Apple Card登場!高いセキュリティ性と還元率を誇る注目カード

AppleCard

iPhoneやMacで有名なAppleが独自のクレジットカード「Apple Card」を発表しました。
「Appleがなんでクレジットカードを?」と思う人もいるでしょう。

ですがこのカードには、今までのクレジットカードにはない特徴があるのです。
Appleが生み出したクレジットカードとはどのようなものなのでしょうか?

Apple Cardってどんなカード?

Apple CardはApple Pay専用のバーチャルクレジットカードで、iPhoneでApple Payを利用することを前提として作られています。

iPhone上の操作ですぐに発行が可能で、アプリの購入や世界中のApple Pay加盟店での買い物の際に利用できるなど、使い方は今までのApple Payと変わりません。

利用履歴はアプリによってわかりやすく管理されており、店舗のカテゴリーごとに整理され、支出の傾向がわかりやすく管理できるようになっています。

国際ブランドはマスターカードで、アメリカにある世界有数の金融グループ「ゴールドマン・サックス」が初めて一般消費者向けに発行するクレジットカードとなります。

まずはアメリカ向けに今年の夏、発行される予定です。

 

無料で利用可能!そして高い還元率

Apple Cardの還元率は2.0%と高く、Apple Storeではさらに高い3.0%の還元率で買い物ができます。

ポイントでの還元ではなく、「Apple Cash」の残高としてiPhone上のバーチャルカードに毎日還元されます。
還元された残高はそのまま決済にも利用できるだけでなく、なんと手数料ゼロで自分の銀行口座に戻すことも可能なのです。

そしてApple Payには通常のクレジットカードに設定されている支払い手数料や遅延手数料、年会費や国際手数料、制限超過手数料が一切ありません。

つまり毎月の支払金額を自分で調節できるのです。

 

今までのカードはないセキュリティ

Apple Cardの特筆すべき点はこれだけではありません。
このカードはセキュリティ性もほかのカードと一線を画しています。

たとえばクレジットカードには必ずあるセキュリティコードは、Apple Cardを内蔵したiPhoneごとに割り当てられます。
さらに決済時には決済ごとにダイナミックセキュリティコードが発行され、指紋認証や顔認証によってより安全な支払いが可能となります。

さらに支払いの記録はAppleのサーバー上で処理せず、ハードウェア上の処理によって行うとのことです。
これはつまり顧客がどこで何を買ったか、いくら支払ったかという情報は企業に提供されないということになります。

そしてセキュリティコードは利用するたびに毎回自動生成されるので、クレジットカード詐欺での悪用がほぼ不可能になるとのことです。

これによりカードの複製やスキミングによる不正利用の被害が減少することでしょう。

 

チタン製の物理カードも用意

Apple PayはiPhoneでの利用を前提としたクレジットカードですが、Apple Pay決済に対応していない場合に備えて物理カードも用意されています。

チタン製の券面には通常のクレジットカードにはほぼ必ず印字されているカード番号や有効期限などはなく、Appleのロゴと契約者の名前、ICチップのみという非常にシンプルなものとなっています。
Appleらしい無駄を省いたデザインとセキュリティ性を両立させた券面といえるでしょう。

ただし還元率は1.0%、Apple Payを経由した場合は2.0%と、バーチャルカードを利用する場合よりも控えめになるので、その点は注意が必要です。

日本での申し込み開始時期など現状では未公開ですが、魅力を感じざるを得ないこのApple Card、チェックしておいて損はないでしょう。