などのプラス要素が重なればそれだけスコアは高くなり社会的に信用できる人物とみなされるでしょう。

実際には、どこまで精査して、どのくらいの点数を付けるのかはカード会社により異なります。
金融機関であれば当然個人信用情報機関とも提携しているため、過去の利用履歴を照会して金融事故などがないか慎重に調べます。

どの程度の過去にさかのぼって調べることになるかはまちまちですが、少しでも疑わしい面があればさらに踏み込んだ審査が必要になるでしょう。

結局は、何か問題点があったり疑わしい問題点が浮上したりしたときには審査期間も長引いてしまうのです。
カード会社で何種類かのカードがある場合、プラチナやゴールドなどのステータスの高いカードの申し込みをした場合も、審査に時間がかかる傾向にあります。

そもそもカード加盟店や利用希望者も多い大手のクレジットカード会社は申込数も多く、営業時間は平日のみと決まっているため、カード発行までには時間がかかるものと理解しておきましょう。

 

主流の方法!Web申し込みの審査期間の目安

美咲
Webの申し込みってどうしたらいいんですか?
ガマ蔵
作りたいクレジットカード会社のホームページで入会申込の手続きをすりゃええんや。
カエルでも簡単やで?
美咲
私、文字が多いと読むのが面倒くさくなるんですが、私でも利用できるでしょうか?
ガマ蔵
ページは読みやすくできてるから安心せい。
ちゃんと『申込受付ボタン』ちゅうのが目立つようにできとるはずや。
美咲
それなら良かった!
申し込みまでの難易度が高かったんです。
ガマ蔵
そこからか!
ほんならWeb申込みのやり方も説明したるわ!

クレジットカードの申し込み方法で主流なのがWebによる申し込みです。
ここでクレジットカードの申し込み方法をご紹介します。

クレジットカードのWeb申し込みの手順
  1. カード会社の公式Webサイトで「お申込みはこちら」や「入会の流れ」をクリックしてインターネットでの申し込みフォームへ行きます。
  2. 会員規約が表示されたらよく内容を読み、承諾したら「同意」します。
  3. 画面の指示に沿って氏名や住所、勤務状況、支払口座、メールアドレスなどの必要事項を入力しましょう。
  4. 必要に応じて本人確認の運転免許証や健康保険証をカメラアプリで撮影してアップロードします。

最後まで入力をしたら申込み終了です。

その後審査が行われ、数日後にメールで結果通知があります。
もしくは、電話番号が正しいことを確認するために電話がかかってくるかもしれません。

無事に審査に通れば、クレジットカードが簡易書留で郵送されてきます。

本人確認が必要なため、不在の場合は不在票を投函し、郵便物は郵便局に持ち帰ることになります。
郵便局の保管期限を過ぎてしまうとカード会社に戻されてしまうため、早めに受け取るよう注意しましょう。

 

郵送申し込みの審査期間の目安

インターネットで個人情報を入力することに抵抗があり、安全のために郵送での申込みを希望する人もいるでしょう。

店舗や受付カウンターなどで入会申込書をもらっても良いですし、Webや電話でカード会社に資料請求をして郵送してもらうこともできます。
その後、必要事項を漏れなく記入して返送し、審査が行われます。

そして合否通知があった後に、審査に通過していれば郵送でカードが送られてきます。

 

郵送の場合はどうしても郵便の受付時間や配達日数などが影響し、一連のやり取りにかなりの期間を要します。
申し込み方法としては一番期間が長くかかることは否めません。

短く見積もっても1~2週間はかかると見ておきましょう。

 

電話での申し込みはほぼ対応していない

クレジットカードの入会申し込みを電話やFAXで受け付けているというカード会社はほぼありません。

入会案内や問い合わせなどに対しては、電話やFAXでの対応を可としているところがほとんどですが、入会申込みを口頭でやり取りするのは無理があるでしょう。

前述のとおり、Web申し込みか郵送での申込みを案内されるのが一般的となっています。

 

クレジットカードを即日発行する方法!

クレジットカードを即日発行する方法は、主婦や学生、フリーターでも審査が通りやすいといわれている消費者金融系や流通系のクレジットカード会社の中から即日発行可となっているカード会社を選ぶことです。

まずは、Web申し込みですべての項目を間違いがないように、確実に入力し申し込みを完了させましょう。
その後は機械による簡易審査があります。

審査に通過するとカード会社の窓口でカード受け取ることができます。
また、無人店舗などの自動契約機があれば、その場でクレジットカードが発行されます。

しかし、事前にWeb申し込みをしておいたほうが審査終了までの流れがスピーディに行なえることは確かです。
無人店舗の営業時間内であっても新規入会の受付は時間制限が設けられていることもあるため、カードの発行を急ぎたいならなるべく早い時間帯にWebで申し込んでおくのがおすすめです。

 

即日発行する際の注意点

「とにかくクレジットカードを即日手に入れたい!」ということなら、Web申し込みを平日の早い時間帯に終わらせておくことが大切です。

場合によっては審査や他の処理に時間がかかる場合もあり、営業時間を過ぎてしまうと審査は終わっているのにカードが受け取れないという事態になることもあります。

一般的なクレジットカードの審査の流れ

クレジットカードの申し込み場所

クレジットカードの申し込みは、クレジットカード会社の店頭や銀行の窓口でカード入会申込用紙に必要事項を記入して提出する方法が一般的です。
また、その場で申込用紙をもらって持ち帰ってから記入して郵送することもできます。

ファミレスや小売店舗に入会申込用紙と封筒が備え付けられているところもあります。
その場合も同様に郵送で申込可能です。

また、ショッピングモールなどでも勧誘していることもあります。

 

また、クレジットカード会社に電話をして申込用紙を郵送してもらうこともできます。
しかし、段々増えているのがWebで入会申込みをする方法です。

Web申し込み

インターネットなら、自分が所有したいクレジットカード会社を選んで、自分の都合の良い時間にパソコンやスマホで申し込むことができます。
郵送にかかる時間を確実に短縮できますし、Web申し込みは何かと入会特典がつくことが多いです。

 

クレジットカードの審査の流れ

  1. クレジットカード会社が申し込みを受け付けると、まずは内容に不備などがないか申し込み内容のチェックを行います。
  2. 記入内容に応じて支払能力の有無を判定して点数化(スコアリング)します。
  3. 書面や本人確認書類に問題がなければ、信用情報機関に過去の利用履歴を照会するのが一般的です。
    ここで、何社を利用しているか、返済が滞っていないか、自己破産などの事故情報がないかなどを確認します。
  4. 勤務先に間違いなく勤めているかの在籍確認をする場合があります。
    フリーランスの場合は、所得証明書などで支払能力の有無を信用してもらうことになるでしょう。
  5. 社内審査を経たのちに結果が出ます。
補足説明

審査にパスしたことを事前に通知してくれるかどうかはカード会社により異なります。
いきなりクレジットカードが簡易書留で送られてくることも多いです。

しかし、審査に落ちた場合は、メールか郵送で必ず通知されることになっています。

まとめ

今回はクレジットカードの審査期間の目安を紹介しましたが、審査期間が長引くかどうかというのはカード会社の審査方法にもよります。

しかし、大きな原因は個人によるものです。

急いでクレジットカードを発行してもらいたいなら、なるべく日数と時間に余裕を持って申し込むことが大切です!

どうしても時間に余裕がない場合は、即日発行可能なクレジットカードを申し込んでみてください。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。