セブンカード・プラスの審査に通る確率を上げるたった2つの方法

セブンカード・プラスの審査

この記事でわかること

セブンカード・プラスの基本情報

セブンカード・プラスの審査に落ちる原因

審査通過の確率を上げる2つの方法

「セブンカード・プラス」は、「セブン・イレブン」「イトーヨーカドー」といったセブン&アイグループでの利用で、ポイントをお得に貯められるクレジットカードです。

手に入れるためには審査が必要ですが、基本的には他のクレジットカードと大きな違いはありません。

どのような理由で審査に落ちる場合があるのかを事前におさえておくことで、審査に通過するためのヒントを知ることができるでしょう。

そこで今回は、「セブンカード・プラス」の審査基準や審査通過のために準備しておくべきことを解説していきます。

美咲

セブンカード・プラスは比較的手に入れやすいクレジットカードですが、申し込み前に十分な準備をしておくことで審査落ちを防ぐことができますよ。

▼セブンカード・プラスのお申し込みはこちら!

セブンカード・プラス
セブンカード・プラス
  • nanacoチャージでポイントが貯まる
  • オートチャージの利用が可能
  • 毎月8のつく日はイトーヨーカドーが5%引き
  • ディズニー・デザインを選べる

セブンカード・プラスの審査基準

ガマ蔵

セブンカード・プラスの入会条件は以下のとおり。

  • 原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方
  • 18歳以上で学生の方(高校生を除く)
未成年・学生の方のお申し込み

お申し込み時に「親権者同意書」が必要です。

本人だけではなく配偶者に継続した安定収入があればいいので、主婦の方や学生でも手に入れやすいと言えます。

 

セブンカード・プラスの審査に落ちる原因

クレジットカードの審査は、カード会社にとって重要なプロセスです。

もしも返済能力が不足している方と契約してしまえば、将来的に「返済を滞納される」「債務整理を行われて債権が戻ってこない」などのトラブルが発生してしまう恐れがあるからです。

そのため、カード会社の審査は厳しい内容であると踏まえておきましょう。

セブンカード・プラスの審査に落ちる原因
  • 他社カードの契約件数が多い
  • JCBカードの審査に落ちたことがある
  • 信用情報が悪い
  • 複数同時申し込みをしている

他社との契約件数が多すぎる

クレジットカードの多重申込み

セブンカード・プラスの審査に落ちる理由として、「他社契約件数」が挙げられます。
他社のクレジットカード件数が多いと、審査に落ちる可能性が高くなります。

基本的に、カード会社は申し込み者が他社のカードを使っていたとしても問題視しません。
むしろ、遅延や滞納もせず返済を続けているなら、「信用度が高い」と解釈してくれます。

この状態を「クレジットヒストリー(クレヒス)がきれい」と表現します。

ただし、あまりにも多くの会社と契約している場合は話が別です。

カード会社は、申し込み者の収入を基準にして契約するかどうかを決めています。
そして、利用額の合計が年収の3分の1以上に達する契約は行わない会社が大半です。

そのため、契約件数の多さは往々にして審査で不利になるでしょう。

また、カードを無闇に増やしてしまう傾向を「計画性がない」と判断し、契約したがらない会社もあります
クレジットヒストリーには十分に注意して、無謀な契約は行わないようにしましょう。

 

JCBカードの審査に落ちた経験がある

セブンカード・プラスは「JCB」「VISA」の2種類から国際ブランドが選べますが、どちらを選んでも審査・発行をするのは株式会社ジェーシービーです。

そのため、過去にJCBカードを申し込んで落ちていたり、支払いの遅延などが発生していた場合、その情報が原因で審査に落ちるおそれがあります。

 

信用情報が悪い

カード会社は審査の際、信用情報機関のデータを照会します。
申し込み者が自分から告げなかったとしても、過去に返済のトラブルがあれば、そのときに発覚するでしょう。

信用情報機関の仕組み

信用情報機関のデータにマイナス履歴が残っている状態を「ブラックリストにのる」といいます。
そのようにブラックリスト入りしている申し込み者はまず、カード会社と新たに契約が結べません

ブラックリスト入りする主な理由は、「過去に支払いの延滞があった」ことです。
他社からの借入に対し、返済日を守らなかった方は信用情報が傷ついてしまいます。

また、「規約違反」や「債務整理」もブラックリスト入りする理由として挙げられます

規約違反

借入を行う際には必ず、貸金業者との間に規約が交わされています。
契約者には規約を履行する義務があり、「規約違反」をしてしまうと信用されなくなってしまいます。

債務整理

任意整理など、一部の方法ではブラックリスト入りを逃れられる確率はあるものの、「特定調停」「個人再生」「自己破産」などの債務整理では、5年~10年のブラックリスト入りは覚悟しなければいけません。

そのほか、信用情報機関のデータはクリーンでも、カード会社内のデータベースにマイナス履歴が残っていた申し込み者は「信用度が低い」との烙印を押されてしまいます。

 

複数同時申し込み(申し込みブラック)

「複数同時申し込み」も審査落ちの理由のひとつです。
同時期にクレジットカードを複数申し込みすると、「お金に困っている(支払いを踏み倒される)」と思われ、審査に落ちる確率が高まります。

クレジットカードを申し込んだ時点で信用情報機関に履歴は残り、カード会社間で履歴は共有されているため、複数申し込みの事実は隠しとおせません。
申し込み枚数が多ければ多いほど、より審査に通過しづらくなるといえるでしょう。

クレジットカードを申し込んだ情報は、信用情報機関に6か月間保管されます。
万が一申し込みブラックに認定されても6か月で帳消しになりますが、認定されなくても6か月間は申し込みを避けるのが無難です。

 

審査に受かる確率を上げる2つの方法

審査コツ

審査に落ちる原因がわかったところで、次は審査に通りやすくするための方法をご紹介します。

 

在籍確認の電話は必ず出る

セブンカード・プラスの審査に受かる確率を上げる方法としては、「在籍確認への対応」がポイントになるでしょう。

在籍確認とは、カード会社から申し込み者の勤務先にかかってくる電話のことです。

クレジットカードの審査に申し込むと、カード会社は登録情報が本物かどうかを確かめなくてはいけません。
返済能力がないのに、偽の年収や勤務先を登録して審査に通ろうとする方もいるからです。

そこで、勤務先へと電話をかけ、「本人がちゃんと在籍しているか」を調べます。

申し込み者の中には、「会社にカードを作っている事実を知られたくない」などの理由から、在籍確認を嫌う方もいます。
そのため、在籍確認がかかってきても無視をしたり、電話を取った方に「いないと言ってください」とお願いしたりしがちです。

しかし、在籍確認ができないとまず審査に通りません。
また、在籍確認を先送りにする限りは審査に時間がかかってしまうでしょう。

審査中は申し込み者から特に何かをする必要こそないものの、勤務先に電話があったときにはすぐ対応できるようにしておきましょう。

補足説明

在籍確認は本人が電話に出なくても、電話に出た方が「~は今外しておりますが」のように答えてくれただけで完了となります。
それでも、「在籍確認の電話を他人に出てほしくない」と思うなら、できる限りかかってきそうな時間には席についておきましょう。


▼在籍確認の詳細はこちらをご覧ください。

クレジットカード 在籍確認

クレジットカードの在籍確認を解説!突然の電話に備えるための方法

 

キャッシング枠を希望しない

セブンカード・プラスの審査に受かるには、「キャッシング枠を希望しない」のもおすすめです。

クレジットカードには通常「ショッピング枠」と「キャッシング枠」がついています。

ショッピング枠とは買い物をするとき、後払いにしてもらう仕組みのことで一般的なクレジットカードの機能です。

一方、キャッシング枠とはショッピング枠の範囲内で現金を引き出せる機能です。
キャッシング枠があると手軽に現金を調達できるうえ、海外旅行などでの両替でも便利なので、ショッピング枠と同時に希望する方は少なくありません。

しかし、キャッシング枠を希望すると審査に通過しづらくなることもあります
なぜなら、ショッピング枠とは別の審査が必要になり、審査のハードルが上がってしまうからです。

キャッシング枠がすぐに必要でないのであれば、カードの申し込み時は「その他」を選択し「0」万円としておきましょう。
その後必要になった場合に、返済を続けながら様子を見てキャッシング枠を申し込むのが無難です。

また、返済を真面目に続け、クレジットヒストリーが優良であると認められれば自動的にキャッシング枠が追加される場合があります

最初からキャッシング枠を希望して審査を難しくするよりも、とりあえずカードを作ってからキャッシング枠を設けるように発想を切り替えてみましょう。

 

再申し込みは時間を置く

自分では気をつけていたつもりでも、セブンカード・プラスの審査に落ちてしまう可能性はあります。
それでも、「なんとかセブンカード・プラスを作りたい」とあきらめられない方はいるでしょう。

セブンカード・プラスに再度申し込みをして、結果が変わることはありえます。
ただし、そのためには申し込み方法に工夫をして変化をつけましょう。

まず、ある程度の期間を置いてから再度申し込みするのが基本です。
すぐに再申し込みをしても、カード会社は「そんなに早く状況が変わらないだろう」と考えます。

次の審査に受かるための準備を整えるために、複数申し込みをしたときと同じく、6カ月ほど待ってからのほうがいいでしょう。

再申し込みまでには、以下のように「自分が落ちた原因」を探ることをおすすめします。

  • 「返済能力」が原因だと思われる場合 ⇒ ローンなどの支払いや他社から借入があるのであれば、完済や清算をし、返済能力を高める
  • 「勤続年数」が原因だと思われる場合 ⇒ 同じ会社に1年以上働いてから申し込む

受かるための嘘はNG!クレジットカードは信用が大事

セブンカード・プラスをはじめ、クレジットカードの審査は「自己申告」による個人情報の登録から始まります。

その中には「他社からの借入状況」「勤続年数」などの項目も含まれており、思わず「実際よりも良い内容を記入すれば、審査に通りやすくなるのではないか」と考える方もいるでしょう。

わずかな違いは「誤差の範ちゅう」として見逃してもらえますが、あまりにも現実と開きがある申告をすると審査で問題視されます。

そもそも、審査では高確率で嘘が見抜かれます
カード会社が信用情報機関に問い合わせれば、過去の借入や返済の記録は詳しくわかってしまうからです。

また、カード審査は基本的に「自己申告」を「確認書類」によって確かめていく仕組みが採用されています。
自己申告した年収は、給料明細などの書類で裏付けが求められるため、誤魔化し続けるのはまず不可能です。

そして1つの嘘が見つかると、カード会社は他の項目についても徹底的に真偽を調査され、「嘘の申告をした」という事実が信用情報機関に残ってしまうのです。

その結果、ブラックリストにのり、審査に落ちるだけでなく将来的にクレジットカードを作れなくなる可能性も出てきます。
たとえ自分に不利な情報でも、審査の際には正しい情報を登録するように心がけましょう。

 

セブンカード・プラスの基本情報

セブンカード・プラス
年会費無料
申込資格
  • 本会員:原則として高校生を除く18歳以上で、本人または配偶者に継続して安定した収入がある方
  • 家族会員:本会員と生計を同一にする配偶者、親、子ども(高校生を除く18歳以上)
ポイント還元率0.5%~
国際ブランド
  • JCB
  • VISA
付帯保険ショッピングガード保険(海外)
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • QUICPay(一体型nanacoは除く)

クレジットカードに申し込める方の条件はカード会社、カードの種類によって異なります。

上の表にもあるように、セブンカード・プラスの場合、「18歳以上」で「継続的な安定収入がある方」が条件です。
なお、本人の収入が安定していない場合でも、配偶者に安定収入があれば審査に通る確率は高くなります。

ちなみに、18歳以上であれば大学生や専門学生でも申し込み可能ですが、高校生は認められません。
信用情報を無駄に傷つけないためにも、申し込み条件はしっかりチェックしておきましょう。

 

申し込みからカード到着までの流れ

セブンカード・プラスの申し込み方法は、「インターネット」「イトーヨーカドー店頭」「郵送」の3種類あります。

それぞれの申し込みの流れは以下のとおり。

インターネット申し込みの場合
  1. 規約に同意し、必要事項の入力
  2. 口座振替設定(オンラインまたは郵送)
  3. 必要書類の送付(オンライン口座設定を済ませた場合は不要)
  4. 入会審査
  5. カードのお届け(オンライン口座設定の場合、最短1週間)
イトーヨーカドー店頭申し込みの場合
  1. 受付窓口で必要事項を記入
  2. 本人確認書類の原本を提示
  3. 口座振替登録
  4. 入会審査
  5. カードのお届け(通常2週間~3週間)
郵送申し込みの場合
  1. セブンイレブン・イトーヨーカドー・ヨークマートの店頭で申込書を手に入れる
  2. 必要事項の記入
  3. 本人確認書類のコピーと申込書を返信用封筒に入れて送付
  4. 入会審査
  5. カードのお届け(通常2週間~3週間)

準備しておいた本人確認書類などの提出方法は以下をご覧ください。

申し込み方法本人確認書類の提出方法
オンライン後日「入会申込みに関するお伺い」と返信用封筒が送られてくるので、本人確認書類のコピーと「入会申込みに関するお伺い」を返送
郵送本人確認書類のコピーを入会申込書と一緒に返信用封筒に入れて送付
店頭その場で本人確認となり、提示した証明書に記載された特定番号を担当者が控える

 

まとめ

セブンカード・プラスは主婦や学生でも手に入れやすい

審査通過のコツは「在籍確認の電話に出る」「キャッシング枠を0に」の2つ

再申し込みの期間と虚偽申告に注意

「セブンカード・プラス」を手に入れるには、審査に通るための準備として無理のない範囲でのショッピング枠を想定することが重要。

たとえば、「キャッシング枠をつけない」「複数のカードを同時に審査を申し込まない」などの工夫や、「在籍確認にはきちんと対応する」「申し込み情報は正直に書く」といった点にも注意することで審査に通る確率が上がります。

現在、ほかのクレジットカードを利用している方は、クレジットヒストリーを傷つけないために規約を守った利用を意識しましょう。
無理なく努力できる範囲で審査の対策を練ると、健全なカード契約にもつながります!

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。