プライオリティ・パス付きクレジットカード比較

海外の空港ラウンジでゆったり過ごすならプライオリティ・パスは必須!
【迷ったらコレ!】 三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAカードのなかでも、最高クラスのステータスを誇るクレジットカード。
プライオリティ・パスの無料付帯はもちろん、国内主要空港ラウンジを利用する際、同伴者1名を無料にすることもできます。

の公式サイトでチェック

プライオリティ・パスとは

「プライオリティ・パス」とは、カードの名前であると同時に企業の名前でもあります。

プライオリティ・パス企業が世界中の空港にラウンジを作って運営をしている、といえばイメージできるのではないでしょうか。

このプライオリティ・パスを持っていれば、日本だけでなく世界中の空港ラウンジが使えるようになるんです!

 

プライオリティ・パスを発行する方法としては主に2種類あります。

  • プライオリティ・パス企業で直接カードを発行してもらう
  • プライオリティ・パスと提携しているクレジットカードを申し込む

今回は後者の「プライオリティ・パスと提携しているクレジットカード経由でプライオリティ・パスを入手する方法」を紹介します。

プライオリティ・パスと空港ラウンジ

空港ラウンジ

「ゴールドカードでも空港ラウンジは利用できるから、わざわざプライオリティ・パスを持たなくてもいいのでは?」と考える人もいるかもしれません。

しかし、ゴールド以上のクレジットカードで利用できる空港ラウンジ利用と、プライオリティ・パス付帯は全く異なるサービス。

クレジットカード付帯の空港ラウンジ利用はカードの一つの機能であるのに対し、プライオリティ・パスはラウンジ利用に特化したサービスなんです。

 

3種類の空港ラウンジ

カードラウンジ

ゴールドカード以上のクレジットカードと搭乗券があれば利用可能なラウンジです。

対象となるゴールドカードはラウンジごとに異なるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

国内線のカードラウンジは、搭乗券を持っている人であれば誰でも入ることのできる一般エリアに設けられていることがほとんどですが、国際線では制限エリアに併設されたカードラウンジも存在します。

 

航空会社ラウンジ

航空会社ラウンジは、その名の通り航空会社が運営しているラウンジのことを言います。

JALならサクララウンジ、ANAならANAラウンジのようにそれぞれの航空会社が独自に運営。

このラウンジの利用条件は以下の2点です。

  • 上級会員になる(年間30~50回飛行機に乗るとこの会員になれる可能性がある)
  • マイルを貯めて、ラウンジ利用クーポンをもらう

ただし一部の航空会社ラウンジはプライオリティ・パスで利用できます。

 

プライオリティ・パスラウンジ

プライオリティ・パス企業がそれぞれの空港と契約をして運営しているラウンジのことを指します。

このラウンジには、搭乗券に加えてプライオリティ・パスを持った人しか入ることができません。

プライオリティ・パスラウンジはエコノミークラスの搭乗券であったとしても、プライオリティ・パスさえ持っていれば利用が可能です。


空港ラウンジの無料利用が可能なクレジットカードは空港ラウンジ無料利用のおすすめカード特集をご覧ください。

 

プライオリティ・パスの充実したサービス

プライオリティ・パスで利用できるラウンジは上記でいう「航空会社ラウンジ」です。

そのため世界各国の空港ラウンジが利用可能となり、さらに充実したサービスを利用することができます。

サービス例
  • 無料のドリンク・軽食
  • アルコール類
  • Wi-Fi
  • インターネット
  • テレビ
  • 新聞・雑誌類
  • FAX・コピー機
  • シャワールーム
  • マッサージチェア

 

プライオリティ・パスの使い方

プライオリティ・パスの使い方はとっても簡単!

プライオリティ・パスの会員カードと航空券を同時に提示するだけ!

海外旅行に行く際はカードを忘れないようにしましょう。

 

プライオリティ・パスを手軽に入手できるおすすめカード

プライオリティ・パスが利用できるクレジットカードは、比較的ランクの高いものになります。

しかし、年会費をおさえつつプライオリティ・パスを手に入れられるクレジットカードも。

その中からおすすめのクレジットカードをご紹介します。

  • デザインで比較
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位

三井住友VISAプラチナカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
最高ランクの三井住友VISAカード!一流の大人におすすめ

三井住友VISAプラチナカードは、自分から申し込めるクレジットカードのなかでもトップクラスのステータス性を誇ります。

三井住友VISAプラチナカードには「メンバーズセレクション」というサービスがあり、その中から一つのサービスを無料で受けることが可能。

プライオリティ・パスの付帯もメンバーズセレクションに含まれているので、海外に行く機会の多い方は選んでおくとよいでしょう。

もちろん国内主要空港のラウンジも無料利用が可能で、同伴者1名の料金を無料にすることができます。

その他おすすめポイント
  • 利用額に応じてボーナスポイント+ギフトカードプレゼント
  • ポイントの有効期限が4年に延長通常は2年、ゴールドは3年
  • 数多くの優待サービス
  • 様々な生活の相談・サポートに対応するコンシェルジュサービス
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
50,000円(税抜) 50,000円(税抜) 1,000円 = 1ポイント iDWAONPITAPA ANA
キャンペーン情報
  • 新規入会+Vpassアプリログインでご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント!
    2019年12月27日まで!※
  • お買物利用が抽選で全額無料!上限10万円まで※2019年12月29日まで!※
三井住友VISAプラチナカードの公式サイトでチェック
2位

楽天プレミアムカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
世界中で使えるプライオリティ・パスが無料登録

「プライオリティ・パス」が無料で登録できるクレジットカードとしては、年会費が10,000円(税抜)と格安!

もちろん、国内空港ラウンジも無料利用可能。

ワイキキにある楽天カード会員専用のラウンジを利用することもできます。
その他楽天カード会員もOK!

さらに、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険が自動付帯!
一部利用付帯

旅行傷害保険やショッピング保険、ワンランク上の充実したサービスが受けられることを考えると年会費10,000円(税抜)は魅力的です。

おすすめポイント
  • 旅行をリアルタイムでサポートするトラベルデスク
  • 楽天市場でのお買い物は常にポイント還元率5.0%以上
  • 選べる3つの優待サービス
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 100円 = 1ポイント Edy ANA
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用で最大13,000ポイントプレゼント!
    締切間近
    2019年09月24日10:00まで!※
楽天プレミアムカードの公式サイトでチェック
3位

JCBプラチナ

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
JCBカードトップクラスのサービスが自慢

JCBプラチナは、自分から申し込めるJCBカードのなかでは最もハイステータスのクレジットカードです。

プライオリティ・パスが無料付帯。

そして国内・海外旅行傷害保険は自動付帯で最高1億円の補償!

家族特約や、国内・海外航空機遅延保険、ショッピングガード保険も付帯。

その他おすすめポイント
  • 会員専用のプラチナ・コンシェルジュデスク
  • JCBが厳選したレストランでコース料理2名以上を注文すると1名分無料
  • 高級ホテル・旅館にお得に泊まれる「JCBプレミアムステイプラン」
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
25,000円(税抜) 25,000円(税抜) 1,000円 = 1ポイント Quicpay ANAJALデルタ航空
キャンペーン情報
  • 【Web限定】新規入会+登録+利用等で最大18,000円分の特典プレゼント!
    締切間近
    2019年09月30日まで!※
  • Apple Pay、Google Payの利用で20%キャッシュバック!上限1万円※2019年12月15日まで!※
JCBプラチナの公式サイトでチェック
4位

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
セゾンとアメックスの2つの特典満載で国内のラウンジは無料

プライオリティ・パスの年会費429ドル(約45,000円)が優遇価格に!

もちろん、国内主要空港ラウンジも利用可能。

海外、国内とも最高5,000万円の旅行傷害保険と、年間最高200万円のショッピング保険が付帯。

旅行傷害保険は家族特約も付帯!

海外旅行中は一時的にカードの利用枠を増額することができるので、たくさんショッピングを楽しみたい方にもおすすめです!

その他おすすめポイント
  • セゾン永久不滅ポイントが海外利用は2倍、国内利用は1.5倍
  • 最短3営業日発行
  • 旅行情報サイト「SAISONトラベル」の利用
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 10,000円(税抜) 1,000円 = 1.5ポイント iDQuicpay ANAJAL
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用+家族カード発行で7,000円相当の永久不滅ポイントプレゼント!
  • カード利用で、抽選で毎月現金10,000円が当たる!
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトでチェック
5位

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
プライオリティ・パス付帯の法人向けプラチナカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、申し込み資格が「個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)」と決められている法人向けクレジットカードです。

ゴールドカードと違い、プライオリティ・パスの発行は無料。

補償内容は、海外旅行傷害保険(自動付帯)が最高1億円、国内旅行傷害保険(自動付帯)が最高5,000万円にアップ!

その他おすすめポイント
  • 電話代行、荷物輸送などビジネス上のサービスを割引にする「ビジネス・アドバンテージ」
  • プラチナ会員専用のコールセンターを用意
  • 優待情報をまとめた「アメリカン・エキスプレス・コネクト」の利用
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
20,000円(税抜) 20,000円(税抜) 1,000円 = 1ポイント iDQuicpay ANAJAL
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用で最大9,000円相当の永久不滅ポイントプレゼント!
    2019年11月30日まで!※
  • 期間中お申し込みで本カード+追加カード初年度年会費無料!※2019年11月30日まで!※
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトでチェック
6位

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
プラチナの最上級のステータスで過ごす充実の旅

プライオリティ・パス付帯に加え、数々の特典を備えたプラチナカード。

最高1億円の海外旅行傷害保険や、最高5,000万円の国内旅行傷害保険、年間最高300万円のショッピング保険など、保険内容も圧倒的。

レストランの予約やミュージカルチケットの手配、プラチナカード専任スタッフが24時間365日対応など、アメックスならではの手厚いサービスが特徴です。

その他おすすめポイント
  • 最短3営業日発行
  • 最高1,000万円の「犯罪被害傷害保険」も付帯
  • カード会員の期待に応えるプラチナ・コンシェルジュサービス
  • 三菱UFJ銀行がお支払い口座の場合、手数料の優遇
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
20,000円(税別) 20,000円(税別) 1,000円 = 1ポイント - JALデルタ航空Plus
キャンペーン情報
  • 入会後3か月間ポイント3倍
  • 入会後4か月目以降海外ポイント2倍
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトでチェック
7位

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
同伴者もお得に空港ラウンジを利用できるカード

アメリカン・エキスプレスのゴールドカード。

アメックスグリーン(アメリカン・エキスプレス・カード)ではプライオリティ・パスの利用1回につき32米ドルが必要でしたが、ゴールドカードは年2回まで無料に!

家族会員も年会費無料でプライオリティ・パスを申し込むことができます。

その他おすすめポイント
  • 家族カードが1枚無料
  • カード会員専用旅行予約サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」
  • 海外のホテル・ツアー代金の優待
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
29,000円(税抜) 29,000円(税抜) 100円 = 1ポイント - ANAデルタ航空
キャンペーン情報
  • 入会後3か月以内のカード利用で最大30,000ポイント獲得可能!
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトでチェック
8位

アメリカン・エキスプレス・カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
プライオリティ・パスを申し込めるクレジットカードのなかではお手軽!

国内外1,200か所以上の空港ラウンジを会員、同伴者も1回32米ドルで利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に年会費無料で登録可能。

また、国内外29空港の空港ラウンジを無料で利用することもできます。

しかも、カード会員本人だけでなく、同伴者も1名まで無料!

レストランの予約や、医療機関の紹介等、海外の旅行先からでも日本語で24時間対応!

その他おすすめポイント
  • ポイントは一度の交換で有効期限が無期限に延長
  • ポイントが貯まりやすく、使いやすくなる「メンバーシップ・リワード・プラス」年会費3,000円(税抜)
  • 会員専用旅行サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」
  • その他、旅行をサポートする数々の優待
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
12,000円(税抜) 12,000円(税抜) 100円 = 1ポイント - ANAデルタ航空
キャンペーン情報
  • 入会後3か月以内のカード利用で最大17,500ポイント獲得可能!
アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトでチェック
9位

LUXURY CARD TITANIUM CARD

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
付帯サービスが充実!金属製の斬新なデザインが特徴

日本初MasterCard最上位「World Elite MasterCard」のブラッシュド加工金属製カード。

高級感のある銀色の券面が特徴です。

ラグジュアリーカードという名前だけあって、24時間対応のコンシェルジュサービス、プライオリティ・パス付帯、国内外名門ゴルフコース利用可能など最上級のステータスカードにふさわしい特典が満載!

最高1億2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯。
家族特約も付帯

さらに最高1億円の国内旅行傷害保険が利用付帯。

その他おすすめポイント
  • ハイステータスカードならではの多彩なサービス
  • 最高300万円のショッピングガーディアン保険で商品の破損・盗難を補償
  • ポイント還元率は1.0%で、有効期限は5年間
  • 貯まったポイントはマイル移行であったりギフト券や人気プレミアムワインなどに交換可能
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
50,000円(税抜) 50,000円(税抜) 1,000円 = 2ポイント Quicpay ANAJAL
LUXURY CARD TITANIUM CARDの公式サイトでチェック
10位

LUXURY CARD BLACK CARD

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
還元率1.25%相当!マット仕上げの金属製の斬新なデザインが特徴

日本初MasterCard最上位「World Elite MasterCard」のマットブラック金属製カード。

他のプラスチック製クレジットカードとは一線を画す存在感。

国内で最大2倍、海外でも2倍のボーナスポイントを獲得できます。

貯まったポイントはマイルへの移行や、ギフト券、人気プレミアムワインなどに交換可能。

プライオリティ・パス付帯、リムジン送迎サービス、予約困難店のお席の確保など、最上級のステータスカードにふさわしい特典が満載!

その他おすすめポイント
  • 365日24時間対応の専用コンシェルジュ
  • ハワイアン航空の「Pualani Gold会員」と同等のステータスを獲得
  • その他無数の特典が付帯
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
100,000円(税抜) 100,000円(税抜) 1,000円 = 2ポイント Quicpay ANAJAL
LUXURY CARD BLACK CARDの公式サイトでチェック

プライオリティ・パスの3つの会員プラン

じつは、プライオリティ・パスには3つのプランがあります。

以下が3つのプランをまとめた表です。

会員プラン スタンダード スタンダード・プラス プレステージ
年会費 99米ドル 299米ドル 429米ドル
利用料金(会員) 32米ドル 32米ドル 無料
※10回まで無料
利用料金(同伴者) 32米ドル 32米ドル 32米ドル

 

クレジットカードに付帯するプライオリティ・パスは、基本的に一番ランクの高いプレステージが年会費無料で申し込めます。

そのため、本会員は何回使っても利用料金を請求されることはありません。

ただし、一部例外のクレジットカードもあります。

プライオリティ・パスの注意点

プライオリティ・パスには、いくつかの注意点があります。

ひとつずつ確認していきましょう。

クレジットカードとは別途申し込みが必要

プライオリティ・パスと提携しているクレジットカードを申し込んだ場合、クレジットカードを発行しただけではプライオリティ・パスは届きません。

クレジットカードが届いたら、別途プライオリティ・パスを発行する申し込みを行う必要があります。

 

発行までに時間がかかる

プライオリティ・パスと提携しているクレジットカードを申し込んだら、まずはクレジットカードが手元に届くまで、最短でも3日程度はかかります。

そこから別途プライオリティ・パスの申し込み手続きをすることになるので、最短でも手元にプライオリティ・パスが届くまでは1~2週間程度かかる見込みです。

飛行機に乗る予定から逆算して、余裕をもって発行手続きをしておくことをおすすめします!

 

利用は本人のみ。同伴者は別途料金が必要

プライオリティ・パスは本人のみ利用が可能です。

しかし一人旅や一人で出張するとき以外は、たいてい同伴者と飛行機に乗ることが多いかと思います。

その同伴者がプライオリティ・パスラウンジに入るには、別途利用料金が必要になります。

 

有効期限がある

プライオリティ・パスには1~3年間の有効期限が存在します。
有効期限はクレジットカードによって異なります。

自動更新ではないので要注意!

ただしブラックカードやプラチナカードなどの、一部のハイステータスカードでは自動で更新してくれることもあるようです。

期限の切れる2カ月前くらいに「有効期限まであと〇〇日」のような通知が郵便で届くので、それ以降はまた自分で更新の手続きをする必要があります。

 

国内では使える場所が少ない

プライオリティ・パスは世界中でVIPクラスを味わうことができる反面、日本では成田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡国際空港でのみとなり、羽田や国内便発着空港は対象外。

国際線・国内線を問わずラウンジ利用を考えるなら、プライオリティ・パス付帯かつ、よく利用する国内の空港ラウンジが利用対象になっているクレジットカードがおすすめです。

同伴者の費用はクレジットカードによって異なる

人によっては、同伴者とともに空港ラウンジを使いたいかもしれません。

もしも同伴者がプライオリティ・パスを持っていない場合、同伴者がラウンジを使用するための費用はクレジットカードによって異なります。

 

同伴者の一人あたりの空港ラウンジ利用料金

使用するラウンジによっても異なります

 

家族会員も申し込める場合がある!

前述のように同伴者の利用は有料ですが、クレジットカードによっては家族会員がプライオリティ・パスを申し込めることがあります。

「家族も一緒に空港を使うことが多い」という場合は、家族カードとプライオリティ・パスを一緒に発行してはいかがでしょうか。

プライオリティ・パスを申し込める家族カードの例

カード名 家族カード年会費
三井住友VISAプラチナカード 無料
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 1枚目無料
2枚目以降3,000円(税抜)
ラグジュアリーカード(チタン) 15,000円(税抜)
ラグジュアリーカード(ブラック) 25,000円(税抜)

口コミ

出張でよく飛行機を利用するので、空港で快適に過ごすためにラウンジ利用をしたかった(女性 20代 研究員)

頻繁に空港を利用するので、待ち時間を快適に過ごせるラウンジ利用を希望していました。

多くの空港でラウンジが無料で使えるプライオリティパスは、単体で頼むと値段が張り、なかなか手を出せずにいました。

そんな中、楽天カードは年間1万円のクレジットカード利用料を払うと、プライオリティパスが無料でついてくることを知りました。
年間一万円なら、ラウンジを数回利用すると十分もとがとれますし、かなりお得です。

ラウンジは、ゆっくりと過ごせる豪華なスペースのみならず、ビュッフェ形式の食事や飲み物(アルコールも)、シャワーやマッサージチェアなども自由に使えるので、空港の長い待ち時間も苦になりません。
頻繁に空港を利用する方には、ぜひおすすめしたいです。

 

海外旅行に行くときに便利だと思ったため(女性 40代 会社員)

海外旅行をよくする友人からの勧めで、楽天プレミアムカードに加入しました。
もともと年会費無料の楽天カードは持っていたのですが、切り替えのキャンペーンで5,000ポイントほど還元されました。

こちらのカードは年会費は10,800円かかりますが、世界各地の空港のラウンジを無料で利用できるので、よく海外旅行をされる人であれば持っていると便利だと思います。
シャワーや軽食などもあるので、早朝便やトランジットのために空港で時間を過ごさなければならないときのストレスがだいぶ軽減されます。

プライオリティパス付帯のクレジットカードは他にもいろいろありますが、その中でいちばん年会費の安かった楽天プレミアムカードを取得することにしました。

 

ポイントの還元率が高く、特典も多かったので(女性 30代)

当時はよく海外旅行に行っていたので、主に海外で使うためのクレジットカードが欲しいと思い、色々と調べていたところ、LUXURY CARD BLACK CARDなら特に海外で使った分のポイント還元率が高く、そのポイントはエアラインマイレージとして使うことができるということで自分にはぴったりのクレジットカードだと思いました。

また、LUXURY CARD BLACK CARDを持っていることで、普通なら予約を取ることが難しい海外のレストランなども予約が取りやすくなるということも聞いたので、他のクレジットカードと比較しても私にとって利点が多いLUXURY CARD BLACK CARDを取得しようと考えました。

最終更新日:2019/8/14

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。