知っておこう!正しく使わないと起こるクレジットカードの危険性

クレジットカードは、手持ちの現金がなくても買い物ができる便利なアイテムです。
付帯保険やお得なサービス、ポイント還元制度なども充実しており、良いことも多いといえるでしょう。

しかし、クレジットカードを使うなら危険性もしっかり知っておくことが大切です。
危険性を知らないまま利用すると、思わぬトラブルに巻き込まれることがあるかもしれません。

この記事ではクレジットカードを利用する前に把握しておきたい危険性について解説します。

美咲
こんにちは、美咲です。
クレジットカードって便利ですけど正しく使わないと大変なことになっちゃうから怖いですよね。
ガマ蔵登場
ガマ蔵
せやな、便利なものにはそれ相応のリスクがある
っちゅうことなんやな。
美咲
そうなんです師匠、だから今回はクレジットカードのデメリットについて解説していきますよ。

 

クレジットカードの危険性

クレジットカードを利用すると起こってしまうかもしれない危険性を紹介していきます。

 

【危険1】使い過ぎてしまう

通帳女性

クレジットカードを利用する際の危険性の1つに、「使いすぎ」が挙げられます。

現金でショッピングをする場合は、お財布にあるお金以上の買い物はできません。
また、お財布からお金がなくなっている感覚もあるため、ある程度自制した買い物ができます。

しかしクレジットカードの場合は、この自制が利かなくなるケースがあります。
現金で直接支払うのではなく、カードを出すだけで買い物ができるため、お金を使っているという感覚が薄くなることも要因として考えられます。

実際についつい買い物をしすぎてしまい、カードの限度額いっぱいまで使ってしまう人もいるようです。

「今日はバッグを買いたい」「スーツを新調したい」といった具体的な目的があるのではなく、ブラブラとショップを巡り、何となく気に入ったものを購入してしまうのです。
それ自体は決して悪いことではありませんが、返す当てのお金がないのに、こういった無駄な買い物をしてしまうのは望ましいことではありません。

最近はコンビニやスーパーなどでも、クレジットカードを使用できるお店が増えてきました。
こういった日々の小さな買い物が積もり積もって、高額な支払いに繋がってしまうケースもあるようです。

クレジットカードは、気軽に使用することができるため、気付かないうちに支払いが高額となりがちです。
支払日に思いがけない金額を請求されることがないよう、使い過ぎには注意が必要です。

 

【危険2】高額なものを買ってしまう

クレジットカードを使用すると、高額なものを買いやすくなります。
それは「後でお金を払えばいい」という考えによるものです。

現金ではとても買えないような高額なものも、カードを利用すると買えてしまいます。
ときには、こういった思い切りのいい買い物も必要です。
しかし毎月のように高額なものを購入してしまうのは、非常に危険です。

クレジットカードは、無限にお金を生み出してくれる魔法のカードではありません
あくまで、支払いを一時的に肩代わりするだけのアイテムです。

それを理解した上で年に数回、自分へのご褒美として計画的に無理のない範囲で高額なものを購入するのはよいでしょう。
問題は自分がお金持ちとなったような錯覚を起こし、身の丈以上のものを購入することが習慣化してい場合です。

買い物をする中で、高い値段のものに魅力を感じるのは当然です。
一流ブランドの新作アイテムともなれば、持っているだけステータスを感じることもできるでしょう。

しかしそれを持つだけの余裕があるのかを冷静に判断することが大切です。
欲しいものを欲しいだけ買ってしまう人は、クレジットカードを上手に活用できているとはいえません。

最終的に購入したものは、自分の所有している財産から支払う必要があります。
毎月カードの支払いに追われるような生活にならないためにも、高額な買い物はしっかりと見極めたうえで行いましょう。

 

【危険3】支払いが大変になる

クレジットカードを利用して購入した代金は、毎月決まった日に支払い請求されます。
つまりクレジットカードの利用が多いと、それだけ毎月の支払いの負担が重くなるのです。

現金での買い物の場合は、商品やサービスを購入した時点での支払いとなるため、その場で取引は完了します。
お財布にあるお金が少なくなれば節約することもできますが、クレジットカードの場合は、こういった感覚が鈍くなりがちです。
中には、ひと月でいくら使っているのかわからない状態で、カードを使い続けてしまう人もいます。

こういった場合に起こるのが、思いがけない高額な支払いです。
クレジットカードは一ヶ月で使った金額が一気に請求されるため、10万以上の負担となることも珍しくありません。

高額なショッピングをすれば、月収以上の支払いになってしまうこともあるでしょう。
一人暮らしをしている人であれば、家賃・光熱通信費・食費といった固定費が毎月かかります。
これにプラスして、クレジットカードの支払いが発生するのです。

固定費の支払いはどれか一つでも滞ってしまうと、日常生活に支障をきたします。
そうならないためにもクレジットカードの使用をコントロールすることが重要です。

自分がどれだけクレジットカードを使っているのか知るためにも、家計簿アプリなどを活用するとよいでしょう。

スマホ対応家計簿アプリ3選

クレジットカード対応の家計簿アプリ3選|カードの使いすぎを予防!

2016-07-09

【危険4】キャッシング金利が高額

キャッシングとは、「お金を借りること」を意味します。
消費者金融や銀行カードローン、信販系カードローンでもお金を借りることができますが、クレジットカードを利用したキャッシングも可能です。

ほとんどのクレジットカードにはキャッシン枠が設けられており、クレジットカードを申し込む際に金額を設定します。
キャッシング枠を0円に設定していなければ、いつでも簡単にキャッシング機能を利用できるのです。

キャッシングはお金が急に必要になった際、ATMやネットを使ってすぐにお金を借りることができる便利な仕組みです。

しかしキャッシングにはデメリットもあります。
最も大きな問題点は、キャッシング利用した場合の金利が高額となる点です。

ショッピング枠の分割払いと比較しても金利は高額で、年利としておおよそ18%がかかります。
つまり100万円のお金を借り入れると、年間18万円を利息として追加で返済する必要があるのです。

さらに、「キャッシング枠」は「ショッピング枠」と密接な関係があります。
ショッピング枠とは、クレジットカード申し込み時に決定した使用限度額を表します。

ショッピング枠が50万で、すでに30万円分を使用している場合、キャッシング枠を30万円に設定していても、キャッシング可能な額は20万円となります。
仮にショッピング枠を限度額の50万円分使用してしまうと、キャッシング枠を利用してお金を借り入れることはできません。

カード会社に問い合わせてキャッシング枠を広げてもらったり、限度額の設定を見直してもらうこともできますが、これにはリスクもあります。

「支払い能力がない」「年収に見合わない高額なショッピングをしている」と見なされると、キャッシングどころか、カードの使用を停止される可能性もあります。

キャッシング機能は、国内での買い物はもちろん、海外の現地通貨の入手方法としても非常に便利なサービスです。
しかし、金利や使用方法に気を付ける必要があります。

特に金利については、決して安い設定ではありません。
契約によっては一般的なカードローンに申し込んだ方がお得になるケースもあります。

本当にキャッシングをする必要があるのかをしっかり考えて、利用することが大切です。

 

【危険5】支払いが終わらない

キャッシングと共に注意したいのが、「リボ払い」です。正式名称を「リボルビング払い」といい、最近利用する人が増加傾向にあります。

リボ払いは欧米では広く利用されている支払い方式で、一番のメリットは、毎月の支払額を自分であらかじめ設定した金額に設定できる点にあります。
利用残高がいくらであっても、設定した金額以上を支払う必要はありません。

例えば毎月3万円の支払額を設定していれば、前月に10万円の買い物をしていても支払い請求は3万円で済みます。
毎月決まった金額だけを支払えばいいため、返済計画を立てやすい点が魅力といえるでしょう。

しかしリボ払いには大きな落とし穴があります。
それはリボ払いで繰り返し借りてしまっている場合には、いつまでも返済が終わらないということです。

また、リボ払いを利用するためには、毎月「手数料」という形で金利を支払うことになります。
手数料の年率はクレジットカード会社によって異なりますが、返済期間が長くなるほど負担は大きなものとなります。

リボ払いを選択する人の中には、月々の負担を少なくするために、設定金額を5,000円や10,000円といった低めに設定する人もいます。
この状態で、毎月10,000以上クレジットカードを使用してしまうと、いつまで経っても支払いを終えることができません。
そればかりではなく、金利という形でさらに支払う金額が増えていくのです。

リボ払いは毎月の負担額が少ないため、一見お得に感じるかもしれません。
しかしそれは支払い金額が減っているのではなく、借金が増えていることを意味します。

リボ払いを選択する場合には、ボーナスなどで繰り上げ返済をして、できるだけ早く支払いを終えることが重要です。

また、一括での支払いが困難な買い物をする場合には、分割払いも上手に活用するとよいでしょう。
分割払いも手数料という形で金利が発生しますが、「3回払い」「10回払い」といった形で、支払いの期限が明確化されます。

リボ払いで金利分を増やしてしまう人は、支払い回数が決まっている分割払いがおすすめです。

分割払いについて詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

クレジットカードの分割払い解説|他の支払い方法との違いを比較

2018-09-12

【危険6】ポイントに有効期限がある

クレジットカードを利用するメリットとして、ポイントが還元されるという点が挙げられます。
還元されたポイントは、商品と交換ができるほか、提携店で現金の代わりとして使用することも可能です。

しかし多くのポイントには有効期限があります。
どれだけたくさんのポイントを集めても、期限が切れてしまうと、何の意味もありません。ポイントの有効期限は、クレジットカードの種類やカード会社によって異なりますが、短い場合は1年で失効します。

ポイントの失効前にメールやクレジットカードの会員ページで知らせてくれることもありますが、それでも気付かないうちにポイントがなくなっているということは珍しいことではありません。

また、貯まったポイントが使える場所が限られているケースもあります。
この場合、本当に欲しいものがポイントで手に入るとは限りません。

ポイントの期限が切れてしまうからと、たいして興味がないものを購入することもあるでしょう。
ポイントはただ集めるだけでなく、期限内に欲しいアイテムやサービスと交換できて、はじめてメリットとなります。

カード会社によっては、「永久不滅ポイント」「有効期限なしポイント」といったサービスを提供しているところもあるため、こういった仕組みも賢く活用していきましょう。

 

【危険7】不正利用のリスクがある

不正利用

現金にも紛失や盗難のリスクはあります。
しかしクレジットカードは、それに加えて不正利用される危険もあるのです。

通常、クレジットカードの紛失や盗難による不正利用に関しては、盗難保険という制度があります。
しかし利用者に落ち度がある場合は、盗難保険が適用されない可能性もあるのです。

例えば海外のフードコートで席を確保するために、クレジットカードの入ったお財布をテーブルの上に置いたまま席を離れたとします。
治安が良いとされる日本でさえ、放置されたお財布を盗難されることはあるでしょう。
海外では、「席を確保するために貴重品を放置する」という認識はありません。
悪意のある第三者が、このお財布を盗んでしまうことも十分にありえます。

こういったケースでは、たとえ不正利用されたとしても、盗難保険が利用できないかもしれません。

キャッシングについても補償の対象外となってしまします。
キャッシングする場合には暗証番号が必要になるため、第三者に不正利用されたとなると暗証番号の管理ができていなかったと見なされてしまうのです。

カードの不正利用を防ぐためには、3つのポイントがあります。
1つ目はカード裏面へのサインです。
裏面にしっかりとサインをしておくことで、第三者のカードの利用を制限できます。
ただしネットショップでは、サインの有無は関係ないため、実店舗における対策といえるでしょう。

2つ目は暗証番号を他人に知られないように気を配るということです。
暗証番号を忘れてしまうからといって、クレジットカードと一緒に暗証番号を保管することは絶対に避けましょう。

また、ATMを利用する際は、後ろから第三者に盗み見られることがないよう注意します。
たとえ店舗であっても、クレジットカードを利用する際は、店員から目を離さないようにしなければなりません。

稀ではありますが、ショップの店員による不正利用の事例も報告されています。

そして3つ目は利用明細のチェックです。支払いの総額を確認するだけでなく、利用明細の細部までしっかりと確認しましょう。
不正利用は気付くのが遅くなれば、それだけ損害額も膨らんでしまいます。

不正利用に早急に対処するためにも、利用明細はこまめにチェックし、不審な点があればすぐにカード会社に問い合わせることが重要です。

クレジットカードの不正利用に関してはこちらの記事でより詳しく解説しています。

不正利用に備えて!クレジットカードの悪用を防止する9つの対策

2018-10-03

【危険8】買い物が楽しくなる

買い物袋

クレジットカードを使うと、お財布の残高を気にせずショッピングができます。
現金では購入できないようなアイテムにも手が届くため、ついつい買い物に夢中になってしまうこともあるでしょう。

楽しく買い物ができることは一見メリットのようにも思えますが、クレジットカードの使い方次第ではトラブルに繋がってしまいます。

買い物が楽しくなると、買いすぎてしまったり使うのがやめられなくなったりする可能性もあるのです。
ショッピングはストレス解消にもなりますが、それが度を越してしまうと「買い物依存症」という病気を誘発します。

買い物依存症になると、衝動買いがやめられなかったり、必要のないものまで買ってしまうようになります。
これは「何かが欲しいから買い物をする」のではなく「買い物をすること自体が目的」となっている状態ということです。

買い物依存症となると、お金は減り家はモノで溢れかえります。
そういった不健全な事態に陥らないためにも、自制心を持って買い物を楽しむことが大切です。

ガマ蔵
どれも気ぃつけなアカンで!

 

どんな風に気を付けて利用すべき?

クレジットカードの利用で注意すべき点は3つあります。

1つ目は使用した金額を家計簿でしっかりと管理することです。
現金と違いクレジットカードはしても、すぐにお金が減るわけではありません。
しかし毎月決まった日に、一括で引き落とされます。

引き落とされてから支払いの多さに戸惑うことがないよう、日々家計簿をつけて利用した金額を把握しましょう。

2つ目は毎月の使用金額を決めることです。
クレジットカードには限度額が設定されていますが、これはあくまで最大値です。
限度額まで使っていいと思ってしまうと危険です。

無理のない支払いに収めるよう、自分の中で毎月の使用金額をある程度決めておくとよいでしょう。

毎月クレジットカードで3万円、ボーナスや臨時収入があった場合はプラスで3万円、などルールを決めておくことで、支払いに苦労することなく健全にクレジットカードを利用することができるはずです。

3つ目は借りるときは返済計画をきちんと立てることです。
キャッシングは借金だという認識をしっかりと持ち、返済できる範囲での利用を心がけます。

お金がなくなったらキャッシングを利用するということを繰り返してしまうと、返済が追い付かずカード破産につながりかねません。
返済が難しいと感じたら、借りるのではなく「買い物を諦める」「何かを売ってお金を作る」という選択肢も考えてみましょう。

 

解約したほうがいいのはどんな人?

クレジットカードは、ポイント還元や優待サービスもあり非常に便利なアイテムです。
しかし、クレジットカードを上手に活用できない人は、解約したほうがいい場合もあります。

無駄遣いがやめられない人たびたび高級なものを買ってしまう人は解約を検討した方がよいでしょう。
クレジットカードは無限にお金を生み出す魔法のカードではなく、一時的に支払いを肩代わりしてくれるだけのアイテムです。

また、返済プランが立てられないままキャッシングに手を出してしまう人にも、クレジットカードはおすすめできません。

自分の財産と、それで購入できるものをしっかりと見極めることができなければ、クレジットカードは持つべきではないでしょう。

クレジットカードを解約する場合、こちらの記事を読むことをおすすめします。

クレジットカード解約前にチェックすべき6つのポイント

いらないクレジットカードを解約する前にチェックすべき7つのポイント

2018-09-10
美咲
返済プランを立てての利用がゼッタイですよ!

 

まとめ

クレジットカードには大きな危険性があります。
しかし危険性も使い方さえ気を付ければ解決できる問題がほとんどです。

利用者の使い方次第では、現金を利用するときとは比べ物にならないほど、たくさんのメリットがあります。

大切なのは危険性を認識し、それを避けるための方法を実践することです。
そうするすることで、賢くお得にクレジットカードを利用できるようになるでしょう。