クレジットカードのランクごとのおすすめカード丸ごと紹介!

テレビなどで芸能人の財布の中に金色のカードや黒いカードが入っている映像を見たことがありますか?
あれは「ゴールドカード」や「ブラックカード」といって通常のクレジットカードとは違う特別な人にしか手に入れる資格が当たえられない特別なカードなのです。

「そんなすごいクレジットカードなんてセレブしか手に入れられないんじゃないのかな?」
「ブラックカードどころかゴールドカードも私には縁がなさそうだなぁ」

なんていきなり気分が落ちてしまっている方たち、大丈夫です。
今回はクレジットカードのランクや入手条件に付いてお伝えします。
無理だと思っていたあのクレジットカードを手に入れるのも、実は現実的かもしれませんよ?

こんにちは、美咲です。
クレジットカードってトレーディングカードみたいにいろんな種類があるんですね。
私もいつかは手に入れてみたいけど、そんな特別なカード、どうすれば手に入るのかな・・・
ガマ蔵登場
嬢ちゃん、誰だって最初から凄いカードを持ってるわけやないんや。
みんなオタマジャクシから始めるんやで!

では、どうすれば私たちでもそんな特別なカードを手にいれられるのでしょうか。
今回はそんなクレジットカードのランクを段階ごとに見ていきましょう!

 

クレジットカードのランクとは?

クレジットカードのランクはそのカードを持っている人の社会的地位資産状況、そして信用力を表す1つのシンボルになります。
そのため、高いランクのクレジットカードを所持するためにはカード会社の決めた厳しい入会審査をクリアしなくてはなりません。

カードのランクは大きく以下の4種類に分けられます。

一般カード
ゴールドカード
プラチナカード
ブラックカード

それぞれのランクの中でもカード会社によって入会に必要な条件は変わってきます。
高いランクのクレジットカードを所持しているということは、それだけで自身のステータスになるのです。

また、同じ会社が発行しているクレジットカードでも、ランクによって受けられるサービスの質や利用限度額も変わってきます。

では、ここからはそんなクレジットカードをランクごとに紹介していきます。
それぞれの特徴を理解することで自分に合ったランクのクレジットカードを見つけましょう!

 

一般カードとは

最も身近なクレジットカードがこの一般カードです。
数多くあるクレジットカードの半数が一般カードで、どのカードを持つか、選択肢の幅が広いことがポイントです。

また、一般カードは年会費が無料のものが多いのも特徴で、有料のものでも1,000円~3,000円という低コストで所持することができます。
メインのカードではなく2枚目のいわゆるサブカードとしてこのランクのクレジットカードを所持する人もいます。

利用限度額は5万円~100万円のものが多いようです。

 

JCB一般カード

JCB一般カード
年会費 1,250円(税抜)
発行 最短3営業日
利用限度額 個別に設定
ポイント還元率 0.47%

日本を代表するクレジットカードの国際ブランドJCBのスタンダードなカードです。

オンラインで申し込むことで初年度の年会費を無料にすることができます。
また、翌年以降の年会費もカードを使用して年間50万円以上の買い物をすると無料になります。

このカードで年間50万円程度の利用実績を積むことでもう1ランク上の「JCBゴールド」の審査に通る可能性が高くなります。

 

 

三井住友VISAクラシックカード

年会費 1,250円(税抜)
発行 最短3営業日
利用限度額 10万円~80万円
ポイント還元率 0.5%

日本で最初に発行されたVISAカードである三井住友VISAクラシックカードは、利用可能店舗数3,000万店を誇ります。
海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング補償が付いており、高い安心感と充実したサポートが特徴です。

インターネットから申込みをすることによって初年度の年会費が無料になります。
翌年度以降は「マイ・ペイすリボ」という三井住友カードが採用しているリボ払いのサービスに登録と利用することで年会費を無料にすることができます。
また、WEB明細への登録や前年の利用額に応じて割引することができます。

使い続けることで将来的にゴールドカードやプラチナカードへのランクアップが望めるということから、若者にも人気の高いクレジットカードです。

さらに詳しくカードについて知りたい場合は下記のリンク先をお読みください。
世界中どこに行っても困らない 三井住友VISAカードのもっともスタンダードなカード




Orico Card THE POINT

年会費 無料
発行 最短8営業日
利用限度額 10万円~300万円
ポイント還元率 1%

年会費無料のこのカードの特徴は何よりも「高いポイント還元率」です。
還元率は1%ですが、入会から6か月間は2%に増加されます。

さらにネットショッピングを利用する場合、オリコモールを経由する際に還元率が0.5%増加されます。
このポイントはアマゾンギフト券やiTunesギフトカードなど実用的なポイントと交換することが可能です。

また、「iD」と「QuicPay」の2種類の電子マネーにも対応しており、コンビニなどで少額の買い物をした際にもポイントを貯めることが可能です。

さらに詳しくカードについて知りたい場合は下記のリンク先をお読みください。
年会費永年無料 還元率1.0%以上の高還元率カード!




ゴールドカードとは

その名前の通り、カードの表面が金色をしたカードが多く、年会費も1万円程かかるものばかりです。
しかし、それだけの年会費を払う価値があるクレジットカードです。
たとえば、国内外にある数か所の空港ラウンジを無料で利用可能になるカードだってあります。

手に入れるための審査基準は一般カードよりも高く、安定した収入がなければ所持することが難しい傾向があり、年収が400万円以上必要とも言われています。

利用限度額は30万円~300万円のものが多いようです。

 

JCBゴールド

JCBゴールド
年会費 1万円(税抜)
発行 最短3営業日
利用限度額 個別に設定
ポイント還元率 0.47%

JCB一般カードに備わっていた機能に加え、このカードでは海外では1億円、国内なら5,000万円の旅行傷害保険、年間500万円までのショッピング保険などが付き、保険や補償面でのサービスが充実しています。

そして国内の主要空港やハワイ・ホノルル国際空港内のラウンジが年中無料で利用することができます。

オンラインで入会することによって初年度の年会費が無料になり、翌年以降からは年会費が1万円必要になります。

このカードを2年連続で100万円以上使用することで、さらに上のランクのカードへのステップアップができます

三井住友VISAゴールドカード

年会費 1万円(税抜)
発行 最短3営業日
利用限度額 50万円~200万円
ポイント還元率 0.5%

日本で発行されているゴールドカードの中でも最も代表的と言えるのがこのカードです。

三井住友VISAクラッシックカードの高いセキュリティ機能をそのままに、最高5,000万円の国内外旅行傷害保険、年間300万円までのショッピング保険がサービスとして追加されます。
さらにその補償は本人だけでなく家族も対象となります。

また、国内28か所の空港ラウンジが無料で利用可能になります。

そしてさまざまな景品と交換できるボーナスポイントは、一般カードの2倍の付与率で、使えば使うほどお得になります。

毎年1万円の年会費が必要になりますが、マイ・ペイすリボの利用とWeb明細サービスに登録することによって翌年度の会費が4,000円(税抜)になります。

さらに詳しくカードについて知りたい場合は下記のリンク先をお読みください。
信頼と安心を求める人に!三井住友VISAクラシックとは?




アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 29,000円(税抜)
発行 約3週間
利用限度額 カード送付時に案内
ポイント還元率 0.4%

日本で初めて発行されたゴールドカードであるこのカードは、数あるゴールドカードの中でも異質な存在感を放っています。

空港⇔自宅間の手荷物無料配送や空港での手荷物無料ポーター、旅行先での日本語サポート、エアポート送迎、空港クロークなど海外旅行の際に便利なサービスが充実していることが特徴です。

さらに海外旅行保険が最高1億万円、国内旅行保険は最高5,000万円、そしてショッピング保険も500万円まで補償してくれます。
そして旅行先での日本語サポートも受けることが可能です。

世界的にも高いネームバリューは他社のカードにはないこのカードのステータスでもあります。
29,000円の年会費が必要ですが、初年度の年会費は無料になります。

さらに詳しくカードについて知りたい場合は下記のリンク先をお読みください。
旅先や日常で感じる贅沢 日本で最初に発行されたゴールドカード

 

プラチナカードとは

ゴールドカードよりもさらに上のランクであるプラチナカードは主に高所得者向けのクレジットカードです。
旅行保険の補償額が億単位であったり、コンシェルジュサービスを受けたりすることができます。

入会するための審査にはインビテーション(カード会社からの招待)が必要なケースが増えてきます。
ゴールドカードを使いこんで実績を積み、そして一定以上の年収がないと所持することができません。

利用限度額は500万円~1,000万円のものが多いようです。

 

JCBプラチナ

JCBプラチナ
年会費 25,000円(税抜)
発行 最短3営業日
利用限度額 不明
ポイント還元率 不明

2017年に発行されたばかりのこのカードは、国内で発行されるプラチナカードの中でも最高峰のサービスを受けることができます。

24時間いつでも利用可能なコンシェルジュサービス、一部高級レストラン2名以上の予約をした際に、1名分の料金が無料など多くのサービスを利用することができます。
そして旅行の手配や予約、ゴルフ場やレストランの案内などを選任のスタッフが対応してくれます。

旅行傷害保険は国内海外問わず最高で1億円が補償され、この保険は家族会員であっても同様です。

またこのカードはインビテーションなしで申し込むことができます。
以前は公式が申し込み資格を明記していましたが、現在は口コミでのじょうほうしかありません。
一説によれば「25歳以上で本人に安定継続収入がある」ことが条件だとされています。

三井住友プラチナカード





年会費 50,000円(税抜)
発行 不明
利用限度額 不明
ポイント還元率 不明

国内発行されているクレジットカードの中でも最高峰のサービスを受けることができるカードです。

航空会社のVIPラウンジが無料で利用することが可能になるプライオリティパスのプレステージ会員になることができ、利用できるラウンジは世界中で1,000ヵ所以上に及びます。

コンシェルジュサービスや一部高級レストラン2名以上の予約をした際に、1名分の料金が無料になるサービスを受けることができる点は、JCBプラチナと同じですが、こちらのカードは国際的な度の高いVISAカードなので、海外で使いやすいという違いがあります。

こちらのカードも申し込みにはインビテーションの必要はありませんが、審査は他のプラチナカードと同じく厳しいものになっています。

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

年会費 130,000円(税抜)
発行 不明
利用限度額 不明
ポイント還元率 不明

プラチナカードの中で非常に高い年会費が必要になるこのカードですが、その年会費の高さに比例するような世界最高峰のサービスを受けることができます。

世界各国の高級ホテルの上流会員特典や、コンシェルジュサービスなどサービスが多すぎて使いこなすことは不可能とまで言われています。

また、国内外どちらの旅行傷害保険でも最大1億円の補償を受けられ、さらに海外の傷害・疾病治療費用の補償が1,000万円もあることが特徴です。
海外では医療費が高額になってしまうので、いざというときに大切になってきます。

このカードを所持するための条件はインビテーションのみとなっていて、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード などアメックスのカードを年間100万円以上使用することが条件とされています。

 

ブラックカードとは

クレジットカードの中で最もランクが高く、選ばれた方のみが所持することができるカードがブラックカードです。

すべてのカードがインビテーションでの入会が必要と言われていますが、詳しい入会条件やサービス内容には謎が多く、一般人には手を出すことができないカードです。

 

JCB THE CLASS

年会費 50,000円(税抜)
発行 不明
利用限度額 不明
ポイント還元率 不明

JCBカードの中でも最高ランクに位置するこのカードは他のブラックカードに比べると年会費は安い部類に入ります。
しかし、他のブラックカードにも劣らないサービスを受けることができます。
例えば「ザ・クラス ダイニング」というサービスは、予約が困難な有名飲食店をJCBが代わりに手配してくれるサービスです。

そしてJCBは東京ディズニーリゾートのスポンサーを勤めているので、このカードを所持するとディズニーホテルのスイートルームを優待価格で利用することができるなどのサービスを受けることができます。

 

VISA Infiniteカード

年会費 50,000円(税抜)
発行 不明
利用限度額 不明
ポイント還元率 不明

「スルガVisa Infiniteカード」とも呼ばれるこのカードを所持していると他のカードにはないさまざまなサービスを受けることができます。

営業時間後に店内を貸切状態でショッピングすることができるサービスや、自宅やオフィスで寸法やコーディネートを行ってくれるサービス、島を1つ貸し切るサービスも必要ならば受けることが可能です。

詳しい入会条件は明らかにされていませんが、VISAカードを利用することがこのカードを手に入れるための第一歩でしょう。

 

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

年会費 500,000円?
発行 不明
利用限度額 不明
ポイント還元率 不明

このカードは世界で初めて作られたブラックカードで、どんな希望も叶えられるといわれています。

このカードの会員には定員が決められていて、招待に値するユーザーがいても定員に空きが出るまで招待されないといわれています。

いろんなカードがあったけど一般ランクのカード以外はまだ審査をクリアできないじゃないですかー。
そんなことあらへんで。
嬢ちゃんみたいな若い人らのためのカードもあるんや!

 

他にもあるクレジットカードのランク

ここまで一般カードからブラックカードまでのランクを紹介してきましたが、実はその他にも「ヤングゴールドカード」というランクがあります。

ヤングゴールドカードはゴールドカードに比べると年会費が安く、審査の基準も若者向けに設定されています。
そしてほとんどのヤングゴールドカードが30歳でゴールドカードにランクアップできるようになっています。

将来高いランクのカードを所持したい方は、若いうちにヤングゴールドカードを手に入れておくといいでしょう。

 

JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE
年会費 3,000円(税抜)
発行 最短3営業日
利用限度額 公式サイト参照
ポイント還元率 0.47%

20代の人が入会することができるこのカードの特徴は「ポイントの貯まりやすさ」です。
入会後3か月はポイントが3倍、4か月目以降は1.5倍貯まります。
さらに海外での利用分は2倍、Oki DokiランドというJCBの優待サイトを経由することでネットショップの利用分は3倍以上貯まるのです。

そして入会してから5年後の初回更新時に審査のうえ、自動的にJCBゴールドカードにランクアップします。費は3,000円(税抜) 29歳以下限定のゴールドカード。

三井住友VISAプライムゴールドカード





年会費 5,000円(税抜)
発行 最短3営業日
利用限度額 50万円~200万円
ポイント還元率 0.5%

20代専用のこのカードはインターネット経由で申し込むことによって初年度の年会費を無料にすることができます。
また、年度以降もWEB明細書とマイ・ペイすリボコースに登録することで年会費を割引することが可能です。

このカードを所持していると国内主要航空のラウンジを利用することができるほか、お得なグルメクーポンやホテルに宿泊する際の割引をすることができます。

そして入会してから5年後の初回更新時に審査のうえ、自動的に三井住友VISAゴールドカードにランクアップします。

詳しくカードについて知りたい場合は下記のリンク先をお読みください。
三井住友VISAプライムゴールドカード 特典充実の20代専用ゴールド




クレジットカード年会費ランキング

では最後に今回紹介したクレジットカード14種類を年会費の金額順にランキング付けしてみました。

順位 カード名 年会費(税抜)
1位 アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード 500,000円
2位 アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 130,000円
3位 JCB THE CLASS 50,000円
3位 VISA Infiniteカード 50,000円
3位 三井住友プラチナカード 50,000円
6位 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 29,000円
7位 JCBプラチナ 25,000円
8位 JCBゴールド 10,000円
8位 三井住友VISAゴールドカード 10,000円
10位 三井住友VISAプライムゴールドカード 5,000円
11位 JCB GOLD EXTAGE 3,000円
12位 JCB一般カード 1,250円
12位 三井住友VISAクラシックカード 1,250円
14位 Orico Card THE POINT 無料

ランクだけではなくカード会社によっても年会費に違いがあることが見えてくるでしょう。
高価な年会費はそれだけ充実したサービスを受けられるという意味でもあります。

 

まとめ

いかがでしょうか?
クレジットカードのランク分けについて一通り解説させていただきました。

ランクによって年会費や利用限度額だけではなく、受けられるービスも大幅に変わってきます。
そしてランクの高いカードを持っていることは自身のステータスにもなります。
手にしたいカードのために仕事に励むのもいいかもしれません。

高いランクのカードを狙うのでしたら、低いランクのカードからコツコツと利用実績を積み重ねていきましょう!