ゴールドカードの還元率比較まとめ|メリット別おすすめカード11枚

ゴールドカードの還元率

この記事でわかること

おすすめ高還元率ゴールドカード

還元率以外のメリットから選ぶ方法

一般カードに比べて利用可能なサービスの多いゴールドカードですが、さらに高還元率というメリットが加わればよりお得に!

今回は還元率でゴールドカードを選びたいという方に向けて、「おすすめの高還元率ゴールドカード」と「優待サービスから高還元率ゴールドカードを選ぶ方法」をご紹介します。

高還元率ゴールドカード一覧

一般的に1.0%以上の還元率を「高還元率」といいます。
ここでは還元率が高めのゴールドカードを以下の表にまとめてみました。

中には1.0%よりも低い還元率からスタートするゴールドカードもありますが、使い方次第でさらにポイントアップが期待できます。

カード名還元率
エムアイカード プラス ゴールド
1.0%~10.0%
楽天プレミアムカード1.0%~6.0%
楽天ゴールドカード1.0%~5.0%
インヴァストゴールドカード
1.5%~
エポスゴールドカード
0.5%~1.5%
dカード GOLD
1.0%~
TRUST CLUB ゴールドカード0.75%~
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
JCBゴールド0.5%~
0.5%~
0.5%~
三井住友カード ゴールド
ビューゴールドプラスカード

また、カードによっては高還元率でありながらその他のサービスも充実しています。

ここからは、11枚のゴールドカードをよりお得に利用できるサービスごとに分けてご紹介していきます。

 

マイルが貯まる!高還元率ゴールドカード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
カード券面特徴公式ページ
  • 年会費:10,000円(税別)
  • 永久不滅ポイントなので有効期限なし
  • 国内、海外の旅行傷害保険が自動付帯
  • 「SAISON MILE CLUB」の選択でマイルが貯められる

ゴールドカードの利用でマイルを貯めるのであれば、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめ。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードでJALマイルを自動で貯める場合、「SAISON MILE CLUB」への登録と別途4,000円の年会費が必要となりますが、ショッピング利用1,000円につき10マイルが貯まります

さらに優遇ポイントとして2,000円につき1ポイントの永久不滅ポイントも同時に貯まるのは、ゴールドカード会員の特典ならでは。

「マイルもポイントも貯めたい」という方に最適なゴールドカードです。

 

貯まったポイントをキャッシュバックに利用!

インヴァストゴールドカード
カード券面特徴公式ページ
インヴァストゴールドカード
  • 年会費:5,000円(初年度無料)
  • 1.5%の高還元率
  • ポイントで自動投資ができる
  • 国内、海外の旅行傷害保険が自動付帯

インヴァストゴールドカード」は、200円につき3ポイントのインヴァストカードポイントが貯まります。

貯まったポイントは1ポイント1円から取引口座へ自動でキャッシュバックされ、元手資金として自動売買に運用することが可能です。

交換手続きも不要で、貯まったポイントを無駄なく活用できます。

 

ドコモユーザーにおすすめ!

dカード GOLD
カード券面特徴公式ページ
  • 年会費:10,000円(税別)
  • ドコモのケータイやドコモ光の利用料金で10%還元
  • ケータイ補償3年間で最大10万円
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯

dカード GOLD」も通常のdカードポイント還元率は1.0%ですが、dカード GOLDであればドコモユーザー向けのお得なサービスがさらに付帯しています。

ドコモのケータイや「ドコモ光」の月々の利用料金1,000円(税別)につき100ポイントが貯まり、その還元率はなんと10%

dカード GOLDならドコモユーザーに特におすすめのゴールドカードです。

 

特定の店舗でさらに還元率アップ!

カード券面特徴公式ページ
エムアイカード プラス ゴールド
エムアイカードプラスゴールド
  • 年会費:10,000円(税別)
  • 海外利用で還元率1.5%~2.0%
  • 三越伊勢丹グループでの利用金額に応じて還元率アップ
  • 三越伊勢丹グループ百貨店で利用できるクーポンが毎年届く
楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
  • 年会費:2,000円(税別)
  • 楽天市場での還元率が最大5倍
  • 空港ラウンジの利用が年間2回無料
エポスゴールドカード
エポスゴールドカード
  • 年会費5,000円(税別)※条件により永年無料
  • ポイント有効期限なし
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 対象店舗でポイント最大3倍
  • 300以上の対象ショップから選んだよく利用する3店舗のポイントが最大3倍
JCBゴールド
JCBゴールド
  • 年会費:10,000円(税別)
  • ポイント優待店で還元率2倍以上
三井住友カードゴールド


  • 年会費:10,000円
  • 対象店舗で還元率2.5%

エムアイカード プラス ゴールド」「楽天ゴールドカード」「エポスゴールドカード」といった提携カードなら、ゴールドカードの優遇サービスによりさらにポイントアップ!

また、「JCBゴールド」や「三井住友カードゴールド」でも、対象店舗での利用でお得にポイントを貯めることができます。

 

海外へ行くことが多い方に「プライオリティ・パス」付きゴールドカード

カード券面特徴公式ページ
楽天プレミアムカード
楽天プレミアム
  • 年会費:10,000円(税別)
  • プライオリティ・パスの無料申し込み、無料利用
  • 国内・海外旅行傷害保険、動産総合保険が自動付帯
  • 「選べるサービス」でポイントアップ
  • 同伴者はひとり1回につき3,000円(税別)の利用料金が必要
TRUST CLUB ゴールドカード
TRUST CLUBゴールドカード
  • 年会費:12,000円(税別)
  • プライオリティ・パス年会費無料
  • 本会員、同伴者ともに32米ドルでラウンジ利用可能
  • 利用金額に応じてボーナスポイント加算

プライオリティ・パス」は、世界1,300カ所以上の空港ラウンジを無料または優待料金で利用できるサービス

基本的にゴールドカードには国内の主要空港ラウンジが利用できるサービスが付帯していますが、「プライオリティ・パス」が付いたゴールドカードはあまり数が多くありません。

もしも「海外へよく行くことがある」というのであれば、「楽天プレミアムカード」や「TRUST CLUB ゴールドカード」といったプライオリティ・パスが利用できるゴールドカードを選ぶとよいでしょう。

 

電車や飛行機を利用する機会が多い方に「定期機能」付きゴールドカード

カード券面特徴公式ページ
ビューゴールドプラスカード

    • ビューカードの最高ランクのクレジットカード
    • 空港ラウンジ無料利用
    • 空港手荷物宅配サービス付帯
    • 国内・海外旅行傷害保険自動付帯!

ビューゴールドプラスカードにはSuicaが付帯し、通勤・通学に便利なゴールドカード。
ビューカードの基本的な機能をそのままに、旅行保険や空港サービスがより充実し、魅力的な会員限定のポイントシステムやイベントなどが付帯しています。

またお得な新規入会キャンペーンが開催されており、なんと最大82,000円相当のポイントがもらえます!
ポイントの内訳は以下の通りです。

  • 新規入会で3,000ポイント
  • 家族カード同時入会で1,000ポイント
  • オートチャージ3,000円以上のご利用で1,000ポイント
  • オートチャージを含む、カードのご利用合計10万円(税込)ごとに5,000ポイント
  • 新規ご入会後、初年度の年会費のお支払いで5,000ポイント
なかでも大きなポイントのがもらえるのが「カードのご利用合計10万円(税込)ごとに5,000ポイント」ですが、「そんなたくさん使えない」という方もいるかもしれませんね。
しかしビューゴールドプラスカードには「ビューゴールドボーナス」というボーナスポイントシステムがあるのでキャンペーン期間中であれば、たくさんポイントを貯められます。

「首都圏に住んでいる方」「電車や飛行機に乗る機会が多い方」にもおすすめです!

 

まとめ

どの高還元率ゴールドカードを作るか悩んだら、以下のポイントで選んでみるのがおすすめ。

貯まったポイントの利用方法で選ぶ

よく利用する店舗でポイントが貯まるかで選ぶ

ほかのメリットやサービスで選ぶ

還元率が高くても活用できなければなかなかポイントは貯まりません。

せっかく還元率の高いゴールドカードを作るなら、自分にとって使いやすいゴールドカードを作るのがコツです。


ゴールドカードには高還元率以外のサービスがあります。
その他の目的でゴールドカードを選びたいという方は、『【2020年版】おすすめゴールドカード比較 』のページも参考にしてみてください。