Apple Payにクレジットカードを登録する方法!おすすめカード4選もご紹介

Apple Pay クレジットカードmin

日本でも近年ではキャッシュレスが進み、クレジットカードや電子マネーを利用している人が増えてきていますよね。
そんな中でも最近注目されているのが、スマートフォン1つで決済できる便利なApple Pay

「Apple Payって設定とか難しそう」
「Apple Payで使えるおすすめのクレジットカードが知りたい」
と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、Apple Payにクレジットカードを登録する方法や、おすすめのクレジットカードをご紹介していきます!

美咲
こんにちは、美咲です。
スマホ1つで電子マネーもSuica機能も使える「Apple Pay」をついに登録しました!
ガマ蔵ドロン
ガマ蔵
嬢ちゃん、やったな!
これで買い物も電車やバスなんかもスムーズにスーイスイやな!
おすすめカード特徴公式ページ
JCB CARD W
JCB CARD W
  • 年会費無料
  • 常にポイントが2倍
  • Oki DokiランドやJCBオリジナルシリーズ利用でポイントアップ
楽天カード
  • 年会費無料
  • ポイント還元率1%
  • 楽天市場や優待店の利用でポイントアップ
REX CARD
REXカード
  • 年会費無料
  • ポイント還元率1.25%
  • 国内・海外旅行傷害保険が自動付帯
三井住友デビュープラスカード

  • 年1回以上の利用で年会費無料
  • いつでもポイント2倍
  • 対象店でポイント5倍

Apple Payの基本情報

Apple Payとは、iPhoneやApple Watchで利用できる電子決済サービスです。
iPhone7以降またはApple Watch Series2以降からApple Pay に対応しています。(iOS 10.1以降が必要)

iPhone8以降は12枚まで、それ以前は8枚までの「クレジットカード」「電子マネー」「プリペイドカード」を登録することが可能です。

利用できる電子マネーは「QUICPay」「iD」「Suica」の3種類で、登録するカードによってどれが使えるかが異なります。

クレジットカードを登録しておけばスマートフォン上でSuicaへのチャージもできるので、電車やバスなどの交通機関を利用するときにとても便利です。

Apple Payに対応している店舗は増え続けており、コンビニ、スーパー、薬局、家電量販店などをはじめ、さまざまなシーンで利用することができます。

また、アプリケーションやWEBサイトでも「GU」「じゃらん」「Yahoo!ショッピング」など、Apple Payに対応しているショップで利用することが可能です。

 

Apple Payの安全性

Apple Payはクレジットカードの番号ではなく、デバイス固有の番号と独自の取引コードを使用しているため、加盟店にカード情報が共有されることはありません。

もしiPhoneやApple Watchを紛失してしまった場合は、パソコンから「iPhoneを探す」を利用して「紛失モード」に設定することが可能です。

Apple Payの利用を一時的に停止したり、appled.apple.comにサインインしてカード情報を遠隔で削除することもできます。

美咲
以上のことからもApple Payは、安全性の高い支払い方法なんですよ。

 

海外でも利用できる?

国内の電子マネーは「Felica」という電子決済の規格を使用していますが、海外では「NFC Pay(EMV Contactless)」通称コンタクトレスという規格が利用されています。

日本で現在(2019年10月時点)コンタクトレスに対応している国際ブランドは「MasterCard」「American Express」「JCB」ブランドとなっています。

注意事項

カードによっては利用できない場合もあります。

今の時点(2019年10月時点)ではVISAカードをApple Payに登録してもコンタクトレスでは利用することができません。

また、「American Express」「JCBブランド」は使える場所が比較的少ないため、海外で電子マネーを利用するなら利用可能店舗が一番多い「MasterCard」が便利です。

 

クレジットカードの登録方法と使い方

Apple Payにクレジットカードを登録する場合は、以下の流れでおこないます。

  1. iPhoneで「Wallet」アプリを開く。
  2. カードを「追加」ボタン、または右上の+ボタンをタップする。
  3. アップルペイ登録1
  4. 「続ける」をタップする。
  5. アップルペイ登録2
  6. 「クレジット/プリペイドカード」を選択。
  7. アップルペイ登録3
  8. カード情報を入力する。(カメラで読み取ることも可能。名前は手入力)
  9. カード情報を確認し「次へ」をタップ。
  10. 「有効期限」と「セキュリティコード」(カードの裏面に記載されている3ケタの数字)を入力し「次へ」をタップする。
  11. 「Apple Pay特約」を確認し「同意する」をタップする。
  12. アップルペイ登録4
  13. 「次へ」をタップ。
  14. 最後にSMSでApple Pay用認証コードが届くので、「Wallet」アプリに認証コードを入力したら完了。

 

Apple Watchにクレジットカード情報を登録する場合は、以下の流れでおこないます。

  1. iPhoneでApple Watchアプリを開く。
  2. 「マイウォッチ」から「WalletとApple Pay」をタップする。
  3. 「カードを追加」から画面に表示された指示に従って登録する。

 

お店でApple Payで支払うときの手順は以下になります。

  1. お店の人に「iD」または「QUICPay」で支払うことを伝える。
  2. iPhoneの「Touch ID」(丸いボタン)に指を乗せたままお店のリーダーにかざす。
    または「Touch ID」をダブルクリックし「リーダーにかざしてください」の文字が表示されるのを確認し、お店のリーダー(読み取り機)にiPhoneの上部をかざす。
    「Face ID」はサイドボタンをダブルクリックして顔認証をし、Apple Watchはサイドボタンをダブルクリックしてからリーダーにかざす。
  3. 音が鳴ったら支払い完了。

Apple Payに複数カードを登録している場合は、一番最初に登録したカードがメインカードに設定されています。
もしほかのカードをメインカードに変えたい場合は以下の方法があります。

  • 設定からWalletアプリを開き「メインカード」をタップしてほかのカードを選択
  • Walletアプリの画面上で後ろにあるカードを前にドラッグする

 

Apple Payにおすすめのクレジットカード

ほとんどのクレジットカードがApple Payに対応していますが、中にはApple Payで利用できないクレジットカードカードもあります。

また、今の時点(2019年10月時点)では「Apple Payで使うと特別お得になる」というクレジットカードはありませんので、「クレジットカードそのもののポイント還元率やサービス」が選ぶポイントになります。

美咲
クレジットカードによって「QUICPay対応」「iD対応」と利用できる電子マネーが異なるため、それぞれに対応しているクレジットカードをApple Payに複数枚登録しておくと、さらに使える幅が広がって便利ですよ!
ガマ蔵
ここからはApple Payに対応しているおすすめのクレジットカードカードを紹介していくで!

 

39歳までの人限定のカード!JCB CARD W

JCB CARD W

年会費無料
国際ブランドJCB
発行期間最短3営業日
申込資格18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある人。
または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の人。
旅行保険海外旅行傷害保険(利用付帯)
追加可能なカード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • QUICPayカード
ポイントOki Dokiポイント
Apple Payで利用できる電子マネーApple PayまたはQUICPayマークがあるところで利用可能

JCB CARD Wは18歳から39歳までの人が申し込めるカードで、JCBのスタンダードなJCB一般カードと比べるとポイントが常に2倍!

通常のショッピングなどでカードを利用すると、毎月の利用金額合計1,000円(税込)ごとに2ポイントが貯まります。
貯まったポイントは利用方法によって交換レートが異なりますが、1ポイント3円~5円相当で利用可能です。

また、Oki DokiランドJCBオリジナルシリーズパートナーの利用でポイント還元率がさらにアップします。

JCB CARD Wはキャンペーン中に新規入会すると、なんと入会から3カ月間のカード利用分のポイントが10倍になります!

キャンペーン期間:2019年7月1日(月)~12月31日(火)入会(カード発行)分

現在JCBではApple PayまたはGoogle Payの利用で、利用額の20%(最大10,000円)がキャッシュバックされるお得なキャンペーンをおこなっています。

JCBの対象のカードを持っていれば、以下の3ステップで簡単にキャンペーンに参加することができますよ!
もちろんJCB CARD Wも対象のカードです。

  1. Apple payまたはGoogle Pay(TM)をスマーフォンに設定
  2. キャンペーン参加登録をする
  3. Apple payまたはGoogle Payを使う

キャンペーン期間:2019年8月16日(金)~12月15日(日)

 

楽天カード

楽天カード

年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB/AmericanExpress
発行期間約1週間
申込資格18歳以上:高校生不可
旅行保険海外旅行傷害保険(利用付帯)
追加可能なカード
  • 家族カード
  • ETCカード
ポイント楽天スーパーポイント
Apple Payで利用できる電子マネーApple PayまたはQUICPayマークがあるところで利用可能

通常のショッピングなどの利用でもポイントが100円につき1ポイントが貯まります。
貯まったポイントは1ポイント=1円相当で利用できるので、還元率は常に1%!

さらに以下の利用でポイント還元率がアップします。

  • 楽天市場でポイント最大3倍
  • 楽天トラベルでポイント最大2倍
  • 楽天カードの優待店でポイント2倍以上

楽天カードといえば、なんといっても新規入会でもらえるポイントが魅力的です。

キャンペーンなどタイミングによってもらえるポイント数は異なりますが、新規入会&期間中にカードを1回利用するだけで5,000ポイント~8,000ポイントがもらえます!

補足説明

入会ポイントは「通常ポイント」と「期間限定ポイント」がそれぞれつくので、ポイントの有効期限にご注意ください。

 

年会費無料でポイント還元率1.25%!REX CARD

REXカード

年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard
※このサイトではMasterCardのみの取り扱いになります。
発行期間約2週間
申込資格18歳以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な方
旅行保険
  • 海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険(利用付帯)
追加可能なカード
  • 家族カード
  • ETCカード
ポイントREX POINT
Apple Payで利用できる電子マネーApple PayまたはQUICPayマークがあるところで利用可能。

年会費無料なのにポイント還元率は1.25%と高く、海外旅行傷害保険も自動付帯とお得なカードです。

補足説明

利用付帯の場合は保険適用に「旅行代や旅行の交通費をカードで支払う」などの条件がありますが、自動付帯はカードを持っているだけで保険が適用されます。

また、REX CARD(MasterCard)はコンタクトレスに対応しているので、海外旅行でApple Payを利用したいときにもおすすめ!

カードを利用すると2,000円で25ポイント貯まり、貯まったポイントは1,500ポイントごとにJデポ1,500円分、またはANAマイル300マイルと交換が可能です。
(ちなみにJデポとは、カードの利用料金から値引きをする枠になります。)

またジャックスが運営しているサイトのJACCSモールを利用すると、ポイント還元率が1.75%~13.25%にアップします!

 

いつでもポイント2倍!三井住友VISAデビュープラスカード

smvisa_debutplus_min

年会費1,250円(税別)/初年度は無料
※翌年以降も年1回の利用で無料
国際ブランドVISA
発行期間最短3営業日
申込資格18歳~25歳(高校生を除く)
※満26歳以降はプライムゴールドカードに切替わります。
旅行保険
追加可能なカード
  • 家族カード
  • ETCカード
  • QUICPayカード
ポイントワールドプレゼント
Apple Payで利用できる電子マネーiD(Apple PayまたはiDマークがあるところで利用可能)

三井住友VISAデビュープラスカードは、常に通常の三井住友カードの2倍のポイントが貯まります。

利用金額1,000円(税込)ごとに2ポイントが貯まり、貯まったポイントは利用方法によって交換レートが変わりますが1ポイント=3円~5円相当になります。
さらに入会から3カ月間は利用金額1,000円(税込)ごとに5ポイントがもらえるんです。

セブンイレブン、ファミリーマート、マクドナルドの利用では、利用金額250円(税込)につき1ポイントがもらえます!
もちろんApple Payで支払っても同じポイント還元率です。

また、ポイントUPモールの利用でポイントが2~20倍貯まったり、対象の店舗を最大3つまで登録するとポイントが通常の2倍になるサービスもあります。

ほかにもココイコ!では、事前にエントリーして街の対象店舗でカードを利用すればポイントやキャッシュバックの特典を受けることが可能です。

三井住友VISAカードでは現在Apple PayまたはGoogle PayのiDを新規で設定すると、2,000円分の利用代金の支払いがタダになるキャンペーンをおこなっています。

以下の5つのステップでどなたでも買い物代金から2,000円分の値引きがされますよ!

  1. 三井住友カードに入会する
  2. カード到着後、スマートフォンにApple PayまたはGoogle PayのiDを設定
  3. キャンペーンにエントリーする
  4. iDマークのあるお店でApple PayまたはGoogle PayのiDを利用
  5. もれなくApple PayまたはGoogle PayのiDご利用代金2,000円分を上限として値引き

キャンペーン期間:2019年10月1日(火)~2020年2月29日(土)

また、新規入会・Vpassアプリログイン・クレジットカードまたはiDの利用で、利用金額の20%(最大12,000円)がプレゼントされるキャンペーンが開催されています。

キャンペーン期間:2019年9月2日~12月27日のカード申し込み分(カード発行期限2020年1月31日)
※有効期限内にiD利用代金の請求が2,000円未満の場合には差額は返金されません。

 

まとめ

今回はApple Payへのクレジットカードの登録方法と、おすすめのクレジットカードをご紹介してきました。
Apple PayはiPhone8以降なら最大12枚までカードを登録することができて、スマホ1つで買い物や交通機関で便利に利用することが可能です。

Apple Payは「QUICPay」「iD」「Suica」の3種類の電子マネーが利用できますが、登録するカードによって使える電子マネーが異なるため、それぞれが使えるクレジットカードを複数枚登録しておくとさらに便利です。

普段のお買い物や電車・バスなどの移動をより便利にするために、Apple Payをぜひ活用してみてくださいね。