ダイナーズクラブって聞いたことあるけど、いまいちピンとこないです~。
なんやて?!ピンとこーへんのか?セレブに人気のあのブランドやで!
私はセレブじゃありませんから詳しく知りませんよ!でも、世界初のクレジットカードみたいなのでその点も含めて見ていきましょう!

ダイナースクラブとは?

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードは、1950年に世界で初めて考案されたクレジットカードとして国際ブランドの草分け的存在です。

ステータス性が高く入会の審査が厳しいため、収入はもちろん、生活が安定していて将来性もある、社会的に信用度の高い人でないと入会できないといわれています。

そのため、会員は医師や弁護士、実業家といった富裕層が多く、優待や会員限定イベントなどセレブを対象にした各種サービスが充実しています。

ダイナースクラブの誕生

1950年にアメリカで初めて誕生したクレジットカードが、ダイナースクラブカードです。

創業者がニューヨークの有名レストランで仲間と食事をした際、財布を忘れて恥ずかしい思いをしたことが誕生のきっかけといわれています。

創業者は当時流行っていたガソリンスタンドやデパートで利用できるハウスカードにヒントを得て、友人とともにクレジットカードの会社を設立しました。

設立当初の加盟店はレストラン14軒、会員200人、カードは小さなボール紙だったそうです。

「Diners Club(ダイナースクラブ)=食事をする人の会」という名前には、創業者の「支払能力が証明できるカードを提示することで、もっと楽しく思う存分食事がしたい!」という思いが込められているんですね。

日本ダイナースクラブの歴史

日本ダイナースクラブの設立は1960年です。

日本は戦後の復興期を経て、海外からの旅行者受け入れ態勢整備を求められつつあった時代でした。

この頃から、国際化とともにカード社会への道も開かれていきました。
[注釈ちなみに、日本人が自由に海外旅行に出られるようになった(海外渡航自由化)のは1964年のことです。]

ダイナースクラブでは、いまでは当たり前になったプラスチック製のカードを当初から導入しています。

会員誌『SIGNATURE』の創刊、会員限定のセレブ感満載の各種サービスなどを通して、日本でも富裕層を中心に会員数を伸ばしてきました。

ダイナースクラブカードの特徴

ダイナースクラブカード

年会費永年無料の一般カードも多いなか、ダイナースクラブカードは22,000(税抜)と年会費は高めに設定されています。

しかし、利用金額に一定額の制限を設けていない、ポイントに有効期限なし、最高1億円の旅行保険付帯、会員限定イベント招待など、高いサービスが充実しています。

とくに名前の通りDiners(食事をする人)だけに、予約が取りにくい高級料亭の予約代行など「食」のサービスは高品質です。
ダイナースクラブカードの特徴はプレミアムな1枚!ダイナースクラブカードで充実したカードライフををご覧ください。
  • クレジットカードの国際ブランドとは?

    クレジットカードのブランドとは何か?知っておきたい5大国際ブランドと、中国銀聯について紹介。

  • ダイナースクラブについて

    Diners Club(ダイナースクラブ)について、その歴史と「ダイナースクラブカード」の特徴を紹介。

  • VISAについて

    VISA(ビザ)について、その歴史、VISAとVISAカード発行会社との違いを紹介。

  • JCBについて

    日本発の国際ブランド、JCB(ジェイシービー)について、歴史や特徴、個性的なカードを紹介。

  • MasterCardについて

    MasterCard(マスターカード)について、歴史や特徴、「プライスレス・シティ」でのプログラムを紹介。

  • American Expressについて

    American Express(アメックス)について、歴史や特徴、プロパーと提携の違いと選び方を紹介。

  • 中国銀聯について

    中国銀聯(ユニオンペイ)について、歴史と今後の可能性、日本の加盟店事情、中国でのお得度を紹介。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。