オリコの法人カードで事業効率化!メリットと審査通過のコツを紹介

オリコカード法人

この記事でわかること

オリコの法人カードの種類と特徴

オリコの法人カードを利用するメリット

申し込み手順と審査(審査期間、審査に通過するポイントなど)

審査に落ちる原因と対策法

ポイントが貯まりやすく人気の「オリコカード」は、個人向けのクレジットカードだけではなく法人カードも発行しています。

オリコの法人カードは発行対象者別に「法人代表者向け」「法人向け」「個人事業主向け」と分かれており、カードによって魅力もさまざま。

今回はそんなオリコの法人カードの特徴やメリット、審査に通過するためのポイントを一挙ご紹介していきます。

法人代表者向けカード

法人代表者が発行できるオリコの法人カードは、「UPty for Biz M」「EX Gold for Biz M」の2種類。
それぞれの項目で比較した表をご覧ください。

カード名UPty for Biz MEX Gold for Biz M
カード発行対象者法人代表者
保証人不要
決済口座法人口座
約定日毎月27日
年会費(税込)初年度無料(2年目以降は2,200円)
※2枚目以降無料
発行可能枚数最大4枚(メンバーズカード3枚)
国際ブランドMastercard
  • Mastercard
  • Visa
利用可能枠10万~200万円10万~300万円
キャッシング利用可能枠なし
利用可能な支払い方法リボルビング払い
  • 回数指定分割払い
  • リボルビング払い

 

付帯サービスあり
ポイントサービスあり(暮らすマイル)
ETCカードあり
電子マネーなし
  • Mastercardコンタクトレス
  • Visaのタッチ決済
eオリコサービス利用可能

どちらのカードも初年度の年会費が無料、さらに3枚まで発行可能なメンバー会員のカードも年会費無料となっているので、法人の代表だけではなく、秘書や副代表などとカードを共有できるという魅力があります。

また、カード利用でオリコカードのポイントサービス「暮らスマイル」1,000円につき1スマイル貯まり、貯めたポイントは他社のポイントや数多くの商品と交換することが可能。

年間のカードショッピング利用金額によっては、最大で通常の2倍ものポイントを貯めることもできます。

では、ここからはこの2種類の特徴について詳しく見ていきましょう。

 

UPty for Biz M

UPty for Biz Mの特徴
  • Mastercardビジネスアシストが付帯
  • 支払いの平準化でキャッシュフローが安定
  • 毎月の利用が明細書で一目瞭然
  • 決算書不要で手続きが簡単
  • メンバーカードの発行が最大3枚まで可能
「UPty for Biz M」はリボ払い専用のカードとなっているので、毎月の返済金額(弁済金)を一定に設定することで、計画的な事業運営に役立つことでしょう。

UPty for Biz Mには、Mastercardの優待特典「Mastercard® Taste of Premium® 」が自動付帯されています。
国際線手荷物復路宅配優待サービスや、空港クローク優待サービスなど充実したサービスが利用可能です。

 

EX Gold for Biz M

EX Gold for Biz Mの特徴
  • MastercardビジネスアシストまたはVisaビジネスオファーが付帯
  • 毎月の利用が明細書で一目瞭然
  • 決算書不要で手続きが簡単
  • メンバーカードの発行が最大3枚まで可能
「EX Gold for Biz M」はリボ払いに加えて回数指定分割払いも利用できるため、より支払いの管理がしやすいカードといえます。

また、ポイントを活用したいという法人代表者の方なら、暮らスマイルのポイントに20%のボーナスが加算されるのも魅力のひとつ。

さらに「Mastercardコンタクトレス」または「Visaタッチ決済」が搭載されているので、カードをかざすだけでスマートに支払いができます。

「Mastercardビジネスアシスト」または「Visaビジネスオファー」により、日本国内や海外でさまざまな特典が受けられるので、出張の際に活用するとよいでしょう。

国内主要空港とハワイ・ホノルル、韓国・仁川の空港ラウンジを年中無休、無料で利用可能なサービスも付帯されています。

 

法人向けカード

法人が発行できるオリコの法人カードは、「オリコビジネスカードスタンダード」「オリコビジネスカードGold」の2種類。

カード名オリコビジネスカードスタンダードオリコビジネスカードGold
カード発行対象者法人
保証人代表者連帯保証
決済口座法人口座
約定日毎月27日

年会費(税込)

 

初年度無料
※2年目以降は1枚につき1,375円
初年度無料
※2年目以降は1枚につき2,200円
発行可能枚数最大20枚
国際ブランドMastercard
利用可能枠10万円~1,000万円
(カード使用者の総利用可能枠)
キャッシング利用可能枠なし
利用可能な支払い方法
  • 1回払い
  • 分割払い
  • 据置1回払い
付帯サービスあり
ポイント制度なし
ETCカード付帯可能
電子マネーMastercardコンタクトレス
eオリコサービス利用可能

どちらも最大で20名までメンバー会員の申し込みができ、1枚ごとにカード利用枠の設定ができます。

また、それぞれ「Mastercardビジネスアシスト」が付帯されていて、福利厚生プログラムや経理システム、日本企業海外進出サポートなどのビジネスシーンで便利に利用できるサービスが充実しています。

 

オリコビジネスカードスタンダード

オリコビジネスカードスタンダードの特徴
  • Mastercardビジネスアシストが付帯
  • カード利用者ごとにカード利用枠が設定可能
  • 個々人の利用明細書が一目瞭然
  • メンバーカードの発行が最大20枚まで可能
「オリコビジネスカードスタンダード」は、初年度の年会費が無料で、2年目以降は1,375円(税込)となっています。

カードも利用者ごとにカード利用枠を設定でき、1枚ずつの利用明細も一目でわかります。
さらにETCカードも発行が可能で、その利用分もまとめてカード請求となるので、事務効率のアップが望めるでしょう。

「Mastercardコンタクトレス」を搭載しているので、支払いもスピーディーに済ませられます。

注意事項

ただし法人向けのカードではポイントを貯めることはできません。

 

オリコビジネスカードGold

オリコビジネスカードGoldの特徴
  • Mastercardビジネスアシストが付帯
  • カード利用者ごとにカード利用枠が設定可能
  • 個々人の利用明細書が一目瞭然
  • メンバーカードの発行が最大20枚まで可能
「オリコビジネスカードGold」も初年度の年会費が無料で、こちらは2年目以降の年会費が2,200円(税込)となります。

オリコビジネスカードスタンダードと同じ法人サービスを利用できることに加え、高級レストランでのご優待、海外へのご出張やご旅行に利用できるサービス「Mastercard® T&E Savings」も利用可能です。

またオリコビジネスカードGoldにも、国内主要空港とハワイ・ホノルル、韓国・仁川の空港ラウンジを年中無休、無料で利用可能なサービスも付帯されています。

 

個人事業主向けカード

個人事業主限定カードとは、個人として事業所得を申告している方が作成することのできるカードです。

個人事業主向けのビジネスカードに変えることで利用明細がわかりやすくなり、今まで気づかなかった余分な経費を発見することで新たな事業計画を生み出すことにつながるかもしれません。

オリコで個人事業主の方が作ることのできる法人カードは、「Upty for Biz S」「EX Gold for Biz S」の2種類です。

カード名UPty for Biz SEX Gold for Biz S
カード発行対象者個人事業主
保証人不要
決済口座契約者個人口座
または屋号付契約者口座
約定日毎月27日

年会費(税込)

 

初年度無料(2年目以降2,200円)
※2枚目以降無料
発行枚数1枚
国際ブランドMastercard
  • Mastercard
  • Visa
利用可能枠10万~200万円(内キャッシング利用可能枠:10万~100万円)10万~300万円(内キャッシング利用可能枠:10万~100万円)
利用可能な支払い方法【ショッピング・キャッシング】
リボルビング払い

【ショッピング】

  • 1回払い
  • 分割払い
  • 据置き一括払い
  • 半年賦併用払い
  • リボ払い

【キャッシング】

  • 一括返済方式
  • リボルビング払い
    (元利定額リボルビング方式)
付帯サービスあり
ポイント制度あり(暮らすマイル)
ETCカード付帯可能
電子マネーなし
  • Mastercardコンタクトレス
  • Visaのタッチ決済
eオリコサービス利用可能

どちらのカードも初年度の年会費が無料で、2年目以降の年会費は2,200円(税込)となっています。

基本的には法人代表者向けカードの項目でご紹介した2枚のカードと性能は同じですが、キャッシングの利用が可能なので、急な資金調達や予想外の支払いの際にも安心です。

注意事項

こちらの個人事業主向けのカードはメンバー会員のカードは発行できません。

 

UPty for Biz S

UPty for Biz Sの特徴
  • Mastercardビジネスアシストが付帯
  • 支払いの平準化でキャッシュフローが安定
  • 毎月のご利用が明細書で一目瞭然
  • 手軽な資金調達の実現
  • 総量規制の例外貸付商品
「UPty for Biz S」は個人事業主向けの「総量規制の例外貸付商品」であるため、総量規制の例外として借り入れの申し込みをすることができます。

総量規制の例外貸付商品とは

総量規制のため、通常は「借り入れ総額が年収の3分の1を超えてはならない」と定められていますが、個人事業主に限り返済能力があると判断された場合、総量規制の例外として年収の3分の1を超えていても借り入れが可能。

この借り入れが可能なカードを「総量規制の例外貸付商品」といいます。

また「UPty for Biz M」と同様、Mastercardの優待特典「Mastercard® Taste of Premium® 」が利用可能
もちろん自動付帯となっており、国内・海外旅行でお得なサービスの利用ができます。

さらにUPty for Biz Sを利用すると、年間のカードショッピング利用額によっては、暮らスマイルのポイントが最大2倍と使えば使うほどお得になります。

 

EX Gold for Biz S

EX Gold for Biz Sの特徴
  • MastercardビジネスアシストまたはVisaビジネスオファーが付帯
  • 毎月の利用が明細書で一目瞭然!
  • 手軽な資金調達の実現!

「EX Gold for Biz S」にも“Mastercardビジネスアシスト”または“Visaビジネスオファー”が付帯しており、「EX Gold for Biz M」と同様のサービスが利用可能です。

そして毎月の利用明細書もEX Gold for Biz Sで整理できるので、利用日や利用用途・金額など一目瞭然。
そのため経費管理を簡素化することができます。

またキャッシングの利用も可能なため、資金調達にも役立てることができます。

 

オリコの法人カードを利用するメリット7つ

オリコの法人カードを利用するメリットを7つ挙げました。
ここからはこのメリットについて詳しく見ていきましょう。

オリコの法人カードを利用する7つのメリット

経理業務が楽になる

キャッシュフローが安定する

ビジネスに役立つサービスが充実

カードによってはポイントが貯まる

個人事業主も発行可能なカードもある

保証人不要で発行できる

従業員のカードも発行可能

 

1.経理業務が楽になる

法人カードで経費を精算すると、利用したものは全て毎月発行されるカード利用明細書に記載されます。
各カード1枚1枚に対し、それぞれ別々の明細書が発行されるので、いつ・だれが・どこで・いくら使ったかが簡単にわかるようになるのです。

通常のクレジットカードでは、出張費や消耗品などの経費は、従業員が立て替えて後日精算するか、金額が大きい場合は先に仮払いをするといった必要がありました。

法人カードを使うことで、プライベートでのカード利用とビジネス用の経費を明確に分けることが可能になるのです。
法人カードを従業員に持たせることにより、これらの現金出納が必要なくなります。

 

2.キャッシュフローの安定化

経費を法人カードで決済することで、毎月決まった日に銀行から引き落とされます。
カードを使用してから引き落としまで支払いの猶予が発生するので、キャッシュフロー(資金の流れ)が安定します。

出張のための交通費や、広告費など大きなお金の支払いが継続的にある企業にとって、支払いまでの猶予が長いというのは非常に大きなメリットだといえるでしょう。

また、カード決済にすることで振込手数料がかからなくなることもメリットの1つです。

 

3.ビジネスに特化したサービスが充実

法人カードでも通常のクレジットカードと同じように付帯されているサービスの利用が可能です。
カードの種類によって付帯されているサービスが変わってくるので、カードを申し込む前に確認しておきましょう。

オリコカードの法人カードの場合、以下のサービスが受けられます。

オリコ ビジネス サービスさらにビジネスに特化したサービスだけではなく、福利厚生サービスもあります。

オリコ 福利厚生サービス

4.ポイントが貯まる!

「EX Gold for Biz 」「Upty for Biz 」では、カードの利用で暮らすスマイルを貯めることが可能。
利用金額1,000円につき1ポイント貯まり、EX Gold for Biz会員であればさらに20%づつポイントが加算されます。

貯まったポイントはAmazonギフト券、すかいらーくご優待券Tポイント、ANA/JALマイルに交換することができます。

また「Orico Point Biz」といって事務用品と交換することができるサービスも利用可能です。

Orico Point Bizとは

2,500ポイント以上貯まるとカタログ商品交換券が送付され、事務用品を取り扱う「オータスカリ」のカタログ商品と交換できるサービス

 

5.個人事業主も発行可能なカードもある

「個人事業主が申し込めるクレジットカードが見つからない」
「個人事業主が申し込めるカードが欲しい!」
という方にもオリコの法人カードがおすすめです!

先述したとおり、オリコの法人カードには個人事業主も発行できるカードが「UPty for Biz S」「EX Gold for Biz S」の2種類あります。
どちらも年会費のコストを抑えつつ利用することができ、ビジネスをサポートするサービスが付帯しています。

上記でご紹介した「オリコの個人事業主向けカード」の基本情報をもとに、それぞれのカードを比較して検討してみると良いでしょう。

 

6.保証人不要で発行できる

オリコの法人カードには保証人不要で発行できるカードが多く、申し込みやすいこともメリットです。

法人カードを申し込む場合は通常「保証人」が必要となり、保証人は申し込み者本人に何かあった場合に法人カードの情報を引き継ぐ権利があります。

その点、オリコの法人カードは保証人がいなくても発行できるカードが多くあり、スムーズに法人カードを発行することができます。

ただし以下の法人カードは保証人が必要となるので、カード情報をよく確認して申し込むようにしましょう。

保証人が必要な法人カード

  • オリコビジネスカードスタンダード
  • オリコビジネスカードGold

 

7.従業員のカードも発行可能

オリコの法人カードは従業員カードも発行が可能で、なんと最大20枚まで発行できる法人カードもあります!
従業員カードを作ると出張費や事務用品の決済に活用することができ、業務の流れを円滑に運び、経理作業を簡素化することが可能です。

また従業員カードも、利用することで暮らスマイル(ポイント)も貯めることが可能で貯まったポイントは本会員に合算することもできます。

大規模な企業は従業員カードを発行しておくとお得です!


オリコの法人カードの種類や特徴、利用するメリットがわかったところで、続いては申し込みの流れと審査に通過するためのポイントを確認していきましょう。

 

オリコの法人カードの申し込み方法

オリコの法人カードを作るなら、オンライン申し込みが便利です。
申し込みからカード発行までの簡単な流れは以下のとおり。

  1. 「オンライン申込」のボタンをクリック、入力フォームに必要事項を入力
  2. 入力した情報をもとに審査後、申込用紙が送付される
  3. 申し込み用紙に記入し、必要書類をオリコへ返送
  4. カードが到着

返送の際に必要な書類は次の3種類です。

必要書類
  • 入会申込書
  • 本人確認資料
  • 所得証明書(キャッシング希望の場合)

必要書類の中で、キャッシングを希望し以下のいずれかに該当する場合に「所得証明書」の返送も必要となります。

  • 今回の申し込みを含めて、オリコでの借入額またはカード利用可能枠の合計が50万円を超える場合
  • 上記の借入合計額と他社での利用を含めた借入残高の合計額が100万円を超える場合

審査期間の目安は、通常で約1週間~2週間前後、審査状況により3週間~4週間かかる場合もあるようです。

 

審査に通過するためのポイント4つ

オリコの法人カードの審査に通過するために、最低限しておくとよいことを4つご紹介します。

 

1.固定電話回線を引く

カードの申し込みをすると、カード会社は法人の事業実態を調べるために、固定電話やオフィスの有無について確認を行います。

この確認は闇金業者や詐欺業者などが法人利益を違法使用することを防ぐためのもので、携帯電話しかない法人の場合、信用面において不安があると判断されてしまう可能性があります。

そこで固定電話を引いておくことで、電話加入権を持っているという信用を作ることができ、営業実態もつかみやすいという評価を得ることが可能になるというわけです。

 

2.使っていないカードを解約する

限度額の枠に余裕を持たせるために、利用していないクレジットカードを解約することで、審査が通過しやすくなる可能性があります。

法人カードを作るこの機会に使うカードと使わないカードの整理をし、利用頻度を見直してみるとよいですね。

 

3.代表者の信頼度を上げる

代表者が所持している個人用のクレジットカードのランクを上げることも審査を通過するためのポイントの1つ。

代表者が高いランクのクレジットカードを持っているということは「信頼度が高い」とみなされ、審査に通過しやすくなるからです。

もちろん持っているカードの利用&返済をきちんとし、クレヒスを良好にしておくことも重要です。

 

4.ホームページを作成する

企業のホームページを作成することで「この会社はどんな事業をしているのか」ということをアピールすることで、審査に通過しやすくなることがあります。

業種に関する詳しい説明を記載しておくことで信頼度が高まるでしょう。

  • 固定電話の回線を引く
  • 使っていないカードを解約
  • 代表者が所持するカードのクレヒスを良好にしておく
  • 企業のホームぺージを作成して事業のアピール

 

審査に落ちてしまう原因

最後に審査に落ちてしまう原因について紹介します。
心当たりのある場合は、申し込みの前に改善しておくとよいでしょう。

 

法人の設立から間もない

個人用のクレジットカードであれば、もし契約者の勤務先が倒産してしまったとしても、契約者が転職をすれば給与は途絶えないでしょう。

ですが法人カードの場合は、法人が倒産すると経営者も破産してしまう可能性が高く、カード会社にとっては貸し倒れとなるリスクがあるのです。

そのため起業直後の法人や事業歴が2年未満の法人は、「事業歴の短さ」が法人カードの審査落ちの理由となることがあるのです。

法人カードの申し込みは法人の設立から3年が経過してからがよいでしょう。

 

利益が少なく業績が悪い

利益が少なく業績の悪い会社も貸し倒れのリスクが高くなるため、審査の通過は難しいといえるでしょう。

ただし売上が大きく、節税のために出張費や接待費などの経費を大きくして意図的に赤字にしている会社は、財務状況に問題がないとされ、赤字決算であっても審査に通ることがあります。

債務状況の悪い売り上げが少なく借入額の大きいような赤字決算の会社は審査に落ちてしまいます。

審査に通りやすくするためには、黒字決算や安定した業績を維持することが大切です。

 

代表者の信頼度が低い

先述のとおり、代表者のクレジットカードヒストリー(クレヒス)も審査に影響してきます。

会社の代表者がこれまでに債務整理や自己破産を行っていたり、支払いの滞納の回数が多い場合は、審査に落ちてしまう原因となってしまうこともあります。

代表者のクレヒスについては、直近の2年以内に2回以上の返済遅延があると、カード審査に落ちてしまうとされています。

そのため、クレジットカードの優良な利用実績を積み上げるようにして十分注意しましょう。

 

まとめ

オリコの法人カードは「法人代表者」「法人」「個人事業主」が発行対象

発行対象者ごとに2種類ずつありそれぞれに特徴が異なる

審査通過のためには企業だけではなく、代表者の信頼度も重要

オリコカードの法人カードがあれば、ビジネスに特化した機能や付帯サービスによって業務のさらなる効率化や生産性の向上が望めます。

発行対象者ごとに作れるカードの特徴やメリットを、ぜひ今回の記事でご確認ください。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。