事前にチェック!オリコカードザポイントの押さえておくべき特徴

チェックポイント!

オリコカードザポイントは、普段の買い物でポイントがたくさん貯まるカードです。

年会費は永年無料、高校生を除く18歳以上の方なら持つことができます。
100円利用につき1ポイントが付与される高還元率であり、オリコが展開している「オリコモール」を経由してネットショッピングをすれば、さらにポイントが加算されます。
ただし、海外旅行傷害保険などの付帯は一切ありません。

ここでは、オリコカードザポイントを初めて作る方へのアドバイスや、カードの特徴、あらかじめ知っておいた方がよいポイントなどを詳しく紹介します。

こんにちは、美咲です。
みなさんはオリコカードを利用されていますか?
ガマ蔵ドロン
いよ~、嬢ちゃん今日はオリコカードについてやっとんのか~?
あ、師匠!そうです。
オリコカードってポイント還元率がすごいんですね!
せやで~!すご~くええんや。
なら、嬢ちゃん。一発オリコカードについて
披露してみ~!
もちろんです!それでは解説させていただきますね!

オリコカードザポイントの情報は公式サイトでもチェック!

オリコカードザポイントは3種類

3本の指

オリコカードザポイントは、大きく分けて「オリコカードザポイント」と「オリコカードザポイントUPty」「オリコカードザポイントプレミアムゴールド」の3種類があります。

まずは基本となる「オリコカードザポイント」ですが、ポイント還元率が高く、多くの人が加入しやすいスタンダードなカードです。
オリコポイントの還元率は常時1%以上という高還元率であり、入会する際にも何千ポイントプレゼントといったキャンペーンが随時行われています。
しかも年会費は永年無料であり、入会後の半年間はポイント還元率が2倍になります。

そして、「オリコカードザポイントUPty」は、リボ払い専用のクレジットカードです。
そのため、毎月のカードの支払額を安定させたいといった方にピッタリの1枚です。
ポイント還元率は常に1%以上と高く、こちらも入会後の半年間はポイント還元率が2倍になります。

最後に「オリコカードザポイントプレミアムゴールド」は、年会費1,950円が掛かるものの、さまざまな福利厚生サービスが受けられるカードです。
オリコの福利厚生サービスである「Orico Club Off」の特典を受けることができ、各商業施設での買い物がお得になったり、レストランでの割引が受けられたりします。
ポイント還元率なども高く、オリコカードザポイントよりも多くの特典を受けられる特徴があります。

 

国際ブランドはMaster CardとJCB

オリコカードザポイントの提携ブランドは「Master Card」か「JCB」のどちらかです。
両方とも使い勝手は良いブランドですが、それぞれの違いについて見ていきましょう。

まずMasterCardは、世界的にも有名なカードブランドです。
世界で一番使われているブランドはVISAといわれていますが、MasterCardはそれに次ぐ世界2位のカードブランドです。
もともとはドイツが発祥のブランドのため、ヨーロッパでは当たり前のように使われています。

ただ、現在のMasterCardの本社はアメリカであり、徐々に世界中で使われるように拡大してきました。
そのため、海外に行く機会が多い人はMasterCardを選んでおけば安心かもしれません。

一方のJCBは、日本発祥の唯一の国際ブランドカードです。
発行された当時は国際認知度が低く、国内で使えるカードとして発展してきました。

しかし、現在では海外でも利用可能な提携店が増えており、アメリカン・エキスプレス・カードとの提携により、アメックスカードが使える店ではJCBカードも使えるようになっています。
ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーとしても有名であり、アジアを中心に利用店舗数を増やしています。
海外でも十分使えるカードですが、国内で主に使う頻度が高い人はJCBカードを選んでおいても良いでしょう。

 

ポイントの貯めやすさは抜群

オリコカードザポイントの最大の特徴は、何といっても「ポイントが貯めやすい」ことです。

オリコカードザポイントの基本的なポイント還元率は1%です。
これは、カードで100円の買い物をすれば自動的に1円分のポイントが貯まることになります。

100円のジュースを1本買うごとに1円分のポイントが貯まり、300円の惣菜をカードで買えば3円分のポイントが貯まることになります。
つまり、日常生活においてすべての買い物をオリコカードザポイントで購入すれば、その都度どんどんポイントを貯めることができるのです。

しかも、ポイントは日常的な買い物だけでなく、ネットショッピングでも同様に貯まります
たとえば、インターネットで1万円分の買い物をすれば100円分のポイントが貯まります。

しかも、「オリコモール」を経由してネットショッピングをすれば、通常のオリコポイントに加え0.5%分のポイントが加算されます。
これにより、先ほどの例からいえば150円分のポイントが貯まります。
オリコモールとは、オリコが独自で運営しているオンラインショッピングモールであり、Amazonや楽天といった定番のネットショッピングを利用することも可能です。

この他にも、電気代や水道代といった公共料金の支払いにオリコカードザポイントを利用すれば、毎月の支払額に応じたポイントをもらうことができます。
貯めたポイントは他社のポイントやギフト券、お食事券などに交換することが可能です。
生活における支払いをオリコカードザポイントにすることにより、お得なポイントをたくさん貯めることができるでしょう。

 

入会キャンペーン利用で大量のポイントを獲得

オリコカードザポイントでは、お得な入会キャンペーンを随時行っています
内容は時期によって変わるものの、2018年9月30日までに行われているキャンペーンを例に内容を見てみましょう。

オリコカードザポイントの入会キャンペーンは、「入会特典」と「キャンペーン参加特典」でできています。
2018年9月30日までのキャンペーンでは「最大8000ポイントが獲得できる」とあります。
しかし、これはオリコカードザポイントに入会するだけで8000ポイントがもらえるわけではありません。

キャンペーンの内訳をみてみると、「入会すると1000ポイント」「Start THE POINT キャンペーンとして合計5000ポイント」「マイ月リボ新規登録キャンペーンで2000ポイント」となっています。
これは、まずカードに入会するだけで1000ポイントがもらえます。

そして、Start THE POINT キャンペーンは条件が詳細化されており、まず「オリコカードザポイントのカードショッピングを10万円以上利用する」ことが必要です。
そのうえで、「対象の携帯電話料金の支払いをする」「アプリをダウンロードする」といった各項目をクリアすることで、合計5000ポイントがもらえます。

さらに、「マイ月リボ」に新規登録し、カードで合計10万円以上利用すると、もれなく2000ポイントがプレゼントされます。
これらの条件をすべてクリアすることで、入会キャンペーンの最高ポイントである8000ポイントが付与されるのです。
正直なところ、すべての条件をクリアすることはなかなか難しいため、必ずしも満額もらえるわけではない、ということが分かります。

 

入会後6カ月は還元率が2倍

嬉しい女性

オリコカードザポイントは、入会してからの半年間は「ポイント還元率が2倍」となります。

オリコカードザポイントは、入ってすぐに大きなメリットがあるというのは本当ですか?
ええ質問やな。このクレジットカードには、入ってすぐの6カ月間は、なんとポイントが2倍も貯まるという特徴もあるでぇ。
使うたびにポイントがザクザク貯まるから、大きな買い物をする直前に入るのがおススメや。

 

オリコカードザポイントに入会後6カ月間は、基本還元率に「入会加算ポイント」がプラスされて、2%もの高還元率になります。
つまり、通常は100円のものをカードで購入すれば1ポイントが付与されますが、入会後半年間は2ポイントが付与されるのです。

そのため、カード入会後の6カ月間に集中的に利用すれば、大量のポイントゲットにつなげることができるでしょう。
たとえば、引っ越しの予定があり、新居の荷物をたくさん購入する予定があるとします。

そのときにカード入会し、半年以内に新居の荷物をカードで買えば、驚くほどポイントを貯めることができるでしょう。
もちろんネットでの購入も対象なので、大型の荷物をネット購入する際にも、お得にポイントを貯めることができます。

 

オリコモール経由のネットショッピングでポイントアップ

ネットショッピングでもしっかりポイントが付与されるオリコカードザポイントですが、「オリコモール経由」のネットショッピングを使うことにより、さらにポイントがアップします。
これはオリコカードが展開している専用モールの「オリコモール」を使うことでポイントが付与されます。

ネットショッピングといえば、Amazonや楽天、Yahooショッピングなどを利用している人も多いでしょう。
そのためオリコモールは使わない、と考える人も多いかもしれません。

しかし、オリコモールは店の名前ではなく、あくまでAmazonや楽天へ招待してくれるサイトです。
まずはオリコモールを開き、ここからAmazonなどの大手サイトへ行って買い物をするだけで、獲得できるポイントが0.5%~最大15%もアップします。
しかも、入会後6カ月間は、クレジットカード決済で得られるポイントは2%です。

この時期にオリコモールを経由してネットショッピングをすれば、最大で17.5%ものポイントをもらうことができるのです。
オリコカードザポイントを持つならば、買い物はまずオリコモールを経由して購入できるかどうか考えた方が良いでしょう。
ここを経由して購入するかどうかで、もらえるポイントも大きく変わってきます。

 

国内外のパッケージツアーを会員価格で

オリコカードザポイントの会員は、「オリコ旅行センター」を利用すると、各旅行会社のパッケージツアーが安くなるメリットがあります。
有名な「JAL」や「ANA」といった国内外の旅行パックツアーが最大で8%も安くなるでしょう。

パックツアーの割引率(海外旅行ツアー)
・「レインボーツアー」が8%の割引
・「JALパック」「ANAハローツアー」が5%割引
・「ベストツアー」「スカイツアー」パッケージ旅行が3%割引

 

セブンカード・プラス会員の場合
・「JALパック」「ANAスカイホリデー」が5%割引
・「赤い風船」「トップツアー」などが3%割引

 

ここでは紹介しきれないほどのパックツアーで割引がされるため、旅行を計画する際はぜひ「オリコ旅行センター」をチェックしてみましょう。
さらに、H.I.Sと提携したパッケージツアーの紹介もあります。
ANAやJALと同じように旅行パッケージツアーを安く利用できるほか、H.I.Sでは格安航空券の購入サービスも利用できます。

国内外を問わず多くの航空券が用意されているので、飛行機を利用する際はオリコ旅行センターをチェックし、H.I.Sで格安の旅行券などを探してみましょう。
ちなみに数カ国回るような多数の旅行先を考えている場合、コールセンターが24時間日本語のサポート対応をしてくれるデスクサービスもあります。

 

電子マネーやiDとQUICPayをダブルで搭載

オリコカードザポイントには、電子マネー「iD」と「QUICPay」が搭載されています。
電子マネーが2種類も使えることは非常に便利であり、しかもこれらの電子マネーを使うことによりポイントを貯めることもできます。

iD」と「QUICPay」は使える店が違うことも多く、電子マネーを使いたいときもそれぞれに合ったカードなどを探す必要があるでしょう。
しかし、オリコカードザポイントならいずれの電子マネーも機器にかざすだけで瞬時に使うことができるため、会計時もスムーズになり手間がかかりません。

コンビニや駅の売店などで買い物をする際は、小銭が必要になることも多いでしょう。
そのようなシーンに電子マネーが対応できることは大変便利です。
しかも、こうした電子マネーで会計をした際も、しっかりとポイントを貯めることができます。

また、「iD」も「QUICPay」も「後払い方式」です。
事前にお金をチャージしておく必要はなく、使った分だけクレジットカード決済で引き落としされます。
そのため、いざ使おうと思ったときにカード残高が足りず、あせってしまうといったこともないでしょう。

ちなみに「オリコカードザポイントプレミアムゴールド」なら、「楽天Edy」や「Suica」にも対応しています。
これらの電子マネーは全国的にも多く普及しており、レストランやコンビニで幅広く使うことができます。
普段から電子マネーをよく使うという人は、プレミアムゴールドカードへの変更を検討しても良いでしょう。

 

ポイントの交換は500ポイントから

オリコカードザポイントで貯めたポイントは「オリコポイント」と呼ばれています。
これは通常100円ごとに1ポイントが加算され、1ポイント1円で交換することができます。

ただし、貯めたオリコポイントは「500ポイントから」交換が可能です。
たとえば300円分貯まったからすぐに何かと交換するということはできません。

また、オリコポイントを使えるようにするには会員サイトである「オリコポイントゲートウェイ」に登録する必要があります。
オリコポイントゲートウェイは、オリコポイントを貯めて利用するための会員サイトです。

カード番号を入力したあとは、基本的な個人情報を入力するだけで、簡単に会員登録ができます。
ここに登録した後、500ポイント以上のオリコポイントがあれば、さまざまなポイント交換をすることができるでしょう。

ただし、オリコポイントには失効期限があり、ポイントを獲得してから1年間という有効期限があります。
1年間の有効期限は長いようにも見えますが、何気なくカードを使い続けていたら、ポイントの有効期限が切れてしまっていた、ということもあるでしょう。
有効的にポイントを使うためには、1年のうち1度は必ずポイント残高をチェックすることが大切です。

 

豊富なポイントの交換先

ショッピング

貯めたオリコポイントは、実にさまざまなものと交換ができます。

まず人気な交換先としては「Amazonギフト券」があります。
また、貯めたオリコポイントを他社のポイントに移行することもでき、「Tポイント」や「楽天ポイント」などはとても人気があります。

これらは1000ポイントを貯めたら、そのまま1000ポイントの価値のある楽天ポイントなどと交換ができ、とても分かりやすくて便利です。
また、「iTunesギフトコード」「LINE ギフトコード」といったプレゼントにも使えるものにも交換が可能であり、「すかいらーくご優待券」や「ファミリーマートお買物券」など、日常生活で使いやすいものにも交換ができます。

さらに「マイル」に交換することもできます。ANAマイルは1000ポイントで600マイルに交換が可能であり、JALマイルは1000ポイントで500マイルと交換することができます。
いずれも移行手数料や参加登録料などは必要ありません。若干ANAマイルの方が、交換レートは高めでしょう。
オリコポイントを交換する際は、基本的に1ポイント1円の価値で交換することができます。

ただ、交換先によってはポイント数が決まっていることが多いです。
たとえば、ファミリーマートお買い物券は500ポイントで500円分のお買物券となり、700ポイントといった端数の交換はできません。

また、すかいらーくご優待券の場合は5000ポイントで5000円分のお食事券と決まっています。
貯めたポイントを交換する際は、ポイントの残高を確認し、そのときにきちんと交換できるものを選びましょう。

 

初年度からずっと年会費は無料

オリコカードザポイント年会費は無料です。
入会する際にも入会金といった費用は掛からず、2年目以降の年会費もずっと無料です。

そのため、「初めてクレジットカードを作る」といった方にもおすすめです。
初めてカードを持つ人の場合、カードを作ってはみたものの、実際にはあまりカードを使わないというケースもあります。
そうした場合、年会費の掛かるカードを保有してしまうと、カードを使いこなせていないのに年会費ばかり取られてしまうというデメリットがあります。

その点、オリコカードザポイントなら年会費は永年無料なので、とりあえず持っておいても損はしないカードでしょう。
しかも、このカードはオリコモールを経由してネットショッピングをするとザクザクポイントが貯まります。

そのため、ネット通販専用のカードとして1枚保有しておくのも良いでしょう。
オリコモールを経由して買い物をするだけで、最低でも0.5%のポイントが加算されます。
これは、年会費永年無料のカードとしてはとても珍しい特典です。

 

年会費・手数料不要のETCカード

オリコカードザポイントは「ETCカード」も年会費や発行手数料は不要です。
本体カードと同じように、ETCカードも年会費が永年無料で作ることができます。

他会社のクレジットカードの場合、そのカード自体は年会費が無料であっても、ETCカードに関しては発行手数料や年会費が掛かることもあります
その点オリコカードザポイントはすべて無料で作ることができるので、とてもお得です。

とくに、普段は滅多に高速道路を走らないといった方であれば、年会費の掛かるETCカードはもったいないでしょう。
オリコカードザポイントを作ると同時に、無料で作れるETCカードも申し込んでおくのがおすすめです。

しかも、ETCカードにおいても本体のカードと同様に、「100円につき1ポイント」のポイントが付与されます。
さらに、入会後6カ月間はポイントが2%にアップします。
長距離旅行などの予定があるのなら、その前にオリコカードザポイントのETCカードを作っておくと、効率よくポイントを貯めることができるでしょう。

オリコカードザポイントのETCカード申し込みは「eオリコサービス」のネット上から申し込むのが便利です。
カード本体が発行されたら、オリコカードの会員専用サイトであるeオリコサービスのサイトへ行き、そこから簡単にETCカードを申し込むことができます。

 

家族カードで効率よくポイント獲得

家族

オリコカードザポイントでは、年会費無料で「家族カード」を作ることができます。
家族カードとは、たとえば世帯主であるお父さんがオリコカードザポイントを持ったら、その妻や子供にも、同じようなオリコカードザポイントの家族カードが持てるというものです。

オリコカードザポイントの家族カードは、高校生を除いた18歳以上の家族であれば作ることができます。
そして、最大で3枚まで作ることが可能です。

家族カードのメリットには「支払い口座をまとめて管理できる」ことが挙げられます。
たとえば、大学生の息子がクレジットカードを初めて作りたいといったとき、親としてはカードを何に使うか不安なこともあるでしょう。
その点オリコカードザポイントの家族カードは支払い口座が同じなので、誰が何の用途でカードを使ったか、すぐに知ることができます。

また「家族カード利用でもポイントが貯まる」ことも大きなメリットでしょう。
家族1人1人が違うカードを持ってしまうと、カードで使う金額もある程度限られて、ポイントがなかなか貯まらないこともあります。
しかし、オリコカードザポイントの家族カードをそれぞれが持てば、家族がカードを使うごとに、ポイントは合算されてどんどん増やすことができます

また、家族カードの利用可能枠は、本人会員の利用枠の範囲内となります。
そもそも主要カードの利用枠が50万円だった場合、家族カードの利用枠も50万円以内です。

たとえば、主要カードですでに30万円を使っていた場合、残りの家族カードの利用枠は50万円から差し引いた20万円となります。
こうした面から見ても家族カードを作ることは、家庭内におけるカード利用の管理をしやすくなります。

 

シックなデザインで使いやすい

オリコカードザポイントのカードデザインは「シックで落ち着いている」印象です。
全体的にブラックで統一され、カードの右上にさりげなく「Orico Card THE POINT」と記載されています。

クレジットカードにはさまざまなデザインがありますが、オリコカードザポイントの場合、その中でも非常にシンプルであり、誰が持ってもおかしくないデザインでしょう。
どのような会計シーンにおいてもさりげなく出せるデザインのため、初めてカードを持つ人にもおすすめです。

財布の中に入れておいても光沢のあるブラックカードは存在感があり、どのカードか分からなくなるといったことはありません。
高級感もあるため、一見すると年会費無料のカードには見えません。老若男女問わず、誰が持っていても似合うカードデザインとなっています。

 

オリコカードザポイントの申し込み手順は?

オリコカードザポイントの申し込み手順は「オンライン申し込み」「郵送申し込み」からできます。

まずはオンラインの申し込みについて見ていきましょう。
オンライン申し込みは基本的に20歳以上の収入のある社会人の方であれば申し込みができるようになっています。

まずはオリコのホームページに行き、オリコカードザポイントの申し込み画面に進みます。
そこでは「氏名」「年齢」「住所」「勤務情報先」といった本人情報を記載するので、間違えないよう正確に入力していきましょう。
その後は申込内容に基づき、オリコで審査が行われます。この際、申し込みをした数日後にオリコから「在籍確認」の電話が職場などに掛かってくることがあります。

これは記載した情報が本当に正しいかどうか、カード会社の多くが行っている確認作業です。
このような審査が行われたあと、無事に審査を通過すればカードが送られてきます。

 

もう一方の「郵送申し込み」は、社会人の人が申し込んでも構いませんが、基本的には学生や未成年の方が対象となります。
学生や未成年の場合、親の同意書といった書類が必要となるため、ネットからではなく郵送申し込みが必要なので注意しましょう。

郵送の申し込みも、まずはネットで「オリコのホームページ」に行き、オリコカードザポイントの申し込み画面に進みます。
そこで必要事項を入力すると、後日「必要書面」が自宅に届きます。

書面に必要事項を記入し、本人確認書類や口座振替依頼書、親権者同意書などを同封して返送しましょう。
その後は在籍確認の電話などが掛かってくることもありますが、無事に審査を通ればカードが発送されます。

また、オリコカードザポイントの申し込みは、引き落とし口座をオンラインで指定する方法と郵送で指定する方法があります。
契約者と口座名義人が同じである場合、引き落とし口座をオンラインで指定できることが多いでしょう。
しかし、そうではなかったり、提携している金融機関以外の銀行だったりする場合は、郵送での口座指定となります。

オリコカードザポイントの審査からカード発行までは、平均で2~3週間かかることが多いようです。
即日で発行できるクレジットカードもある中、この期間は比較的審査に時間が掛かるといえるでしょう。

 

UPtyってオリコカードザポイントとどこが違うの?

考える女性

オリコカードザポイントには「UPty(アプティ)」という類似カードも存在します。
アプティも年会費は永年無料ポイント還元率や、入会後の半年間はポイントが2倍になるといったことも同じです。

では、アプティとオリコカードザポイントの違いは何かというと、アプティは「リボ払い専用カード」です。
オリコカードザポイントでも支払い方法をリボ払いにすることはできますが、この場合リボ払い手数料が掛かります。

しかしアプティの場合は最初からリボ払い専用のカードなので、この手数料が掛かりません。
リボ払いの最大の特徴は、毎月の返済金額を利用者が自分で決められることです。
毎月の支払額を一定化することにより、カードの返済計画が立てやすくなるでしょう。

しかも、最低返済額(ミニマムペイメント)以上であれば、増額も減額も返済額をweb上から簡単に設定できます。
リボ払いと聞くと、一括での支払いよりかは手数料などが掛かるイメージもあります。

しかし、支払いに余裕があるときには、コンビニや金融機関のATMなどからいつでも追加で支払いをすることが可能です。
自分の都合により返済金額を自由に調整できるため、支払い負担がそれほど重いことはないでしょう。

また、アプティでMasterCardブランドを選んだ場合、「Mastercard Taste of Premium 」が自動付帯されます。
これはオリコカードザポイントにはない特典であり、国際線を利用したときに手荷物復路宅配サービスが利用できたり、空港クロークで優待サービスが受けられたりします。

 

プレミアムゴールドはどんなカード?

オリコカードザポイントには、ワンランク上のカードとして「プレミアム ゴールド」カードがあります。
このオリコカードザポイントプレミアムゴールドは、年会費が1,950円(税込み)掛かるものの、特典内容はオリコカードザポイントよりも充実しています。

しかもインビテーションなしで作れるゴールドカードなので、内容を検討してランクアップさせるのも良さそうです。
まず「付帯ポイント」に関してですが、ゴールドカードでも100円使用ごとに1%のポイントがつきます。

また、クレジットカード払い、電子マネー払いともに「追加ポイント」があるのが特徴です。
オリコモールを経由したショッピングを利用した場合、オリコカードザポイントでも通常のオリコポイントにプラスして0.5%のポイント加算がありますが、ゴールドカードの場合「1.0%」分のオリコポイントが特別加算されます。

また、リボ払いを選択した場合も、特別加算として0.5%のポイントがつきます。

さらに、オリコカードザポイントと同じように「iD」と「QUICPay」の2種類の電子マネーが搭載されていますが、ゴールドカードの場合は利用ごとに0.5%のポイントが加算されるのです。
つまり、オリコカードザポイントよりもポイントが貯まる割合が非常に高く、主要カードとして日々使うことにより、驚くほどポイントを貯めることができるでしょう。

また、オリコカードザポイントには旅行付帯や会員特別優待といったサービスは付帯されていません。
しかし、ゴールドカードの場合は最高で2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯され、「Orico Club Off」という国内外の商業施設で利用が可能な優待サービスを受けることができます。

 

Orico Club Offの優待の中身は?

オリコカードザポイントプレミアムゴールドになると「Orico Club Off」の会員特典や優待を受けられます。
この「Orico Club Off」は、プレミアムゴールド会員専用の優待サービスです。
国内外におけるホテルやレストラン、レジャー施設などの利用がお得になったり、会員限定のサービスを受けられたりします。

たとえば、リゾートメニューを見てみると、国内における1万6000件以上の宿泊施設を特別価格で利用できます。
しかも宿泊施設によっては利用料金が90%OFFになることもあり、非常にお得です。
海外においても全世界およそ7万5000件以上の宿泊施設が対象であり、旅行やビジネスで宿泊を検討する際に利用しない手はないでしょう。

そしてレジャーメニューでは、全国およそ600カ所にもおける遊園地やテーマパークで優待を受けることができます。
映画や美術館といった娯楽施設でも利用できることがあり、割引価格は75%におよぶケースもあります。

さらにライフメニューとして、全国4万店以上の飲食店やホテルなどのサービスを受けることも可能です。
スポーツクラブを特別価格で利用できたり、宅配メニューをお得に注文できたりと、日常生活におけるサービスの優待を受けることができます。

このように、Orico Club Offのサービスは、日常生活で多くの出番もあるでしょう。
プレミアムゴールドカードは1,950円の年会費が掛かるものの、それだけを支払えばこうしたサービスが無料で付帯されるため、プレミアムゴールドカードへ切り替えを検討するのもおすすめです。

 

オリコカードザポイントの申し込み資格は?

オリコカードザポイントの申し込み資格は?

オリコカードザポイント、そしてオリコカードザポイントUPtyの申し込み資格は、原則として高校生を除いた18歳以上の方であれば申し込みが可能です。
クレジットカードのなかでは比較的加入しやすく、主婦やフリーターといった方でも申し込みが可能です。

正社員など安定した収入のある方のほうが審査は通りやすいものの、返済履歴に過失があるといった方でなければ、審査に通ることが多いでしょう。
申し込み時にキャッシング枠をどうするか記載する必要がありますが、主婦やフリーターの方であればキャッシング枠をゼロにすることにより、審査がより通り安くなることもあります。

そしてオリコカードザポイントプレミアムゴールドの申し込み資格は、原則として年齢が20歳以上で安定した収入がある方です。
一般的にゴールドカードというのは、まずは普通のカードを作り、そのクレジットカードヒステリーに問題がない方が作るケースが多いです。

オリコカードザポイントプレミアムゴールドの場合、一般カードを飛ばしていきなりゴールドカードの申し込みも可能ですが、それにはやはり「安定した収入」が条件となります。
高収入でないと加入できない、といったことはありませんが、フリーターや主婦といった立場の人では難しく、正社員などの安定した収入がないとカードが作れないこともあるでしょう。

 

審査難易度は高くない

オリコカードザポイントと、UPtyのカード審査難易度は高くありません
高校生を除く18歳以上の方が対象であり、安定した収入のある方ならほぼ間違いなくカードを作ることができるでしょう。

また、アルバイトで生計を立てている方や、主婦といった方でも作ることができます。
専業主婦の場合は本人に収入がないことになりますが、配偶者に安定した収入があれば審査を通ることができるでしょう。

またゴールドカードの場合は、オリコカードザポイントとUPtyに比べると審査基準が厳しくなります
ゴールドカードの場合、本人の収入が問われることになるので、審査通過が難しくなるケースもあるでしょう。
主婦やフリーターといった立場だとゴールドカードの審査を通過するのは難しいです。

また、どのカードであれ、過去に「金融事故」を起こしているケースは審査が通らないことが多いです。
これは、他社のカードでキャッシングなどをし、返済できなかった、自己破産をしたといった金融事故があるケースです。
オリコカードザポイントは比較的審査の通りやすいカードですが、万が一審査が通らなかったという場合は、過去に金融事故を起こしていないか振り返る必要もあるでしょう。

 

審査は早いが即日発行は無理

オリコカードザポイントはオンラインで申し込みをすることができ、平日19時までに申し込み手続きをすれば、すぐに自動審査が行われます
自動審査の結果は最短で25分で終了し、メールで審査結果が報告されるでしょう。
そのため、平日の夕方までに手続きをすれば、カードが作れるかどうか簡単に判断することができます。

しかし、本格的な審査は人による手続きで行われるため、メールで審査結果が出たとしても、すぐにカードが発行されるわけではありません。
本審査では本人確認をしたり、記載されている情報が正しいかどうか在籍確認の電話を入れたりするため、カードの発行までは最短でも8営業日かかります。

実際にオリコカードザポイントを作った人の情報では、カード申し込みから発行まで2週間近くかかることも多いようです
そのため、カードを使いたい時期があらかじめ決まっているならば、余裕を持ってその時期の2週間前には申し込みをした方が良いでしょう。

 

オリコカードザポイントの付帯保険は?

オリコカードザポイントとリボ払い用のUPtyには、旅行傷害保険は一切付帯していません。
海外でも十分使えるカードですが、旅行に関する傷害保険等は別で加入しておく必要があるでしょう。

しかし、「紛失・盗難保険」は付帯されています。
これは、カードが第三者によって不正に使われてしまったり、盗まれて使用されたりしたときに、届け出をした日から60日前までにさかのぼって、不正使用された損害をカード会社が負担してくれるものです。
不正使用が発覚したら、すぐにオリコカードの紛失・盗難受付ダイヤルに連絡をしましょう。

また、「プレミアムゴールド」には紛失・盗難保険が付帯されているのはもちろん、「旅行傷害保険」がついています。
海外旅行傷害保険は最高で2,000万円国内旅行傷害保険も最高で1,000万円まで補償されます。
年会費1,950円のカードにしては、とても手厚い補償内容といえるでしょう。

また、ショッピングガードの補償もついています。
これは購入した商品が破損や盗難災害などの偶発的な事故にあった際、購入してから90日以内であれば年間最高100万円まで補償されます。

 

ポイントの有効期限に注意

オリコカードザポイントで獲得したオリコポイントは、有効期限が「12カ月」しかありません
せっかくポイントを獲得しても、1年以内に使わないと失効することになります。
しかも、キャンペーンなどで獲得した特別ポイントには、有効期限がさらに短い6カ月といったものもあるでしょう。

オリコカードだけでなく、ポイントが付与されるクレジットカードのなかには、ポイントに失効期限がついているものも多くあります。
しかし、カードを使うたびに有効期限がのびるといったカードも存在します。オリコカードザポイントの場合、残念ながらそのようなシステムはありません。
たとえば、5月に10万円分カードを使って1000ポイントを貯めても、翌年の5月までにポイントを使わないと、1000ポイントを失効してしまうことになるのです。

そのため、あまりにもポイント集めに執着してポイントを使わないままでいると、1年が経過したポイントは順次失効してしまいます。
そうしたことがないよう、貯めたポイントは随時交換手続きを行い、有効期限内に使うようにしましょう。

 

ポイント管理はスマホアプリで

オリコポイントは1年しか有効期限がないため、気をつけて自己管理をしておかないと失効することもあるでしょう。
そこでおすすめなのが「スマホアプリ」の活用です。

オリコポイントゲートウェイ」アプリは、ネット上で簡単にオリコポイントの残高や有効期限、獲得履歴などが分かるアプリです。
iPhoneでもAndroidでも簡単にダウンロードができ、アプリを入れておくことでポイントの失効などを防ぐことができるでしょう。
キャンペーン等で獲得したさらに失効期限が短いポイントも、アプリを入れておくことにより「有効期限が1カ月以内のポイント」などと表記してくれるので、ポイントの使い忘れを防ぐことができます。

オリコポイントゲートウェイのアプリを使うには、まずは「eオリコサービス」に会員登録をしましょう。
その後はeオリコサービスの会員IDとパスワードにより、スムーズにオリコポイントゲートウェイに登録ができます。

この登録が完了したのち、ApplestoreやGoogleplayストアからオリコポイントゲートウェイのアプリをダウンロードして利用ができます。
このアプリはポイントの残高を調べるだけでなく、その場でスムーズにポイント交換もできるため、利便性がとても高いです。

 

Amazonや楽天市場の利用が多い人にはおすすめ

OK

オリコモール経由でAmazonや楽天市場を利用すると、非常に多くのポイントが貯まります。
ネットショッピングにおける2大ブランドのAmazonと楽天でたくさんのポイントが貯まるのは、オリコカードザポイントの大きな特徴です。

まず、オリコカードザポイントにはオリコモールを利用するだけで0.5%の上乗せポイントがあります。
これに基本還元率の1%が加わり、Amazonの利用で0.5%がさらに加算されるので、合計の還元率は2%になるでしょう。
これは楽天も同じであり、しかも、楽天の場合は加算されるポイントが0.5%から最大で14%と、ショップによって加算率がさらにアップします。

また、オリコカードザポイントの入会後半年間は基本還元率が2%になります。
これをベースにAmazonで6万円の品物を購入したと考えてみましょう。

この場合、基本還元率は2%、オリコモール利用でプラス0.5%、Amazon利用でプラス0.5%の合計3%のポイント還元率となり、6万円の買い物をすれば、1,800円相当のポイントが付与されることになります。
楽天市場ではさらに楽天利用分のポイントが上乗せされる可能性もあるため、還元率はさらに上がる可能性があります
普段からAmazonや楽天市場での買い物が多い人は、オリコカードザポイントを使ってネットショッピングをすることにより、驚くほどポイントを貯めることができるでしょう。

 

ApplePayに設定すればスマホだけで買い物OK

オリコカードザポイントはApplePayに対応しています。
そのため、持っているスマホにApplePayがインストールされていれば、支払いがとても簡単になるでしょう。
現金を持ち歩かなくて済むのはもちろん、オリコカードザポイント自体を持ち歩かなくても、QUICKPay対応の店であれば買い物が可能になります。

オリコザカードポイントには電子マネー「iD」と「QUICPay」が搭載されているため、Apple Payで「クレジットカード決算」にするか「iD」か「QUICPay」の電子マネーを利用するか、3つの選択肢から選ぶことができます。
しかも、ApplePayで買い物した分のポイントは、しっかりと加算されます。
ApplePayはアップル社が提供している決算アプリです。
持っているスマホがアイフォンであれば、多くの場合無料でダウンロードできます。
アプリをインストールするだけで、クレジットカードや電子マネーの決済ができるでしょう。

現金もカードもいらない支払い方法なので、スマホさえあれば簡単に買い物ができます。
これは、たとえばランニングなどで余計な荷物を持ちたくないときでも、スマホがあればコンビニで飲み物が買えるといった使い方ができ、とても便利です。

 

ポイント交換がスピーディーにできる

オリコカードザポイントは「ポイント交換に時間がかからない」ことが魅力の1つです。
他社のクレジットカードでも、貯めたポイントを他のポイントに交換はできるのですが、この交換手続きに時間が掛かることがあります。

しかし、オリコカードザポイントの場合、ポイント交換は即時発行で行えるため、使いたいときに必要なポイントと交換ができるので大変便利でしょう。

たとえば、オリコポイントを交換してAmazonギフト券に変えるとします。
交換方法は、オリコポイントゲートウェイのサイトか、ゲートウェイアプリを利用します。
そこから「ポイント交換」を選び、Amazonギフト券を選択、あとは交換できるポイント数を選ぶだけです。

その後はメールやSMSを使った本人認証があります。
そこにメールなどで送られてくる番号を入力したら、手続きは終了です。

これだけで、交換したポイント分のAmazonギフト券をすぐに保有できます。
Amazonで買い物したいとき、その場ですぐにポイントをギフト券に交換し、すぐにネット上で買い物ができるためとても便利です。

こうしたリアルタイムでのポイント交換は、AmazonだけでなくTポイントやiTunesギフトコード、JALやANAマイルでも可能です。
ギフトカードやお買物券といった郵送で送られてくるものは時間が必要なケースもありますが、多くのポイント交換においては即時発行が可能でしょう。

 

ブランドものや化粧品をネット購入する人におすすめ

オリコモールは多くのポイントがもらえるお得なサイトですが、とくに「ブランド品」や「化粧品」の購入には加算されるポイントが多いこともあります。

オリコモールで購入できる商品は多種多様にそろっており、もはやオリコモールで取り扱っていない商品はないといえるほどです。
そのなかでも女性に人気のある化粧品やファッション用品、ブランド品は品数や種類が大変豊富です。
このような商品はポイント付与が高いものが多く、「いまだけポイント10%アップ」といった特典が多いのも特徴です。

また、ポイント加算だけでなく、商品としての価格も「70%オフ」などのセールが随時行われており、品物によってはそのブランド品すべてが5割引で売られているといったこともあるでしょう。
化粧品やブランド品の購入を考えているのなら、まずはオリコモールでチェックするのがおすすめです。
希望していた商品が大特価で売られていたり、大きなポイント加算があったりするかもしれません。

 

まとまった金額の支払いでの利用がベスト

グッド

ポイントがたくさん貯まるオリコカードザポイントでは、まとまった金額の支払いに利用するほど、多くのポイントを貯めることができます。
たとえば、毎月少しずつカード払いをしてもポイントを徐々に貯めることはできますが、大きな買い物があるときにまとめて支払った方が、キャンペーン中などはさらに大きなポイントを貯めることができるでしょう。

とくに、入会後6カ月間はポイントが倍付になります。
そのため、出産費用の支払いや、結婚費用、引っ越し費用など、大きな出費があるときに計画的に入会すると、非常にお得になるのです。

しかも、買い物に必要なものをオリコモール経由でネット購入すれば、2倍の基本ポイントやモール経由ポイントはもちろん、店舗利用の特別加算ポイントまで付与されることもあります。
購入金額とポイント付与の内容によっては、1万円以上のポイントが加算されることも少なくありません。
オリコカードザポイントは、加入時と購入時を計画的に合わせることでポイントをザクザク貯められるでしょう。

 

まとめ

オリコカードザポイントは、ポイント集めに非常に特化したカードです。
年会費は永年無料なのに、100円使うごとに1ポイントが付与される高い還元率が特徴です。

そのため、すでにクレジットカードを保有している人でも、とりあえず作っておいて損はしないカードでしょう。
とくに、イオンモールを経由したネットショッピングではさらにポイントが加算されるため、普段からネットショッピングが多いという方にはおすすめです。

また、オリコカードザポイントの魅力は、ポイントが貯めやすいだけではありません。
AmazonやTポイント、楽天ポイントなどポイントの交換先が非常に多く、交換レートもとても高いのが特徴です。

貯まったポイントを交換するにも即時発行が可能であり、持っているだけでも普段の生活に役立てることができるでしょう。
オリコカードザポイントをまだ持っていない方はぜひ作り、ポイントをどんどん貯めてお得に利用していきましょう。