JCB★ディズニーカードマジック!豪華なサービスや特典をもらおう

ディズニーが好きでディズニーリゾートによく行く方なら、クレジットカードは断然「JCB」ブランドがおすすめです!

JCBはディズニーリゾートの公式スポンサーをしているので、ディズニー関連の特典やサービスの提供がとても豊富なんです。

その中でもさらに豪華なサービスや特典が付くディズニーの公式カードが「ディズニー★JCBカード」です!

このカードはカード発行と同時にメンバーシップ登録されます。
メンバーならカードを持っているだけでもらえる特典や、抽選でメンバー限定イベントに参加することもできるかもしれません!

さらにお買い物でたまったポイントは、ファンにはたまらないディズニーグッズの数々と交換も可能です。

美咲
こんにちは美咲です。
JCBのカードでポイントがたまったのでなにに使おうかな~ってサイトを見てたら、その中にディズニーのチケットがあったんです!
ポイントはちょっと足りなかったんですけどね・・・。
ガマ蔵
ん?嬢ちゃんのJCBカードは、プロパーのカードか?
それともディズニー★JCBカードかいな?
美咲
え?え~っと、デザインはディズニーですけど普通のJCBカードだと思います!
ガマ蔵
ディズニー系の優待がええならディズニー★JCBカードも見逃したらあかんで!
ほな、今日は通常のJCBカードとあわせてディズニー★JCBカードを一緒に見ていこか!

というわけで今回は、ディズニー好き必見の「JCB」でディズニーがもっと楽しめる方法をご紹介します!
まずは師匠のおすすめ、「ディズニー★JCBカード」からです!

※キャンペーン、特典、カード入会には、諸条件があります。
詳細は「ディズニー・カードクラブ」サイトにてご確認ください。

ディズニー★JCBカードの基本情報

ディズニー★JCBカードは、JCBブランドのカードの中でもディズニーに特化した、「ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社」公式のクレジットカードです。

もちろんディズニーリゾート以外でも使えますし、普段のお買い物でも利用できますが、このカードには他のJCBカードにはない特別なサービスや特典が用意されています。

基本情報を表にまとめてみましたので、クレジットカードとしてのスペックはこちらで確認してみてください。

ディズニー★JCBカードアリエルデザイン(web限定)(C)disney

【入会に関する事項】
カード名ディズニー★JCBカード
一般カードゴールドカード
年会費(本会員)
  • 初年度無料
  • 次年度以降2,000円(税抜)
13,000円(税抜)
年会費(家族会員)400円(税抜)
  • 1名様無料
  • 2人目以降1,000円(税抜)
発行期間1~2週間
申込資格18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上の学生の方。
学生を除く20歳以上で、本人に安定継続収入のある方。
国際ブランドJCB
【ポイント】
ポイント還元率 0.5%(200円で1ポイント)1.0%(100円で1ポイント)
貯まるポイントディズニーポイント
【付帯サービス】
付帯保険旅行傷害保険
  • 海外:最高1億円
  • 国内:最高5,000万円
国内・海外航空機遅延保険
2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金
4万円限度
ショッピングガード保険
  • 海外:最高100万円
  • 国内:なし
  • 海外:最高500万円
  • 国内:最高500万円
追加カードETCカード/QuickPay/家族カード

 

ディズニー★JCBカードはここが違う!

ディズニー★JCBカードは年会費がかかります。

通常のJCBカードの中には年会費無料のものも存在しますが、ディズニー★JCBカードは、一般カードなら2年目以降2,000円(税別)、ゴールドは初年度から13,000円(税別)の年会費が発生します。

 

選べるカードデザイン

ディズニー★JCBカードは券面のデザインが豊富なのもポイントのひとつです。
一般カード10種類、ゴールドカード3種類を用意しており、周年イベントの際などにはこれにさらに期間限定デザインが加わります。

しかも同じグレードのカード内なら再発行手数料1,000円で、いつでもデザインを変更することができるんです!
ディズニー・カードクラブのサイトでログインして、「カードデザイン変更」から申し込めます。


さらに、2019年3月26日からは新たな券面として、「リトル・マーメイド」のアリエルデザインが追加されました!

詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

ディズニー★JCBカードアリエル

新登場!ディズニープリンセス「アリエル」のディズニー★JCBカード

2019-04-02

 

ディズニーポイント

またディズニー★JCBカードにはこのカードだけのポイント「ディズニーポイント」が利用額に応じて付与されます。

このポイントは後述の「ディズニー・カードクラブ」にて様々なものに利用・交換が可能です。

 

ディズニー・カードクラブのサービス

ディズニーカードクラブって?
「ディズニー・カードクラブ」とは、ディズニー★JCBカード会員のメンバーシップサイトの名称です。

会員だけのプレゼントが届いたり、抽選で豪華な特典が当たったりと、ファンにとっては見逃せないものばかりです。

それでは、そんなディズニー・カードクラブ会員だけのスペシャルな特典をいくつかご紹介しましょう!

 

会員だけのキャラグリ!

ディズニー・カードクラブメンバー限定の、特別な「キャラクターグリーティング」に毎月一回応募できます。
抽選で、ここでしか見られない特別な衣装を着たキャラクターたちと一緒に写真撮影ができちゃいます!

パーク内にある通常のグリーティングのスタンバイ時間は、時期にもよりますが早くて40分~60分程度待ったり、場合によっては100分を超えるときもあります。

カードクラブ限定のこちらは各回50組、抽選で当たったメンバーだけの特別開催なので長く待たされる心配もありません!

撮った写真はディズニー・カードクラブオリジナルのフォトフレームに入れてプレゼントしてくれます。

 

Thanksギフト

カードの継続利用で、メンバー限定グッズが本会員に毎年届きます!
プレゼントされるグッズは一般カード会員とゴールドカード会員で違います。

種類も毎年変わりますので、ちょっと楽しみですよね!

 

メンバー限定イベント

カードクラブメンバーは毎年パーク内で開催される会員限定の「ディズニー・カードクラブ・ファンパーティー」に参加できます!

実はこれ、このために入会する人もいるほどディズニーファンにとっては大本命ともいえる「神イベント」なんです。
ここでしか見られないショー・衣装、そして来場者限定のオリジナルグッズや、毎年恒例の豪華賞品が当たるプレゼント抽選会などなど・・・

大人も子供も楽しめるこのイベントのプレミアム感は、最高の思い出になること間違いナシです!

 

QUICPay

ディズニー★JCBカード専用のキーチェーン型電子マネー

引用元:PR TIMES(最終閲覧日:2019年6月18日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000092.000011361.html

ディズニー★JCBカードは、QUICPay・ApplePay・GooglePayに対応しています。
端末にかざすだけで決済できるチャージレス・サインレスの便利な機能です。

特にQUICPayは、ディズニー★JCBカード限定の「ミッキー型キーチェーン」のQUICPayを700円(税別)で発行できます!

東京ディズニーリゾートでは2018年11月から電子マネー決済が一部店舗を除き可能になりましたので、わざわざお財布を持ち歩かなくてもパーク内のお買い物はこのかわいいキーチェーンひとつで済ませられますね!

 

ためればさらにお得!ディズニーポイント

さて、ここからは先ほど少しお話した「ディズニーポイント」について、そのシステムや使い道などを紹介していきます。

 

ポイントシステム

ディズニーポイントは一般カードが200円で1ポイント、ゴールドは100円で1ポイント貯まります。

ディズニーポイントは東京ディズニーリゾートや、全国のディズニーストアで1ポイント1円として利用できます!

さらに、家族カードやキッズポイントカードに振り分けて家族全員で利用することも可能です。

 

ディズニーポイントの交換先

お待たせしました、気になるポイントの交換先の紹介です!
といっても、ディズニーポイントの交換先には様々なものがあるので、いくつかのオススメを紹介したいと思います。

 

ポイント交換特典必要ポイント数
東京ディズニーリゾートパークチケット
  • 大人(18歳以上):7,400pt
  • 中人(12~17歳):6,400pt
  • 小人(4~11歳):4,800pt
東京ディズニーリゾート年間パスポート2パーク年間パスポート(引換券)

  • 大人/中人:89,000pt
  • 小人:56,000pt
  • シニア:75,000pt
東京ディズニーランド・シー年間パスポート(引換券)

  • 大人/中人:61,000pt
  • 小人:39,000pt
  • シニア:51,000pt
ディズニーホテル宿泊・レストラン優待券5,000pt
東京ディズニーリゾートギフトカード5,000pt
ディズニー・パーク&リゾート・トラベルクーポン10,000pt
ディズニーMovieNEX4,836pt~
ベルメゾンお買い物券(オンライン版)500~3,000pt

 

ディズニー★JCBカードの弱点

ディズニーマニアならうれしい特典が盛りだくさんのディズニー★JCBカードですが、そこが豪華な分、他の部分にデメリットもあります。

 

ポイント還元率

まずはポイント還元率です。
年会費0円で1.0%以上のカードもある中、ディズニー★JCBカードの還元率は0.5%と若干心もとないと感じてしまうかもしれません。

「200円で1ポイントなら結構普通では?」と思われるかもしれませんが、他のポイントへの交換・移行ができない上に、肝心のディズニーポイントの交換できるサービスやアイテムはほぼ5,000ポイント以上が対象のものとなっています。

たとえば、パークチケット大人1枚が7,400ポイントで交換可能ですが、通常のチケット料金と必要ポイント数が同じなのでチケット200枚分で1枚もらう、ということになります・・・!

もちろん、ポイントアップやボーナスポイントがもらえるキャンペーンもありますので、それらをうまく活用していくことが前提となりそうです。

 

付帯サービスと年会費

次に付帯サービスと年会費です。

旅行関係の保険がゴールドカードにはありますが他のゴールドカードと比べれば種類も少なく、額もイマイチです。
一般カードではショッピングガード以外は全くついていません

しかし、年会費はそれぞれ一般カードは2,000円(税抜)、ゴールドカードは13,000円(税抜)かかります。

そのため保険関連の付帯を考えれば2枚持ちが無難といえるでしょう。


クレジットカードを2枚持ちするコツはこちらをご覧ください。

クレジットカードは2枚目で補おう!おすすめの組み合わせ5選

クレジットカードは2枚目で補おう!おすすめの組み合わせ4選

2019-03-19

 

JCBラウンジ

最後に、JCBラウンジについてです。

パーク内にはVIPしか入れないとされる「スポンサーラウンジ」というものが設置されているのはご存知でしょうか?

その中のひとつ「JCBラウンジ」はその名の通り、JCBが提供するディズニーランドのアトラクション「スターツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」とディズニーシーのアトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」の2つの裏に設置されている、JCBユーザーだけが使える休憩スペースです。

このラウンジ、「ディズニー公式のこのディズニー★JCBカードなら入れる?」と思いきや、このカードでは入ることができません

JCBラウンジを利用するには、「JCB THE CLASS」を持っていなければ入ることができないので、注意しましょう。

ディズニー★JCBカードのデメリット
  • ポイント還元率
  • 付帯サービス
  • 年会費
  • ディズニーのカードだけど、JCBラウンジには入れない
美咲
そうですよね~!
ディズニー★JCBカードをもう持ってる人もけっこういるでしょうし、もしそれでラウンジに入れちゃったら特別感も薄れちゃいますもんね・・・!
ガマ蔵
まぁそれを差し引いても、ディズニー★JCBカードにしかない特典やサービスなんかを考えたらファンなら迷わずこっちやろなぁ。

せやけど嬢ちゃん、悩んでんねやったらJCBのほうも見直してみたらええんちゃう?

美咲
そうですね!JCBはディズニーの公式スポンサー!
JCBオリジナルカードにも、きっとステキな特典があるはず!

 

普通のJCBカードとの比較

さきほどののデメリットをふまえたうえで、JCBオリジナルシリーズのカードと、ディズニー★JCBカードを比較してみましょう。

付帯保険に関してはそれぞれ、JCB一般カードはディズニー★JCBカード【一般】と、JCBゴールドはディズニー★JCBカード【ゴールド】と全く同じ内容となっています。

しかし、年会費やポイントの種類と還元率が異なります。

券種年会費ポイントポイント名称
ディズニー★JCBカード
【一般】
初年度無料
【次年度以降2,000円】
0.5%ディズニーポイント
ディズニー★JCBカード
【ゴールド】
13,000円(税別)1.0%
JCB一般カード 1,250円(税別)
【オンライン入会で初年度無料】
【条件付き次年度無料】
 0.5~1.5%Oki Dokiポイント
JCBゴールド10,000円(税別)
【オンライン入会で初年度無料】
0.5%~1.5%

年会費はJCBオリジナルのカードの方が割安になっているほか、JCB一般カードにおいてはWEB明細「MyJチェック」の登録と、年間50万円以上のショッピング利用で翌年も無料となります。

ポイントの種類もそれぞれ違い、還元率もJCBオリジナルのほうが高めに設定されています。

年会費が安くてポイントも比較的たまりやすいなら、クレジットカードとしての便利さはJCBオリジナルのカードのほうが上かも知れませんね!


JCBカードについてはこちらの記事もご覧ください!

クレジットカードは多種多様!JCB一般カードのメリットは?

2018-11-08
JCB gold

JCBゴールドはブラックカードの可能性を秘めた高機能カード!

2018-05-02

 

Oki Dokiポイントで交換できるディズニー関連の特典

オキドキポイントで交換
JCBオリジナルシリーズのカードを利用すると「Oki Dokiポイント」が貯まります。
では、このOki Dokiポイントと交換できるディズニー関連サービスやアイテムはないのでしょうか?

そこはやはり東京ディズニーリゾート公式スポンサーの腕の見せ所!
いろいろありましたので、一部を抜粋して表にまとめてみました。

ポイント交換商品必要ポイント数
東京ディズニーリゾートパークチケット3枚:4,800pt
2枚:3,200pt
1枚:1,600pt
ディズニーアンバサダーホテル
ミッキーズ・ペントハウス・スイート宿泊利用券

  • パークチケットペア2日分付き
  • 朝食付き
71,000pt
ペア食事券(カリフォルニア料理レストラン「エンパイアグリル」JCBオリジナルコース) 5,100pt
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
ポルト・パラディーゾ・サイドスーペリアルーム(ピアッツァビュー)宿泊利用券

  • パークチケットペア1日分付き
20,000pt
ペア食事券
(地中海料理レストラン「オチェーアノ」又は中国料理レストラン「シルクロードガーデン」のJCBオリジナルコース)
7,500pt
東京ディズニーランドホテル
コンシェルジュ・スーペリアアルコーヴルーム(パークグランドビュー)宿泊利用券

  • パークチケットペア1日分付き
  • 朝食付き(ロビー「ドリーマーズラウンジ」にて)
24,000pt
ペア食事券
(エッセンス・オブ・スタイリッシュキュイジーヌ「カンナ」JCBオリジナルコース)
3,600pt
東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー
スタンダードルーム宿泊利用券15,000pt
東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ
スタンダードルーム宿泊利用券15,000pt

 

QUOカード3,000円分4枚セット(ピクサー/くまのプーさん)3,200pt
QUOカード3,000円分1枚850p
ミッキー&ミニー電気ケトル800ml.900pt
フェイスタオル・ウォッシュタオル(コミックミッキー&ミニー)550pt
ミッキー&ミニー ヴィンテージコミック 電子レンジ容器3PC450pt

Oki Dokiポイントは東京ディズニーリゾートパークチケットはもちろん、ディズニーホテルペア食事券・ホテル宿泊利用券などと交換が可能です!

中でもホテルの優待内容はどれも超豪華。
宿泊利用券はペアチケット付き、朝食が付いているプランもあり、部屋のグレードも申し分ありません。
さらに、ファンにとってうれしい、ディズニーデザインのアイテムや生活用品が少ないポイントで手に入るところも魅力ですね。

ところが、Oki Dokiポイントは毎月の利用合計金額1,000円ごとに1ポイントです。
パークチケットとの交換必要ポイント数は1,600ポイントですので、金額に直すとディズニーポイントと比べても若干高くなってしまいます。

しかし、JCBのOki Dokiポイントにはボーナスポイントや還元率アップのシステムが豊富に用意されているため、交換に必要なポイントはディズニーポイントよりも貯まりやすくなっています。

 

JCBラウンジに入るにはJCB THE CLASSしかない!

JCBザ・クラス

ここからはちょっとおまけですが、先ほども出てきた「JCBラウンジ」についてです。

東京ディズニーリゾート内にあるスポンサーラウンジは通常、企業の関係者以外の一般客(ゲスト)は入ることができません。
先ほど紹介した「JCBラウンジ」に入るには「JCB THE CLASS」が必要です。

このカードの保有者は自由にラウンジ内のサ-ビス利用することができるほか、アトラクションの優先搭乗権が得られる、まさに魔法のカードなのです!

しかし、このJCB THE CLASSは通称「ブラックカード」とも呼ばれ、数あるJCBカードの中でもトップクラスのステータスカードです。
入手もかなり困難であることで有名で、その方法はインビテーション(招待制)のみとなっています。

そしてJCBラウンジのほかにも、東京ディズニーランド内にあるというセレブしか入れないと噂の「クラブ33」へも入ることができるんだとか・・・。

補足説明

クラブ33の特典は2019年7月に終了となります。
詳しくはJCBザ・クラスから消えた「クラブ33」特典はこれだけじゃない!をご覧ください。

カード自体のステータス性やこのほかの付帯サービスも充実していますし、苦労してでも手にいれる価値のあるカードといえるでしょう。
「どうしても気になる!」という方は、チャレンジしてみては?

美咲
限られた人しか入れない、となると余計に気になっちゃいますね…!
まさに秘密の部屋!
ガマ蔵
それは魔法学校のほうや!

 

まとめ

JCBカードはディズニーリゾートをもっと楽しめる方法がたくさんあります!

オススメなのは、ディズニー★JCBカードの一般&JCBゴールドの2枚持ちです。

ディズニー★JCBの一般でディズニー・カードクラブメンバーだけの特典も受けながら、付帯保険が万全なJCBゴールドをもち、ポイントもためる!
両者のポイントの互換性はないので、どちらをメインカードとして使うかが肝になります。

みなさんも是非、ご自分にあったカードを利用してディズニーリゾートを楽しんでくださいね!
いってらっしゃ~い!(パークのキャストさん風)