クレジットカードを選んだら、さっそく申し込まなきゃですね!
ワイはカエルやから、ここが意外と難関なんや……!

クレジットカードを選ぶ

クレジットカードを作るうえで最初にやるべきことはクレジットカード選びです。

クレジットカードは自分に合ったものを選ぶことが重要なので、具体的には以下の4つのポイントを考えてみてください。

 

1.年会費

クレジットカードを所持するコストになる年会費。

一般的に、年会費が高いほどサービス内容が充実し、ステータス性の高いクレジットカードになります。

「特にサービスは求めていない」「カード決済など基本的な使い方ができればいい」という方は、年会費無料のクレジットカードで十分です。

最初の1枚を作るなら、作りやすくて使いやすい年会費無料カードがおすすめです。

年会費無料カードの特徴
  • コストが最小限で使える
  • サブカードとしても作りやすい
  • ポイント還元率は有料カードと大きく変わらない

年会費有料カードの特徴
  • ステータス性が高い
  • サービス内容が充実している
  • ブラックカードなどのインビテーションが狙える

 

2.クレジットカードのランク

クレジットカードを作る際の審査基準や審査難易度は、カードのランクによって異なります。

クレジットカードのランク

一般的には、「安定した収入」「勤続年数」「過去の金融トラブル」などが重視されます。

初めてクレジットカードを作る場合、利用実績がないため、ゴールドカードなど審査の厳しいカードに申し込んでも審査通過は難しいです。

最初はランクが低いクレジットカード、学生なら学生専用カードを選ぶのが無難です。

 

3.ポイント還元率

クレジットカードを使う大きなメリットであるポイント還元。

高還元率と言われるのは1%以上なので、ポイント還元率1%以上のクレジットカードがおすすめです。

クレジットカードによっては利用額に応じてポイント還元率が上がる種類もあるので、ポイント重視の方は要チェックです。

ポイント還元率が変わるクレジットカードの例
上記カードの種類によってはポイント還元率は変わりません。

 

4.国際ブランド

クレジットカードの決済は国際ブランドの決済システムが利用されているため、クレジットカードに付帯する国際ブランドと提携している加盟店でしか使えません。

つまり、選んだ国際ブランドによって使える範囲もサービス内容も変わるということです。

主要国際ブランド
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • 中国銀聯(ユニオンペイ)

もしも海外に行く予定があれば、世界シェアが高いVisaとMastercardがおすすめです。


土のクレジットカードにするか決めたら、次はいよいよ申し込み手続きを行います。

まずは簡単な作り方の流れを把握しておきましょう。

申し込みから手元に届くまでの流れ

クレジットカードを申し込んでから手元に届くまでの流れは、以下になります。

1.自分に合ったクレジットカードを見つける
2.申し込みの準備
3.申し込み、クレジットカード会社による審査
4.クレジットカードの発行
5.手元にクレジットカードが郵送で届く
「カード会社から申込書を取り寄せる」「銀行やショップの店頭に置いてある申込書をもらってくる」という方法もあります。

WEBから必要事項を入力するだけで簡単に申し込みができます。

中にはWEB申し込み限定のクレジットカードや入会特典もあり、現在最もポピュラーなクレジットカードの申し込み方法です。

クレジットカードの主な申し込み方法

クレジットカードの申し込み方法は主に以下の3つになります。

クレジットカードの申し込み方法

WEB(インターネット)申し込み

現在主流の申し込み方法で、クレジットカードによってはWEB申し込み限定の場合もあります。

クレジットカードの公式ホームページの「お申し込みはこちら」などのボタンから申し込むことができます。

必要事項に住所や氏名、年収、勤務先などを入力すれば、申し込みは完了なので手軽です。

WEB申し込み限定で初年度の年会費が無料になったり、期間限定でポイントUPの特典がついている場合もあるので、最もおすすめの申し込み方法です。

 

郵送申し込み

郵送で申し込む場合は申込書を記入・捺印してカード会社に送付します。

申し込み書は公式ホームページから取り寄せたり、流通系の店頭に置いてある場合もあります。

また、公式ホームページからPDFを印刷できれば、記入・捺印をして送付しましょう。

カードを作るまでに手間と時間がかかるので、すぐにクレジットカードが欲しい場合は不向きです。

 

店頭申し込み

クレジットカードの申し込みカウンターや、キャンペーンを店頭で行っている場合に申し込みをすることが可能です。

デパート・百貨店と提携しているクレジットカードが多く、最短即日で受け取れるカードもあります。

書類に記入しているときにわからないことがあれば、その場で聞けるのがメリットです。

クレジットカードの申し込みに必要なもの

必要なものを用意しておいて、スムーズに申し込めるようにしましょう!

 

銀行口座番号および銀行印

基本的に、クレジットカードの利用代金はカード会員が指定した金融機関の口座から引き落としになります。

つまりカード利用者名義の口座が必要なので通帳などを用意しておきましょう。

クレジットカードの申し込み書には、口座を開設するときに登録した銀行印も押印します。

 

本人確認書類

申込者本人であることを証明するために書類を送る際、本人確認書類を添付するよう求められます。

本人確認書類の例
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 国民年金手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し
  • 在留カード外国人の場合
  • 特別永住者証明書外国人の場合

 

年収証明書類

キャッシング枠も一緒に申し込む場合は、源泉徴収票や給与証明書などの年収証明書類の提出が必要になることがあります。

源泉徴収票は1年に1回しか発行されないので紛失しやすいですが、その場合は勤務先の会社に再発行してもらいましょう。

クレジットカード取得資格と審査

クレジットカードのスコアリング

クレジットカードを申し込むと、発行する前に審査があります。

審査内容はカードによって異なりますが、審査通過のコツを知るだけでも審査落ちを防ぐことができます。

ほとんどのクレジットカード会社ではスコアリングという機械審査を導入しており、申込書に記載の項目ひとつひとつに対し、独自の基準で点数が割り振られます。

スコアリング審査項目の例
  • 年齢
  • 職業
  • 年収
  • 勤続年数
  • 配偶者の有無
  • 居住形態
  • 居住年数
  • 電話連絡(自宅・携帯)

クレジットカードのスコアリング


ここからは一般的な審査の目安をご紹介していきます。

 

年齢

満18歳以上(高校生は除く)に設定しているところが多く、未成年者は親権者の同意が必要です。

カードによっては「満20歳以上」「満18~29歳のみ」といった条件もあります。

 

年収

一般カードであれば年収200万円以上が目安になることが多いです。

ゴールドやプラチナになれば、さらに年収の目安は高くなっていきます。

しかし、嘘の情報を書いてバレてしまうと信頼がなくなって審査に落ちたり、社内ブラックに載ってしまう恐れもあるので、入力情報は正確に記入することが大切です。

また、専業主婦の人は収入「0」とは書かずに配偶者の年収を入力しましょう。

 

勤続年数

勤続年数は長いほど信用度が上がるので、あまり短いとクレジットカードの審査には不利になります。

勤続年数が短い(転職が多い)人は「収入も安定せず、お金を貸すのが不安」と認識される恐れがあります。

1年以上勤務していれば通りやすいですが、新社会人の場合は1年未満でも問題ありません。

 

居住

審査では本人確認書類と申し込みの住所が一致しているか確認します。

そのため、現在の住所と本人確認書類の住所が一致しない場合は審査に通らない可能性があります。

また居住年数と勤務年数が両方短いと「この人は職を転々としているかもしれないから、安定して支払いができるのかな?」と疑われてしまう可能性もあります。

住居形態は「持ち家」の方がすぐ引っ越しをする可能性が低く、住宅ローンを支払える安定した経済力があると判断されるため評価は高くなります。

しかし「支払い能力がきちんとある」と判断されれば、賃貸などでも問題はありません。


クレジットカードの審査基準についてはこちらもご覧ください。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査基準を確認!審査の仕組みを知って不安解消

クレジットカードを申し込む際の注意点

申し込んでから公開することのないように、注意点についてもあわせてご確認ください。

 

複数枚のカードを同時に作らない

短期間に複数のクレジットカードを申し込む「多重申込み」をすると、「カード利用が多くて返済が難しくなるのでは?」「お金に困っているのでは?」と疑われてしまいます。

審査では返済能力が重視されるため、怪しいと判断されれば審査で落とされるおそれがあります

クレジットカードの申し込み情報は約半年間は個人信用情報機関に残るので、次のカードの申し込みは半年以上経過した後にしましょう。

 

リボ払いを選ばない

リボ払いとは、どれだけカードを利用しても毎月の返済額が固定される支払い方法のことです。
利用額に応じて返済額が変動するリボ払いもあります。

毎月の返済額を抑えられる代わりに、手数料が割高 で、トータルの支払い額は高額になります。

慣れないうちは、手数料がかからなくてシンプルな1回払いがおすすめです。


リボ払いの詳細とリボ払い専用カードについてはリボ払い専用おすすめクレジットカード比較をご覧ください。

 

未成年者は保護者の同意が必要

多くのクレジットカードは満18歳以上の方(高校生以外)が申し込めます。

ただし未成年の場合、保護者の同意が必要になります。

申し込み時に「保護者の承諾書」や「本人確認書類」などを別途準備しなければならないこともあります。

 

申込書は正確に記入する

申込書はミスなく正確に記入しましょう。

もちろん、年収を実際より高額にしたり、年齢を偽るなどの嘘は厳禁!

明らかな嘘は審査で発覚しますし、カード発行後なら強制的に利用停止になるおそれもあります。

最終閲覧日:2020/5/8

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。