MUFGカードは家族カードの追加でさらにお得に!作り方と注意点

MUFGカードの家族カード

MUFGカードの家族カードはこんな人におすすめ!

年会費などの維持費を安く済ませたい人

MUFGカードで家計管理をしたい人

海外留学をする高校生の家族がいる人

MUFGカードを持っているなら家族カードの追加がおすすめ!
各種ポイントを家族で一緒に貯められるほか、カードの利用分も本カードと家族カード分をまとめられるので家計の管理もしやすくなります

今回は、そんなMUFGカードの家族カードの申し込み方法を徹底解説!

家族カードの利用で気をつけることもご紹介しているので、ぜひ最後までご確認ください!

美咲
こんにちは、美咲です。
家族カードだと年会費が安く済むので、本カードを作るより手を出しやすそうですね!
ガマ蔵
せやな。
MUFGカードは銀行系カードっちゅう信頼感もあるし、家族会員も本会員と同様のサービスが受けられるのもメリットやで。

ということで、まずはMUFGカードの家族カードについて基本情報から見ていきましょう!

 

MUFGカードの家族カード基本情報

 

家族カードの年会費

代表的なMUFGカードの家族カードの年会費は以下の表をご覧ください。

カード名家族カードの年会費
MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード

1人につき440円(税込)

  • 初年度年会費無料
  • 次年度以降は、前年度の年間ショッピング利用金額20万円以上(本会員・家族会員合算)、かつ本会員のWEB明細チェックの利用で無料
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

1人目:無料
2人目以降:1人につき440円(税込)
※初年度年会費無料

MUFGカード ゴールド
MUFGカード(ディズニー・デザイン)1人につき440円(税込)
※初年度年会費無料
イニシャルカード(社会人)

1人につき440円(税込)

  • 初年度年会費無料
  • 次年度以降は、前年度の年間ショッピング利用金額20万円以上(本会員・家族会員合算)、かつ本会員のWEB明細チェックの利用で無料
イニシャルカード(学生)申し込み不可

このように、1人目であれば無料または440円(税込)と作りやすい年会費となっています。


「三菱UFJニコス発行のおすすめカード比較」でほかのMUFGカードについてもご確認ください!

 

家族カードの申込資格

MUFGカードの申し込み資格は、本会員の配偶者、親、高校生を除く18歳以上の子どもとなっています。
(引用元:MUFGカード公式サイト)

本会員が学生や未成年の場合は家族カードの発行はできません。

ただし、15歳以上の高校生またはそれに相当する専門学校生の子どもが海外留学をする場合に限っては、家族カードの申し込みができます。

注意事項

観光や海外就労を目的とした渡航、日本国内での利用、インターネットサイトなどの利用を目的とした申し込みは対象外となります。

 

MUFGカードの家族カードのメリット4つ!

1.本会員と同じ付帯保険が利用できる

MUFGカードに付帯する各保険は、家族会員も本会員と同等の付帯内容となります。

特に海外旅行傷害保険は自動付帯なので、持っているだけで安心!
カード別の海外旅行傷害保険の補償内容は以下のとおり。

カードの
種類
  • ゴールド
  • イニシャルカード
  • MUFGカード(ディズニー・デザイン)
一般カード
2,000万円プラン100万円プラン
傷害による
死亡・後遺障害
最高2,000万円最高100万円最高2,000万円
傷害による
治療費用限度額
200万円20万円100万円
疾病による
治療費用限度額
200万円20万円100万円
賠償責任限度額
(1事故)
2,000万円100万円2,000万円
携行品損害限度額
(自己負担額:1事故につき3,000円、保険期間中100万円限度)
1旅行につき20万円1旅行につき10万円1旅行につき20万円
救援者費用限度額200万円50万円100万円

MUFGカード ゴールドやイニシャルカードは、入会初年度は2,000万円プランが適用となりますが、次年度以降は年間利用額で以下のように付帯保険の最高額が異なります。

  • 年間利用額20万円以上 ⇒ 最高2,000万円
  • 年間利用額20万円未満 ⇒ 最高100万円

 

さらにMUFGカード ゴールドMUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードといった「ゴールド」ランクのカードには「国内旅行傷害保険」と「国内渡航便遅延保険」も付帯
それぞれの補償内容は以下のとおり。

国内旅行傷害保険(利用付帯)
傷害による死亡・後遺障害最高2,000万円
入院保険金(日額)3,000円
手術保険金3,000円×(10倍~40倍)
通院保険金(日額)2,000円
国内渡航便遅延保険(利用付帯)
最高2万円

どちらも利用付帯となっているので、「国内旅行傷害保険」には国内でのホテルや航空券の支払い、「国内渡航便遅延保険」には航空券などの支払いを事前にカードで利用することが条件となっています。

「国内渡航便遅延保険」は旅行中の航空便や航空便に預けた手荷物の遅延などで、負担した食事代や衣料品などの費用を補償してくれるもの。
飛行機での国内の移動が多い人にゴールドはおすすめのカードです。

 

また、「ゴールド」「イニシャルカード」「MUFGカード(ディズニー・デザイン)」にはショッピング保険も年間補償限度額100万円まで付帯されています。

ショッピング保険
  • 補償期間:購入日から90日間
  • 年間補償限度額は1事故につき3,000円の自己負担額が必要です。

 

2.国内・海外の空港ラウンジが利用できる!

MUFGカード ゴールドやゴールドプレステージ、プレミオの家族会員であれば国内主要空港と海外の「ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)」の空港ラウンジを家族会員も無料利用することが可能です。

ラウンジサービス対象カード
ゴールドプレステージ/プレミオゴールド
国内ラウンジ31空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港
  • 新千歳空港
  • 福岡空港
海外ラウンジダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)

またMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードには、「プライオリティ・パス」が付帯しており、世界140か国/1,200ヶ所以上の空港ラウンジが無料利用できます。

こうした特別な空港サービスを家族旅行に役立てることが可能です。

 

3.同じポイントが貯まる

MUFGカードではカードごとに各種ポイントプログラムが設定されており、家族会員も本会員と同じように貯めることができます

ゴールドやイニシャルカード、MUFGカード(ディズニー・デザイン)ではグローバルポイントが1カ月のショッピング利用金額の合計1,000円ごとに1ポイントが付与。

家族でMUFGカードを作れば、その分ポイントが貯まりやすくなります。

補足説明

  • 月額1,000円未満は切り捨て
  • MUFGカードを複数枚持っている場合も、カード単位で付与

 

4.家計管理

家族カードを作っておくと利用明細書を本会員と一つにまとめることができるので、いつ・どこで・誰が・いくら利用したのか一目で把握することが可能です。

家族カード メリットそのため家計簿をつける際の計算を少しでも楽にすることができますよ。

 

申し込み方法

MUFGカードの家族カードは、「MUFGカードWEBサービス」に登録していればオンラインで簡単に申し込むことができます。

MUFGカードWEBサービスでは、パソコンやスマホからMUFGカードに関するさまざまなサービスを利用することも可能です。

まだ登録していないのであれば、この機会にしておきましょう。

WEBで家族カードを申し込む方法
  1. WEBサービスにログイン
  2. WEBサービスメニューの「WEBサービストップ」を選択
  3. メニューにある「追加カードのお申し込み」を選択
  4. 「家族会員カード追加のお申し込み」を選択し、必要事項を入力

オンラインで入力後、自宅住所宛てに入力内容が印字された申込書が郵送されます。
内容を確認し、本会員と家族会員の署名、その他必要事項を記入して返送します。

 

また、申し込み資料が欲しい場合は、MUFGカードWEBサービスや電話で「家族会員追加申込書」の請求が可能です。

WEBと電話での請求方法は以下のとおりです。

WEBから請求する方法
  1. WEBサービスにログイン
  2. WEBサービスメニューの「WEBサービストップ」を選択
  3. メニューにある「資料請求」を選択
  4. 「MUFGカード家族会員追加申込書」の「選択する」 ⇒ 「請求する」をクリック
電話で請求する方法
  1. 手元にMUFGカードを用意
  2. 自動音声応答サービスに電話をかける
  3. カード番号16ケタを押す
  4. メニューコード「4103」を押す
  5. 音声ガイダンスに従って操作

申し込み内容は、家族カードを申し込む家族本人が必ず記入または入力するようにしましょう。

補足説明

  • 資料が到着するまでに1週間程度かかります。
  • イニシャルカードは資料請求ができません。
  • 資料は登録された住所宛てに送付されます。

 

家族カードの利用に関する注意点

本カードとあわせて家族で使うととても便利な家族カードですが、デメリットになることもあります。

 

利用分はまとめて本会員の口座から引き落とし

家族カードで利用した分は本会員の口座から引き落とされます。

また、利用明細も本会員宛てに郵送されるので、本会員は家族カードで利用した内容を確認することができます。

家計などの管理に利用できる反面、家族カードを何に使ったか知られるのが困る場合はデメリットになるというわけです。

 

限度額は本カードと家族カードで共有

家族カードは本カードで設定された限度額内で利用することができます。

高額商品の購入などをした場合、その分の支払いが完了するまで利用可能額が減ってしまいます。

いざというときにカードが利用できなくなる可能性もあるので、大きな買い物をする場合は事前に家族で話し合っておきましょう。


MUFGカードの限度額を上げるのであれば、まずはこちらの記事をご確認ください!

MUFGカードの限度額

MUFGカードの限度額は10万円~200万円!増額する方法とコツ

 

まとめ

MUFGカードの家族カードは、家計管理やポイントを早く貯めたい場合に便利!

年会費も無料または安く設定されているため、手に入れやすくおすすめです。

申し込みはWEBから簡単にできるので、必要であればぜひ家族カードを作っておきましょう!

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。