クレジットカードの国際ブランドとは?

選んだ国際ブランドで使える店舗が決まる!

クレジットカードにもブランドがある!

銘柄とか商標と訳されるブランド(brand)とは、企業のいわば「看板」です。

クレジットカードにも「VISA」や「JCB」などの、「国際ブランド」と呼ばれる決済ブランドがあるんです。

では国際ブランドについて、詳しく見ていきましょう!

5大国際ブランドと新興の銀聯

クレジットカード業界では、決済ブランドのことを「国際ブランド」と呼びます。

「国際ブランド」の代表的なブランドは、VISA(ビザ)、Mastercard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、American Express(アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)です。

日本で目にするクレジットカードのほとんどに、この5つのどれかのブランドのロゴマークが入っています。

楽天カード(VISA)
楽天カードVISA

 

楽天カード(Mastercard)
楽天kナードMastercard

 

楽天PINKカード(JCB)
楽天カードJCB

 

楽天PINKカード(AmericanExpress)
楽天カードAmericanExpress

 

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード

 

最近では、中国生まれの銀聯(ぎんれん)カードもじわじわと世界進出し、5大国際ブランドに銀聯を加えて「6大国際ブランド」といわれることもあります。

日本では、中国人旅行客が多い家電量販店やコスメ、サプリメントなどを扱う店を中心に加盟店が増加しています。

他にはDiscover Card(ディスカバーカード)という国際ブランドもありますが、日本では発行されていません。

国際ブランドにはそれぞれ特徴がある

国際ブランドにはそれぞれ特徴があります。

国際ブランドはクレジットカードの使い道に応じて選ぶのがおすすめです。

たとえば「世界中で使いたい!」という場合はVisaが、「海外に行く予定はない」という場合はJCBがおすすめです。

最終更新日:2020/1/9

機能で絞り込める!クレジットカード検索

条件を入力してください

機能・特徴で選ぶ

年会費で選ぶ

国際ブランドで選ぶ

カードの種類で選ぶ

付帯カードで選ぶ

付帯保険・補償で選ぶ

マイレージで選ぶ

電子マネー付帯で選ぶ

支払日で選ぶ

クレジットカード 会社別一覧

銀行系
信販系
ガソリン
ネット・通信系
航空系
鉄道系
小売店
人材サービス

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。