ダイナースのエグゼクティブダイニングでコース料理をお得に楽しむ方法

高級レストランがお得に!ダイナースのエグゼクティブダイニング

diners(食事をする人)という意味があるダイナースクラブカード

「財布を忘れて食事代が支払えなかった」という逸話から生まれたと言われているクレジットカードだけに、食事に関する優待サービスが充実したカードでもあります。

そんなダイナースクラブカードのグルメに関する代表的なサービスがエグゼクティブダイニングです。

厳選された店舗のコース料理がお得になる優待サービスなので、「食事を楽しみたい」という方におすすめ!

エグゼクティブダイニングを利用できるおすすめクレジットカードはこちらをご覧ください。

エグゼクティブダイニングのサービス内容

まずは自分の店の味を試してもらいたい」その想いからエグゼクティブダイニングのサービスが提供されています。

利用方法次第ではコース料理を実質半額にできるので、「値段が気になって高級レストランや料亭に入れない」という方も食事に行きやすくなります。

まずはサービス内容を確認していきましょう。

 

2つの優待プラン

エグゼクティブダイニングには2つの優待プランがあります。

通常プラン全店舗対象
会員を含む2名以上で所定のコース料理を利用すると1名分無料
グループ特別プラン特定のレストランのみ対象
会員を含む6名以上で所定のコース料理を利用すると2名分無料(キャンセルなどで5名以下になった場合は1名分のみ無料)

通常プランは2名以上なら利用可能で、このサービスに登録されている全店舗が対象です。

もしも2名でコース料理を注文した場合、1名分無料なので実質半額に!

コース料理の金額は10,000円以上に達するものも多いので、サービスを2回利用するだけでダイナースクラブカードの年会費(税抜22,000円)の元を取ることができます。

 

サービスの利用条件

エグゼクティブダイニングの利用にはいくつかの条件があります。

せっかくのサービスを無駄にしないようにご注意ください。

 

利用回数に制限がある

4月1日~9月30日と10月1日~3月31日の各期間中、1店舗あたりのご利用は1家族1回までとなります。

例えば、4月にA店で無料サービスを利用した場合、A店で次のサービスを利用できるようになるのは10月1日からです。

しかし、B店やC店では問題なく利用できます。

補足説明

別のプランであれば、同じ期間中でもサービスを利用できます。
例えば、4月にA店で通常プランを利用した場合、10月まで待たなくても「グループ特別プラン」なら再びA店で利用できます。

 

利用できる回数は家族会員と共有

本会員がA店を利用した場合、家族会員はA店を利用できなくなります

家族カードを発行している場合は、同じ店舗でサービスを利用しないようにご注意ください。

また、家族カードだけでなく、他のカードを所有している場合も期間中の利用回数は1回となります。

 

プレミアムカード限定のサービスもある

ダイナースクラブカードには、さらにランクが上のダイナースクラブ プレミアムカードがあります。

プレミアムカードを持っている場合、サービス名は「プレミアム エグゼクティブ ダイニング」になり、プレミアムカード会員限定の対象店舗が増えます

エグゼクティブ ダイニングの対象店舗は多くはありませんが、プレミアムカード会員になれば一層利用しやすくなるサービスです。

対象店舗数(2020年7月時点)
  • エグゼクティブ ダイニング:265店舗
  • プレミアム エグゼクティブ ダイニング:97店舗

 

その他注意事項まとめ

  • コース料金を無料にするサービスなので、追加の料理屋飲み物はサービスの対象外です。
  • クリスマスや年末年始など、特定の期間中はサービスが利用できないことがあります。
  • 他の優待サービスとの併用はできません。
  • 2名以上の利用でなければサービスが適用されず、キャンセル等で1名になってしまった場合もサービス対象外です。

 

エグゼクティブダイニングの利用方法

  1. レストランを選びます。対象店舗は公式サイトから確認することができます。
  2. レストランとコースを選び、お電話またはダイナースクラブ公式アプリで申し込みます。余裕をもって1週間前には予約しておくのがおすすめです。
  3. リザベーションデスクから予約結果が届きます。
  4. お食事の料金をダイナースクラブカードで支払います。対象外のカードで支払った場合は優待が適用されません。

 

エグゼクティブダイニングを利用できるおすすめクレジットカード

エグゼクティブダイニングは、提携カードも含めダイナースクラブカードなら利用できるサービスです。

エグゼクティブダイニング対象カード
  • ダイナースクラブカード
  • ダイナースクラブ プレミアムカード(プレミアム エグゼクティブ ダイニング)
  • ANAダイナースカード
  • JALダイナースカード
  • デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
  • Mileageplus ダイナースクラブファースト
  • Mileageplus ダイナースクラブカード
  • ニューオータニクラブ ダイナースカード
  • 銀座ダイナースクラブカード
  • 銀座ダイナースクラブカード/和光

ここでは、当サイトからすぐに申し込めるおすすめダイナースクラブカードをご紹介していきます。

 

ダイナースクラブカード

年会費22,000円(税抜)
国際ブランドDiners Club
申し込み対象27歳以上の方
発行期間約2週間
ポイント還元率約0.4%
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(一部利用付帯):最高1億円
  • 国内旅行傷害保険(利用付帯):最高1億円
  • ショッピング・リカバリー保険:年間500万円まで(自己負担額10,000円)
追加カード
  • 家族カード:年会費5,000円(税抜)
  • ETCカード:無料
  • コンパニオンカード(TRUST CLUB プラチナマスターカード):無料

ダイナースのスタンダードなクレジットカードですが、実質的にはプラチナカード並みの価値があります。

カードに一律の限度額は設定されておらず、カード会員にごとに設定されます。

エグゼクティブダイニングだけでなく、1,000か所以上の空港ラウンジの無料利用、レジャー施設の優待、会員限定イベントの開催など幅広い優待サービスを受けることができます。

ダイナースクラブブランドはシェアが小さいことが欠点ですが、コンパニオンカードとしてTRUST CLUB プラチナマスターカードを無料発行できるので、世界中でカードを利用することが可能です。

 

ANAダイナースカード

年会費27,000円(税抜)
国際ブランドDiners Club
申し込み対象27歳以上の方
発行期間約2週間
ポイント還元率約0.4%
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:(一部利用付帯):最高1億円
  • 国内旅行傷害保険(一部利用付帯):最高1億円
  • ショッピング・リカバリー保険:年間500万円まで(自己負担額10,000円)
追加カード
  • 家族カード:年会費6,000円(税抜)
  • ETCカード:無料

ANA提携のダイナースクラブカード。

通常のダイナースクラブカードより年会費は高額ですが、その分ANAマイルが貯まりやすく、「1ポイント=1マイル」の高レートで移行できます。

ボーナスマイル
  • 入会ボーナス:2,000マイル
  • 継続ボーナス:2,000マイル
  • フライトボーナス:区間異本マイレージ×クラス運賃倍率×25%
  • ANAカードマイルプラス提携店・対象商品の利用で100円(または200円)につき1マイル加算

 

銀座ダイナースクラブカード

年会費25,000円(税抜)
国際ブランドDiners Club
申し込み対象27歳以上の方
発行期間約2週間
ポイント還元率約0.4%
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(一部利用付帯):最高1億円
  • 国内旅行傷害保険(利用付帯):最高1億円
  • ショッピング・リカバリー保険:年間500万円まで(自己負担額10,000円)
追加カード
  • 家族カード:無料
  • ETCカード:無料

銀座ダイナースクラブカードは、その名の通り銀座で使うとお得なクレジットカードです。

銀座和光や三越銀座店など、特約店でカード払いをするとポイント2倍

また、「銀座プレミアムラウンジ」と「ダイナースクラブD’sラウンジトーキョー」を本会員と家族会員は無料利用できます。

銀座ダイナースクラブカードとダイナースクラブ プレミアムカード だけのサービスで、銀座の中央でゆったりとした時間を過ごすことができます。

 

まとめ

エグゼクティブダイニングでコース料理を1名分(6名以上のグループでは2名分)無料にできる

サービスの利用には事前の予約が必要

プレミアムカード会員は対象店舗が増える

ダイナースクラブカードは高級志向のクレジットカードですが、エグゼクティブダイニングのようにとてもお得な優待サービスを利用できます。

ランクが高いクレジットカードほど使えば使うほどお得なサービスが充実しているので、日常とは違う体験を味わいたい方や、積極的にレジャーなどに出かける方に、ダイナースクラブカードはおすすめです。