エディオンカードの締め日はいつ?支払いを安定して続ける方法

EDION

エディオンカードは、エディオンで家電を購入するなら手に入れておきたい、充実した長期保証制度が魅力的なクレジットカードです。
現金の持ち合わせがなくても、すぐに商品が手に入れられるなど便利なカードですが、利用にあたっては注意しておきたい点がいくつかあります。

今回は、エディオンカードの締め日はいつになるのか、支払いを安定して続けるにはどうしたらいいかなどについて詳しく解説します!

美咲
うーん。
悩むなあ・・・。

ガマ蔵登場

ガマ蔵
頭なんか抱えてどうしたんや嬢ちゃん。

美咲
テレビが壊れちゃって新しく買い替えようと思ったんですけど値段が値段でなかなか踏ん切りがつかないんです。
保証も充実しててほしいし・・・。

ガマ蔵
そうやなあ、保証が充実してて支払いも分割払いできるといえばエディオンカードやな!
基本情報は以前教えた通りや。
覚えとるか?

美咲
えっと確か・・・。

エディオンカードの締め日や支払いについて解説する前に、まずはエディオンカードの基本情報から紹介していきます。

 

エディオンカードの基本情報

エディオンカードは、会社員だけでなく主婦や学生など、20歳以上の人なら誰でも申し込むことが可能です

エディオンカードでは年間980円(税抜)の年会費がかかりますが、エディオンで年間15万円以上のご利用で翌年度分の年会費を無料にすることができます。

エディオンカード(引用元:EDIONメンバーズサイト)

国際ブランド
VISA/JCB
電子マネー機能
年会費本人:980円(税抜)※年間15万円以上のご利用で翌年度分の年会費を無料
家族会員:無料
申込資格満20歳以上
ポイント還元率エディオンポイント1.0%~
長期修理保証5~10年の修理保証
※5,000円(税抜)以上かつメーカー保証が1年以上の商品、10万円以上のエアコンまたは冷蔵庫を購入した場合に適用
空港サービス
利用可能枠
審査/発行約1ヵ月~1.5ヵ月

 

特典1.最大10年!長期修理保証サービスを受けられる

他社の場合、家電製品の保証は1年程度というところが多いですが、エディオンカードで決済することで、5~10年の修理保証を受けることができます。
保証内容には修理費だけでなく、修理にかかる部品代やスタッフの出張費なども含まれますので、他社に比べて修理費にかかる費用を節約することができます。

大型家電の購入の際は、エディオンカードで決済して長期修理保証サービスをつけることで、商品を安心して長く愛用することができるでしょう。

エディオンカードの長期修理保証は、エディオンの定める100点以上の家電製品が対象となります。
冷蔵庫やエアコンなど日常的に使用する家電だけでなく、デジカメやコーヒーメーカー、シェーバーなど消耗品に近いものも含まれています。

保証期間は「5千円以上かつメーカー保証が1年以上の商品」の場合5年間、「10万円以上のエアコンまたは冷蔵庫を購入した」場合で10年間となっています。
価格の高い大型家電に対し、5~10年もの間無料で修理を行っているのは、業界でもあまり例のないお得なサービスと言えるでしょう。

解約をすると、長期修理保証サービスの期間が残っている場合でも無効となり、その後の修理費用は自腹になります。

 

特典2.エディオンポイント

エディオンカードを使用すると、100円ごとに1ポイントのエディオンポイントを付与してもらうことができます。

さらに、エディオンでの買い物だけでなく、他店舗でのショッピングや公共料金の支払いなどでも、エディオンポイントの還元を受けることができます。
他社の家電系クレジットカードの場合、他店舗でのショッピングにはポイントがつかないことが多いため、エディオンカードを利用すればお得にポイントをためることができるでしょう。

ショッピングだけでなく、国民年金や家賃の支払い、提携する病院での支払いもポイント獲得の対象になるため、夫婦でエディオンカードを利用すると、より効率的にポイントを貯められます。

エディオンの店舗でエディオンカードを利用する場合

  • 基本的には100円ごとに1ポイントの付与
  • 消耗品やパソコンサプライなどは、100円につき2ポイントを付与
  • 消耗品やパソコンサプライなどは、100円につき2ポイントを付与
  • ゲームソフトや音楽ソフトは100円につき5ポイントを付与

ただし、エディオンポイントの有効期限は最長で3年間となりますので、期限切れに注意しましょう。

解約後、ポイント特典は無効となり、再加入しても戻ることはありません。

 

特典3.メンバーズサイト

エディオンカードの会員になると、メンバーズサイトを利用することができます。

メンバーズサイトでは、Web明細の確認だけでなく、貯まったポイントの照会や会員規約の確認なども行うことができます。
カードセンターの連絡先も記載しているため、カードを利用するうえで困ったことがあるときなどは、まずメンバーズサイトを確認するとアドバイスを受けることができます。

また、エディオンカードはWeb明細のため環境に優しく、自宅に明細書が届かないので「うっかり家族に見られてしまった!」などというトラブルもありません。

 

特典4.配偶者カード

エディオンでは本会員の配偶者のみ利用できる「配偶者カード」を発行することができます。
他社の家族カードと同じように、夫婦の利用額を合算することができ、引き落としは本会員の口座から行われます。

申し込みの際は、本会員とともに配偶者もエディオン店舗に行く必要がありますが、配偶者カードの年会費は無料になります。

 

エディオンカードの締め日と支払い日はいつ?

エディオンカードの締め日は毎月月末で、支払い日は翌月の27日になります。
10月1日~月末までに利用した分は、11月27日に支払いを行うことになります。

例)
10月10日にエディオンでゲームソフトを購入した
⇒支払い日は11月27日

カードの締め日や支払い日については、きちんと把握していないという人も多いかもしれません。

しかし、支払い日までに口座へ入金することを忘れてしまうと、クレジットカードの履歴に傷がついてしまうことになります。

一度入金を忘れただけではブラックリストに載ることはあまりありませんが、カードの新規発行をしたいときなどに、審査に落ちる可能性が高くなることもあります。

そのような事態を避けるためにも、カードの締め日や支払い日はきちんと把握しておきましょう。
特にエディオンカードだけでなく、他社のクレジットカードも合わせて利用する人は、それぞれの会社で支払い日が異なるため注意が必要です。

締め日、支払日の重要性が気になった方はこちらをご覧ください↓

クレジットカードの締め日・支払日に要注意!

クレジットカードの締め日・支払日一覧!遅延しないために要チェック

2018-09-21

ガマ蔵
エディオンカードは、給料日が25日や20日の人は使いやすいカードやな。

美咲
なるほど~。エディオンカードは、支払い日が27日ですもんね!

ガマ蔵
月末に余裕がある人に、向いてると言えるな。
支払い日でクレジットカードを選ぶというのもアリやで!

 

購入価格にあわせて選ぼう!エディオンの支払い方法

エディオンカードでは、さまざまな支払い方法から個人のライフスタイルや目的に合ったものを選ぶことができます。

翌月に一括で支払いを行う1回払いや、翌月と翌々月に支払いを行う2回払いについては、手数料は不要になります。
ボーナス月に一括で支払いを行うボーナス1回払いにも、手数料はかかりません
ボーナス1回払いは、1万円以上の商品を購入した場合に利用することができます。

また、5万円以上の商品を購入した場合は年率2.7~10.5%のボーナス2回払いを利用することができます。

分割払いについては年率が9.0~12.0%となっており、毎月2千円から利用することができます。
特別低金利クレジットは、パソコンやテレビなど合計で30万円以上の家電を購入した際に利用することができ、年率は9.1~10.5%となります。

また、リボルビング払いを利用する場合、年率は15.0%になります。

 

賢く使おう!分割払いの回数と手数料

テレビやパソコンなどの大型家電を購入する際は、クレジットカードで決済すると多くのポイントを稼ぐことができます。
「新しく出たハイビジョンテレビがどうしても欲しいけれど、まとまったお金を用意できない」などというときには、分割払いを検討する人も多いのではないでしょうか。

分割払いは大きな買い物をする際に役立つ便利なシステムで、ポイント還元の対象にもなりますが、分割支払いの回数が多いとその分手数料が高くなってしまいます。
しかし、手数料が高いからといって支払う回数を少なくしてしまうと、1回あたりの支払い金額が高くなり支払いが困難になってしまうかもしれません。

分割払いの回数を選ぶ際は、なるべく無理のない支払いスケジュールを組めるよう、十分検討するようにしましょう。

エディオンカードでは、3~36回までの間で分割払いを利用することができます。
またエディオン営業店舗に限りパソコン・ハイビジョンテレビ、または合計30万円以上の家電品購入で100回払いまで利用できます。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

手数料の有無は支払回数で決まる

分割払い以外の支払い方法については、手数料がかかるものとかからないものとがあります。

翌月1回払いと2回払いは手数料がかからないため、節約志向の人におすすめです。
ボーナス1回払いも手数料不要で、1万円以上の買い物で利用することができます。
「話題のパソコンが欲しいけれど、今月は厳しい」などというときでも、ボーナス1回払いなら手数料無料で、すぐに商品を購入することができます。

ボーナス2回払いについては、100円あたり3円の手数料がかかります。
ボーナス1回払いでは少し高額になってしまうときに役立つ、便利な支払い方法です。
ボーナス2回払いは合計5万円以上の買い物で利用することができ、実質年率は2.7~10.5%となります。

リボルビング払いは毎月の支払額が一定になるため、高額な買い物でも安心して支払いをすることができます。
手数料は利用残高に対してかかり、実質年率15.0%となります。

 

支払い日前にチェックしておくこと

チェック

 

クレジットカードの支払い日は、カード会社により異なります。
カードを利用している人の中には、「支払い日直前になってバタバタしてしまい、口座へ入金ができずに慌ててしまった」という人もいるのではないでしょうか。

エディオンカードの支払い日は毎月27日ですが、支払い遅れを防いで直前になって慌てないようにするために、事前に余裕をもってチェックしておきたいことがいくつかあります。

今月の支払い額はいくらか
複数回カードを利用した月など、カードを使ったことを忘れている買い物もあるかもしれません。
前月どれくらいカードを使ったのかを把握しきれておらず、思ったより高額になっているケースもあるでしょう。
そのため、合計支払い額はいくらになるのか、必ず明細などで確認しておきましょう。

 

引き落とし口座にお金は入っているかどうか
請求額に見合った金額が口座に入っているかを確認し、残高が不足している場合はきちんと入金しておきましょう。

なお、引き落とし口座への入金は、支払い日の当日では間に合わない可能性があります。
引き落としの処理方法は金融機関によって異なり、支払い日になった瞬間に処理を行うところもあれば、支払い日の指定された時間に引き落としを行うところもあります。
そのため、引き落とし口座を開設している金融機関が支払日になった瞬間に処理を行うのであれば、当日入金では支払いに間に合わなくなってしまいます。

思わぬ支払い遅れを防ぐためにも、引き落とし口座に入金する際は、必ず支払い日の前日までに済ませておくようにしましょう。

 

支払い日が土・日・祝日の場合
次の平日が支払い日になりますので、あわせて確認しておくと安心です。

 

もし支払い日に引き落としがなかったら?

万が一、支払い日に残高不足で引き落としができなかった場合はどうなるのでしょうか。
「カードが利用停止になって、ブラックリストに載ってしまうのだろうか?」など心配する人も多いかもしれませんが、適切な対処をすれば恐れる必要はありません。

「今日は支払い日だったのに入金をすっかり忘れていた!」など、もし自分で気づくことができたのであれば、まずは自分でカード会社に電話連絡を入れることが大切です。
カード会社からの信用を失わないようにするためにも、支払い遅れを知らせる電話やハガキが来るのを待つのではなく、少しでも早く自分から連絡を入れるようにしましょう。

たとえ相手がクレジットカード会社であっても、お金を借りているという事実に変わりはありません。
返済遅れの際はこちらから連絡を入れることで、会社からの信頼を維持することができるでしょう。

エディオンカードの入金を忘れた場合は、東京または大阪にある、カード会社のアンサーセンターへ連絡する必要があります。

営業時間は9時30分~17時ですので、夜間に入金忘れに気付いた場合は、翌日の電話対応を行っている時間内に連絡を入れるようにしましょう。

また、エディオンカードの引き落としができなかった場合は、カード会社からの指定の支払い方法で入金を行うことになります。
支払い方法は利用している金融機関により異なりますので、カード会社からの説明に従い処理を行うようにしましょう。

 

家計管理しやすい!引き落とし専用口座のメリット

 

家計簿をつける

 

クレジットカードを利用する際は、引き落とし専用の口座を作っておくのがおすすめです。
引き落とし専用口座を作っておけば、支払い額分だけ入金しておけば良いので、生活費の管理がしやすくなります。

もしも引き落とし口座を生活費の口座と同じにしてしまうと、生活費で出費がかさんだときに、口座残高が不足して引き落としに間に合わなくなってしまう可能性があります。
思わぬ残高不足を防ぎ家計の管理をよりスムーズに行うためにも、生活費の口座とは別に、引き落とし専用の口座を作っておくと良いでしょう。

 

引き落とし口座は変更可能!書面で手続き

エディオンカードの引き落とし口座の変更手続きは、書面で行うことができます。
手続きには書類が必要となりますので、会員用Webサービスの「OMC Plus」上で申し込みをするか、自動音声応答サービスに電話をかけ、書類送付を請求しましょう。

OMC Plus上で書類を請求する場合は、口座の変更を行いたいエディオンカードのIDを使用し、OMC Plusへログインします。
次にサービスメニューの「各種お申し込み」から「各種資料・申込書」を選択し、資料一覧から「口座変更届」を選択しましょう。
その後、ページ下部にある「お申し込みボタン」をクリックすると、請求手続きが完了となります。

電話で請求する場合は、自動音声案内に従いサービスコード「50」と資料コード「1002」を入力すると、口座変更用紙の送付を依頼することができます。
依頼にはカード番号が必要となりますので、手元にエディオンカードを用意して電話をかけるようにしましょう。

引き落とし口座の変更は、変更届が会社に到着してから1カ月ほどかかりますので、余裕をもって依頼するようにしましょう。
また、口座の変更状況はOMC Plusや利用代金明細書で確認することができます。

 

支払い方法や締め日で支払い額を調整しよう

「今月のカードの支払いが、予定より多くなってしまいそうだ」などというときは、支払い方法をリボ払いや分割払いにすると、毎月の支払いを軽減させることができます。

また、締め日前後の買い物で支払い額を調整する方法もおすすめです。
エディオンカードの支払い日は覚えていても、「締め日はいつなのかあまり知らない」という人も多いかもしれません。

しかし、締め日をしっかりと押さえておくことで、エディオンカードをより便利に利用することができ、毎月の支払いも上手に調整することができます。

エディオンカードの締め日は毎月月末となっており、この日に確定した金額がその月の請求金額となります。

また、請求金額は一度決定すると、二度と変更されることはありません。

たとえば、7月1日~7月31日までの利用金額は、7月の締め日である7月31日に確定となり、支払い日は8月27日になります。
そして、8月1日~8月31日までの買い物については、8月31日に確定し、支払い日は9月27日になります。

つまり、「資金に余裕がないけれど、7月下旬ごろパソコンが欲しいな」という場合は、7月31日ではなく少し先の8月1日に購入することで、支払い期間に余裕を持たせることができるのです。
このように、カードの締め日をしっかりと把握して利用日を1日ずらすだけで、支払いを1カ月以上先に延ばすことができます

支払い日までの猶予期間を自分で上手にコントロールすることで、エディオンカードの支払いを安定して続けることができるでしょう。

 

もし延滞してしまったら?放置した場合に考えられること

カレンダーの印

エディオンカードを利用した後は、引き落とし日にまとめて支払いをする必要がありますが、万が一支払いをしないまま延滞し続けた場合には、一体どうなるのでしょうか。

エディオンカードが指定している引き落とし日に残高不足で支払いができなかった場合は、カードの利用が停止となり、翌日から「延滞」扱いとなります。
それに合わせて、カード会社からの「○○日に再度引き落としをしますので、それまでに入金してください」という内容が記載されたハガキが自宅に届きます。

この連絡を無視し続けていると、カード会社から頻繁に督促の連絡が入るようになります。

さらに、これらの督促も放置し続けていると、カード会社からではなく裁判所から自宅に封筒が届くことになります。
封筒の中には「支払督促申立書」と呼ばれる書類が入っていますが、これはカード会社から訴えられ、裁判沙汰になってしまったということを意味します。

このように、カードの支払いを延滞し支払いを放置し続けると、会社から裁判を起こされ自分の信用情報に傷がついてしまいます。

また、この信用情報は利用停止となったカード会社だけでなく、個人信用情報機関を通じて他社とも共有されることになります。
そのため、今後新たにカードを作ったりローンを組んだりすることができなくなってしまう可能性もあります。

美咲
師匠!カードの引き落としができないと、最終的に裁判沙汰になってしまうんですね。

ガマ蔵
そうやな。信用情報にも傷がついてしまうから、1日でも延滞したら、必ずカード会社に連絡を入れて指示を受けることが大切やで!

最後に、エディオンカードに向いている人のおさらいです。

 

エディオンカードに向いてる人は?

  • エディオンの店舗を頻繁に利用する人
  • 家電好きな人

エディオンの店舗が自宅の近くにない人や、家電を購入する予定がない人にとっては、あまり向いていないカードかもしれません。

また、他社では年会費無料のところも多いですが、このカードはエディオンの店舗で年間15万円以上の購入がなければ年会費がかかってしまいます。
その点は十分に検討する必要があるでしょう。

もっと詳しくエディオンカードについて知りたい方はこちらをご覧ください↓

家電の購入がお得なエディオンカードのメリット5つ

2018-08-09

 

まとめ

エディオンカードは、エディオンで家電を買うなら入手しておきたいお得なクレジットカードです。

100円につき1ポイントのエディオンポイントを付与してもらうことができ、商品によっては最大5%のポイント還元を受けることもできます。

エディオンの店舗だけでなく、公共料金の支払いなどでもポイントを付与してもらえるので、ポイントを貯めやすいお得なカードと言えるでしょう。
また、エディオンカードで対象家電を購入すると、5~10年の修理保証サービスを受けることができます。
保証期間内であれば、エアコンやパソコンなどの高価な家電を無料で修理してもらえるので、安心して大型家電を購入することができますね。

また、エディオンカードの締め日は1回だけで、末日なので、とても覚えやすいというメリットがあります。
支払い日も27日と一般的な給料日の後であるケースが多く、支払い管理がしやすいこともメリットと言えるでしょう。

クレジットカードを利用する際には、支払い日だけでなく締め日も把握しておくことが大切です。
締め日前後の買い物を調整することで、支払い期間に余裕を持たせることができますので、上手にカードを利用して、快適なカードライフを送りましょう!