カード初心者必見!クレジットカードの仕組みとは

ちょっと生活費が厳しいときはもちろん、ネットショッピングなどでもクレジットカードはとても便利です。
重たい小銭を持ち歩く必要もなくスマートに買い物ができるだけでなく、履歴として残るのでお金の管理がしやすいのもメリットといえます。

こんにちは、美咲です。
クレジットカードでお買い物をするようになってから現金がなくても買い物ができるって、不思議な仕組みだなと考えるようになりました。
猿飛ガマ蔵
せやな。
実はな、カードの持つ信用をもとに買い物ができるんや。そこがクレジットカードの面白いところなんやで!

ということで今回は、知っていた方がより賢く使えるクレジットカードの仕組みや、クレジット決済を使用するメリットについて解説します。

 

クレジットカードで買い物ができるのはなぜ?

店舗やネットショッピングで何気なくクレジットカードを使っている人もいるかと思いますが、買い物ができる仕組みを知っている人は意外に多くはいません。
まず、なぜクレジットカードで買い物ができるのかについて解説します。
そもそもクレジットカードは、信用によって成り立っていることを理解しておきましょう。

カード会社と契約者、カード会社とお店の間で信用があるからこそ、キャッシュレスで取引ができるのです。
カード会社は所定の審査をおこなったうえで契約者にカードを発行します。
これにより現金のやり取りなしで買い物をすることができます。

後日しっかり返済するという信用があるため、カード会社は一定の枠内で、契約者がクレジット決済やカードキャッシングをおこなうことを認めるのです。
またお店はカード会社とその契約者を信用して商品やサービスの販売を行い、後日カード会社を通して代金を受け取ります。
お店と消費者の間で直接的な現金のやり取りがないにもかかわらず買い物ができる理由としては、信用をもとにカード会社が仲介となって一時的な代金の立て替えから後日代金の回収までをおこなっているからです。

 

クレジットカード決済の仕組みとは

お店やネットショッピングでは、カード番号をはじめとした必要事項を入力してから決済が完了するまではほんの一瞬の出来事です。

この間に何が起きているのかを理解することで、クレジットカードをより賢く使えるようになります。
普段あまり意識しないことなので少し複雑そうに思えますが、おさえておきたいのは3つのポイントです。
カード決済の流れの中で一体なにが起きているのかを、それぞれの段階に分けて解説していきます。

まずはクレジットカードでなぜ買い物ができるのか、クレジットカード決済の仕組みについて知らんと!

 

1.利用者・加盟店間

そもそもクレジットカードは、それぞれのカードやブランドの加盟店でのみ使用することができるものです。
加盟店は日々増えていて、ICカード対応端末やタブレットにサインするタイプなど、実にさまざまな種類のカード端末が導入されています。
形式は違ったとしても、現在はとても多くの場所でクレジットカードが使えるようになってきています。

クレジットカードの仕組みの第一段階としてはまず、ほしい商品をカートに入れて買い物をします。
ここでは利用者が加盟店のレジで店員にカードを渡したり、ネットショッピングの決済画面でカード番号を入力したりします。
暗証番号の入力やサインが必要な場合はそれに応じる必要がありますが、現金を取り出して会計をするのに比べると時間がかからないことが多いです。

小銭がたくさん入った財布を持ち歩く必要もなく、カードさえあれば会計ができるのでとても便利ですよね。
使用しているのが間違いなくカード契約者本人であり、カードそのものがクレジット機能を正常に使える状態であれば、あっという間に決済が済んでしまいます。

クレジットカードの仕組み

 

カードを使って買い物をした経験のある人なら分かると思いますが、カードを使った買い物は一瞬です。
一定の条件なら暗証番号の入力やサインがいらないお店もありますし、あっという間に会計が済んでしまいます。

 

2.加盟店・カード会社間

利用者と加盟店の間で商品やサービスを購入したとき、カード会社が一時的に代金を立て替えています。
カードを利用する側だとあまり実感がないかもしれませんが、レジでカード決済をした瞬間に、カード会社側から加盟店に代金が支払われているということです。

これもカード契約時に交わした、お互いの信用のうえで成り立つものです。
カード発行の際に身分証明書の提出が必要だったり、在籍確認をはじめとした一定の審査が必要だったりするのはこの信用を確立させるためでもあります。
信用を確立
それと同時に、加盟店からカード会社に向けてクレジットカードの利用手数料が支払われています。
加盟店が支払う手数料はカード会社によって異なるものの、これは意外に知らない人が多いかもしれませんね。
なぜ加盟店がカード会社に手数料を支払っているのかというと、お店でクレジットカードを利用できるようにしているためです。

逆の言い方をすれば、手数料を支払わない限りお店はクレジットカード決済を導入することができません。
お店でクレジットカードが使用できると、顧客数が増えたり、客単価が上がったりするメリットがあります。
そのためお店は手数料を払ってでもクレジットカードの導入をし、その代わりに全体的な売り上げの向上を目指したいのです。

外国人観光客が多いお店や高額のサービス、商品を扱うお店にとってクレジット決済は欠かせないものです。
決済の方法が現金に限定されるよりも、カードを使えた方が買い物のハードルが下がるケースもあります。

現金の持ち合わせが少ないときでも、「カードがあれば買ってしまおう」と考える消費者もいるでしょう。
利用者がカードで決済をおこなったタイミングでは、カード会社が一時的な代金の建て替えをおこなう一方で、加盟店側からもカードの利用手数料がカード会社にあてて支払われているということです。

 

3.カード会社・利用者間

カード会社が一時的に立て替えた代金を、後日利用者が所定の方法で支払います。
このときすでにカード会社と加盟店とのやり取りは終了しているので、残すはカード会社と利用者のやり取りのみということです。

一括払い分割払いなど、都合に応じて指定した方法で代金を支払います。
このとき分割などにかかる手数料は利用者が負担する必要がありますが、クレジットカードそのものの利用手数料を支払う必要はありません。

あくまでもカードの利用手数料は加盟店が払うものです。
まれにカードの利用者に手数料分の支払いを求めるお店がありますが、これはれっきとした規約違反です。
利用者は手数料を支払う義務がないので、気付いた段階ですぐにカード会社に連絡をしましょう。

また決済のタイミングで手数料の支払いを命じられたら断っても大丈夫です。
いわれるがまま払ってしまうのはいけません。
余分な支払いを増やさないためにも、しっかりと知識をつけておくことが必要です。

カード会社に利用代金を支払い終えたところで、カード決済の流れは終了します。
一見すると複雑そうにみえるやり取りですが、一つ一つを紐解いていくととてもシンプルです。

 

国際ブランドってなに?

国際ブランドとは、VISAMasterCard、JCB、AMERICANEXPRESS、DinersClubなどのことをいいます。
クレジットカード加盟店では目立つ所にこれらのロゴシールが貼られており、それぞれの国際ブランドのカードを使えるということが示されています。

国内外を問わず、お店の入り口やレジのそばなどで見たことがあるでしょう。
国際ブランドはどうしてもカード会社と混同してしまいがちなので、その種類や仕組みについてもしっかりと理解しておきましょう。

 

1.国際ブランドとは

クレジットカードは、国内のみならず世界中で使用することができます。
国や言語が違っても、所持しているカードと同じ国際ブランドの取り扱いがあるお店ならカード決済が可能です。
これはなぜかというと、国際ブランドが世界的な決済ネットワークであるからです。

ブランドごとに多少ルールは違いますが、一定の信用を示すものとして目安となるのが国際ブランドといえます。

日本だけでなく言葉が通じない世界においても、信用をもとに商品やサービスを購入できるというわけです。
普段何気なく使っているクレジットカードは、世界に向けて信用を示すことができる大切なものだということですね。

VISAやMasterCard、JCBをはじめとした国際ブランドは、世界のどこにいてもその加盟店であれば使用することができるシステムになっています。
国際ブランド風クレジットカード
しかしお店ごとに対応している国際ブランドは異なるため、カードを新規発行するときにどれを選ぶかが重要です。

新たにカードを作るときは、それぞれの国際ブランドの特色や加盟店の数などを比較して決める必要があります。
利便性はもちろん付帯サービスやステータスなども違いますし、利用者のライフスタイルや使い道、どの地域で使いたいかなどによって選ぶべきブランドは異なります。

決済機能の利便性にこだわったものや、旅先でお得なサービスが受けられることを売りにしたブランドまで、思っている以上に個性豊かです。
カード会社選びで悩む人は多いかもしれませんが、国際ブランドをどれにするかも意外に重要なポイントだということです。

 

2.カード会社と国際ブランドの関係

カード会社国際ブランドはまったくの別物です。
この2つを混同してしまうとややこしくなるので、両者の違いをしっかりと理解しておきましょう。

各カード会社は国際ブランドと提携してカードを発行しています。
実際にクレジットカードを発行し、決済やキャッシングだけでなく請求書の発行から支払いの受け付け、会員限定の特典などのサービスを契約者に直接案内する業務をおこなっているのがカード会社の特徴です。
なかには同じカード会社の中でもVISAやJCBなどといった複数の国際ブランドから選べるものや、特定の店舗と提携して発行されたカードなどもあります。

一方の国際ブランドは、世界中の国々でクレジットカードが利用できるように信用と決済のシステムそのものを提供する会社のことをいいます。
つまり、具体的に決済をおこなっているのはカード会社ではなく国際ブランドだということです。

どのカード会社のクレジットカードを使っていても、自分が持っている国際ブランドの加盟店でしか使用することはできません。
たとえ同じカード会社のクレジットカードでも、対応している国際ブランドが何かによって使える範囲はまったく違ってきます。
同じ国際ブランドでも発行するカードによってサービスの内容が違いますし、同じカードでも選ぶ国際ブランドによって使える範囲やサービスの内容が異なるのもポイントです。

同じ国際ブランドがついたカードであっても、利率やポイントの還元率、補償の内容、付帯サービスはカード会社によってまったく違います。
カードを選ぶ際はこうしたサービスの内容と、国際ブランドの種類の2つをよく考えたうえでどれにするか決めなければいけません。

 

カード会社の役割

クレジットカードの会社の業務は大きく分けると2種類あります。
英語で「得る、見につける」という意味をもつ「アクワイアラ」とよばれる業務と、実際にクレジットカードを発行する「イシュア」という業務に分けることができるのです。

この2種類の業務を同じ会社でおこなっているところもありますが、内容ごとに会社そのものが分かれ、独立しているケースも少なくありません。

いずれにしても、これらの業務によって加盟店や利用者から得られた手数料などが会社の収入源になります。
利用者には一見関係ないように思えますが、カードを使ううえでは理解しておくと後々便利です。
意外と知られていないカード会社の役割を、それぞれの業務ごとに解説します。

 

1.イシュア業務

イシュア業務とは、一言で表すと利用者に対しての業務のことを指します。
クレジットカードを発行して契約者に送るのも、イシュア業務のうちのひとつです。

カード会員を増やすための店頭イベントをはじめ、デパートなどと提携したカードをつくることもイシュア業務に含まれます。
カードを使ってくれる会員とカードの種類を増やすことが主な目的です。
またカード代金を回収することもイシュア業務のひとつといえます。

月々の明細を発行して引き落としをおこなったり、滞納がおきたときの対応をしたりするのもイシュア業務です。
会員サービス向けの優待などの特典、ポイントサービス、盗難や不正利用にあってしまったときのサポートなどもこのイシュア業務に含まれます。

国際ブランドに比べると利用者にとって身近で、何かあったときに対応してくれるのがイシュア業務と覚えておくといいでしょう。
国際ブランドが自ら発行会社を兼ねてクレジットカードの発行や運用をおこなっているケースのほか、別の会社が国際ブランドにライセンス料を支払ってカード発行しているケースの2通りあります。
VISAやMasterCard、銀聯カードは自らクレジットカードを発行していないので、他のカード会社にイシュア業務を任せています。

一方でJCBやAMERICANEXPRESSは自らクレジットカードを発行し、運用までおこなっています。
なお日本国内では三菱UFJフィナンシャルグループや三井住友フィナンシャルグループ、イオンクレジットサービス、楽天などが国際ブランドにライセンス料を支払ってイシュア業務をおこなっています。

これらは国際ブランドを選択できるものが多く、会員向けのポイントサービスなどが豊富なことも特長のひとつです。

 

2.アクワイアラ業務

アクワイアラとは、クレジットカード加盟店との契約や管理を担当する業務のことをいいます。
店舗に営業をかけて新規のクレジットカード加盟店を増やしたり、売り上げデータの管理をおこなったりしています。

クレジットカードを導入していない店舗に関しては、そのお店で売られている商品やサービスがクレジットカードを使った決済に向いているかどうかを独自の基準で審査しています。
審査を通過してはじめてクレジットカードが導入され、その後の管理を任されるのです。

これにより、アクワイアラ業務をおこなう会社は加盟店からクレジットカード利用手数料を受け取れるようになります。

クレジットのサービスを使う許可を与える代わりに、その手数料を加盟店から受け取るのですね。
その一方でアクワイアラ業務をおこなう会社は、イシュア業務をおこなう会社と国際ブランドに手数料を支払います。
つまり、加盟店から受け取れる手数料とクレジットカード発行会社や国際ブランドに支払った手数料の差額が、アクワイアラ業務をおこなう会社の収入になるのです。

またイシュア業務で利用者から集めたお金を受け取るのもアクワイアラの大切な業務です。こうして集めたお金を加盟店に支払うまでが基本的な流れになります。
クレジットカード決済を導入している加盟店にとっては、アクワイアラ業務があることで、お金のやり取りがスムーズにおこなわれるということです。

 

クレジット決済を利用するメリット

重たい小銭を持ち歩く必要もなく、スマートに会計ができるクレジットカード決済はとても便利なものだという認識があります。
ここではクレジットカードを使って決済をすることのメリットについて、利用者の視点から解説します。

 

1.現金を持ち歩かなくて済む

クレジットカードを使うメリットのひとつとして、現金を持ち歩く必要がないことが挙げられます。
お札や小銭を財布に入れておくとどうしても重たいですし、カバンのなかでかさばってしまいますよね。
カバン
クレジットカードなら場所をとらず、軽いのが特長です。
カードに慣れると現金を持ち歩くのが面倒に感じるかもしれませんね。

また支払いの履歴は全て明細として残るので、お金の管理がしやすいこともメリットといえます。
家計簿ソフトと連携することで自動的に集計もできるので、毎月の出費を把握しやすくなるのもうれしいですね。

現金で支払うよりも圧倒的にスピーディに会計をすませることができるので、急いでいるときでも安心です。
現在は大手コンビニチェーンや大型スーパーなど、クレジットカードが使えるお店が増えています。
とくに日本では少額でもカードを使える店が多いので、ちょっとした外出なら現金がなくてもカード一枚持っていれば済んでしまうケースがほとんどです。

ネットショッピングも同様に、カードがあればすぐに決済をすることができます。
わざわざ銀行に振り込みをしたり、後から送られてくる払込票を持って支払いのためにコンビニに行ったりする手間は必要ありません。

鉄道会社の規定にもよりますが、定期券などを購入する際もクレジットカードが便利です。
会社から交通費の支給があったとしても、いちどにある程度大きな金額を立て替えなければいけないとき、クレジットカードの存在はありがたいものです。
少ない金額はもちろん、大きな買い物をするときは、現金よりもクレジットカードを使った決済の方が便利です。

 

2.盗難に強い

スリ

盗難や紛失に強いこともクレジットカードのメリットとして挙げられます。
現金の場合は落としたり盗難にあってしまったりすると被害届を出しても戻ってくる可能性は低く、泣き寝入りをすることになるのがほとんどです。
しかし、クレジットカードの場合、盗難に気付いた時点でカード会社に連絡をし、カード停止をしてもらえば被害が拡大せずに済みます。

また、どの会社のカードでも、盗難保険が付帯していることもポイントです。
持ち主に過失がない限りは不正利用などの被害額を補償してもらえます。

カード契約者が実質的な被害を受けることはほぼないので、万が一のときでも安心して対応できますね。
突然高額なカードの利用があったときなど、名義人本人の居住地や過去の利用歴を確認して明らかに不自然なお金の動きがあったときは、カード会社が不正利用を疑って連絡してくれることもあります。
どこで、どのくらいの金額を使用されていたのかを具体的に教えてくれるので、それが自分の利用でなかったらすぐに利用停止の措置をとってもらいましょう。

またクレジットカードを紛失しても、カード会社に連絡をとればすぐに再発行してもらえます。
このように、盗難や不正利用に強いのもクレジットカードのメリットといえます。
現金を持ち歩くのに比べて補償がしっかりしているうえ、何かトラブルが起きたときにすぐ対応できるのはうれしいですね。

 

3.付帯サービスが利用できる

クレジットカードには付帯保険があります。
代表的なものとしては海外旅行損害保険などが挙げられますが、これは事故による死亡や後遺障害について補償してくれたり、旅行中のケガや病気の治療代を補償してくれたりする内容が多いです。

年会費の高いカードは付帯保険も充実していて、国内旅行における損害保険がついているものもあります。
死亡補償のほかに入院、手術、通院補償など、手厚い保険が利用できるものも存在するのです。
旅先で万が一のことが起きても安心できますね。

また、ポイント還元制度が充実しているカードもあります。
毎月の利用額に応じてポイントが貯まり、キャッシュバックや商品券、プレゼントと交換できるなど、カードを使えば使うほどお得になるのです。

デパートやショッピングモールなどと提携したクレジットカードを使えば、特定の場所での買い物がお得になるものもあります。
よく行くお店の提携カードを作っておくと日々の買い物が安くなるだけでなく、ポイント還元も受けられるのがメリットです。
自分が持っているカードやこれから作ろうか検討しているものに、どのような付帯サービスがあるのかを確認しておくことがおすすめです。

せっかくクレジットカードを使うなら、付帯サービスの種類や内容をしっかり把握してお得に使いましょう。

 

加盟店側にもメリットがある

クレジットカードを使うメリットがあるのは利用者だけではありません。
クレジットカード決済を導入する加盟店にとってもメリットがあります。
手数料を払ってでもクレジットカード決済をおこなうメリットを、加盟店の視点で解説します。

 

販売機会損失を防げる

店を訪れた人の手元に現金がなくても、カードが使えれば買い物をしてくれる可能性が高くなります。
これにより販売機会損失を防ぎ、最終的に売り上げが上がるということが最大のメリットといえるでしょう。

たとえば給料日やボーナスの前にあたる時期など、現金を使うのがためらわれるときでもクレジットカードが使えれば買い物をしてくれる消費者がいるでしょう。

高額なサービスや商品を扱っている店ほど、クレジットカード決済導入のメリットは大きくなります。
店を訪れる人の全員が多額の現金を持ち合わせているとは限りませんし、現金がないことを理由に購入を諦めてしまうのを防ぐ効果があるからです。

クレジットカードには、分割払いやリボ払いなど一括払い以外の支払い方法が充実しています。
そのため、高額な商品でも購入するハードルが下がるということがあります。

これと同じ理由から、クレジットカード決済を導入すると客単価が上がることも見込まれます。
ネットショッピングにおいては後の振り込みや代引きにかかる手間を省くことができるため、クレジットカード決済ができるショップの方が手軽に買い物をすることが可能です。

また外国人観光客や留学生にとっても、カードが使えるかどうかはとても重要です。
日本の貨幣に不慣れな外国人観光客が日本円で買い物をするのはややハードルが高いですが、使い慣れたクレジットカードなら買い物がしやすく、購買意欲を刺激されるでしょう。
そもそも所持している現金が少ないことも考えられるため、クレジットカード決済ができるお店を優先的に利用する可能性が高いでしょう。

とくに観光地や外国人観光客が多く訪れる店舗では、クレジットカード決済を導入するメリットが非常に大きいといえます。
近隣の店舗でクレジットカード決済を導入していないところが多いときは特に、カードが使えるのは有効なアピールポイントになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

クレジットカードの仕組みは購入したい商品を現金の代わりにお店側にカードを提示します。
このように購入した商品の代金をカード会社が負担してくれます。
そしてカードの利用をしたをまとめてカード会社から請求が来るという流れです。

クレジットカードの利用は、カード会社と契約者の間に信頼性があるからこそクレジットキャッシュレスでお買い物をすることができるのです。

楽しくお買い物をするためにも、クレジットカードの仕組みを理解することが大切です。