イオンゴールドカードは招待制!気になる魅力をたっぷり解説!

イオンゴールドカード

突然ですが、数あるイオンカードの中に「イオンゴールドカード」というカードがあるのをご存知でしょうか?

「ゴールドカードであればサービスは充実しているかもしれないけれど、その分年会費が高いのでは?」

たしかにゴールドカードと聞くと、そのようなイメージがあるかもしれません。

ですが、イオンゴールドカードはなんと年会費無料

「それなら申し込んでみたい!」と思いませんか?

 

しかし実はこちらのカード、インビテーションがないと申し込めない招待制のカードなんです。

欲しいと思っても、条件を満たしていないとすぐには手に入らないカード・・・。
なんだか謎に包まれていますね。

今回はイオンゴールドカードがどのようなカードなのか、わかりやすく解説していきます!

イオンゴールドカードを入手するための近道となるおすすめカードもご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

美咲
こんにちは、美咲です。
みなさんは普段どこでお買い物されますか?
私は、近所にイオンがあるので、イオンでいつも買い物してますよ!
ガマ蔵ドロン
ガマ蔵
嬢ちゃん、普段からイオン使ってるなら、ひょっとしたらイオンゴールドカードの招待が来るかもしれへんで!
嬢ちゃんもいよいよゴールドカードユーザーの仲間入りかいな。
美咲
さすがにまだ条件を満たせそうにないですけど、とってもお得なクレジットカードですし、いつかは欲しいですね!
しっかり勉強しておかないと!

イオンゴールドカードの基本情報

まずはイオンゴールドカードの基本情報をチェックしていきましょう。

イオンゴールドカード

国際ブランド
VISA・Mastercard・JCB
電子マネー機能
WAON
年会費本人:無料
家族会員:無料
申込資格イオンカード・イオンカード(ミッキーマウス デザイン)をお持ちで、カード直近年間利用額100万円以上の方
ポイント還元率ときめきポイント0.50%~1.33%
旅行保険国内:最高3,000万円
海外:最高5,000万円
ショッピングセーフティ保険年間300万円まで補償
カード盗難補償
空港サービス国内空港ラウンジサービス(イオンラウンジ無料)
利用可能枠最高200万円
審査/発行

以上が、イオンゴールドカードの基本情報になります。

通常のイオンカードと還元率は同じですが、付帯するサービスはゴールドカードならではの充実ぶり!

旅行によく行く人や、イオンで頻繁に買い物をする人にとってはうれしいサービスがそろっています。

次の章からは付帯サービスの詳細についてお伝えしていきますよ!

 

イオンゴールドカードの付帯補償

イオンゴールドカードには、さまざまな補償が付いています。

それぞれの補償について、ご紹介していきますね。

 

旅行傷害保険

旅行によく行く人にとっては、ありがたい旅行傷害保険。

イオンゴールドカードももちろん、旅行傷害保険が充実しています。

海外旅行傷害保険の補償期間は、一度の旅行で最長30日間と長期なので長旅でも安心できる内容ですね。

イオンゴールドカードの海外旅行傷害保険は2019年4月1日より以下の内容になり、変更前に比べると補償金額のほとんどが上がって全体的にグレードアップしました。

【海外旅行傷害保険】
傷害による死亡・後遺障害
最高額:5,000万円
傷害による治療費用
1事故の限度額:300万円
疾病による治療費用
1疾病の限度額:300万円
携行品損害
年間限度額:30万円
(1事故につき免責金額3,000円)
賠償責任
1事故の限度額:3,000万円
救援者費用など
年間限度額:200万円

 

国内旅行傷害保険の内容は、以下のとおりです。

【国内旅行傷害保険】
傷害による死亡・後遺障害
3,000万円
傷害による入院保険金
日額5,000円(最高180日分)
傷害による通院保険金
日額3,000円(最高90日分)

海外旅行傷害保険も国内旅行傷害保険も、利用付帯となります。

「利用付帯だと、出国時の飛行機代や参加ツアー代を支払っておかないといけないのでは?」と思いませんか?

しかし、イオンゴールドカードの海外旅行傷害保険はよくある利用付帯とは少し違います。

出国前に自宅から乗車した移動手段(電車・バス・タクシー・地方空港の飛行機などの公共交通乗用具)の料金を、一部でもイオンゴールドカードのクレカ決済で支払った場合に補償が適用されるのです!

自家用車やレンタカーなど公共交通乗用具に該当しない移動手段や、海外出発前に空港近くに宿泊したホテル代・海外現地での個人手配の宿泊代金などは保険適用外となるのでご注意ください。

 

また国内旅行傷害保険の場合は、以下のような場合にそれぞれの補償が受けられます。

利用内容補償内容
最寄駅から目的地の電車代をイオンゴールドカードのクレカ決済で支払った場合その区間の電車に搭乗中の事故やケガについてのみが補償対象(電車を降りた状態では補償対象外)
ホテルの宿泊代金や宿泊券をあらかじめイオンゴールドカードのクレカ決済で支払った場合そのホテルに宿泊中の事故やケガについてのみが補償対象
ツアー旅行代金をイオンゴールドカードのクレカ決済で支払った場合そのツアー中の事故によるケガについてのみが補償対象(ツアー参加前後の移動などは対象外)

このように、国内旅行傷害保険は利用したものに対する補償内容となりますが、自宅を出発してからの移動中も補償範囲内なのは安心ですよね。

イオンゴールドカードを手に入れてから旅行に行く際は、旅行に持っていくことはもちろん、忘れずにクレカ決済しておきましょう!

適用条件を満たしたカード名義人のみが保険適用となります。

家族カード会員分は、家族カードでクレジットカード決済をしておく必要があります。

あらたに加わった海外旅行傷害保険については、「イオンゴールドカード(海外旅行傷害保険)」をご覧ください。

 

300万円のショッピング補償

イオンゴールドカードに付帯されているショッピングセーフティ保険は、年間300万円まで補償されます。

このセーフティ保険は、イオンゴールドカードで購入した商品が事故や損害に遭った場合に補償してくれるサービスです。

補償対象は以下のようになります。

補償対象
  • 商品が5,000円~300万円
  • 購入日から180日間

この保険はすべてのイオンカードに付いていますが、通常のイオンカードとの違いは年間限度額が通常よりも250万円も多い300万円の補償額であるという点です。

年会費無料で、ショッピング補償が年間300万円もあるゴールドカードはなかなかありません。

しかし、5,000円以上であればすべての商品が補償されるわけではないのでご注意ください。

補償対象外
  • イオンゴールドカードのクレジット決済で支払っていないもの
  • 商品購入時のお客様控えがない場合
  • 自転車や自動車、宝石金属、植物、動物などの商品

そのほか、壊れたものを捨てずにとっておく必要もあります。

それでも、万が一の事故に備えてこの保険が付帯しているのはとても心強いでしょう。

 

ラウンジの利用が無料

ゴールドカードならではの、ラウンジが無料で利用できる特典も魅力的です。

ここからは、ラウンジ無料サービスについてご紹介していきますね。

 

空港ラウンジサービス

イオンゴールドカードの会員は、国内主要空港のラウンジが無料で利用できます

こちらのサービスも、2019年4月1日から対象空港が増えさらに便利になりました!

朝の時間帯にラウンジを利用すると朝食の無料サービスもあるので、忙しい人にはとてもうれしい特典ですよね。

利用できるラウンジのある空港と利用可能時間は、以下をご覧ください。

羽田空港
(国内線)
【第1旅客ターミナル】
  • POWER LOUNGE SOUTH
    (6:00~21:00)
  • POWER LOUNGE NORTH
    (6:00~20:30)
  • POWER LOUNGE CENTRAL
    (6:00~20:00)
【第2旅客ターミナル】
  • POWER LOUNGE NORTH
    (6:00~21:30)
  • POWER LOUNGE CENTRAL
    (6:00~20:00)
  • エアポートラウンジ(南)
    (6:00~20:00)
成田空港【第2旅客ターミナル】
  • IASS Executive Lounge 2
    (7:00~21:00)
新千歳空港【国内線旅客ターミナルビル】
  • スーパーラウンジ
    (7:00~20:30)
伊丹空港
(大阪国際空港)
【国内線旅客ターミナル】
  • ラウンジオーサカ
    (6:30~20:00)
福岡空港【国内線旅客ターミナル】
  • くつろぎのラウンジTIME
    (6:30~20:30)
【国際線旅客ターミナル】
  • ラウンジTIMEインターナショナル
    (出国審査開始時間~21:00)
那覇空港【国内線旅客ターミナル】
  • ラウンジ華~hana~
    (8:00~20:00)
国際線は出国審査後の利用となります。

 

利用可能なサービス内容は以下のとおりです。

設備・サービス
  • フード・ドリンク
  • TV・新聞・雑誌
  • 喫煙スペース
  • 無線LAN
有料サービス
  • インターネット端末利用
  • コピー機・FAX

もちろんラウンジ内にトイレもあるので、お子様連れでも安心して利用できますよ。

ただし、注意したい点もあります。

それは、同伴者はラウンジ利用が有料ということです。

同伴者の利用料は一般が1,000円(税別)4歳~12歳が500円(税別)、3歳以下は無料となっています。
ラウンジの利用時、イオンゴールドカードと当日の搭乗券(または航空券)の提示が必要となります。

また、館内の設備はラウンジにより異なります。

空港によっては眺めの良い席があったり、用意されているドリンクや軽食もさまざま。

飛行機の搭乗前に、ゆっくりのんびり過ごせる場所があるのはうれしいですよね。

 

イオンラウンジ

全国のイオンモールやショッピングセンターなどにある、ラウンジの利用が可能です。

ラウンジでは以下のサービスを受けることができます。

サービス内容
  • ドリンク
  • 新聞・雑誌
  • トップ・バリュ試供品の試飲、試食

サービスは全てセルフですが、充実の内容ですね!

イオンラウンジを利用できる同伴者の人数は、1枚のゴールドカードで3名までです。

買い物の合間に家族で休憩したり、家族がお買い物をしているあいだにラウンジで一息つくこともできちゃいますよ。

イオンラウンジのある店舗一覧は、公式サイトのこちらのぺージをご確認ください。

イオンゴールドカードを複数枚所持していても、1人1日1回・30分以内の利用となります。

 

「イオンセレクトクラブ」の入会はゴールドカードへの近道!

「イオンセレクトクラブ」の入会には以下の条件が必要です。

  • イオン銀行住宅ローンの契約
  • イオンカードセレクトの入会

冒頭で、「イオンゴールドカードは招待されないと入手できない」とお伝えしました。

しかし、この2つの条件を満たすとイオンゴールドカードセレクトの発行ができるのです!

住宅ローンを検討しているのであれば、このような方法もあるのを覚えておくと良いですね。


イオンセレクトクラブに入ると、イオンでの買い物が毎日5%OFFになるという特典があります。

ただし気を付けないといけないのは、5%OFFが適用されるのは請求時という点です。

その場の買い物では、5%の割引はされていないので注意しましょう。

 

また、イオンセレクトクラブでは定期貯金の金利やイオングループを利用することでも優遇されます!

こちらの特典の詳細は、カード送付時に同封されているサービスガイドに書かれているので、届いたらぜひチェックしましょう。

また、イオンカードセレクトの特典も以下のようについてきます。

毎月5のつく日(5日・15日・25日)の「お客さまわくわくデー」
ときめきポイント/WAONポイント2倍
口座振替またはクレジットカードで各種公共料金を決済
毎月(1件につき)5WAONポイント
イオン銀行を給与振込口座に指定
毎月10WAONポイント
WAONのオートチャージ200円ごとの利用
1WAONポイント

しかし、イオンセレクトクラブには入会日から5年後の翌月10日までと有効期限があります。

また、カードを解約・機能分離・住宅ローンの完済・イオンカードの会員資格喪失などに該当した場合は有効期限内だったとしても中途退会になってしまうのでご注意ください。

有効期限がくる2~3週間前、または住宅ローンが完済された翌月に新しい通常のイオンゴールドカードセレクトが発行されます。

イオンセレクトカードについては、こちらの記事でも詳しく書かれていますのでぜひご覧ください!↓

イオンカードセレクトの審査

イオンカードセレクトの審査に通るには?重要ポイントを紹介!

2018-10-19

 

追加できるカードは2種類

イオンゴールドカードは、追加でカードを作ることができます。

作れるカードは、「家族カード」「ETCカード」の2種類です。

 

家族カード

家族カード作成の条件は、18歳以上(高校生不可)となります。

作れる枚数は3枚までです。

これまで触れてきたゴールドカードの特典も、家族カードを持っていれば本会員と同じように受けることができますよ

家族で利用すれば、その分ポイントも貯まりやすくなるのでお得ですね!

 

家族カードは、1つの口座で引き落としが可能なので新しく口座を作る必要はありません。

ただし、家族3人が利用するとなるとお金の管理は入念にしておく必要があります。

家族でカードの使い方をきっちり話し合っておくと良いですね。

イオンゴールドカードの家族カードについては、こちらの記事もあわせてご覧ください!↓

イオンゴールドカード家族

家族で使うイオンゴールドカード!メリットとポイントの貯める方法

2018-09-26

 

ETCカード

イオンのクレジットカードを持っていれば、クレジットカード1枚につきETCカードを発行手数料・年会費無料で1枚発行することができます。

なんとETCの利用でも、200円ごとに1ポイントが貯まるんです!

また、ETCの支払いはクレジットカードと同じ口座なので、複数のカードで支払いを別々にする必要がありません。

さらに、イオンのETCカードであれば、ETCゲートの開閉バーによる車の損傷に対して、年1回一律5万円分のお見舞金がもらえるのです!

無料で発行できるETCカードはあっても、このようなサービスが付いていることは少ないので魅力的な特典ですよね。

 

発行手数料と年会費が無料で、ETCを利用すればポイントが付くだけでなく、お見舞金の制度もあるイオンのETCカード。

発行する利用価値は十分にあります。

 

すでに、ETCカードを持っている人で保険制度が充実していない人は、イオンカードでのETC発行がおすすめです。

また、ETCカードを持っていない人でイオンのクレジットカードを利用している場合は、ぜひETCカードの発行を検討してみてはいかがでしょうか。

 

イオンゴールドカードの審査基準

この記事でも何度か触れているように、ゴールドカードを発行するためには「インビテーション」が必要になります。

インビテーションをもらうためには、一定の条件をクリアしていなければなりません。

  • 年間80万円以上かつ120回以上の決済をすること
  • イオングループのお店で年間60万円以上の利用がある

ネット上には、このような条件でゴールドカードを手に入れたという結果が書かれています。

さまざまな入手方法があるようですが、公式ページにも明記されていて一番確実なのは年間100万円以上の利用という条件です。

一見すると難しいようですが、公共料金や普段の買い物の支払いを意識してイオンカードのクレカ決済にすれば、条件はクリアできそうですよね。

ただ、どの条件にもキャッシングやWAONチャージ、JCBギフトの購入などは当てはまらないので覚えておきましょう。

確実にゴールドカードが欲しいのであれば、年間100万円以上の利用で招待されるのを待つか、住宅ローンの契約で「イオンセレクトクラブ」に入会することをおすすめします。

また、条件に当てはまっていても支払い状況が悪いと意味がありません。

優良なクレジットヒストリーを積み上げていくことが大切です。


イオンゴールドカードの詳しい審査条件などは、こちらの記事もあわせてご覧ください!↓

イオンゴールドカードの審査

イオンゴールドカードを持ちたい!申し込み方法と審査基準は?

2018-09-14

 

ゴールドになったら降格しない

イオンゴールドカードは発行後の降格は絶対ではありませんが、あまり確認されていません。

その理由は、ゴールドカードのインビテーション条件は、年間の利用額や年金契約、住宅ローン契約、投資信託の利用などがあるからです。

簡単に言えば、イオンカードをたくさん使ってくれたらゴールドカードに格上げするということになります。

一般のイオンカードを利用し続けてゴールドカードになった場合、利用額を減らそうとするのは現実的ではなく、多くの人は維持するために利用を続けるでしょう。

もし、ゴールカードを使っていて降格されるケースがあるとすれば延滞や未払いなど信用情報に傷がついた場合となります。

ただし、この場合はゴールドカードの降格というよりはカードの利用停止か強制解約となる可能性のほうが高いので注意が必要です。

イオンゴールドカードカードの利用頻度が減ったからといって、すぐに降格になることはないと考えられるので心配しなくても良いでしょう。

 

まとめ

イオンゴールドカードは、地道にイオンカードを利用していれば誰にでもチャンスがあります。

ただし、カードのデザインだけでイオンのカードを決めてしまうとゴールドカードにグレードアップできないものもあるので気を付けましょう。

ゴールドカードの招待がくるのは、「イオンカード」「イオンカード(WAON一体型)」「イオンカードセレクト」の3種類のイオンカードのみです。

このカードを直近で年間100万円以上利用していて、「この人は優良利用者だ」と思わせることができたらこっちのもの!

普段のお買い物からイオンカードを利用し、ぜひゴールドカードを手に入れましょう!

イオンゴールドカードを発行するための一歩、お得に使えるイオンカードセレクトのお申し込みはこちらからどうぞ。↓