【初心者向け】クレジットカードのキャッシング基礎知識

クレジットカードのキャッシング基礎知識

クレジットカードには「キャッシング」と呼ばれる機能もありますが、「キャッシングはなんだか怖くて手が出せない・・・」なんて方も多いと思います。

たしかに、キャッシングを利用する際にはいくつかの注意点を踏まえておく必要があります。

今回は、クレジットカードのキャッシング機能を利用するメリットやカードローンとの違い、利用の注意点や特徴などを解説します。

美咲
こんにちは!美咲です。
買い物するとき、欲しいものが手持ちのお金ぎりぎりだったりするとすぐクレジットカードを使っちゃうんですよね~。
ガマ蔵登場
ガマ蔵
こらこら!
無計画につこたらアカーン!!
美咲
きゃあ!ビックリしたぁ!!
出て来てすぐ大きい声ださないでくださいよ!
それに、別に無計画ってわけじゃありませんよ!
ガマ蔵
ホンマか~?
一応心配して言ってんねんで?
ちゃんと機能や特徴を理解したうえで利用せんと・・・うんぬんかんぬん。

はい、というわけでまずはカードの機能の種類についてです。
「ショッピング」機能ともう一つ今回紹介するのが、「キャッシング」です。

クレジットカードのキャッシング機能の特徴

クレジットカードについている機能にはいくつかの特徴があります。
そのひとつとして、クレジットカードには「キャッシング」という機能があります。

クレジットカードのショッピング機能は、あくまで「支払いを後にしてもらう」だけであり、実際に現金を引き出せるわけではありません。
しかし、キャッシング機能を同時に申し込んでおけば、現金が必要なときはクレジットカードを使って現金を引き出すことが可能になります。

キャッシング機能がついていないと、お金を借りるためにはキャッシング用に別途カードを作るなどの手間が生じます。
何枚もカードを作ると管理するのも難しくなりますし、作成するたび審査で時間をとられるので面倒ですよね。
キャッシング機能が付いたクレジットカードがあれば、1枚のカードで済むのでたいへん便利です。

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用する際に覚えておきたいのは、「ショッピング枠とキャッシング枠は別々に用意されているわけではない」という点です。

原則として、クレジットカードの利用限度額がそのままショッピングの利用可能枠となります。
そして、キャッシング枠はこのショッピング枠の中に含まれています。

例えば、ショッピング枠50万円・キャッシング枠30万円で、40万円をお買い物に使ったとすると以下のようになります。

つまり、ショッピング枠を利用して買い物をすれば、その分キャッシング枠が少なくなります。
逆にキャッシング枠を使いすぎると、ショッピング枠で使える分が少なくなるなどの問題が起こるので注意が必要です。

 

海外でもOK!キャッシング機能のメリット

クレジットカードのキャッシング機能には、ショッピング機能だけでは得られないメリットがあります。

まず、クレジットカードを作ってから滞りなく返済を続けていると、自動的にキャッシング機能が付加されます。
つまり、キャッシング機能があるのは優良ユーザーの証であり、自らのクレジットヒストリーを確かめるうえでの指針のひとつになるでしょう。

 

また、海外で現地の現金が必要になったときもキャッシング枠が利用できるというのはメリットです。

海外に行ったとき、面倒な問題が「貨幣の両替」です。
空港などで両替したとしても、現地で現金が足りなくなるのはよくある話です。
そんなとき、両替できる施設を探してもすぐに見つかるとは限りません。

クレジットカードが使えるATMは外国でも少なくありませんし、両替にかかる手間を短縮するためにはぴったりの利用方法です。
海外旅行で思わず買い物をしすぎてしまったときなどに助かります。


クレジットカードの海外キャッシングについてはこちらもご覧ください。

クレジットカード 海外キャッシング アイキャッチ

【両替不要!】クレジットカードの海外キャッシングの3つのメリット

2018-10-12

 

キャッシング機能のデメリット

クレジットカードのキャッシング機能にはデメリットもあります。
計画的に利用していれば感じることがないデメリットが大半ですが、キャッシングでは金銭感覚が狂いがちです。
デメリットからも目を背けずに、慎重な使い方を心がけましょう。

 

利用可能残高がいっぱいになる

キャッシング枠はあくまでもショッピング枠(利用限度額)に含まれている機能なので、ショッピング枠がいっぱいだとキャッシングの利用もできません。
どんなときもお金を引き出せるわけではないので、ショッピング枠とあわせて利用残高には気をつけましょう。

逆にキャッシング枠がショッピング枠を圧迫することもあります。

 

返済の負担が大きくなる

クレジットカードではキャッシング枠がショッピング枠よりも利率が高いケースが多く、キャッシングしすぎると返済が大変になります。
あまりにも返済が負担になりすぎると、返済日を伸ばしてもらうなどの対応をしなければいけない月も出てくるかもしれません。

本人に悪気がなかったとしても返済でトラブルを起こせばクレジットヒストリーに傷がつき、今後新たにクレジットカードを作ろうと思ったとき「ローンが組めない」「審査に通りにくい」などの支障が出ます。
返済額や返済日については事前にチェックしておきましょう。

 

キャッシング機能を利用する前に意識しておきたい注意事項

美咲
師匠~!
クレジットカードのキャッシングって使い方がなんだか難しくないですか?
ガマ蔵
うやな!
せやけど、限度額に注意さえしといたら怖いもんやないで!
美咲
なるほど。
いい面だけでなく注意点のもしっかり目を向けなきゃ、ですね!
ガマ蔵
せやで!
結局は使う人の意識次第やで~。

クレジットカードのキャッシング機能を利用するなら、注意点も踏まえておきましょう。

まず、「返済計画を立てる」ことが重要です。

返済期間が長くなるほど利息も増え、より返済は大変になっていきますので、利息が高くならないうちになるべく早く返済するのがコツです。
「収入があったら優先的に返済へとまわす」「返済が終わるまでは、新たな借入を行わない」などの意識を持ちましょう。

 

また、キャッシング枠とショッピング枠の返済日が同じとは限りません。
返済日が別々に設定されている場合は返済日を把握していなければうっかり支払いを滞納しかねません。
締め日をきっちり把握していないと、その月の支払いが予想よりも多くなってしまうケースが出てきます。

返済日を事前に確かめたうえで、「引き落としされる前に、口座には余裕を持ってお金を入れておく」などの工夫を実践しましょう。


クレジットカードの締め日一覧はこちらをご覧ください。

クレジットカードの締め日・支払日に要注意!

クレジットカードの締め日・支払日一覧!遅延しないために要チェック

2018-09-21

 

クレジットカードのキャッシング機能の使い方

Webキャッシング
クレジットカード会社のWebサイトから借入申込を行い、審査に通れば希望額を融資してもらえます。
申し込んだその日のうちにキャッシングしてもらうことも可能ですし、支店にまで足を運ぶ必要もありません。

Web上ですべてが済む「Web完結」は、専業主婦など自宅を離れにくい人にも利用できるキャッシング方法として人気です。

カードキャッシング
Web完結とは違って、クレジットカードが手元にあるならカードで現金を引き出せます。
この方法なら、クレジットカード会社や提携先のATMで手持ちのクレジットカードを使って、外出先でも自由に現金を引き出せます。

カード会社によっては提携している銀行、コンビニが多いため、ATMを探す苦労も軽減されるでしょう。

電話キャッシング
手元にクレジットカードがない場合や、自宅にインターネット環境がないなどの事情があれば、電話申込を行いましょう。
クレジットカード会社に電話してキャッシングします。

申込の際に「直接話をしないと不安」という人にとっては安心で確実な方法ともいえます。

 

海外キャッシングは両替なしでラクラク!

クレジットカードのキャッシング枠ならではの機能が「海外キャッシング」です。

海外キャッシングとは、クレジットカードを用いて海外のATMで現地通貨を借りられる機能です。
銀行や空港の両替サービスを利用しなくても、提携しているATMさえ見つけられれば気軽に両替を行えます。
海外旅行中に現地で突然現金が必要になったときでも、海外キャッシングが利用できればうれしいですよね!

海外キャッシングでも暗証番号は日本のものと変わりがありませんので、簡単な数字さえ覚えておけばATMでスムーズに現金を引き出せます。
しかも、海外キャッシングでは「翌月一括返済」が可能です。
返済期間が長くなり、利息が増える前にキャッシング分をすぐ返済してしまうのが得策です。

 

海外キャッシングのメリット

海外キャッシングのメリットは、まず「現金を必要最小限にできる」点です。

日本より治安の悪い地域では、外国人を狙った窃盗事件などが少なくありません。
そうでなくても、海外で現金を落としてしまったら、取り返すまでの手続きは非常に難しくなるでしょう。
そのため、そもそも現金をなるべく持ち歩かないようにするのが重要です。

海外キャッシングを利用すれば、現金がいるときに「必要なだけ」引き出すことが可能になります。
盗難や紛失のリスクは減り、安全な滞在に役立てられるでしょう。

 

空港や銀行でも両替することが可能です。
そのため、空港に到着してすぐ現金を両替してしまう人は少なくありませんが、海外キャッシングを利用すれば他のサービスよりも為替レートが安いケースがあります。
大きな額を両替したいときほど、海外キャッシングのほうが得になる可能性は高いといえるでしょう。

 

そして、VISAMasterCardなどの国際ブランドなら、世界中で海外キャッシングの利用が可能です。
VISAやMasterCardの提携店は世界中に数多くありますので、「ATMを探して歩き回る」などの手間を省けます。

海外キャッシングを目的にクレジットカードを作成するなら、国際ブランドには気を配ってから申し込みましょう。

 

キャッシング機能とカードローンの違い

カードを使ったキャッシングといえば、「カードローン」を利用している人も少なくありません。

カードローンは貸金業者や銀行と契約を結び、専用のカードによってキャッシングを行うサービスです。
キャッシングの手続き自体は、クレジットカードのキャッシングを利用するときと大差がありません。

しかし、カードローンとクレジットカードのキャッシング機能には「キャッシング専用サービスであるかどうか」という違いがあります。

 

カードローンはキャッシング専用のサービスですので、キャッシング専用のカードを作って利用するのが一般的な流れです。
つまり、作成したカードはキャッシング以外の目的では使えません。

また、カードローンは日本国内でしか使えないカードが大半です。

 

一方で、キャッシング機能は「クレジットカードの機能の一部」です。
クレジットカードの本来の目的は「ショッピング機能」にあり、キャッシングはそれに付随した機能だといえます。
キャッシング枠を設けずにクレジットカードを使っている人もいますし、ショッピング枠とキャッシング枠を併用することももちろん可能です。

そして、国際ブランドをはじめとして、海外キャッシングが可能なのもクレジットカードの特徴です。


クレジットカードのキャッシング機能とカードローンは、どちらが「優れている」と断定できるものではありません。
それぞれの特徴があり、使う人によって感想は変わるでしょう。

それでも、カードローンよりクレジットカードのキャッシング機能を使ったほうがいい人は少なくありません。

キャッシングとカードローンの違い

カードローンよりキャッシング機能のほうが向いている人

もともとクレジットカードを利用している人
カードを増やす手間が省けるうえに、クレジットカードに付帯している保険をいざというときに利用することもできます。

急に現金が必要になったとき、キャッシング機能があれば手軽に調達できるでしょう。
ただし、利用限度額には注意してください。

海外に行くことが多い人
海外キャッシングに強いのはクレジットカードです。
海外旅行や出張が多く、海外で両替する機会の多い人はクレジットカードのキャッシング機能のほうが使いやすいでしょう。

 

キャッシング機能よりカードローンを作ったほうがよい人

高額キャッシングを希望している人
カードローンでは、クレジットカードよりもキャッシングの限度額が高くなる傾向があります。
特に、「現時点で他のカード会社と契約していない」「返済しなければならないローンがない」という人は、高額キャッシングで審査を申し込んでも通る可能性は高いでしょう。

しかし、クレジットカードでは「ショッピング枠」ありきで審査されるので、高額キャッシングを希望すると審査で落とされてしまうリスクが出てきます。
そのため、カードローンでキャッシングにしぼって審査を申し込むのがおすすめです。

低い利率でお金を借りたい人
カードローンはクレジットカードよりも利率が低くなる傾向があるため、返済が楽になるといえます。
ただし、利率は貸金業者や金融機関によって異なるため、申し込む前に複数の候補先を比較検討するのが賢明です。

たとえば、消費者金融なら利率の上限は18.0%前後とやや高くなりがちですが、銀行系カードローンなら15.0%前後で借りられるケースもあります。

そのほか、借入額が大きくなるにつれて利率は下がるのが一般的ですが、目安は会社によってそれぞれであり、ひとくくりにはできません。
会社の公式サイトにある「返済シミュレーション」などを利用して、希望額での利率を把握しておきましょう。

 

キャッシング枠は増額可能

クレジットカードのキャッシング機能を利用していると、「まだお金を借りたい」というケースもあります。
キャッシング枠の増額は可能ですが、正しい手続きを踏まなければ認められないので気をつけましょう。

 

具体的な方法としては、まず「増額申し込み」をします。
インターネットや電話でカード会社の窓口と連絡を取り、指示をあおぎましょう。

多くのカード会社は、ここで増額のための審査を行うのが一般的です。
契約者から現時点での個人情報を会社に伝え、「キャッシング枠を増やしても問題なく返済できるかどうか」がチェックされます。

そして審査に通れば増額が認められ、より多額のキャッシングを行えます。

 

ただし、増額を申し込んでも必ず増えるとは限りません。

増額の審査は厳しい基準によって行われます。
過去、返済に関するトラブルを起こしている人や、個人情報に信ぴょう性を欠く人は容赦なく落とされます。
特に、ショッピングとキャッシングで返済の延滞がある人は要注意です。

そして、他にもカードローンの借入がある人は返済能力を疑われやすく、審査に落ちる確率が高まります。

また、増額が許可されたとしても一度に大きな額がキャッシング可能になるケースはまれです。
多額のキャッシングを希望しているとしても、何度か審査を繰り返し、徐々に増やしていく必要があります。

キャッシングの審査

 

キャッシング増額の審査に通過する方法

クレジットカードのキャッシング枠を増額するための審査は、きびしい基準に基づいていて、確実に誰もが通過するわけではありません。

審査に通過したいなら、日頃の返済、利用についても意識を高めておきましょう。
たとえば、「毎月の支払いはしっかり行い、遅延しない」のは鉄則です。
どうして返済の遅延が不利になるのかというと、「信用情報機関の個人データ」に傷がつくからです。

クレジットカードを作成したり、カードローンを契約した利用者は、自動的に個人信用情報機関のデータベースに個人情報が登録されます。
そして、返済や利用に関する履歴が更新されていきます。
返済が遅れるとマイナスの履歴が残り、カード会社から「返済能力に問題がある顧客」と解釈されるのです。

個人信用情報機関を照会すれば、他社からの借入状況なども発覚してしまいます。
そのため、すでに借入額が多くなっている人は「キャッシング枠を増やすと返済してくれるかどうか不安」と思われ、増額の審査に落ちやすくなります。

 

対策は、他社からの残額を少なくするか、完済してから審査を申し込むことです。

おすすめできないのは、「他に借入はない」と嘘をついて審査を申し込む方法です。
嘘をついても、信用情報機関に問合せれば借入状況は発覚してしまいます。
そして、カード会社に嘘をついたことが問題視され、審査に悪影響があるばかりか、会社からの信用度が大きく落ちるでしょう。

カード会社とは「正直な付き合い」を心がけるのが賢明です。

 

おすすめのキャッシング返済方法

クレジットカードのキャッシング機能を利用した後は、返済にも気をつけましょう。
遅延や滞納をせず、真面目に返済を続けていくと、キャッシング枠が増額しやすくなるなどのメリットが生まれるからです。

 

一括返済

おすすめの返済方法は、まず一括返済です。
キャッシングは、早く返せば返すほど利息が少なくて済みます。

一括で支払ったときこそ「出費が多くなった」と思われがちですが、長い目で見れば余計な利息を支払わずに済みます

 

リボ払い

一括払いや少ない回数での分割払いが難しければ、リボ払いもひとつの方法です。

リボ払いとは、毎月の返済日に一定額を納める分割払いの方法です。
返済額を自分で決められるクレジットカード会社が多く、少額をコツコツと返し続ける方法にすれば、毎月の負担を抑えられます。

返済月額を少額に抑えておくと、家計の管理がしやすいのもメリット。
支払う額が一定なので、返済日までにいくら用意すればいいかがわかりやすくなります。

 

ただし、返済額が少なくなるのは「返済回数が増え、返済期間が長引く」ことも意味します。
つまり利息が高くなるので、返済残高はなかなか減りません。
「返済額よりも多めに支払うようにする」「臨時収入はすべて返済にあてる」など、日々工夫してなるべく早く完済できるようにしましょう。

そのほか、リボ払いは「返済日が毎月変わる」「規約が複雑に書かれている」などのトラブルも起こりがちです。
契約時にはしっかり担当者から説明を受け、内容を把握してからキャッシングしましょう。

 

まとめ

クレジットカードのキャッシング機能は、お金が急に必要なときや海外旅行のときに便利です。
専用のカードローンに申し込みをする必要がないので、気持ち的にも負担が少ないのは魅力でしょう。

ただし、いくら便利でも借金であることには変わりはありません。
毎月の返済日はやってきますし、遅延すればクレジットヒストリーに傷がついてしまいます。

また、キャッシング枠を使いすぎると返済額も増え、月々の出費が大きくなっていく恐れがあります。

キャッシング機能は計画的に返済して、上手に利用するようにしましょう!