JCBカードの解約方法と解約前に確認すべき5つのポイントを解説!

JCBカードの解約

この記事でわかること

JCBカードを解約する前の確認事項

JCBカードの解約方法

解約後に必要なこと

JCBカードは利用している方も多いクレジットカードの一つですが、「ワールドワイドで利用できるクレジットカードを検討したい」「あまり利用しなくなった」などの理由から、解約を考える方もいるかもしれませんね。

しかしいざJCBカードを解約しようと思ったとき、以下のような疑問を持つ方もいるのではないでしょうか?

「JCBカードの解約ってどうするんだろう?」
「支払い残高がまだ残ってるけど、解約できるのかな?」
「解約すると貯まったポイントってどうなるのかな?」

そんな方のために、今回はJCBカードの解約方法と解約する前にしておくべき準備をまとめてご紹介していきます!

美咲

解約する前に確認することはポイントだけではありません。
損しないように準備して解約を申し込みましょう。

JCBカードの解約前に要チェック!5つの確認事項

まずはJCBカードを解約する前に確認しておくことから見ていきましょう。

  • 支払い残高がある場合の解約
  • 各種サービスの支払い方法を変更しておく
  • Oki Dokiポイントを使いきる
  • 年会費を支払ったばかりではないか
  • 利用している追加カードや付帯サービスがないか

1.支払い残高がある場合の解約

JCBカードは利用残高があっても解約することができます。
「ショッピング枠」や「キャッシング枠」などの利用残高が残っている場合は、解約後にカード会社から利用明細書が発行され、完済するまで口座から自動振替がされます。

しかし「解約後の支払いが面倒……」「きれいさっぱり解約したい」という方は、きちんと完済をした後に解約するとよいでしょう。

支払い残高の確認は、JCB会員専用WEBサービス「MyJCB」から確認ができます。

 

2.各種サービスの支払い方法を変更しておく

JCBカードを解約する前に、公共料金や携帯電話の支払い先を変更する必要があります。
カードの解約をしても支払い先を変更しないままでいると、カード残高が確認できず料金の支払いが滞ってしまう可能性があるのです。

そのようなトラブルを防ぐためにも、JCBカードを解約する前に必ず支払い先を変更しておきましょう

 

3.Oki Dokiポイントを使いきる

JCBカードの利用で貯まる「Oki Dokiポイント」は、残念ながら解約と共に消滅してしまいます

Oki Dokiポイントは、お買い物や他ポイントの交換に利用することが可能なお得なポイントです。

ポイントの主な使い道は以下のとおり。

Oki Dokiポイントの使い道の一例
  • Amazon.co.jpでOki Dokiポイント1ポイントから利用可能
  • スターバックスカードへ1ポイントからチャージが可能
  • ANA・JALマイルへの移行
  • dポイント、楽天ポイント、nanacoポイントへの交換

ANA・JALマイルへはOki Dokiポイント1ポイントにつき3マイルへ移行することができます。

たとえカードを利用していなくても、入会後の特典としてポイントが貯まっている可能性があります。

そのため、JCBカードを解約する前にポイントが残っていないか「MyJCB」で確認しておきましょう。

 

4.年会費を支払ったばかりではないか

JCBカードを解約する前に、年会費がかかるタイミングを確認しておきましょう。

JCBカードではカード有効期限月の月末までに解約した場合、次回の年会費はかかりません。

もし年会費を支払ってすぐのタイミングで解約を検討しているのであれば、次の年会費がかかるまで持ったほうがよさそうです。

 

5.利用している追加カードや付帯サービスがないか

JCBカードには「家族カード」や「ETCカード」を追加することができます。
本会員のカードを解約してしまうと、これらの追加カードも使えなくなってしまうので気をつけましょう。

また、JCBカードは国内・海外旅行傷害保険が付帯されています。
旅行傷害保険は他のカードと合算できる付帯内容もあるので、複数枚持っておくと安心です。

さらにJCBカードの場合、海外での利用でOki Dokiポイントが2倍付与されるメリットもあるので、特に海外へ行く予定があるのであればひとまず解約を保留するのもよいでしょう。

JCBカードの解約方法

JCBカードはインターネット、もしくは電話で解約手続きを行うことができます。

インターネットでの解約

インターネットで解約する場合
  1. JCB会員専用WEBサービス「MyJCB」へログイン
  2. トップ画面上部のメニューから「お客様情報の照会・変更」を選択
  3. 「お客様情報の変更」を選択
  4. 「退会手続きの前に、ご確認ください。」の内容を確認後、「次へ」を選択
  5. 最後に解約するJCBカードと退会理由にチェックを入れ、「退会する」を選択

ETCカードや家族カード、QUICPayを解約する場合も、「MyJCB」からの解約となります。
その場合は「お客様情報の変更」をした後、ページ最下部にある「JCBカードの退会に関するご案内」を選択します。

注意事項

ETCスルーカードNなど、MyJCBから解約することができないカードもあります。
その場合は、電話で解約手続きを行いましょう。

 

電話での解約

電話で解約の手続きをする場合
  1. 解約するJCBカードと利用明細書を用意し、「JCBインフォメーションセンター」へ連絡
  2. 自動音声に従い、「カード退会」のメニュー番号を選択
電話での解約手続きには、カードの暗証番号が必要ですが、わからない場合は「生年月日」と「JCBに登録している電話番号」でも手続きが可能です。

電話での解約について

「JCBインフォメーションセンター」の営業時間は、9:00~17:00(年中無休)となっています。

 

JCBカードの解約についての疑問を解決

カードの契約者が死亡した場合の解約

カード契約者が死亡した場合も、解約手続きが必要となります。
解約するカードを手元に準備し、カード裏面に記載されているカード発行会社の連絡先へ電話しましょう。

もし公共料金など継続的に支払っているカードがある場合は、解約手続きの前に各サービスへ連絡し、支払い方法の変更をします。

利用残高の支払いに関しては、法定相続人、受遺者、遺言執行者、相続人の法定代理人(親権者や成年後見人など)または相続手続きを受任された弁護人や司法書士の方からカード発行会社への連絡が必要です。

もちろん遺族の方はこのカードを利用することはできないので、間違っても使うことのないようにしましょう。

補足説明

手続きの際に、「戸籍謄本」「住民票(除票)」「死亡診断書」などの公的書面の提出が必要になる場合があります。

 

法人カード・プレミアムカードの解約

一般カードの場合は、インターネットや電話で解約手続きをすることができますが、JCBの法人カードや以下のプレミアムカードの場合、解約方法は電話のみです。

電話解約の対象カード
  • JCBザ・クラス
  • プラチナ
  • ゴールド ザ・プレミア
  • ゴールド
  • ネクサス

カード裏面に記載されているカード発行会社の連絡先へ問い合わせをする必要があります。

 

解約金の有無

JCBカードを解約する場合は、基本的に解約金は発生しません。

しかし「JCB CARD EXTAGE」「JCB GOLD EXTAGE」は、JCB一般カードまたはJCBゴールドへの更新時(入会から5年後)までに解約する場合、解約金2,200円(税込)が発生します。

そのため解約金が発生しない更新後に解約するのがおすすめです。

 

解約後にするべきこと

カードの解約後は誤って利用したり不正に使われることを防ぐために、ハサミを入れて処分する必要があります。

特に、個人情報が詰まったカードの磁気部分やICチップのところには入念にハサミを入れ、細かく切り刻んでおきましょう。

クレジットカードの解約後の処分

 

まとめ

JCBカードの解約方法は「インターネット」と「電話」の2つ

解約するタイミングは、カードの有効期限月の月末までの解約がおすすめ

解約後は、カードの磁気部分にハサミを入れて処分

今回はJCBカードの解約についてご紹介してきました。

解約方法はインターネットと電話の2パターンがあり、カードの種類やランクによって手続き方法が異なるので、解約をするJCBカードに合う手続きを行いましょう。

また公共料金や携帯電話の支払いに解約をするカードを利用していないか、ポイントは貯まっていないかなど解約前に確認しておくことで、スムーズに解約することができます。

この記事を参考に、心置きなくJCBカードの解約をしてください。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。