リクルートカードのキャッシングを賢く使うための方法を教えます!

リクルートカード キャッシング

リクルートカードは高還元率のクレジットカードとして知られているほか、付帯させる国際ブランドが3種類から選べるので、利用用途によって国際ブランドを決めることができます。

そんなリクルートカードのキャッシング機能を利用することができたら、急な出費が発生したときや海外旅行先で活躍してくれること間違いなしです!

美咲
こんにちは、美咲です。
リクルートカードは高還元率のクレジットカードだけではなくて、キャッシング機能がとっても便利みたいなんです!
ガマ蔵
せやでぇ~。
リクルートカードのキャッシング機能は知っておかな損するくらい使えるサービスみたいやで!

ということで今回は、リクルートカードのキャッシングについて、利用条件や利用方法を紹介していきます!

キャッシングの利用条件

リクルートカードは付帯する国際ブランドによってキャッシングの利用条件が異なります。
キャッシングの利用方法を紹介する前に利用条件から見ていきましょう。

リクルートカードに付帯できる国際ブランドは「JCB」「MasterCard」「VISA」の3つです。
まずはMasterCardとVISAの利用条件からご覧ください。

MasterCard・VISAの場合

国際ブランドがMasterCard/VISAである場合は、どちらも発行会社が三菱UFJニコスになるため、MUFGの利用条件が適用されます。

MasterCard・VISAのキャッシングサービスの利用条件はこちらです。

利用可能枠 1万円~50万円まで
利息 14.95%~17.95%
遅延滞損害金 年率19.92%(1年を365日とする日割り計算)
返済方法 1回払い
担保/保証人 不要

MasterCard/VISAの支払い方法は1回払いのみとなっており、毎月15日までの利用分と手数料をあわせて、翌月10日に本会員の指定口座から自動引き落としがされます。

補足説明

金融機関の休業日が10日となった場合は、翌営業日に引き落とされます。

またATMやキャッシュディスペンサーでキャッシング機能を利用した際は、手数料が発生します。

手数料
  • 1万円=110円(税込)
  • 2万円以上=220円(税込)

手数料は以下のような日割り計算がされ、元金とともに引き落としがされます。

利用金額×実質年利×キャッシング利用期間÷365日=手数料

もし手数料の計算が面倒ということであれば、MUFGキャッシングの返済シミュレーションで手数料を自動計算してくれるので、利用してみるとよいでしょう。

補足説明

キャッシング利用期間は利用開始日の翌日から支払い日までの期間になります。

 

JCB の場合

リクルートカードの国際ブランドがJCBである場合の利用条件はこちらです。

利用可能枠 1万円~100万円まで
利息 15.00%~18.00%
遅延滞損害金 年率20.00%
(1年を365日とする日割り計算)
返済方法 1回払い/リボ払い
担保/保証人 不要

1回払いやリボ払いを利用することができ、1回払いの利用後にリボ払いに返済方法を変更することも可能です。
さらにリボ払いの利用残高をまとめて支払うこともできます。

補足説明

海外でキャッシングサービスを利用した場合は、支払い方法が1回払いとなり、翌月10日に国内のキャッシング利用分とあわせて引き落としがされます。

またJCBの場合もATMやキャッシュディスペンサーの利用には、手数料や利息が発生します。
その場合の計算方法はこちらです。

1回払い・リボ払い
利用金額×年率×キャッシング利用期間÷365日=手数料または利息
リボ払いの利息計算も1回払いと同じ計算でわりだすことができます。
またキャッシング1回払い、リボ払いの支払いイメージは、こちらで確認することが可能です。

リボ払いの支払い方法についてはこちらの記事をご覧ください。

返済日

1回払いの場合「翌月10日」に元金と手数料、リボ払いの場合は「毎月10日」に元金と利息が本会員の指定口座から引落としがされます。

 

キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法はどの国際ブランドも、全国のコンビニエンスストア、ゆうちょ郵便局、提携金融機関の「ATMまたはキャッシュディスペンサー」でキャッシングサービスを1万円単位で利用することができます。

海外でキャッシングサービスを利用する場合、海外の主要空港や銀行スーパーマーケットで必要に応じて現地通貨を引き出すことが可能です。
海外でキャッシングサービスを利用すれば、日本で両替する手間が省けます。

ただし海外では地域によって一部JCBが利用できないATMもあるので、それぞれの国際ブランドが利用できるATMを確認しておきましょう。

注意事項

  • 海外では1回及び1日に引き出せる上限額が決められている場合があります。
  • ATMや現地金融機関の窓口の利用には、手数料が発生します
  • 国内/海外でキャッシングサービスを利用するためには、暗証番号が必要です。
  • 現地窓口で引き出す場合は、パスポートも必要です。

 

まとめ

今回はリクルートカードのキャッシングについて紹介してきました。

リクルートカードは付帯する国際ブランドにより、キャッシングサービスの利用条件が異なるため、きちんと利用条件を確認しておくとよいでしょう。

海外旅行や急な出費が発生したときに、リクルートカードのキャッシングサービスを利用すると便利です!

この記事を参考にして、リクルートカードでキャッシングサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。