デポジット型ライフカード ゴールドの口コミ・評判と入会金/審査や特典等全まとめ

ゴールドカードだけど審査に通りやすい!
ワンランク上のデポジット型クレジットカード

デポジット型ライフカード ゴールド
  • Master

数少ないデポジット型のクレジットカードであるデポジット型ライフカードのゴールドカードが、デポジット型ライフカード ゴールドです。

ゴールドカードといえば「審査に通るのが難しい」というイメージがありますが、最初にデポジット(保証金)を支払うことで審査の難易度は下がります。

「いつかはゴールドカードが欲しい!」という方は、デポジット型ライフカード ゴールドを検討してみてはいかがでしょうか?


スタンダードなデポジット型ライフカードについてはこちらをご覧ください。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費(初年度) 10,000円(税抜) 2年目以降は口座振替
限度額・保証金によっては20,000円(税抜) (10,000円(税抜)) 初年度は代金引換
限度額・保証金によっては20,000円(税抜)
審査/発行 最短3営業日
利用限度額 20万円~190万円
ポイント還元率 0.5~3.3%
デポジット型ライフカード ゴールドを公式サイトでチェック

デポジット型ライフカードの比較

大まかな特徴はデポジット型ライフカードと共通なので、ここでは一般カードとの違いを見ていきましょう。

初期費用

券種 一般カード ゴールドカード
年会費(税抜) 5,000円 10,000円 20,000円
申し込み資格 日本国内にお住いの20歳以上で、電話連絡が可能な方
国際ブランド MasterCard
限度額 10万円
  • 20万円
  • 30~90万円
100~190万円
保証金必要額 10万円
  • 20万円
  • 30~90万円
100~190万円
付帯保険
  • 国内・海外旅行傷害保険
  • シートベルト傷害保険
  • 国内・海外旅行傷害保険
  • シートベルト傷害保険
  • ショッピングガード保険
ETCカード 発行可能(年会費無料)

ゴールドカードだけあって、年会費は一般カードと比べて高額になります。

さらにデポジットが20万円以上なので、カード受け取り時に支払う金額は21万円(税抜)以上になります。

高額ではありますが、デポジットが上がったことで、限度額も最高190万円に引き上げられています。

 

ゴールドカード内でもサービスが違う

表を見てわかるとおり、ゴールドカードの中でも限度額・デポジットが「20万円」「30~90万円」「100~190万円」の3種類に分かれています。

おおまかなサービス内容は同じですが、「100~190万円」のみロードサービスが追加されます。

 

保険内容

ゴールドカードだけあって、保険内容はとても充実しています。

ゴールドカードの保険内容

海外旅行傷害保険(自動付帯)
対象 本人会員 ご家族
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
傷害治療費用 最高300万円/1事故 最高150万円/1事故
疾病治療費用 最高300万円/1疾病 最高150万円/1疾病
賠償責任 最高1億円/1事故(免責金額なし) 最高5,000万円/1事故(免責金額なし)
携行品損害 最高40万円/1事故 最高20万円/1事故
免責3,000円 免責3,000円
救援者費用 最高300万円/1年間 最高100万円/1年間
国内旅行傷害保険(自動付帯)
傷害死亡 最高1億円 最高1,000万円
傷害後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
入院日額 10,000円(フランチャイズ7日) 5,000円(フランチャイズ7日)
通院日額 4,000円(フランチャイズ7日) 2,000円(フランチャイズ7日)
手術保険金 入院中に受けた手術:入院保険金日額×10倍
上記以外に受けた手術:入院保険金日額×5倍
シートベルト傷害保険
補償内容 日本国内で自動車搭乗中にシートベルトを着用していた場合の事故を補償 -
※急激かつ偶然な外来の事故による傷害に限る -
死亡 200万円 -
重度後遺障害 200万円 -
ショッピングガード保険(動産総合保険)
年間補償限度額 200万円
免責3,000円

 

一般カードの保険内容

海外旅行傷害保険(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高200万円/1事故
疾病治療費用 最高200万円/1疾病
賠償責任 最高2,000万円/1事故(免責金額なし)
携行品損害 最高20万円/1事故
免責3,000円
救援者費用 最高200万円/1年間
国内旅行傷害保険(利用付帯)
傷害死亡 最高1,000万円
傷害後遺障害 40万円~1,000万円
入院日額 5,000円(フランチャイズ7日)
通院日額 3,000円(フランチャイズ7日)
シートベルト傷害保険
補償内容 日本国内で自動車搭乗中にシートベルトを着用していた場合の事故を補償
※急激かつ偶然な外来の事故による傷害に限る
死亡 200万円
重度後遺障害 200万円

大きな違いは、ゴールドカードのほうが補償金額が高く、さらにショッピングガード保険が付帯している点です。

一部は家族特約も付いているので、カード会員ではない家族のアクシデントにも備えることができます。

お申し込みはこちらから
デポジット型ライフカード ゴールドを公式サイトでチェック

スペック表

基本情報

国際ブランド
  • Master
申込資格

日本国内にお住まいの20歳以上で、電話連絡が可能な方。

審査/発行 最短3営業日
年会費 初年度 10,000円(税抜) 初年度は代金引換 限度額・保証金によっては20,000円(税抜)
2年目以降 10,000円(税抜) 2年目以降は口座振替 限度額・保証金によっては20,000円(税抜)
家族カード 初年度 取り扱い無し -
2年目以降 取り扱い無し -
ETCカード 初年度 無料 -
2年目以降 無料 -
発行手数料 無料 -
特典 -
法人追加カード 年会費 -
引落し口座 -
追加カード枚数 -

利用枠・支払い

利用限度枠 ショッピング 20万円~20万円 支払い方法 1回払い
キャッシング 公式サイト参照 2回払い -
利率 ショッピングリボ
公式サイト参照
ボーナス払い -
リボ払い -
キャッシング
公式サイト参照
分割払い -
その他 -
締め日 毎月5日 支払日 当月27日(翌月3日と選択可)

電子マネー

電子マネー -

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 LIFEサンクスプレゼント
付与率 1,000円 = 1ポイント
ご利用金額に応じて1,000円=最大2ポイント 入会後1年間は1,000円=1.5ポイント お誕生日月はポイント5倍
有効期限 2年間
毎年繰り越し手続をすることで、最大5年間有効
還元率 0.5~3.3% 最低交換条件 100ポイント
交換・還元方法 他社ポイント・マイルへの移行、カタログギフト、Vプリカに交換など
ポイントモール名 L-Mall(エルモール)
提携ネットショップ Yahoo!ショッピング/ベルメゾンネット/JALショッピング/シャディ/セシール/高島屋オンライン/ニッセン/ディノスオンラインなど

キャッシュバック

キャッシュバック機能 -

マイレージ

主な交換・移行可能マイレージ ANA
交換・還元率 300ポイント = 900マイル 最低交換単位 300ポイント以上/100ポイント単位
移行手数料 無料 移行日数 約1ヶ月

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険 最高1億円 (自動付帯) ショッピング保険 年間200万円まで
国内旅行傷害保険 最高1億円 (自動付帯)
ネット不正利用保険 - 航空便遅延保険 -
その他の保険・補償 カード会員保障制度

引落し対応

電気 北海道電力/東北電力/東京電力/中部電力/北陸電力/関西電力/中国電力/四国電力/九州電力/沖縄電力
ガス 仙台市ガス局/千葉ガス/大多喜ガス/東京ガス/大阪ガス/大和ガス/西部ガス
水道 東京都水道局/横浜市水道局/浜松市上下水道部/福岡市水道局/長崎市上下水道局
新聞 朝日新聞/毎日新聞/産経新聞/北日本新聞/中国新聞/南日本新聞
携帯電話・PHS NTT docomo/au/SoftBank/Y!mobile
固定電話 KDDI/フュージョンコミュニケーションズ
インターネットプロバイダー -
受信料 NHK/スカパー!/WOWOW
その他 国民年金保険料/toto購入など

空港サービス

空港ラウンジ
利用
国内 - プライオリティ
パス
国内 -
海外 - 海外 -

ロードサービス・ガソリン代特典

ロードサービス -
ガソリン代特典 スタンド -
特典内容 -
デポジット型ライフカード ゴールドを公式サイトでチェック

このカードが掲載されているページ

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。