法人カード比較|年会費無料で作れるおすすめカード目的別まとめ

年会費無料の法人カード

クレジットカードには、会社経営者が経費などの決済に利用できる「法人カード」があります。

個人カードでも日常の生活費に利用する「生計費決済」、個人事業者のための「事業費決済」から利用目的を選択できる場合がありますが、法人カードならさらにビジネスに特化した特典や付帯サービスが充実しています。

そんな法人カードをなるべく出費を抑えて利用したいのであれば、年会費無料のものを選ぶのもひとつの手です。

今回は、なるべく維持費をかけずに使えて経費削減ができる、年会費無料の法人カードについてご紹介します。

目的別に最適なカードを探すことができる一覧表もあるので、自分の会社にピッタリな1枚を見つけてみましょう!

美咲
こんにちは、美咲です。
法人カード・・・私には縁がないカードですね。
ガマ蔵ドロン
ガマ蔵
法人カードちゅうても別に大きな会社の経営者じゃないと作れんというわけではないんやで。
嬢ちゃんでも今後、個人で事業を起こした場合にお世話になることがあるかもしれんで。
そのときのためにも年会費がかからん法人カードを見ていこか~。

最初に、年会費無料で作れるおすすめ法人カードの特徴をカード別にピックアップしてみたのでご覧ください!

おすすめ法人カード特徴公式ページ
ライフカードビジネスライト
  • 年会費永年無料
  • 3つの国際ブランドから選べる
ライフカードゴールドビジネスライト
  • 年会費初年度無料
  • ポイントサービスがある
  • 3つの国際ブランドから選べる
JCB法人カード
  • 年会費初年度無料
  • QUICPayが利用できる
JCBゴールド法人カード
  • 年会費初年度無料
  • QUICPayが利用できる
オリコ EX Gold for Biz S
  • 年会費初年度無料
  • 空港ラウンジを無料で利用
オリコ EX Gold for Biz M
  • 年会費初年度無料
  • 空港ラウンジを無料で利用
三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)
  • 年会費初年度無料
  • 「マイ・ペイすリボ」の利用で翌年度以降も年会費無料
三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールドカード)
  • 年会費初年度無料
  • 「マイ・ペイすリボ」の利用で翌年度以降も年会費が半額

「年会費無料」の種類は3つ

年会費無料とひとくちに言っても、「永年無料」「初年度無料」「実質無料」と大きく3つに分けられます。

  • 永年無料 ⇒ 何年でも無料
  • 初年度無料 ⇒ カードを作った1年目のみ無料
  • 実質無料 ⇒ 定められた条件を満たせば無料

年会費無料だと「あまり必要なサービスがそろっていないのでは?」と思うかもしれませんが、意外と特典や付帯保険がそろっています。

次の章では、「こんな法人カードが欲しい」といった目的が一目でわかるように、サービス内容別に探せるおすすめ法人カード一覧表をご紹介します。

 

【目的別で探せる!】年会費無料のおすすめ法人カード

目的法人カード名
個人事業主や事業を始めたばかりだけど、法人カードを作っておきたい
ETCカードを複数枚追加する予定がある
年会費は永年無料が良い
空港サービスを利用したい
付帯保険が充実
弁護士無料相談サービスがついている
国際ブランドが3種類から選べる
事業用にキャッシング機能が欲しい

気になる法人カードは見つかったでしょうか?

この次の章では、上に挙げたおすすめ法人カードの詳細をご紹介していきます。

 

年会費無料のおすすめ法人カード詳細

 

ライフカードビジネスライト

「ライフカードビジネスライト」には「スタンダード」「ゴールド」の2種類があります。

スタンダードは年会費が永年無料、ゴールドは初年度無料
特典の充実さはスタンダードに比べてゴールドが格段に上ですが、それでも2,000円(税別)という格安の年会費です。

また審査書類は本人確認資料のみなので、事業を起ち上げ始めたばかりという方やフリーランスの方にも作りやすくおすすめの法人カードといえます。

 

年会費【スタンダード】永年無料
【ゴールド】2,000円(税別)
※初年度無料
申込資格
  • 法人代表者
  • 個人事業主
国際ブランド
  • MasterCard
  • VISA
  • JCB
利用可能枠ショッピング枠:10万円~200万円
発行期間最短4営業日
付帯保険(ゴールドのみ)
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • シートベルト傷害保険
ポイントサービス(ゴールドのみ)
空港サービス(ゴールドのみ)国内主要空港のラウンジを無料で利用可能
その他サービス
  • 弁護士無料相談サービス
  • クラウド会計ソフトfreee(フリー)が利用可能
  • カーシェアリング「タイムズカープラス」が特別優待サービスで利用可能
  • 福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」が利用可能
追加可能カード
  • ETCカード(1枚まで無料で追加可能)
  • 従業員カード(最大3枚まで)

 

JCB一般法人カード

「JCB一般法人カード」のメリットは、本カードの発行枚数と関係なく複数枚のETCカードを申し込むことができることです。

ETCカードは年会費も無料なので、従業員の数が多い場合も気軽に追加することができます。

また、「JCB法人ゴールドカード」は年会費10,000円(税別)ですが、こちらも一般法人カードと同様にオンライン入会で初年度は無料

特典や付帯保険も一般カードより充実するので、必要な内容によってはゴールドカードを検討してみるのもよさそうです。

年会費【カード使用者1名の場合】
1,250円(税別)
※初年度無料(オンライン入会の場合のみ)
【使用者追加1名ごとに】
1,250円(税別)
※1枚目のカードの年会費が無料の場合、追加のカードも無料
申込資格法人または個人事業主
(カード使用者は18歳以上が対象)
国際ブランドJCB
利用可能枠(総枠)10万円~100万円
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • ショッピングガ―ド保険
ポイントサービス
追加可能カード
  • ETCカード
  • QUICPay

 

オリコ EX Gold for Biz S

個人事業主を対象とした「オリコ EX Gold for Biz S」は、「MasterCardビジネスアシストサービス」または「VISAビジネスオファー」が付帯されたゴールドビジネスカードです。

ゴールドカードなだけあり充実のサービス内容ですが、年会費は初年度無料、2年目以降は2,000円(税別)と格安

法人代表者向けの「オリコ EX Gold for Viz M」との違いは、キャッシング機能がついて事業に関する資金借り入れができるところです。
予想外の支払いがあった場合の大きな味方になるでしょう。

年会費2,000円(税別)
※初年度無料
申込資格個人事業主
国際ブランド
  • MasterCard
  • VISA
利用可能枠【ショッピング(経費決済)】
10万円~300万円
【キャッシング】
10万円~100万円
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • 紛失盗難保障
  • ショッピングガード
ポイントサービス
  • 暮らスマイル
  • 1,000円につき1ポイント
空港サービス空港ラウンジ無料サービス
その他サービス福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」が優待価格で利用可能
追加可能カードETCカード

 

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

経営者をビジネスシーンでサポートしてくれる「三井住友ビジネスカード for Ownwes」は、登記簿謄本・決算書が不要で簡単に申し込むことができます

ベーシックなクラシックカードでも充実の内容ですが、ゴールドカードなら国内旅行傷害保険や空港ラウンジを無料で利用できるサービスもついてきます
インターネット入会ならクラシックもゴールドも初年度は年会費無料

さらにキャッシング機能もついて、利用目的はビジネスでもプライベートでも利用できます。
追加可能なカードの種類が多いのも魅力のひとつです。





年会費1,250円(税別)
※初年度無料、「マイ・ペイすリボ」の申込で翌年度以降も無料
申込資格満20歳以上の法人代表者、個人事業主
国際ブランド
  • MasterCard
  • VISA
利用可能枠【ショッピング】
10万円~150万円
【キャッシング】
0万円~50万円
発行期間最短3営業日
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピング補償
ポイントサービス
その他サービス
  • ビジネスサポートサービス
  • 福利厚生代行サービス
追加可能カード
  • ETCカード
  • iD
  • WAON
  • Apple Pay
  • プラスEX
  • PiTaPa

 

まとめ

今回は年会費無料の法人カードについてご紹介しました。

永久的に年会費無料でスタンダードな内容のカードを選ぶか、初年度のみまたは条件付きで年会費が無料になるカードの充実したサービス内容を求めるか・・・。

会社によって法人カードを作る目的はさまざまあると思いますが、「まずは経費削減」ということなら最初に作る法人カードは年会費無料のものを検討してみてはいかがでしょうか。