クレジットカードでnanacoチャージ!おすすめカード3選をご紹介

nanacoチャージはクレジットカードで

みなさんは国内で最も多いコンビニがどこか知っていますか?

答えはセブンイレブン
店舗数はなんと2万店以上もあるそうです(2019年時点)。

みなさんの中にも「あっちを歩いてもこっちを歩いてもセブンイレブンがあるな~」と思われる方は多いのではないでしょうか。

そんな国内最大のコンビニチェーンであるセブンイレブンを頻繁に利用する方の中には、電子マネー「nanaco」を使ってお支払いをしている方も大勢いるかと思います。

みなさんはnanacoにどうやってチャージしていますか?

じつはクレジットカードでチャージすれば、チャージした金額分のポイントがクレジットカードの方に付与されるんです!

チャージしたnanacoでお支払いをすればnanacoポイントがもらえて、またチャージすればその分クレジットカードのポイントがもらえるなんて、お得ですよね!

nanacoにはクレジットカードでチャージ!

nanaco クレジットチャージnanacoへクレジットカードでチャージする方法には、「クレジットチャージ」「オートチャージ」という2種類があります。

クレジットチャージは、必要なときに必要な金額をクレジットカードからチャージする方法です。

そしてオートチャージは、セブンイレブンまたはイトーヨーカドーのレジでお支払いをする際に、お支払い後のnanacoの残高が事前に設定しておいた金額未満になってしまった場合、自動的に登録したクレジットカードからチャージされる方法です。

では「クレジットチャージ」はどうやって利用するのでしょうか?
次からは基本的な手順について紹介していきます。

 

事前に準備するもの

はじめに用意しなければならないのは、「本人認証サービス」に登録済みのクレジットカードです。

本人認証サービスとは

ネット上でクレジット決済を利用する際に、あらかじめ登録したパスワードを入力することで、第三者による不正使用を未然に防ぐサービスです。
セキュリティ対策なので、面倒であればあるほど安全と思って、登録しましょう!

nanacoクレジットチャージに対応しているブランドがある程度決まっています。
それらのブランドの中でも対応しているカードと対応していないカードがあるので注意してください。

このページの後半ではおすすめのクレジットカードを紹介しますが、どうしても使いたいというカードがある場合は、nanaco公式サイトで対応しているか確認してみましょう。

また、本人認証サービスの登録方法は、チャージに利用したいクレジットカードの発行会社によって異なります。
本人認証サービスへの登録がまだ済んでいない方や、登録済みかわからない方、パスワードを忘れてしまった方は、各発行会社にお問い合わせしてみてください。

美咲
登録って面倒臭いな~って思っちゃいますよね。
私も本人認証サービスしてあるかわからなくて悩んじゃいました。
ガマ蔵
せやな、面倒は面倒や。
けどな、面倒くさ~い手続きがあるっちゅうんは、しっかりしたシステムっちゅうことやとワイは思うで。

パッパッパーと簡単にできてしまったら、それはそれで不安やろ?
個人情報やし、お金のことやし。

カードを用意できたら、会員メニューで登録!

初めてクレジットチャージを利用する際は、チャージに使いたいクレジットカードの事前登録が必要です。
パソコン・スマートフォンの「nanaco会員メニュー」にログインして登録しましょう。
事前登録のやり方は、nanaco公式サイトに詳しく書いてあります。

ここではnanacoカードやnanacoモバイルを利用している方向けに、事前登録の方法について簡単に紹介したいと思います。
nanacoモバイルアプリをお使いの方は、公式サイトに登録の方法が記載されているので、そちらをご覧ください。

  1. nanaco会員メニューにログイン
  2. nanaco会員メニューの「クレジットチャージ」と書かれたところをタップ
    ※クレジットカードの事前登録ができるのはnanacoカードに入会して10日後から
  3. クレジットカードの事前登録の画面が表示されたら、特約内容の確認をして、「特約内容に同意のうえ、登録」をタップ
  4. 本人認証サービスの登録が済んでいるクレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコード、さらにそのカードを発行した際に登録した電話番号を入力
  5. 自分の名前や生年月日を入力し、同じ画面にてクレジットチャージを利用する際に必要となるクレジットチャージパスワードを設定
  6. 確認画面で入力内容を確かめて、間違いがなければ「登録する」をタップ
  7. 最後に登録したいクレジットカードの、本人認証サービスのパスワードを入力
これで事前登録は完了しました。
登録してから24時間が経過した後、クレジットチャージを利用することができます!

 

登録完了! さっそくチャージしてみましょう!

nanacoカード・nanacoモバイルを利用している方の場合、チャージも会員メニューから行うことができます。

  1. 会員メニューにログインしたら「クレジットチャージ」という箇所をタップ
  2. 「クレジットチャージパスワード」認証画面になったら、登録の際に設定したクレジットチャージパスワードを入力
  3. 入力すると、登録クレジットカードの番号などが記載されている画面に変わるので、そのページにある「クレジットチャージ(入金)」をタップ
  4. 入金画面に変わったらチャージ金額を選択して、確認画面で入力内容に問題がないことを確かめたら、「申し込み」をタップして完了
  5. セブンイレブンなどのお店や、銀行ATMで残高確認して申し込んだ分を受け取れば利用することが可能
美咲
ふう~。
ようやく基本の説明が終わりました!
師匠、口がカラカラなので、セブンカフェのコーヒー買ってきてください!
ガマ蔵
ちょっ!この弟子、満面の笑みでどえらいこと言い出しよったで!
でもまあ、しゃーないなぁ。
チャージできる上限額とかの説明もちゃんと言うことができたらな!

クレジットカードでのチャージには、上限額や利用制限などのルールがあります。

まずチャージの上限額ですが、50,000円と決まっています。
nanacoが50,000円までしかチャージすることができないからです。

さらに、一回にチャージ可能な金額が5,000円以上から1,000円単位で30,000円までと決まっていたり、1ヵ月の利用金額が20万円までや利用できる回数が1ヵ月に15回・1日に3回までといった制限もあります

クレジットチャージを利用される際には注意してくださいね!


以上でクレジットチャージに関する基本的な流れは終わりです。
さらに詳しく知りたい方は、nanacoの公式サイトで確認してください!

 

チャージをするとクレジットカードのポイントが貯まる!

クレジットチャージをする一番のメリットは、チャージをした際にその金額分のポイントがクレジットカードに付くことです。

ここからはおすすめのクレジットカードを3種類紹介していきたいと思います!

 

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスをおすすめする理由は、クレジットチャージをすることによって得られるポイントが「nanacoポイント」なので、nanacoユーザーにとっては最も使い勝手がいいところです!

ポイント還元率は0.5%と、他のカードと比べて高くはありませんが、クレジットチャージをすることで得たポイントをnanacoの残高に加えられます。

nanacoは税金や公共料金の支払いにも対応しているので、チャージで得たnanacoポイントを電子マネーに変えれば、税金などの支払いに回すことだってできますよ!

さらに、nanacoには「オートチャージ」という方法もあるのですが、このやり方はセブンカードやセブンカード・プラスでしか使えません!

オートチャージとは

セブンイレブンやイトーヨーカドーでnanacoによるお支払いをした際に、残高があらかじめ設定しておいた金額未満になってしまったら、設定しておいた金額が自動的にチャージされるという仕組みです。

たとえば、事前に会計後の残高が2,000円未満になったら5,000円オートチャージされるように設定しておいた、現在の残高が3,000円のnanacoがあるとしましょう。
このnanacoで2,000円のお買い物をすると、普通なら残高は1,000円になってしまうところですが、オートチャージ機能が働いて5000円がチャージされ、残高が6,000円になるのです!

もう一つ例を挙げると、たとえば上記の設定のnanacoで4,000円のお支払いをした場合、残高は-1,000円になってしまうのですが、こういった場合でもチャージされます。
設定どおりに5,000円がチャージされ、残高が4,000円(-1,000円+5,000円)になるということです!

ただし、オートチャージ機能が働かないケースもあります。

たとえば上の例と同じチャージ設定と残高のnanacoがあるとして、このnanacoで10,000円の支払いをした場合はチャージされません。
元からある残高とオートチャージ設定金額を合計した金額が支払い金額に達しない場合は、オートチャージ機能が働かないからです。

また、オートチャージには1日に1回まで1ヵ月のチャージ回数は15回まで金額は1ヵ月に20,0000円までという上限がありますが、それらだけ注意しておけばとても便利です。

セブンカード・プラスは、年間のカード利用が50,000円以上になると年会費が無料になるのですが、そうでないと500円かかってしまいます。

ですが、この年間50,000円以上の利用にはnanacoへクレジットチャージした分も含まれているので、nanacoユーザーにはとくに問題ないでしょう!

美咲
nanacoヘビーユーザー!っていう人なら、このカードで間違いないって私は思います!
どうでしょうか、師匠!
ガマ蔵
ワイもそう思うで!
けどな、他にもええカードがあることは、嬢ちゃんもわかっとるやろ?
どーんと紹介してや!

 

リクルートカード

年会費無料であるリクルートカードは、ポイント還元率を重視する方におすすめのクレジットカードです!

リクルートカードの付帯ブランドにはJCB・VISA・MasterCardの3種類がありますが、どれでクレジットチャージをしても金額分の「リクルートポイント」が付与されます。

そしてポイント還元率が高いこともこのカードの特徴です。
大抵のカードが還元率0.5%の中、このリクルートカードは1.2%。

ですがこのカードには、電子マネーのチャージは月に30,000円分のチャージまでしかポイントが付与されないという制約があります!

リクルートポイントは、じゃらんやホットペッパーグルメなどでポイント分の割引を受けることができたり、「PontaWeb」で会員登録している方のみ、同じポイントの「Pontaポイント」と交換することもできます。

Pontaポイントは、ローソンやゲオなどで1ポイント1円として使うことができたり、公式サイトで様々なものと交換することも可能です!

また、2021年5月からPontaポイントに加えてdポイントも選択できるようになりました。

dポイントはドコモが提供するポイントサービスですが、ドコモユーザー以外の方でももちろん利用可能。

Pontaポイントまたはdポイント、使いやすい方を選べるので便利ですよね!

リクルートポイント・Pontaポイントについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!

リクルートポイント ポンタポイント

リクルートポイント・Pontaポイントの貯め方・使い方を一挙解説!

 

ヤフーカード

年会費無料のヤフーカードは、チャージで「Tポイント」を貯められます!

少し前まではnanacoへのチャージでポイントが貯まるのはJCBだけでしたが、2018年2月28日からはすべてのブランドでポイントが貯まるようになりました!
VISAやMasterCardを使っている方も、安心してチャージしてください!

nanacoクレジットチャージのポイント還元率は、すべてのブランドに共通して0.5%です。

Tポイントは使い道の多いポイントです。
TSUTAYAやファミリマート、ガストや吉野家、GYAO!ストアやAmebaといった幅広いお店やサービスで利用できます。

さらに公式サイトの「Tサイト」では、家電やグルメといった様々なものに交換することができたり、宝くじなどが当たる抽選に応募することも可能です。

nanacoユーザーの方の中には、Tポイントユーザーという方も少なくないと思います。
そんな方には、ヤフーカードがオススメです!

nanacoへクレジットチャージするためには、ヤフーカードの会員ページのメニュー画面から、「本人認証サービスの登録・停止」を開いて手続きをすることが必要です。
未登録の方は、決済時に利用するパスワードを設定し、カード裏面に記載されている3桁のセキュリティコードを入力して申し込みましょう!


ヤフーカードについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ!

 

チャージ時のエラーの種類と対処方法

nanacoへクレジットチャージをしようとしたとき、何かしらの理由で「サーバーエラー」というものが表示されてしまう場合があります。

美咲
私、経験してるんですよねぇ。
ちゃんとやれてたつもりだったんで、全くの不意打ちでビックリしちゃいましたよ~。
ガマ蔵
エラーなんて出てまうと、不安になってしもうて使うのやめてまう人もいるなぁ。
お得を捨てとるみたいでもったいないで。
美咲
ですよね!
なので、ここからは代表的なエラーと、その対策についてご紹介したいと思います!

サーバーエラー:PGSE09

このエラー表示が出てしまったときには、表示にある通り、まずは番号や有効期限の入力ミスがないように、もう一度丁寧に入力してみてください

それでもダメな場合は、登録しようとしているカードが、クレジットチャージの対象ではないかもしれません。
カードを確認して、もし対応していないものだった場合は、nanacoへクレジットチャージができるカードを登録しましょう!

もしくは、登録してあったカードを解除してまだ間もないのに、新しいカードで登録しようとした場合にも表示されてしまう恐れがあります。
その場合は、時間をおいてから改めて登録してみましょう

 

サーバーエラー:PGSE37

このエラー表示が出てしまったときは、クレジットカードの有効期限が切れていないかどうか、本人認証サービスをちゃんと登録したかどうかを、もう一度確かめてください。

おそらく有効期限が切れたことに気が付かない人は少ないでしょう。
なのでこのエラーが表示されてしまうは、本人認証サービスができていない場合が多いのではないかと思われます。

オススメに挙げた3種類のカードだけになりますが、本人認証サービスへの登録方法について、簡単にはなりますがご紹介します。

セブンカード・プラスの場合
まずセブンカードのサイトにアクセスしましょう。
ページの下方にあるクレジットインターネットサービスを開けば、「いますぐ登録!」とある箇所がすぐに出てくるかと思います。

そこをクリックして、画面の流れに沿って情報を入力していき、パスワードの設定(クレジットカードの事前登録で必要になります)をすれば、登録完了です。

リクルートカードの場合
「リクルートカード」の場合は、JCBとVISA・MasterCardによって違います。
JCBを使っている方は、MyJCBに登録すれば、自動的に本人認証も完了します。
クレジットカードの事前登録の際には、MyJCBのパスワードで大丈夫です。

VISA・MasterCardを使っている方は、三菱UFJニコス・三菱UFJカードWEBサービスに登録することで、自動的に本人認証も完了します。
クレジットカードの事前登録の際には、三菱UFJニコスのパスワードで大丈夫です。

ヤフーカードの場合
ヤフーカードの会員ページのメニュー画面から、「本人認証サービスの登録・停止」を開いて手続きします。
決済時に利用するパスワードを設定し、カード裏面に記載されている3桁のセキュリティコードを入力して申し込みましょう。
クレジットカードの事前登録の際には、この時に設定したパスワードで大丈夫です。

なお、どんな種類のカードであっても、「家族カード」だと本人認証サービスができないものもあります。
その場合はnanacoチャージ自体ができません
ので注意してください。

 

サーバーエラー:PGSE15

このエラーはその日のチャージ実行回数が1日の限度回数に達している場合に表示されます。

この表示が出てしまったときは翌日にチャージしましょう。
nanacoのクレジットチャージは、1日に3回、1ヵ月に15回という限度があります!

 

サーバーエラー:PGSE22

このエラーが表示された場合は、nanaco自体の限度額ではなく、クレジットカードそのものの限度額に引っかかってしまった可能性があります。

それぞれのカードには、それぞれの発行会社が設けている独自のルールがありますので、そちらを確認してみるといいでしょう。

 

サーバーエラー:P30185

センターお預かり分が限度額の50,000円を超えてしまっているときに表示されます。

クレジットチャージした分は一度センターお預かり分として保管されるので、こまめにセンターお預かり分を0円にしておくことをおすすめします。

美咲
エラーが出ちゃうと、どうしてもドキドキしちゃいますけど、慌てないことが大事ですよね!
ガマ蔵
よぉわかっとるやないか。
せやで、落ち着いて対応することが大事なんや!

エラー表示が出ても、とにかく慌てないで冷静になりましょう。

紹介した代表的なもの以外にもまだ事例はありますが、どんなエラーにだって原因は必ずあります。
自分で調べてみてもいいですし、初めからnanacoの公式サイトに問い合わせてみてもいいでしょう。
しっかりとした対応が受けられるはずです!

 

まとめ

どのクレジットカードを登録すれば一番お得、ということはないと思います。
還元率で選ぶのか、得られるポイントで選ぶのか、そのカードでしかできない機能を選ぶのか、それぞれに長所があれば短所もあります。

ですが、間違いなくいえるのは、nanacoはクレジットチャージして利用したほうが絶対にお得だ、ということです!

なので、みなさんの生活に最も合ったカードを選んで、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。