ベトナムはクレジットカードも現金も必要!お得なキャッシング法伝授

ベトナム旅行にクレジットカード

突然ですが、ベトナムでクレジットカードが使えるというイメージはありますか?

じつは最近、ベトナムでのクレジットカードの普及率が上がってきているようなんです。

ただそうはいっても、クレジットカードの利用がしやすい場所は観光客が訪れるようなところがメインで、屋台や現地の人も利用するような小規模店舗ではまだまだ現金が活躍します。

今回はベトナムでのクレジットカードの活用法、現金を持つ場合のATMの利用方法や注意点をまとめてみました。

ベトナム旅行におすすめのクレジットカードも3枚厳選してみたので、ぜひ最後までご覧くださいね!

美咲
こんにちは、美咲です!
世界遺産やビーチリゾートなど魅力いっぱいのベトナムが旅行先として人気らしいんです。
私もベトナムは行ってみたいところのひとつなんですけど、現地ではクレジットカードがあまり使えないみたいなんですよね。
ガマ蔵ドロン
ガマ蔵
ベトナム旅行ええな~。
たしかに屋台でローカルフードを楽しんだり、現地の小さいお店でお土産を買おうと思うたらやっぱり現金の用意が必要やな。
美咲
じゃあ今回はクレジットカードの出番はなさそうですね。
ガマ蔵
いやいや嬢ちゃん、結論を出すのはまだ早いで。
ベトナムで現金を調達したりするのにクレジットカードがあるとお得で便利なんやで。
しかもクレジットカードには旅行保険やらがあるやろ?
美咲
そうでした!
クレジットカードにはショッピングする以外にも便利な機能がありましたね。
それじゃ、早速いつか行く日のためにベトナム旅行に使えるクレジットカードを今から探しておかなきゃ!

最初に、このあとご紹介するおすすめクレジットカードの特徴をご覧ください。

券面 特徴 公式ページ
エポスカード
エポス
  • 年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 国際ブランドがVISAなので海外で利用しやすい
横浜インビテーションカード
  • 年会費無料
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 国際ブランドがMastercard
JCB一般カード
JCB一般カード
  • 初年度年会費無料
  • 海外ショッピングでのポイント付与率2倍
  • 海外ATMでのキャッシング手数料が無料

 

クレジットカードはベトナムでも有効活用!

ベトナムでもクレジットカードが使える場所が増えてきたということですが、実際にはどのような場所で使えるのでしょうか?
ベトナムでの利用に活躍する国際ブランドと、使える場所を見ていきましょう。

 

使える国際ブランド

ベトナムで使える国際ブランドは、他の多くの国のようにVISAMastercardのクレジットカードです。
クレジットカードが使える店舗なら、この2つの国際ブランドのクレジットカードを持っておけば大丈夫。

さらにVISAやMastercardほどではありませんが、日本人観光客が多いということでJCBも使えるところがあるようです。
使える場所が少ないとはいえ、JCBカードにもいろいろとメリットがあるのでサブカードとして持っておくと良さそうですね。

 

クレジットカードが使える場所

ベトナムでクレジットカードが使える場所は以下のとおりです。

  • 空港
  • ホテル
  • レストラン
  • ショッピングモール
  • 大手スーパーマーケット
  • コンビニ
  • 世界規模のチェーン店(スターバックス、マクドナルドなど)

このように、ベトナムでも中心部にある観光客が訪れるようなところではクレジットカードが使えるようです。

それ以外の小規模店舗などでは使えなかったり、店先に使えると表示されていても実際には使えない場合があるので注意しましょう。

まずは事前に、クレジットカードが使えるかどうかお店の人に確認すると良いですね。

 

クレジットカードで支払う際の注意

クレジットカード決済の際、円払いにするか現地通貨のベトナムドン払いにするか確認される場合があります。
そのときにはドン払いを選ぶようにしましょう。

なぜなら、円払いはお店が独自で設定したレートで計算し両替手数料も加算されることがあり、結果的に支払う額が多くなってしまうためです。
ドン払いはカード会社が為替の変換処理をおこなった日のレートで計算されるので、円払いよりはお得だと言えます。

 

決済時の本人確認は、お店によってセキュリティ面強化のためにサインと暗証番号の両方を求められる場合もあるようです。

もしサインを求められたら、カード裏面の署名欄に記載したサインと同じものを書くようにしましょう。

さらにホテルに宿泊する際、ほとんどの場合に預り金としてデポジットを支払う必要があります。
個人情報の確認のため、基本的には現金ではなくクレジットカードでの支払いを求められるようです。

旅行中に現金を使う予定がない場合も、クレジットカードは念のために持っていた方が良いですね。

 

ベトナムでクレジットカードを使うメリット

「使える場所が限られていて使い勝手が悪そうだな」「クレジットカードを海外で使うのは不安」という人もいるかもしれません。

しかし、ベトナム滞在にはクレジットカードが活躍するんです。
ここからはベトナムでクレジットカードを使うメリットをご紹介します。

 

海外旅行傷害保険を利用できる

クレジットカードには旅行保険が付帯されているものがあります。
国内旅行傷害保険はなくても、海外旅行傷害保険なら付いているというカードは多くあるものです。

海外旅行傷害保険の中に「傷害治療費用」「疾病治療費用」といった、ケガや病気になった場合に利用できる保険があります。
海外に滞在中、慣れない土地でケガをしたり、体調を崩してしまうことがあるかもしれません。
そうした場合に活躍するのが「傷害治療費用」「疾病治療費用」なのです。

また、旅行保険には「利用付帯」「自動付帯」があります。
利用付帯は、旅行前に航空チケットや参加するツアー料金をそのクレジットカードで支払っておくことで必要なときに保険が適用されるものです。
自動付帯はクレジットカードの利用に関わらず、持っているだけで該当保険が適用されます。

ベトナムへ行く際には、こうした海外旅行傷害保険が自動付帯されているクレジットカードが1枚あると安心ですね。
「傷害治療費用」「疾病治療費用」の設定金額が高いものもあるので、そういったものを選ぶのも良さそうです。

 

現金が必要な場合はキャッシング機能を利用できる

クレジットカードがあれば、ベトナムにある各銀行の海外ATMで現地通貨を引き出すことができます。

両替することでも現地通貨を手にすることはできますが、両替には両替手数料というものがかかります。
また、現地通貨のベトナムドンに両替するにも日本での両替は為替レートがあまり良くないのです。

それならベトナムに到着してから両替を・・・というのもおすすめしません。
なぜなら日本円からドンに両替できる場所があまり多くないからです。
数少ない両替場所に移動するのも為替レートの良さそうな場所を探すのも手間ですよね。

それに比べるとキャッシングができる海外ATMはいたるところにあり、思い立ったときにすぐ現地通貨を引き出すことができます。
ベトナムにある海外ATMでキャッシング機能を利用すれば、海外ATM利用手数料のみで済むので結果的にキャッシングのほうがお得ですよ。

クレジットカードによっては事前に海外キャッシング利用枠を設定しておく必要があります。
キャッシング機能を利用する場合、キャッシング枠の確保と海外キャッシングサービスの利用ができるかどうかを確認しておきましょう。

 

複数枚持ちでさらに安心!

先ほど触れた海外旅行傷害保険の一部やキャッシング機能は、手持ちに複数のクレジットカードがあればその分をあわせて使うことが可能です。

例えば、海外旅行傷害保険のうち「死亡・傷害保険」以外の付帯分を合算して使えるので、いざというとき上限金額の心配が減ります。

また、キャッシング機能もクレジットカードにそれぞれキャッシング枠を設けていれば、1枚が上限まで達してしまいそうなときや盗難被害に遭った場合も別のカードでまかなうことができるので安心です。


クレジットカードの複数枚持ちをする際はこちらの記事も参考にしてください。

クレジットカードは2枚目で補おう!おすすめの組み合わせ5選

クレジットカードは2枚目で補おう!おすすめの組み合わせ4選

2019-03-19

 

ベトナムでのATMの使い方

キャッシングは現地のさまざまな場所にある海外ATMで利用ができます。

利用できる国際ブランドと対応するロゴマークを確認しておきましょう。

国際ブランド ロゴ名
VISA
  • VISA
  • PLUS
Mastercard
  • Mastercard
  • cirrus(シーラス)
JCB
  • JCB
  • cirrus(シーラス)

ATMの操作手順は以下のとおりです。

  1. クレジットカードを入れます。
  2. 言語選択で「English」を選択します。(機種によっては日本語が選択可能)
  3. PINコード(暗証番号)を入力して、「ENTER」または「YES」を押します。(機種によりENTERがなくそのまま次の画面に切り替わることがあります)
  4. 「Cash Withdrawal」(引き出し)を選択します。
  5. 「CREDIT」を選択します。
  6. 引き出したい金額が表示されていればそれを、それ以外の金額であれば「Other Amount」を選択して希望金額を入力します。(銀行によって引き出せる上限金額があるのでご注意ください)
  7. レシートが必要かどうか聞かれるので「YES」を選択し、念のためもらっておきましょう。
  8. 現金、レシートが出てきます。
  9. 続けて取引をするかどうか画面に出るので必要なければ「NO」を押します。
  10. 最後にカードが出てくるので忘れないようにしましょう。
手順3の暗証番号の入力時、6ケタで入力する機種の場合、最後に「0」を2回追加入力すればOKです。

 

海外ATM利用手数料と現地ATM利用手数料

海外ATM利用手数料は以下のようにかかります。

引き出し金額 海外ATM利用手数料
日本円で
1万円以下の引き出し
100円(税別)
日本円で
1万円を超える引き出し
200円(税別)

この海外ATM利用手数料は、日本のカード会社から請求されるものです。

現地のATMでキャッシングの操作をしていると、画面に現地ATM利用手数料がかかる内容が表示される場合があります。

現地ATM利用手数料とは現地のATM設置者(銀行)からの手数料です。

クレジットカードでキャッシングをする場合は、基本的には日本のカード会社からの海外ATM利用手数料しかかかりません。
もし上記海外ATM利用手数料以外に余分に請求されていたら、カード会社に確認しましょう。

 

ATMを利用する際に気をつけること

ATMは空港や銀行、観光で行くようなハノイやダナンなどの市街地やホテルに設置されています。
空港、銀行、ホテルのように監視の目のあるところだと、ATM機にスキミングの細工がされにくく何かあった場合にも助けを呼びやすく英語が通じることが多いので安心ですよ。

また、ATMで操作中は暗証番号を見られないようにしたり、その場を離れたりすることのないようにすることが重要です。

海外のATMによくあることですが、現金が出てきてからクレジットカードが戻ってくるまでにしばらく時間がかかります。
現金を受け取ったことに安心してそのままにしておくと、出てきたクレジットカードは再びATM機に吸い込まれてしまうので注意しましょう。

これは盗難防止のためですが、クレジットカードがATMに吸い込まれてしまうとATMを設置している銀行に連絡を取らないといけません。
もし言葉がうまく伝わらない場合、最悪クレジットカードが手元に戻らなくなってしまいます。

クレジットカードを最後に必ず取ることを忘れないようにしましょう。

 

また、ベトナムでは高額紙幣をそのまま使うことはあまりありません。

現地通貨のベトナムドンには全12種類の紙幣があり、この中でよく使うものは500ドン~10万ドン札までと言われています。

ベトナムドンの種類
100、200、500、1000、2000、5000、1万、2万、5万、10万、20万、50万

ドンを日本円に計算する方法は以下の2通り。

例:5万ドンの場合
ドンの下3ケタを切り捨て、残った数字に5をかける ⇒ 50×5=約250円

ドンの下2ケタを切り捨て、残った数字を2で割る ⇒ 500÷2=約250円

現地のミネラルウォーターやローカルフード、移動手段となるタクシーは現地では大体このような価格です。

  • ミネラルウォーター:1万ドン(約50円)
  • ベトナムフォー:3万ドン(約150円)
  • タクシー初乗り料金:1万ドン(約50円)

日本よりも物価が安いことがわかりますね。

 

両替をすると20万ドンや50万ドンが手元にくる場合があります。
上記のような物価に対して高額なので、実際にタクシーやお店で使う場合におつりがないからと断られたり、ぼったくりにあったりすることも。

そのため、買い物をする場合には高額紙幣をさらに小額紙幣にすることになりますが、手持ちの紙幣の枚数が多くなるとスリやひったくりなどに注意しなくてはいけません。

できる限り、必要なときに小額紙幣を少しずつATMからキャッシング機能を使って引き出すのが一番良い方法と言えます。

海外ATMでのキャッシングには金利手数料がかかります。
引き出した日から返済するまでの分かかるので、旅行から帰ったらすぐに返済して余分な金利を支払わないようにしましょう。

 

ベトナム旅行に最適なおすすめクレジットカード

年会費が無料のもの、旅行保険が充実しているものや海外ATM利用手数料が無料になるものなど、ベトナム旅行に最適な国際ブランドから1枚ずつおすすめカードをピックアップしました!

 

エポスカード(VISA)

エポス

年会費 永年無料
国際ブランド VISA
発行期間 最短即日
申込資格 日本国内在住の満18歳以上(高校生を除く)
付帯保険 海外旅行傷害保険(自動付帯)
付帯サービス 緊急医療アシスタンスサービス
海外旅行傷害保険の補償内容
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2,000万円(1旅行・保険期間中の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害は1個・1組・1対あたり10万円が限度額となります。

エポスカード海外旅行傷害保険が自動付帯!

しかも年会費が永年無料なのに、「傷害治療費用」が200万円、「疾病治療費用」が270万円と安心の金額になっています。

海外ではちょっとしたケガや病気になる可能性があります。
そんなときの助けになってくれる「傷害治療費用」や「疾病治療費用」が200万円を超えているのはうれしいポイントです。

また、最短で即日発行が可能なので、旅行前に今手持ちのクレジットカードに追加して作りたいときも便利です。
もちろん海外キャッシングにも対応していますよ。

カード利用可能額の確認はこちらの「ご利用可能額照会」 で確認ができます。

「ご利用可能額照会」の利用には「エポスNet」の登録 (無料)が必要となります。


エポスカードの審査に通る方法はこちらをご覧ください。

エポスカードの審査に通る5つの対策|一発でカードを手に入れる!

2018-10-17

 

横浜インビテーションカード(Mastercard)

年会費 無料
国際ブランド Mastercard
発行期間 最短1週間
申込資格 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な人
※未成年者は親権者の同意が必要
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険(利用付帯)
  • ショッピングプロテクション
海外旅行傷害保険の補償内容
傷害死亡 最高2,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任(免責なし) 最高2,000万円
携行品損害(免責3,000円) 1旅行かつ1年間の限度額:最高20万円
救援者費用等 1年間の限度額:最高200万円
補償対象旅行期間 最長90日間
後遺障害 80万円~2,000万円
ショッピングプロテクションの補償内容
年間限度額100万円
購入日より90日間補償

横浜インビテーションカードは、国際ブランドがMastercardの年会費無料のクレジットカードです。

海外旅行傷害保険が自動付帯なので、このカードを事前にチケット購入などに利用することなく補償がされます。
ケガや病気にそれぞれ最高200万円までの保険が適用されるので安心ですね!

ショッピングプロテクションにより、このカードで購入した商品が盗難・破損といった偶然の事故で損害を被った場合に年間100万円まで補償してくれます。


横浜インビテーションカードの審査に通る方法はこちらをご覧ください。

ジャックスカードの審査

ジャックスカードの審査は意外と厳しい?審査通過の対策を伝授!

2019-05-24

 

JCB一般カード(JCB)

JCB一般カード

年会費 1,250円(税別)
初年度無料(オンライン入会のみ)
翌年は以下の条件により無料

  1. MyJチェックの登録(年会費支払い月の前々月19日まで)
  2. 年間合計50万円(税込)以上のショッピング利用
国際ブランド JCB
発行期間 最短当日発行・翌日お届け
申込資格 18歳以上で本人までは配偶者に継続して安定した収入がある人
または高校生を除く18歳以上の学生
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(利用付帯)
  • ショッピングガード保険
海外旅行傷害保険の補償内容
死亡・傷害保険 最高3,000万円
傷害治療費用 1回の事故につき100万円限度
疾病治療費用 1回の病気につき100万円限度
賠償責任 1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害 1旅行中20万円限度
保険期間中100万円限度
救援者費用等 100万円限度
補償対象旅行期間 3カ月
ショッピングガード保険の補償内容
最高100万円
自己負担額は1回の事故につき1万円

JCB一般カードは海外旅行傷害保険が利用付帯となっています。

保険を使うためには事前にこのカードを利用して、飛行機チケットやツアー料金を支払う必要があります。

しかし他に持っているクレジットカードが自動付帯なのであれば、こちらのJCB一般カードでツアー旅行金などを支払って保険を確保しておくことで「死亡・後遺障害」以外の保険を合算して利用できます。

また、海外での買い物にJCB一般カードを利用すれば国内での買い物より2倍の1.0%のポイントがつきますよ!

さらにJCB一般カードの一番のメリットは、海外ATM利用手数料が無料になることです。

海外旅行傷害保険が自動付帯のものとあわせて、JCB一般カードのほうは飛行機チケットの購入やショッピング、現地でのキャッシングにと利用するとお得ですね!

旅情報や特典のあるお店が探せる「たびらば」 もぜひ利用しましょう。


JCBカードの審査に通る方法はこちらをご覧ください。

JCBカードの審査難易度まとめ|3つのポイントが入手のカギ!

JCBカードの審査難易度まとめ|3つのポイントが入手のカギ!

2019-05-17

 

まとめ

ベトナムでは一部ホテルやショッピングモールなど以外、ほとんど現金で支払うことになります。
そのときに、どこでどのくらい日本円を現地ベトナムドンにするかが重要となります。

日本での感覚から考えれば微々たる金額かもしれませんが、せっかくのベトナム旅行を少しでもお得に満喫したいですよね。

それにはクレジットカードで現地の海外ATMを利用するのが一番!
必要なときに必要な分だけキャッシングするのが、防犯上おすすめです。

中には海外ATM利用手数料が無料になるクレジットカードもあります。
海外旅行傷害保険など付帯保険が充実したものなどとあわせて使うことで、さらに安心の旅になること間違いなし!

国際ブランドもVISAかMastercardのどちらかとJCBを組み合わせれば、快適にベトナム旅行を過ごせることでしょう。