法人カードの名義は個人名でOK!利用する際の注意点&疑問を解決

法人カードの名義は個人名
この記事でわかること
  • 法人カードの名義は使用者の個人名
  • 法人カードの引き落とし口座は法人名義
  • 署名の際はカード名義の個人名でサインする

法人カードを作ろうと思ったときに、このような疑問を持ったことはありませんか?

「購入時にサインを求められたら会社名と個人名どちらで書けばいい?」
「法人カードの引き落とし口座の名義は誰?」

ズバリ答えは、「購入時のサイン=個人名」「引き落とし口座=法人名義」です。

法人カードは法人または個人事業主が利用するためのクレジットカードですが、カードには所有者個人の名前が印字され、それが名義人となるのです。

また、法人カードを利用した際の引き落とし口座は法人名義となります。

法人カードを正しく利用するためにも、今回の記事では法人カードの名義に関する気になることを解説していきます。

法人カードの名義は個人名

親となる本会員カードの券面には、法人カードを申し込んだ代表者の名前が印字されます。

では、従業員カードが追加できる場合はどうでしょうか?
こちらには従業員カードを利用する役員や社員の個人名が印字されます。

名義の印字

法人カードの券面には、カード会社によって「個人名のみ印字されている場合」「法人名と個人名が併記して印字されている場合」があります。

おもな法人カードの印字パターンは以下のとおりです。

法人名と個人名が併記
個人名のみ

法人名が併記されている場合でも利用できるのは印字されている所有者のみです。
同じ会社に属しているからといって、そのカードの所有者以外が使うことはできません。

 

法人カードの引き落とし口座は法人名義

法人カードの引き落とし口座は、カードの名義人に関わらずすべて法人名義となります。

そのため法人カードを利用した分を会社が一括で管理でき、利用明細などで支出の流れが把握しやすくなるというわけです。

 

購入時のサインは個人名で

法人カードで支払いをする際、店頭で本人確認のサインを求められたらカード券面に印字されている個人名を記入しましょう。

また個人カードの場合と同様に、法人カードもカード裏面の署名欄にカード所有者の個人名で署名しておく必要があります

 

ネットショッピングの際の注意点

ネットショッピングで法人カードを利用する際、購入者名と違う名義の法人カードでは購入ができません

支払いをする人の名前と決済に使う法人カードの名義は同一になるようにしておきましょう

あらかじめ購入先のサイトに会員登録するときには「会員名=購入者」となる場合があるので、登録前に確認しておくことが大切です。

 

まとめ

今回は法人カードの名義に関する疑問について解説してきました。

従業員も法人カードを利用すれば、会社全体の支払いを一本化できるなどメリットが得られます。

ただし、法人カードが使えるのはそのカードに印字された名義人のみという点には注意が必要です。

法人カードや引き落とし口座の名義について理解することで、スムーズに利用することができるでしょう。