マスターカードってVISAと同じくらい有名ですよね?私も聞いたことがありますよ。
せやで!マスターカード持っとったらどこへ行っても困らんでな。日本でも海外でも便利なんや。
これは要チェックですね!

マスターカードとは?

マスターカード(MasterCard)は、世界210以上の国・地域に加盟店をもつ、VISAと並ぶ国際ブランドです。

VISAとMasterCardの2つを「2大国際ブランド」と呼ぶこともあります。

MasterCardも、VISAと同じく企業本体としてクレジットカードの発行はしていません。

カード発行会社とライセンス契約を結ぶことで、「MasterCard会員」の数を増やし、世界中に広めてきました。

日本でも幅広いシーンで利用することができますが、とくにヨーロッパに強いといわれています。

提携・発行しているカード会社は、三井住友カード楽天カードセゾンカードライフカードなどで、クレジットカードを作る際にMasterCardを選べるようになっています。
一部MasterCardを選べないカードもあります。

マスターカードの歴史

1966年、ニューヨーク州のバッファローで設立されたInterbank Card Association(ICA)が前身です。

この組織は17行の銀行が、それぞれのクレジットカードを連携して扱う「クレジットカード事業体連合」でした。

ICAはその後、1968年にメキシコのBanco Nacionalと、そしてヨーロッパではEurocardと提携し、翌年には「Master Charge」という商標権を得ることになります。

日本でもカード発行会社がネットワークに加わるなど、世界規模での展開が始まります。

 

1970年代はクレジット業界内での統合・集約を経て、BankAmericard(のちのVISA)とMaster Chargeが世界へとネットワークを広げていった時代です。

今でもVISAとMasterCardが「2大国際ブランド」と別格扱いされるのは、こうした歴史的経緯も関係してるんですね。

1979年には社名をICAからMasterCard International(2006年からはMasterCard Worldwide)に、Master ChargeもMasterCardへと名称を変え、その後も各国事情に則した戦略の下、現在の地位を築き上げました。

MasterCardのプライスレスな特典

「お金で買えない価値がある。帰るものはマスターカードで」「Priceless(プライスレス)」というCMでMasterCardは一気に知名度が上がりました。

MasterCardでは日本だけではなく、海外でもさまざまなサービスを受けることが可能です。

アメリカ、やヨーロッパをはじめアジアやハワイなどでも優待サービスを受けられるレストランやショップが充実しています。

また、対象のMasterCardカードには「Taste of Premium」という特典がついており、レストランやホテル、ゴルフなどの特典が受けられます。

  • クレジットカードの国際ブランドとは?

    クレジットカードのブランドとは何か?知っておきたい5大国際ブランドと、中国銀聯について紹介。

  • ダイナースクラブについて

    Diners Club(ダイナースクラブ)について、その歴史と「ダイナースクラブカード」の特徴を紹介。

  • VISAについて

    VISA(ビザ)について、その歴史、VISAとVISAカード発行会社との違いを紹介。

  • JCBについて

    日本発の国際ブランド、JCB(ジェイシービー)について、歴史や特徴、個性的なカードを紹介。

  • MasterCardについて

    MasterCard(マスターカード)について、歴史や特徴、「プライスレス・シティ」でのプログラムを紹介。

  • American Expressについて

    American Express(アメックス)について、歴史や特徴、プロパーと提携の違いと選び方を紹介。

  • 中国銀聯について

    中国銀聯(ユニオンペイ)について、歴史と今後の可能性、日本の加盟店事情、中国でのお得度を紹介。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。