ワンランク上のビューカード『ビューゴールドプラスカード』特集

ビューゴールドプラスカード

ビューカードはSuicaとクレジット機能が一体化した、JR東日本グループ株式会社ビューカードのクレジットカードです。

そのビューカードのゴールドカードにあたるのがこの「ビューゴールドプラスカード」です。
Suicaを普段利用する機会が多く、ゴールドカードの優待やサービスに興味がある人におすすめしたいカードです。

この記事では、ビューゴールドプラスカードの特徴や特典、申し込み方法などについて解説していきます!

美咲
こんにちは、美咲です。
ビューゴールドプラスカードって便利なカード、みなさんは知っていますか?
ガマ蔵登場
ガマ蔵
クレジットカード、Suica、ほんで定期の機能が1枚に集まった「三位一体」なカードなんやで。
ゴールドカードやし、まさに「クレジットカード界のキングギドラ」やでぇ!
美咲
師匠、今日はいつも以上にノリノリですね。
じゃあこの調子のままビューゴールドプラスカードについて紹介していきますよ!

ビューゴールドプラスカードの主な特徴



国際ブランド
JCB
電子マネー機能
Suica
年会費 本人:10,000円(税抜)
家族:1枚目無料
2枚目以降3,000円(税抜)
申込資格 日本国内にお住まいで、満20歳以上で安定した収入があり、電話連絡が可能な方
ポイント還元率 ビューゴールドボーナス 0.5%~
旅行保険 国内:最高5,000万円(自動付帯)
海外:最高5,000万円(自動付帯)
ショッピングプロテクション 年間最高300万円
利用可能枠 80万~200万円
審査/発行 最短1週間
※郵送・店頭での申し込みは約2週間

「ビュー・スイカ」カード同様、Suicaの定期券機能が搭載されており、Suicaのチャージ定期券の購入をすると効率的にポイントを貯めることが可能です。

Suicaとは、バスや鉄道、ショッピングなどに利用できるICカードで、カードタイプとモバイルタイプの2種類があります。

さらにゴールドカードならではの優待特典やトラベルサービスも充実していて、ワンランク上のサービスを受けられます↓

  • 毎年豪華特典プレゼント
  • ビューゴールドラウンジが利用可能
  • 会員限定イベントの開催
  • 提携施設での優待サービス
  • 空港でのサービス

 

家族カードに対応している!

ビューゴールドプラスカードは、最大9枚まで家族カードを申し込むことができます。

家族カードの所有者は優待や保険など、一部の特典を除いて本人会員と同じ内容のサービスが受けられます。

家族カードで獲得したポイントは本人会員の獲得ポイントと合算されるため、家族で効率的にポイントを貯めることもできます。

家族カードへの入会条件
  • 満18歳以上で本人会員と生計を共にしていること
  • 同姓であること
ただし、本人会員が学生の場合は家族カードを作ることができません。

 

電子マネーは「モバイルSuica」も利用するとオトク!

電子マネー

ビューゴールドプラスカードは、Suica機能だけではなく「モバイルSuica」も利用することでポイントを貯めることができます。

モバイルSuicaは、スマホやiPhoneなどの携帯端末でSuica機能を利用できるサービス

そして、オートチャージ機能にも対応しているため、Suicaの残額不足で改札でストップしてしまうというトラブルの心配はありません。

オートチャージ機能とは、Suicaの残額が設定していた金額以下になってしまうと、改札機にカードをかざすだけで設定していた金額が自動的にチャージされるという便利なシステムです。

オートチャージしたり定期券を購入したりすると、そのたびにJRE POINTが貯まるというメリットもあります。

ショッピングや食事、公共料金の支払いなどに利用しても、JRE POINTが貯まりますが、Suicaの定期券購入やオートチャージではポイントがその3倍もらえます。

JRE POINTが貯まる
ポイント還元率に換算すると1.5%になります。

貯まったポイントは、JRE POINT加盟店にて1ポイント1円で利用できるほか、Suicaに1ポイント1円単位でチャージすることも可能です。
クーポンや提携ポイント、商品などへの交換も選択できます。

美咲
オートチャージされるから残額不足で焦っちゃうことはなくなりますね!

 

web明細ポイントサービスでお得に!

ビューゴールドプラスカードには、Web明細ポイントサービスがあります。

Web明細ポイントサービスとは、利用代金明細書を郵送ではなくWeb上で閲覧のみにするよう設定すること

Web明細書が発行されるたびにJRE POINTが50ポイント貯まるというものです。
なんと、年間最大600ポイントが付与されることになります!

郵送より早く明細を確認することができますし、同居する家族に見られてしまう心配もなくなり一石二鳥です。

クレジットカードの明細をweb明細にするメリットについては、こちらの記事をお読みください。

クレジットカードの利用をチェック!Web明細のメリット3つ

2018-08-22

 

ビューゴールドプラスカードの6つの特典

ここからは、ビューゴールドプラスカードで得られる様々な特典を紹介していきます。

 

【特典1】ゴールド版のボーナスポイント「ビューゴールドボーナス」

ビューゴールドボーナス

ビューゴールドプラスカードは、通常のポイントに加えゴールドカード版のボーナスポイントがプレゼントされます。

ボーナスポイントは、年間の利用合計累計に応じて付与される仕組みです。
簡単にまとめてみました。

    • 年間利用額70万円以上:1,500ポイント
    • 年間利用額100万円以上:3,500ポイント(1,500+2,000ポイント)
    • 年間利用額150万円以上:6,500ポイント(1,500+2,000+3,000ポイント)
    • 年間利用額200万円以上:10,500ポイント(1,500+2,000+3,000+4,000ポイント)

各条件金額をクリアするたびにボーナスポイントが付与されるため、200万円以上利用した場合は合計10,500ポイントがボーナスポイントとして受け取れるのです!

 

【特典2】JRE POINT5,000ポイント(5,000円相当)プレゼント!

ビューゴールドプラスカードを年間累計100万円以上利用すると、JRE POINT5,000ポイント(5,000円相当)のプレゼントがあります。

翌年以降も入会月から1年間の利用額が累計100万円以上の場合でも同じポイント数が適用
新規入会の方は、初年度年会費を支払うと、同様のポイント数が付与されます。

ボーナスポイントに加えて、5,000円相当のJRE POINTをもらえるなんてお得ですね。
貯まったJRE POINTは、JRE MALLで「食品」「ファッション」「家電」「鉄道グッズ」などといった、幅広いジャンルの商品の購入に利用することが可能です。

さらに「ステーションプラス」「ファミリースマイル」2つの優待特典があります。

ステーションプラスは、JR東日本の駅や駅周辺で利用できる特典を提供するサービスです。
ファミリースマイルは、家族会員も楽しめるような特典を提供するサービスです。

この2つの特典は、本会員だけではなく、家族会員も楽しめる内容になっています。
詳しい優待内容については、こちらの公式ページをご確ください。

 

【特典3】空港ラウンジ利用

空港ラウンジ

ビューゴールドプラスカードを所有していれば、空港ラウンジを利用することも可能です。
当日搭乗する本会員や家族会員が対象で、出発前の時間をゆっくり過ごすことができます。

国内の主要空港だけでなく、ハワイにあるダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジも含め、年中無休・無料で使うことができるのです。

また、ラウンジの利用には以下のような利用事項があるので確認しておきましょう。

  • 利用する際には、ビューゴールドプラスカードを当日の搭乗券や航空券と一緒に提示してください。
  • ICチェックインサービス対応の場合などは、搭乗の便名と行先を申告することで航空券の代わりとなります。
ラウンジによっては、パソコンやスマートフォンなどに表示される、当日の搭乗が確認できるものを提示する必要があるため準備しておきましょう。

また、海外旅行の際に便利なのが空港宅配サービスです。

スーツケースなどの重い荷物を、空港と指定場所の間を宅配してくれるため、身軽に移動することができます。
自宅まで荷物をとりに来てくれ、成田国際空港まで運んでくれます。

ビューゴールドプラスカード会員であれば、通常料金の2割オフで利用できます。
また、12~3月の間に限り、出張先や旅先の空港でコートを預かってもらうコート預かりサービスもおこなわれていて、こちらも通常料金の2割引きで利用可能です。

その他にも空港や飛行機を利用する際、便利に過ごすことができるサービスを受けることが可能になります。

 

【特典4】会員限定「ビューゴールドラウンジ」の利用

ビューゴールドラウンジは、ビューゴールドプラスカード会員と同伴者が利用できる東京駅のラウンジです。

東京駅1階の八重洲中央口前にあり、和モダンな雰囲気となっています。
内装や調度品にもこだわった落ち着きのあるラウンジで、東京駅からの出発前の時間をリラックスして過ごすことができます。

ラウンジ内にはカウンター席をはじめ、2名~4名が利用できるテーブル席が34席完備されいます。
それに加えて、様々なオプションサービスを利用することが可能です↓

    • ソフトドリンクや小菓子
    • 新聞や雑誌
    • 無線LANを無料利用

ラウンジのご利用中、スーツケースなどの大きな荷物や傘はクロークで預かってもらうことが可能です。

ラウンジのご利用には時間制限があります。

ラウンジスペースは全席禁煙ですが、喫煙室が別室で準備されており、喫煙者でも気兼ねなく利用できます。

営業時間は年中無休で、午前8時~午後6時までです。
営業時間内であれば、当日乗車する特急列車や新幹線の出発予定時刻の90分前から90分間の利用ができます。

 

【特典5】自動付帯の旅行傷害保険

担保内容 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険
死亡・後遺障害 200万~5,000万円 200万~5,000万円
傷害治療
(1傷害治療限度額)
100万円
疾病治療
(1疾病治療限度額)
100万円
賠償責任
(1事故限度額)
3,000万円
携行品損害
(1旅行かつ年間累計限度額)
20万円
救援者費用
(年間累計限度額)
100万円
入院 5,000円/日
手術 入院保険金日額の10倍または5倍
通院 3,000円/日

旅行や出張などに出かける機会が多い人に嬉しいのが、充実の旅行傷害保険です。

海外も国内も自動付帯となっており、旅行や出張のたびに申し込む必要がありません。
また、カードを利用して旅行代金などを支払わなくても、保険が適用されるので安心です。

ただし、けんかや犯罪行為、妊娠出産、登山用具の使用など保険金支払いなど、対象外となるケースもあります。
補償対象旅行期間は、家を出発して帰宅するまでの間で、かつ日本出国前日の午前0時から日本入国翌日の午後12時までとなります。
日本出国翌日の90日後が限度です。

保険金支払いの対象となるのは、以下のとおりです。

  • 公共交通乗用具に搭乗している間の事故
  • 宿泊先での事故
  • 宿泊を伴うツアー旅行などに参加中の事故など

【特典6】ショッピング・プロテクションの付帯

ショッピング

ショッピング・プロテクションとは、ビューゴールドプラスカードを利用して購入した物品が、偶然の事故や破損、盗難などのトラブルに遭った場合に補償してもらえるサービスです。

年間補償額は300万円が限度で、1回の事故で自己負担額の5,000円が必要となります。

商品の購入代金もしくは修理代金の金額が低い方から、自己負担額の5,000円を控除した金額が支払われます。

商品代金の一部をカード払いにした場合は、カードの利用額から自己負担額を差し引いて支払われます。
また、商品を購入してから90日以内に申請しなくてはなりません。
オンライン購入した物品は対象外です。
また、故意や重大な過失などによる故障や破損は、保険金支払いの対象外となるケースもあります。

 

入会キャンペーン実施中!

タイミングが合えば、新規入会者を対象とした入会キャンペーンを利用することができます。

現在(2019年5月時点)開催されているキャンペーン内容をご紹介します。

ビューゴールドプラスカード入会キャンペーン

入会申し込み時期 2019年5月1日(水)~6月30日(日)
カード発行期限 2019年7月31日(水)まで
ご利用期限 2019年8月31日(土)まで
エントリー期間 2019年5月1日(水)~8月31日(土)
ポイント付与時期 2019年10月中旬以降予定
  • 新規ご入会で3,000ポイント
  • 家族カード同時入会で1,000ポイント
  • オートチャージ3,000円以上のご利用で1,000ポイント
  • オートチャージを含む、カードのご利用合計10万円(税込)ごとに3,000ポイント(※最大15,000ポイントまで)
  • 新規ご入会後、初年度の年会費のお支払いで5,000ポイント

ただし、以下の項目に該当する方はキャンペーンの対象外となる場合があります↓

  • ビュー法人カードはキャンペーン対象外
  • ビューカード、JRE POINT、JRE MALLいずれかを退会された方はキャンペーン対象外
  • 商品の返品や取り消しがあった場合は、付与される予定のポイントを取り消し

 

ビューゴールドプラスカードのメリットとデメリット

このように様々な特典あるビューゴールドプラスカードですが、実際利用してみるとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

ビューゴールドプラスカードのメリット

  • クレジットカードと定期券、Suicaが一枚で済む!
  • 特約店を利用すれば、ポイントが倍になる!
  • ビューゴールドラウンジが利用できる!
ビューゴールドプラスカードのメリットはやはり、Suicaをお得に利用できるという点です。
クレジットカードと定期券、Suicaが一枚で済むため、財布の中がすっきりします。

そしてよりポイントを効率よく貯めようと思えば、特約店を利用するのも一つの方法です。
その中でも「ENEOSでんき」「ENEOSサービスステーション」を利用すると、以下の図のようにポイントが貯まります。
特約店

また、JRE POINT加盟店で買い物をすると、カードを提示するだけで100円につき1ポイントがもらえます。

そして、ビューゴールドプラスカードといえばやはり、会員限定のビューゴールドラウンジが利用できるのも大きなメリットといえます。
東京駅構内にあるプレミアムなラウンジで、同伴者と一緒に出発前の時間をゆっくり過ごせます。

 

ビューゴールドプラスカードのデメリット

  • Suica以外の電子マネーチャージは、ポイント付与の対象外
  • 基本還元率が低め
  • 1,000円ごとにしかポイントがつかない
  • 補償額が低め
買い物などでビューゴールドプラスカードを利用した場合、基本的には1,000円ごとに5ポイントの付与です。
そのため、1~999円の場合はポイントがつかないことになってしまうのです。

クレジットカードによっては100円で1ポイントというカードもあるため、1,000円ごとにしかポイントがつかないのはデメリットといえるでしょう。

ボーナスポイントは合計利用金額に対して付与されるため、1,000円未満の利用もすべて合算することができるため問題ありません。

また、Suicaのチャージや切符購入などに利用する以外は、基本還元率0.5%と低めです。
還元率を1%以上に上げるためには、年間200万円以上利用する必要があります。

そのため、高還元率と呼ばれるクレジットカードと比べると、イマイチかもしれません。

電子マネーを使う機会が多い人にとっても、デメリットはあります。
Suica以外の電子マネーチャージは、ポイント付与の対象外なのです。

チャージでPoint付与の例

海外旅行に行く機会が多い人は、付帯保険の内容にデメリットを感じるかもしれません。
他のゴールドカードに比べると、補償額が低めに設定されている部分もあるためです。

補償が物足りないと感じる人は、保険を補強するために他のゴールドカードと併用するのもよいでしょう。

 

ビューゴールドプラスカードの申し込み条件

ビューゴールドプラスカードに申し込むには、一定の条件を満たしておく必要があります。

  1. 日本国内に住んでおり、電話連絡がとれること
  2. 満20歳以上で安定した収入があること
  3. 家族会員:本人会員と生計をともにしている同姓の配偶者・両親・子供(高校生を除く18歳以上の方)

このような条件が含まれます。
そのため、「学生」「アルバイト」「パート」「契約社員」など雇用形態にかかわらず安定した収入があれば申し込むことが可能です。

 

3つの申し込み手段

ビューゴールドプラスカードの申し込みは、3つの方法から選択することができます。

  1. インターネット(Web完結)
  2. インターネット(郵送)
  3. 郵送

 

1.インターネット(Web完結)

インターネットで申し込み、オンライン口座を使って、すべてWeb上で完結する方法です。

インターネット(Web完結)

キャッシュカードや通帳に記載されている口座番号や支店名など情報を準備しておく必要があります。

ただし、オンライン口座振替に対応していない金融機関の口座を設定することはできないので、その場合は他の方法を選択してください。

口座登録後、審査がおこなわれカード発行となります。

申し込みから約1週間で本人限定受取郵便で自宅にカードが郵送されます。
受け取りの際には、本人確認書類の提示が必要です。

 

2.インターネット(書類郵送)

インターネットで申し込み、必要書類を郵送する方法です。

ネット上で入会申込フォームに必要な情報を入力し、「本人確認書類のコピー」と「口座振替依頼書」の2点を郵送します。
書類到着から最短10日で審査は完了します。

ただし、年末年始やゴールデンウィークなどの連休前は、審査に時間がかかることがあります。
その後、審査を通過すればカードが自宅に郵送されてきます。

 

3.郵送

JR東日本の主要駅に置いてある申込書に必要事項を記入し、郵送する方法です。

ビューゴールドプラスカードの入会申込書を手元に用意し、必要な情報を記入します。

入会申込書はビューカードセンターに電話して郵送してもらうことも可能です。

記入が終わったら、「入会申込書」+「本人確認書類のコピー」+「口座振替依頼書」を郵送します。

申込書と書類の到着から約2週間で審査が終わり、通過していれば自宅にカードが届きます。

 

Web完結以外の方法で必要となるのが本人確認書類です。
有効な書類には、運転免許証や運転経歴証明書、保険証などがあります。

ただし、引越しなどで本人確認書類に記載されている住所と申込の住所が異なる場合は、別の書類も一緒に提出する必要があります。

別途の書類としては、公共料金の領収書や社会保険料の領収書、納税証明書などが有効です。

Web完結の場合に限り、カードが郵送された際に本人確認をおこなうため、本人確認書類の準備が必要ありません。
申し込みやすい方法を選びましょう。

 

審査にかかる時間はどのくらい?

申し込み方法によって、審査にかかる時間はそれぞれ異なります。

インターネット(Web完結)の場合

審査にかかる期間は最短で1週間です。
ただし、審査状況などによって期間が伸びる可能性があります。

インターネット(書類郵送)の場合
書類と口座振替依頼書が到着してから最短10日で審査が行われます。
郵送の場合
書類と口座振替依頼書が到着してから約2週間で審査が完了します。

カード発行を急いでいる場合などには、時間に余裕をもって申し込むようにしましょう。

 

まとめ

ビューゴールドプラスカードは、ゴールドカードならではの特典が豊富です。
効率よく貯めたポイントは、さまざまな特典で活用することができます。

さらに1ポイント1円単位でSuicaにチャージし、通勤などに活用することもでき、Suicaのキャラクターグッズや鉄道グッズ、キッチングッズなどさまざまな商品に交換したり、提携ポイントに交換したりといった使い道もあります。

そしてゴールド会員ならではの招待イベントに参加したり、プレミアムなラウンジを利用したりするのもよいでしょう。

普段の生活をアップグレードしてくれるビューゴールドプラスカード、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか↓