フィッシング詐欺に注意!具体的な対処法5つとおすすめカード3選

フィッシング詐欺

この記事でわかること

フィッシング詐欺の手口と実例

フィッシング詐欺にあった場合の5つの具体的な対処法

セキュリティ性の高いクレジットカード3選

偽のメールやサイトに誘われ大切な個人情報を一瞬にして奪われてしまう、それがフィッシング詐欺

うかつに引っかからないために、まずはフィッシング詐欺の実情を知ることが大切です。
さらに万が一の場合にも、対処の知識があれば被害を最小に留めることができます。

今回は、フィッシング詐欺の手口と実例、5つの対処法、そして安心して利用できるセキュリティ性の高いクレジットカード3枚をご紹介していきます!

まずは、今回ご紹介するセキュリティ性の高いクレジットカードの特徴をご覧ください↓

券面特徴公式ページ
JCB一般カード
JCB一般カード
  • セキュリティ機能に優れたICカードへの順次切り替え
  • 「不正検知システム」「本人認証サービス」など不正利用の防止対策
三井住友カード
三井住友カード
  • 「写真入りカード」で高まる安全性
  • 「カード不正使用検知システム」「ネットショッピング認証サービス」などの不正利用の防止対策
楽天カード
楽天カード
  • カード偽造防止ICチップの搭載
  • 「カード利用お知らせメール」「本人認証サービス」などの不正利用の防止対策

フィッシング詐欺って何?

フィッシング詐欺の“フィッシング”(phishing)は、魚釣り(fishing)と洗練(sophisticated)から合成された言葉。
巧妙な手口で、あたかも魚を釣るように人を引っかける様子から、この言葉で呼ばれるようになったと思われます。

最もオーソドックスなのは、銀行やカード会社を装った偽の送信者から緊急メールが送り付けられる手口です。

文面や言い回しが巧みな上にWebサイトもまったく区別がつかないため、本物のサイトと思い込み、相手の言いなりに大切な情報を打ち込んでしまうケースが後を絶ちません。

かつてはパソコンが主な標的でしたが、スマートフォンが爆発的に普及するにつれてフィッシング詐欺のターゲットも移行。
大量に届くお知らせや広告メールにまぎれ、フィッシング詐欺メールは相手を選ばず誰の元へでも届くのです!

 

狙われるのはこんな情報

フィッシング詐欺の目的としては、次のような情報があります。

フィッシング詐欺で狙われる情報
  • 氏名・住所・生年月日・電話番号・勤務先などの基本情報
  • クレジットカード番号・銀行口座番号
  • ネットバンキング・ショッピングサイトのアカウント情報(ID・パスワード)
  • SNSのアカウント情報
これらが盗まれることにより、以下のような被害が発生します。
  • 詐欺グループのリストに登録 ・不正なクレジットカード利用
  • 銀行口座からの引き出し
  • 不正なショッピング
  • SNS乗っ取りによる被害の拡大
特に深刻なのは金銭被害です。
SNSのアカウントが乗っ取られて課金アイテムやポイントの不正使用、詐欺の手段として成りすましされるといった事件も起こっています。

 

フィッシング詐欺の手口と実例

こんなフィッシング詐欺メールにご注意!

よくある例は下記のように、クレジットカード会社や銀行を装ったメールが送り付けられるというものです。

【フィッシング詐欺メールの例】

 フィッシング詐欺メールの例
このような“それらしい”メールが届き、偽のwebサイトに誘導します。
メールの最後にはご丁寧にも、「1週間以内に処理されなければクレジットカードが利用できなくなる」などの脅し文句まで付いていることもあり、焦って指示通りに動いてしまう人もいます。

さらに最近の手口で多いのは、当選のお知らせや、スマートフォンのセキュリティ警告画面などから、偽サイトへ誘導するというもの。
いずれの方法でも、最終的には個人の機密情報を入力するフォームなどが出現します。

クレジットカード会社や銀行では「メールでパスワードを変更させるような画面への案内は絶対にない」と告知しています。
また、第1暗証、第2暗証や合言葉などをすべて一度に入力させるような画面もありません。
そのような指示が出たら、すぐに画面を閉じ、絶対に従わないようしてください。

 

フィッシング詐欺でこんな被害が!

フィッシング詐欺で想定される被害には次のようなものがあります。

盗まれた情報被害例
銀行など金融機関情報預金を引き出される・送金される
クレジットカード情報不正ショッピング・不正キャッシング
SNSアカウント情報
  • アカウント乗っ取り
  • なりすましで友人を詐欺通販などに勧誘
  • 迷惑メッセージの送信
GoogleID、AppleIDなど高額アプリやアイテムの購入をされる

少しでも怪しいと感じたらすぐに作業を中止し、公式サイトを確認するようにしてください。

公式サイトの確認はブックマークなどを使い、普段利用している方法でサイトを開いてみるといいでしょう。
企業のサイトが侵されていない限りは、URLの入力でも正常な画面が開くはずです。

 

フィッシング詐欺にあった場合の5つの具体的な対処法

スマホフィッシング詐欺被害の多くは、銀行口座の残高やカードの支払請求が来た時点でようやく気づくといったケースがほとんど。
不審な点に気がついた時点で、まずは以下の対処法を実行しましょう。

  1. 銀行・クレジットカード会社への連絡
  2. 各サイトやデバイスのパスワードの変更
  3. サイバー犯罪相談窓口に連絡
  4. SNSアカウントの削除・再登録・友だちへの連絡
  5. フィッシング対策協議会への情報提供

 

1.銀行・クレジットカード会社への連絡

詐欺被害にあった場合、個人の銀行口座については、預金者保護法と全国銀行協会の取り決めにより補償されます。
各カード会社でも、不正使用の補償がついているところが多くなってきました。

いずれにしても、口座の凍結やカードの利用停止など、速やかな対応が重要です。

 

2.各サイトやデバイスのパスワードの変更

パスワードを同じものにしている場合には、他のサービスでも被害にあう可能性があります。
念のため、サイトや利用デバイスのパスワードをすべて変更しておくと安心です。

 

3.サイバー犯罪相談窓口に連絡

フィッシング詐欺被害者のために、フィッシング110番が設置されています。

各都道府県の警察にサイバー犯罪相談窓口が置かれているので、被害について相談してください。
個人で動くよりも迅速な対応が期待できます。

 

4.SNSアカウントの停止

SNSアカウントが奪われた場合には、直ちにアカウントの停止を行います。
またSNSでつながっている友人などに対しても、状況を説明し不審なメッセージに注意するよう呼びかけてください。

 

5.フィッシング対策協議会への情報提供

ひと通りの対策を行い落ちついたら、フィッシング詐欺の手口をリアルタイム情報として掲載しているフィッシング対策協議会へ情報提供をしておきましょう。

被害者を増やさないためには、銀行やカード会社など各関連機関に情報の共有が必要です。

 

銀行口座からのお金の移動やクレジットカード利用の際、メールでの通知サービスが提供されています。
それらを利用すれば、異常が起こっている場合すぐに気づくことができるでしょう。

身に覚えのない請求やお金の移動には、常日頃から敏感でなければいけません。


ここまではフィッシング詐欺の手口や被害、対策などについてご紹介してきました。
やはり、一番安心なのは「セキュリティ性の高いクレジットカードを使う」ということではないでしょうか。

そこで、数あるクレジットカードの中でもセキュリティ性の高いカードを紹介していきます。

 

セキュリティ性の高いクレジットカード3選

ここではセキュリティ性の高いクレジットカード3枚と、各カードに備わっているセキュリティサービスをご紹介します。

 

JCB一般カード

JCB一般カード

JCBカード」は 日本国内で唯一の国際ブランド。
そんなJCBカードは第三者による不正利用の防止として以下の取り組みをしています。

セキュリティサービス
  • インターネットショッピングでの「本人認証サービス」
  • 24時間365日体制の「不正検知システム」
  • 安全性に優れた「ICカード」
  • 売上票のカード番号・有効期限の非表示化でセキュリティアップ

このほか、カードの紛失や盗難といったトラブル時の補償、インターネットショッピング利用時の身に覚えのない請求の取り消しにも対応!

安心してクレジットカード決済ができます。

 

三井住友カード

三井住友カード

三井住友カード」は、銀行系のクレジットカードとして有名です。
そんな三井住友カードには、以下の4つのサービスにより防犯性を高めているのが特徴です。

セキュリティサービス
  • ICチップによる、カードと端末の相互認証
  • 「写真入りカード」で本人の顔写真による目視での本人確認
  • 24時間365日見守る「不正使用検知システム」
  • インターネットショッピングでの「ネットショッピング認証サービス」
もちろん、紛失・盗難にあった際には年中無休のコールセンターに相談することもできます。
「何より安全性を重視したい!」という方におすすめのカードです。

 

楽天カード

楽天カード

国内でもトップクラスの人気を誇る「楽天カード」は、セキュリティ面でも抜かりはありません。
ユーザーが安心して使えるように、以下のような取り組みをしています。

セキュリティサービス
  • 24時間365日監視の「不正検知システム」
  • カード偽造防止ICチップの搭載
  • 楽天カードの利用をすぐに通知してくれる、カード利用お知らせメール
  • ネットショッピング時の本人認証サービス

もちろん、楽天カードでも年中無休でカードの盗難・紛失の相談をすることができます。
このような取り組みからも、楽天カードはクレジットカード初心者にうってつけの1枚といえます。

 

まとめ

フィッシング詐欺には迅速な対応が大切

セキュリティ性の高いクレジットカードを利用する

もしもフィッシング詐欺の被害にあった場合は、落ち着いて対処することが一番。
自分が利用する銀行や各カード会社のサイトの注意喚起情報に、普段からよく目を通しておくことをおすすめします。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。