三井住友の法人カードを選ぶメリットと各カードの特徴まとめ

三井住友の法人カード

三井住友の法人カードには、個人事業主向けの「三井住友ビジネスカード for Owners」と役職員も使える「三井住友ビジネスカード」があります。

それぞれカードにより特徴や申し込み対象者が異なり、カードランクも各3種類ずつ用意されています。

今回はこの「三井住友ビジネスカード for Owners」と「三井住友ビジネスカード」について詳しく解説していきます。

それぞれどのような違いがあるのか、どちらを選んだらよいのかメリットや特徴から確認してみてくださいね。

美咲
こんにちは、美咲です。
三井住友の法人カードって何種類かありますよね。
どのような違いがあるかわかると選びやすそうです!
ガマ蔵ドロン
ガマ蔵
せやな。
大きな違いは申し込みの対象が「法人」になるんか「法人代表者または個人事業主」になるんか、かな。
あとは特徴やらメリットも異なるさかい、どっちが自分の会社向きなんかを見たらええかもしれんな。

三井住友の法人カードを利用する上でのメリット

最初に、三井住友の法人カードを利用する上で2券種に共通したメリットをご紹介します。

 

事務処理の軽減

ビジネスカードで支払いをすることで立替が不要となります。
また、カードの「ご利用代金明細書」に支払い時の詳細が記載されているので、清算事務作業が大幅に軽減されるメリットがあります。

 

経費の削減

ビジネスカードでの支払いなら指定口座から自動引き落としが可能。
多岐にわたる支払い先への振込手数料や、複数の振り込みをする手間の削減になります。

 

経費の「見える化」が図れる

ビジネスカードを使うことで公私の支払いの区別がつき、利用明細書の確認で経費の「見える化」が図れます。

また利用日から支払い猶予期間があるため、資金運用の効率化につながります。

 

ポイントの活用

ビジネスカードを経費の支払いに利用することで利用金額に応じたポイントが還元され、さまざまな景品と交換することができます

 

ネットでも便利

インターネットでのショッピングでも三井住友の法人カードは大活躍!
社内で必要な買い物もその場で簡単に済ますことができます。

経費からの支払いになるので、経理の手間を削減することも可能です。

 

公共料金の支払いも可能

水道光熱費や電気料金、電話の通話料金の支払いもできて便利です。


では、次の章からはそれぞれのカードについての詳細を見ていきましょう。

 

三井住友ビジネスカード for Owners

「三井住友ビジネスカード for Owners」は、登記簿謄本や決算書不要で手続きが簡単な法人代表者・個人事業主向けの法人カード
個人カードとのポイント合算やマイル移行ができるのが特徴です。

 

三井住友ビジネスカード for Ownersの基本情報

クラシックカードとゴールドカードは、初年度の年会費が無料
翌年度以降、「マイ・ペイすリボ」を申し込むと本会員の年会費がクラシックカードは無料、ゴールドカードは半額になります。

キャッシングはあらかじめ設定された利用枠の範囲内で、ビジネスでもプライベートでも自由に利用可能。

1万円単位で全国の提携金融機関、ゆうちょ銀行、コンビニのCD(キャッシュディスペンサー)やATMにて繰り返し利用できます。
個人事業主の方は総量規制の対象外となるので、年収の1/3を超えた借り入れも可能です。

補足説明

マイ・ペイすリボとは、事前に設定した毎月の支払金額を超えた利用分が自動的にリボ払いになるサービスです。




申し込み対象【クラシックカード】
【ゴールドカード】
満20歳以上の法人代表者、個人事業主の方
【プラチナカード】
満30歳以上の法人代表者、個人事業主の方
年会費【クラシックカード】
本会員:1,250円(税別)
パートナー会員1名につき:400円(税別)
※初年度年会費無料
※翌年度以降も特典あり
【ゴールドカード】
本会員:10,000円(税別)
パートナー会員1名につき:2,000円(税別)
※初年度年会費無料
※翌年度以降も特典あり
【プラチナカード】
本会員:50,000円(税別)
パートナー会員1名につき:5,000円(税別)
カード利用枠(カードショッピング)【クラシックカード】
10万円~150万円
【ゴールドカード】
50万円~300万円
【プラチナカード】
200万円~500万円
リボ・分割・2回・ボーナス一括払い利用枠【クラシックカード】
0万円~150万円
【ゴールドカード】
【プラチナカード】
0万円~200万円
キャッシング利用枠【クラシックカード】
【ゴールドカード】
0万円~50万円
(海外キャッシュサービス:0万円~50万円)
【プラチナカード】
0万円~100万円
(海外キャッシュサービス:0万円~50万円)
旅行傷害保険【クラシックカード】
最高2,000万円の海外旅行傷害保険
※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済することが前提
【ゴールドカード】
最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費などの当該カードでのクレジット決済有無により最高補償額が異なる
【プラチナカード】
最高1億円の海外・国内旅行傷害保険
ショッピング補償【クラシックカード】
年間100万円までの買い物安心保険
※海外での利用のみ対象
【ゴールドカード】
年間300万円までのお買い物安心保険
※国内・海外での利用が対象
【プラチナカード】
年間500万円までのお買い物安心保険
※国内・海外での利用が対象
支払い方法口座振替
決済口座申し込み本人の法人名義口座・個人名義口座(屋号含む)
※個人事業主の方は、法人名義口座を指定できません
支払い日
  • 15日締め翌月10日支払い
  • 月末締め翌月26日支払い
ショッピング1回払い、リボ払い、分割払い、2回払い、ボーナス一括払い
補足説明

「カード利用枠」「リボ・分割・2回・ボーナス一括払い利用枠」「キャッシング利用枠」は、本会員(法人代表者、個人事業主)の方が三井住友から発行されている個人カードを持っている場合、それぞれ利用枠が合算となります。

 

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴

ETCカード
  • 年会費500円(税別)
  • ビジネスカード for Owners1枚につきETCカード1枚発行

※初年度無料、2年目以降は前年度に1回以上ETC利用の請求があれば無料

ワールドプレゼントのポイント
  • 通常1,000円(税込)ごとに1ポイント
  • 三井住友ビジネスカード for Owners会員は対象店舗でポイント5倍
  • 対象店舗を最大3つ登録でポイント2倍
空港ラウンジサービス【ゴールドカード/プラチナカード】
全国主要空港のラウンジを無料で利用可能
ビジネスサポートサービスアスクルサービス、日産レンタカー、ライムズ カー レンタル、アート引越センターでお得なサービスが受けられる
カードご利用代金WEB明細書サービス紙の明細書の代わりにWEBで明細が確認ができる
三井住友カードiDiDマークのあるお店でカード、ドコモやソフトバンクなどの「おサイフケータイ(R)」をタッチして支払えるチャージ不要の電子マネーが利用可能
福利厚生代行サービス国内外数1,000カ所の契約宿泊施設やスポーツクラブ、人間ドックや英会話学校などの幅広いサービスを割引料金で利用できる
カード券面に会社名カード券面の左下に会社名が入る
ICチップ搭載高度な暗号化技術によるセキュリティ機能に優れたICカードで、偽造が困難、不正利用も未然に防止できる

三井住友の法人カードではほかの三井住友カードと同様に、クレジットカード利用でワールドプレゼントのポイントが1,000円(税込)ごとに1ポイント貯まります。

さらに、対象の店舗を最大3つまで登録して三井住友ビジネスカード for Ownersを利用するとポイントが通常の2倍に!
対象店舗は公式ページをご確認ください。

また、三井住友ビジネスカード for Ownersなら、「セブン・イレブン」「ファミリーマート」「ローソン」「マクドナルド」での利用でいつでもワールドプレゼントのポイントが通常の5倍貯まります!

貯まったポイントは景品や他社のポイントプログラムに交換することが可能です。

 

申し込みの流れ

三井住友ビジネスカードfor Ownersは、「ビジネスクラシック(一般)カード」「ビジネスゴールドカード」「ビジネスプラチナカード」のすべてがインターネットから申し込み可能。

入会審査・カード発行までは最短3営業日、自宅にカードが到着するまで約1週間となります。

カード発行までの流れ
  1. インターネットで申し込み内容を入力
  2. 支払い口座の設定
  3. 入会審査・カード発行
  4. 自宅にカードが到着

ただし、以下の場合には最短3営業日にカードを発行することはできません。

  • カード引き落とし口座として設定した金融機関が対象とならない金融機関の場合
  • 口座振替依頼の設定完了後、本人確認資料のアップロードができなかった場合
  • 各金融機関にて口座設定する際に、通信トラブル・メンテナンスなどによって設定が完了できなかった場合
  • 個人事業主の方がキャッシングを申し込み、年収証明書のアップロードをしてない場合
  • 申し込みに不備が合った場合
  • カード発行の申し込みの直前・直後に土日・祝日が連続する場合

 

三井住友ビジネスカード

「三井住友ビジネスカード」は経費管理と資金運用の効率化を目的としたスタンダードなビジネスカードで、役職員も使えるのが特徴です。

 

三井住友ビジネスカードの基本情報

申し込み対象法人のみ対象(カード使用者は20名以下が目安)
年会費【ビジネスクラシック(一般)カード】
使用者1名:1,250円(税別)
2名からは1名につき400円(税別)
【ビジネスゴールドカード】
使用者1名:10,000円(税別)
2名からは1名につき2,000円(税別)
【ビジネスプラチナカード】
使用者1名:50,000円(税別)
2名からは1名につき5,000円(税別)
カード利用枠(カードショッピング)【ビジネスクラシック(一般)カード】
原則20万円~150万円(1回払いでの利用)
【ビジネスゴールドカード】
原則20万円~300万円(1回払いでの利用)
【ビジネスプラチナカード】
原則150万円~500万円(1回払いでの利用)
キャッシング利用枠海外キャッシュサービスのみ
0万円~30万円
旅行傷害保険【ビジネスクラシック(一般)カード】
最高2,000万円の海外旅行傷害保険
※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済することが前提
【ビジネスゴールドカード】
最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費などの当該カードでのクレジット決済有無により最高補償額が異なる
【ビジネスプラチナカード】
最高1億円の海外・国内旅行傷害保険
※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費などの当該カードでのクレジット決済有無により最高補償額が異なる
ショッピング補償【ビジネスクラシック(一般)カード】
年間100万円までのお買い物安心保険
※海外での利用のみ対象
【ビジネスゴールドカード】
年間300万円までのお買い物安心保険
※国内・海外での利用が対象
【ビジネスプラチナカード】
年間500万円までのお買い物安心保険
※国内・海外での利用が対象
支払い方法口座振替
決済口座法人名義口座
支払い日【ビジネスクラシック(一般)カード】
15日締め翌月10日支払い
【ビジネスゴールドカード】
【ビジネスプラチナカード】
「15日締め翌月10日支払い」または「月末締め翌月26日支払い」から選択可能

 

三井住友ビジネスカードの特徴

ETCカード(法人用)
  • 年会費500円(税別)
  • 1枚の三井住友ビジネスカードに複数枚のETCカード(法人用)を発行
  • 利用代金は法人カードでの支払い

※初年度無料、2年目以降は前年度に1回以上ETC利用の請求があれば無料

JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)ビジネスカードに「プラス」して、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)のネット予約&チケットレスサービスが利用できる
ビジネスサポートサービスアスクルサービス、DHLエクスプレス、日産レンタカー、タイムズ カー レンタル、アート引越センターのお得なサービスが利用できる
ワールドプレゼントのポイント1,000円(税込)ごとに1ポイント
福利厚生代行サービス国内外数1,000カ所の契約宿泊施設やスポーツクラブ、人間ドックや英会話学校などの幅広いサービスを割引料金で利用できる
ゴルフ国内エントリーサービス日本国内のゴルフ場(約700コース)の平日プレー予約を代行

 

申し込みの流れ

三井住友ビジネスカードは「あとラク申込書」で申し込みができます。

あとラク申込書とは、申込書を請求する際にホームページ上で入力した「会社名」「住所」などの情報を印字した上で送付される申込書のことです。

申込書が手元に到着した時点で記入項目が少ないため、手間がなくなり便利。
入力後、あとラク申込書は約2営業日で発送され、返送後約2週間でカードが到着します。

カード発行までの流れ
  1. 申込書の請求
  2. あとラク申込書の請求
  3. あとラク申込書と必要書類の返送
  4. 入会審査後、カード発行
  5. 簡易書留でカードが到着

 

まとめ

今回は、三井住友の法人カード「三井住友ビジネスカード」「三井住友ビジネスカード for Owners」についてご紹介しました。

2券種とも共通するメリットがそろっていますが、申し込み対象者の違いなどそれぞれ特徴の異なるカードです。

どちらが自分の会社に合うのか確認し、事務処理の軽減や経費の削減などのためにもぜひ法人カードを利用しましょう。