クレジットカードの締め日・支払日一覧!遅延しないために要チェック

クレジットカードの締め日・支払日に要注意!

クレジットカードを使っているときに気になることといえば、やはり支払いの日です。

しかし「支払日」と似ている言葉として、「締め日」という言葉が挙げられます。
支払日と締め日とはまったく異なるものであるため、2つの言葉の違いについて正しく把握しておくことが欠かせません。

締め日について理解しておけば、「支払いが遅れる」「金額が高くて払えない」などの状況を回避することにも役立つでしょう。
この記事では、クレジットカードの締め日と支払日の基本的な考え方について詳しく解説していきます。

美咲
こんにちは、美咲です。
みなさんはクレジットカードの「締め日」と「支払日」の違いはわかりますか?

 

ガマ蔵
「締め日」と「支払日」は一見似とるけど、実際は全く別物なんや。
文字の感じでなんとなくわかるかもしれへんけど、クレカを使うならちゃんと覚えておくんやで~。

クレジットカードの締め日の役割

クレジットカードを使って商品を購入したときは、すぐに口座から購入代金が引き落とされるわけではありません。

クレジットカードを利用してから実際に代金が引き落とされるまでには、一定の期間がかかります。

クレジットカードの「締め日」とは、カード会社が1カ月分のクレジットカードの利用金額を確定させるための日のことをいいます。
そのため締め日とされる日に、支払いや引き落としなどが行われることはありません。

そして締め日は土日祝日は関係ないものとされています。
土日祝日に締め日が左右されることはなく、また締め日に確定した請求金額は後に変更することがないために、締め日になれば1カ月分の明確な利用金額がわかります。

たとえば、楽天カードの締め日は月末です。
そのため、その月の1日から月末までに使用した金額が翌月に請求されます。

他には、JCBカードの締め日は毎月15日です。
そのため、前月の16日から当月15日に使用した金額が請求されます。

同じカード会社でも、カードの種類やユーザーの選択によって締め日が変わることがあります。

また、加盟店からクレジットカード会社に送られるデータのタイムラグにより、請求される日付がずれることもあります。
たとえば締め日が15日で、15日にお買い物をしたとき、利用分が次の期間に持ち越されることがあります。

 

締め日を意識したほうが良い理由

クレジットカードの締め日を意識したほうがよい理由として、支払い額が高額となるのを防ぐことができるという点が挙げられます。

締め日を把握しておくことで、月によって支払い額の調整ができるようになるという点は、締め日を意識することの最大のメリットといえるでしょう。

例えば、締め日をあまり意識せず1カ月の間に無計画に買い物をしていると、翌月分のクレジットカードの支払い額に驚くことになります。

締め日を意識して計画的に買い物をしておけば、支払いを翌々月にずらすことも可能です。

具体的には、前月の締め日をすぎてから買い物をするように心がけておけば、支払日を1カ月遅らせることができるでしょう。

クレジットカードを使うときには、その都度現金で支払いを行わないという便利さから、お金を使いすぎてしまうことがあるというデメリットがあります。

クレジットカードの利用を意識的にコントロールしていくためには、カード会社が定めた締め日や支払日を正確に把握しておくことが大切なんです。

そしてお金をしっかりと管理していくために、「締め日の直前に高額な買い物は控える」「今月の買い物は〇〇円まで」などのように、個人的なルールを定めておくといいでしょう。

ガマ蔵
使いすぎひんためにも自分の中でルールを決めとかなアカンってことやな。

 

クレジットカードの支払日の役割

クレジットカードを利用する場合には、締め日の他に「支払日」と呼ばれるものがあります。

クレジットカードの支払日とは、締め日に確定した支払い額を支払う日のことをいうのです。

カード会社が設けている締め日には、1カ月分の利用額が確定します。
ただし締め日に利用額が確定したからといって、締め日当日に口座引き落としが行われるわけではありません。

カード会社は締め日とは別日に支払日を設けて、指定している口座から利用金額の引き落としを行っているのです。

支払日には、ATMで直接入金したり、口座振替で支払ったりするのが一般的です。
「口座にお金が入っていなくて、利用額の支払いができなかった」という状況は、クレジットカードの支払日を正確に把握しておけば防ぐことができるでしょう。

引き落とし口座の残高不足などによる支払いの遅延を回避することができれば、家計の管理がしやすくなるというメリットにもつながります。

 

また、クレジットカードの支払日が行われない日があるという点も把握しておきましょう。

支払日が土日祝日と重なる場合、金融機関は休みです。
そのため、このような状況では一般的に支払日は翌営業日に振り替えられます

カード会社によっては、支払日が土日祝日の場合、前営業日に振り返るというところもあります。

支払日が気になる場合は、クレジットカードの明細などを確認して、自分が利用しているカード会社の支払日についてチェックしておきましょう。

美咲
ゴールデンウィークのような大型連休があると、それだけ支払日もずれ込むというわけですね。

普段は嬉しいお休みだけど、支払いの予定が狂うのだけは気を付けないと・・・!

 

支払日で気をつけるべき点とは?

まず、クレジットカードの支払日を1日でも過ぎてしまうと滞納になってしまいます
そのため、支払日は正しく理解して、支払日を1日もすぎないように気をつけることが大切です。

クレジットカードの支払日を確実に守るためには、締め日から支払日の間の利用明細チェックを習慣化するとよいでしょう。
1カ月ごとの利用明細をチェックしておけば、支払日までに必要な金額を用意することができ、口座の残高不足を回避するのに役立ちます。

また、複数の銀行口座やカードを持っている場合は、締め日や支払日がカード会社によって異なることがあります。
したがって口座ごとの管理が必要になります。

口座の残高不足などで支払日を過ぎてしまうと、状況によってはクレジットカードヒストリーに傷をつけてしまうことにもなりかねません。
滞納は個人の信用に大きくかかわる問題です。

だからこそ、支払日の前には残高を確認しておき、不足があるようなら入金しておくようにしましょう。

 

クレジットカードの締め日・支払日一覧表

クレジットカードの締め日と支払日についてわかったところで、各社の締め日と支払日を確認しておきましょう。

すでにクレジットカードを持っている方も、今後作ろうという方も参考にしてみてください。

カード会社締め日支払日
アメリカン・エクスプレスカードによって異なるカードによって異なる
イオンカード毎月10日翌月2日
出光カード毎月10日翌月7日
エポスカード毎月4日
毎月27日
※選択可能
翌月4日
翌月27日
エムアイカード毎月5日当月末
オリコカード毎月末翌月27日
セゾンカードショッピング:毎月10日
キャッシング:毎月末
ショッピング:翌月4日
キャッシング:翌々4日
ジャックス毎月末翌月27日
セディナ毎月末翌月27日
ダイナース
(三井住友トラストクラブ)
毎月15日翌月10日
ニコスカードショッピング:毎月5日
キャッシング:毎月末
ショッピング:当月27日
キャッシング:翌月27日
ビューカード毎月末翌々月4日
ポケットカードTカードプラス:毎月末

【P-oneカード・その他提携】
1回払い:毎月1日
1回払い以外:毎月末
キャッシング:毎月末

Tカードプラス:翌々月1日

【P-oneカード・その他提携】
1回払い:翌々月1日
1回払い以外:翌々月1日
キャッシング:翌々月1日

三井住友カード毎月15日
毎月末
翌月10日
翌月26日
ヤフーカード毎月末翌月27日
ライフカードショッピング:毎月5日
キャッシング:毎月末
ショッピング:当月27日または翌月3日
キャッシング:当月27日または翌月3日
楽天カード毎月末翌月27日
りそなカード毎月10日翌月4日
DCカード毎月15日翌月10日
JALカードJALカードSuica:毎月末
JALカードSuica以外:毎月15日
JALカードSuica:翌々月4日
JALカードSuica以外:翌月10日
JCB毎月15日翌月10日
MUFGカード毎月15日翌月10日
UCカード毎月10日翌月5日
UCSカード毎月15日翌月10日
支払日が金融機関の休業日だった場合、引き落としは翌営業日になります。

 

クレジットカードの一般的な支払い方法

クレジットカードの支払いには、手数料が発生するものと、そうでないものがあります。

  • 手数料が発生しない:一括払い・ボーナス一括払い・ボーナス2回払い・分割2回払い
  • 手数料が発生する:3回以上の分割払い・リボ払い

支払いには方法があるため、自分にあったものを選択することが大切です。

一括払い
「一括払い」は、前回の締め日から今回の締め日までの1カ月分の利用分を、支払日にまとめて支払います。

利用した金額がひと目でわかることに加えて、手数料がかからないという2点が最大のメリットといえるでしょう。

ボーナス一括払い
一括払いの中には、「ボーナス一括払い」もあります。
これは、約半年分をまとめて支払うという返済方法です。

一括払いに関しては手数料が無料であるため、計画的に返済ができる場合には利用してみてもよいでしょう。

分割払い
「分割払い」とは、商品の代金を決まった回数で完済する方法のことをいいます。

分割払いの支払回数は、カード会社によって異なります。
ただ、3~24回の中で回数を決めている場合が多いという特徴があります。

リボ払い
そして「リボ払い」は、クレジットカードの利用金額の合計に対して適用されるものです。

リボ払いの場合、支払回数の制限はありません。
加えて、リボ払いでは毎月の支払い金額が同じになりますが、支払い額が安くなる代わりに支払い期間が長くなりがちというデメリットがあります。

分割払いとリボ払いは、どちらも複数回に渡って支払いを行う方法なので混同されがちです。
しかし、分割払いとリボ払いは支払いの仕方が異なるので、利用する場合には支払い方法の違いをしっかりと把握しておく必要があります。

 

クレジットカードの種類や会社で締め日は変わる

締め日や支払日は、クレジットカードの種類や支払い方法によって変わります。
そのため、複数枚のカードを利用している人は、カード会社ごとの締め日と支払日をチェックしておく必要があるでしょう。

また、口座を複数持っているのであれば、残高不足によって支払いが滞ることのないように徹底した管理が求められます。

そして同じクレジットカード会社であっても、支払い方法や引き落とし金融機関によっては締め日・支払日の日にちが変わることがあります。
そのため、クレジットカードごとの締め日・支払日を把握しておくことが大切です。

万が一、口座からの引き落としが行われずに返済が遅滞してしまった場合、事故情報がいわゆる「ブラックリスト」に記録されてしまうことになります。
ブラックリストに事故情報が記録されると、新規のカード契約や、住宅ローンを含む各種ローンが組めなくなってしまう恐れがあるため注意しておきましょう。

 

クレジットカードを選ぶなら締め日と支払日も気にして

クレジットカードを作るときは、ポイント還元率やサービス内容、また「どのお店でお得につかえるか」などで選んでしまいがちです。
もちろん、これらもクレジットカードを選ぶうえでの大切な要素といえるでしょう。

しかし、クレジットカードを賢く選ぶのであれば、締め日や支払日も意識しておきたいものです。

残高不足による遅滞を防ぎ、確実に利用額を支払い続けていくためには、給料日を考慮してカードを選ぶなどの工夫が欠かせません。

特に、支払日に関しては給料日直後のお金があるときがよいでしょう。
銀行口座に確実にお金があるときと支払日が重なっていると、入金のし忘れなどによる残高不足も防げるようになります。

ガマ蔵
一般的に給料日は「25日」になっとることが多い。
つまり、支払日が27日やと支払い安いちゅうことになるな!

 

クレジットカードを複数枚持っている人が注意すべき点

複数枚持っている人が注意すべき点

所持しているクレジットカードが1枚の場合は、管理もそれほど難しくはないでしょう。
しかし、クレジットカードを複数枚持っている場合には、注意すべき点がいくつかあります。

複数枚のクレジットカードを所持していると、「どの支払いがいつなのか」「締め日はいつだったか」など、混乱してしまいがちです。

カードごとに異なるクレジットカードの締め日や支払日を確実に把握しておかなければ、1カ月の利用金額が高額になってしまったり、口座が残高不足のために引き落としが行われずに遅滞という事態を招いてしまったりするなどの問題が生じる可能性があるでしょう。

このような問題を未然に防ぐためには、締め日と支払日を管理することが大切です。

例えば手帳やアプリなどを使って管理しておけば、うっかりしたミスが減って忘れにくくなるなどのメリットがあります。
口座の残高不足で支払いできなかったというケースがないように、確実に管理ができる枚数だけを保持することも重要です。

 

残高不足を防ぐクレジットカードの使い分け術

口座の残高不足を防ぐためには、保持しているクレジットカードを使い分けるとよいでしょう。

家計の無駄な支出を防ぐためには、公共料金や光熱費、税金の支払い専用、生活費専用、レジャー専用などのように目的に応じてクレジットカードを分けておくと、家計の管理もしやすくなるでしょう。

クレジットカードを作るとき、メインカードとサブカードの2パターンを持っておくと便利です。

まず、メインカードにはどんなときでも使用することができる、万能なクレジットカードを選んでおくとよいでしょう。
光熱費や固定・携帯電話代、保険料など、毎月必ず支払う必要のあるものに関しては、クレジットカードで支払うようにしておくと払い忘れる心配もなくなります。

次に、サブカードとしては普段から頻繁に利用している店舗のものや、趣味で利用することを目的として選ぶことがポイントです。

このように、目的に応じてクレジットカードを上手く使い分けることができれば、家計の管理にも役立ちます。

美咲
カードごとに利用する内容をしっかりと決めておきましょう!

2枚目のクレジットカードの選び方はこちらも参考にしてください。

クレジットカードは2枚目で補おう!おすすめの組み合わせ5選

クレジットカードは2枚目で補おう!おすすめの組み合わせ4選

2019-03-19

 

まとめ

クレジットカードを家計の管理に利用するとなると、最初のうちは不便や不安を感じてしまうかもしれません。

しかし、クレジットカードの締め日や支払日をしっかりと把握していれば、支払いの管理もしやすくなるでしょう。

特に、締め日について正しく理解しておくと、クレジットカードを上手く活用して家計をコントロールしやすくなります。

締め日・支払日など、クレジットカードの基本的な考え方をしっかりと身に付けておき、自分に合ったクレジットカードを選んで活用していきましょう。