クレジットカードの国際ブランドとは?

選んだ国際ブランドで使える店舗が決まる!

主な国際ブランドは確か5つあるんでしたよね?
せやな。クレジットカードを語る上では、この国際ブランドははずせんで~。
師匠も大事だとおっしゃってる国際ブランドについて今回は勉強していきましょう。

クレジットカードにもブランドがある!

銘柄とか商標と訳されるブランド(brand)とは、企業のいわば「看板」ですよね。

クレジットカードにも「VISA」や「JCB」などの、「国際ブランド」と呼ばれる決済ブランドがあるんです。

では国際ブランドについて、詳しく見ていきましょう!

5大国際ブランドと新興の銀聯

クレジットカード業界では、決済ブランドのことを「国際ブランド」と呼びます。

「国際ブランド」の代表的なブランドは、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェイシービー)、American Express(アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)です。

日本で目にするクレジットカードにも、ほとんどこの5つのどれかのブランドのロゴマークが入っています。

楽天カード(VISA)
楽天カードVISA

 

楽天カード(MasterCard)
楽天kナードMasterCard

 

楽天PINKカード(JCB)
楽天カードJCB

 

楽天PINKカード(AmericanExpress)
楽天カードAmericanExpress

 

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード

 

最近では、中国生まれの銀聯(ぎんれん)カードもじわじわと世界進出し、5大国際ブランドに銀聯を加えて「6大国際ブランド」といわれることもあるんです。

日本では、中国人旅行客が多い家電量販店やコスメ、サプリメントなどを扱う店を中心に、加盟店が増加しています。

国際ブランドにはそれぞれ特徴がある

国際ブランドにはそれぞれ特徴がありますので、簡単にご紹介していきます。

VISA(ビザ)

世界No.1のシェアを誇るVISA。

VISAは世界NO.1のシェアを誇ります。

世界中に加盟店も多く、国内だけでなく海外へ出張や旅行に行くなら、1枚は持っていきたいカードです。

VISAは決済機能のみの提供で、カードの発行は行っていません。

VISA(ビザ)について詳しくはこちら

 

MasterCard(マスターカード)

マスターカードはVISAに次ぐシェアの多いクレジットカードです。

世界中のさまざまなシーンで利用することができます。

VISAと同様でMasterCardも決済機能のみの提供で、カードの発行は行っていません。

MasterCard(マスターカード)について詳しくはこちら

 

JCB(ジェーシービー)


日本ブランドのため、日本国内では発行枚数No.1のカードです!

VISAやMasterCardと比べると、海外で使える場所は少なくなりますが、国内では幅広く使うことができます。

海外では日本人がレジャーでよく行くハワイや韓国、香港などに加盟店が多く、世界60ヵ所にある日本語対応可のJCBプラザなども利用することが可能です。

JCB(ジェーシービー)について詳しくはこちら

 

American Express(アメックス)


American ExpressはVISAやMasterCardよりもシェアは低くなりますが、ステータス性の高いカードになります。

またアメリカンエキスプレス・ゴールド・カードは、日本で初めて発行されたゴールドカードなんです。

JCBの加盟店でも使えるので、日本はさまざまなシーンで利用することができます。
全てのJCBの加盟店で使えるわけではありません

American Express(アメックス)について詳しくはこちら

 

Diners Club(ダイナースクラブ)


Diners Clubは世界で初めてのクレジットカードといわれていて、世界でもトップクラスのステータス性を誇るカードです。

最近では審査基準は以前と比べると低くなってきていますが、昔は弁護士や医者しか持てないといわれていました。

Diners Clubのターゲットは富裕層がメインなので、基本のダイナースクラブカードでも2万円を超える年会費ですが、ほかのカードとは一線を画する高品質なサービスが用意されています。

Diners Club(ダイナースクラブ)について詳しくはこちら

中国銀聯(ユニオンペイ)


中国銀聯(ユニオンペイ)加盟店は世界中で増えつつあり、特にシンガポール、香港、マカオなどは中国人観光客が多いため、ほとんどの店舗が中国銀聯(ユニオンペイ)に対応しています。

日本でもネットショップやコンビニなど利用できる店舗が多くなってきているんです。

中国で利用されているのは、ほとんどがデビットカード(カードを利用したと同時に口座から引き落としされるタイプ)になります。

日本では三井住友カードで三井住友銀聯(ぎんれん)カードを発行しているので、中国に旅行や出張に行く予定がある方はぜひチェックしてみてくださいね。。

中国銀聯(ユニオンペイ)について詳しくはこちら

  • クレジットカードの国際ブランドとは?

    クレジットカードのブランドとは何か?知っておきたい5大国際ブランドと、中国銀聯について紹介。

  • ダイナースクラブについて

    Diners Club(ダイナースクラブ)について、その歴史と「ダイナースクラブカード」の特徴を紹介。

  • VISAについて

    VISA(ビザ)について、その歴史、VISAとVISAカード発行会社との違いを紹介。

  • JCBについて

    日本発の国際ブランド、JCB(ジェイシービー)について、歴史や特徴、個性的なカードを紹介。

  • MasterCardについて

    MasterCard(マスターカード)について、歴史や特徴、「プライスレス・シティ」でのプログラムを紹介。

  • American Expressについて

    American Express(アメックス)について、歴史や特徴、プロパーと提携の違いと選び方を紹介。

  • 中国銀聯について

    中国銀聯(ユニオンペイ)について、歴史と今後の可能性、日本の加盟店事情、中国でのお得度を紹介。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。