クレジットカードの年会費と手数料

クレジットカードを使い続けるにはお金がかかる!?

お得にクレジットカードを作りたいのに、年会費がかかるのはなんだかもったいないですよね。
その気持ちはわかるでえ。でも最近は年会費無料のカードも多いし、たとえ年会費があっても上手に使えば年会費以上にお得になるカードもあるんやで。
私みたいなクレカ初心者は、とりあえず年会費無料から始めたほうがよさそうですね。

クレジットカードの年会費

年会費は永年無料のものから年会費350,000円に達するブラックカードまで、発行会社、グレードなどによってさまざまです。

クレジットカードを発行するときに「発行手数料」が発生することはほとんどありません。

そのため年会費無料のカードを作れば、クレジットカードを無料で利用することができます。

なかには「初年度のみ年会費無料」「1年間の利用実績に応じて翌年以降も無料」など、最近は実質年会費無料という特典を設けたクレジットカードも多数あります。

 

ただ、年会費が高いクレジットカードはポイント還元率が高くなったり、質の良いサービスが用意されていることが多いため、利用方法によっては年会費以上にお得になることもあります。

自分の利用の目的と照らし合わせてカードを選んでいきましょう。

年会費とサービスのバランス

クレジットカードの年会費の目安

ここからは、クレジットカードのランクごとの年会費の目安をご紹介していきます。

一部当てはまらないクレジットカードもあるので、大まかな参考にしてください。

クレジットカードのランク

一般カードの年会費の目安

一般カードの年会費の目安は無料~1,000円ほどです。

最大の特徴は家族カードも含め年会費が永年無料のクレジットカードが多いという点です。

そのため、クレジットカードの維持費を最低限に抑えることができます。

また、年会費が有料でも条件を満たすと無料・割引になることが多いという特徴もあります。

初めてのクレジットカードでも負担が小さいので安心です。


年会費無料のクレジットカードは年会費無料おすすめクレジットカード比較をご覧ください。

 

ゴールドカードの年会費の目安

ゴールドカードの年会費の目安は5,000~20,000円ほどです。

年会費が10,000円を超えるゴールドカードも珍しくないですが、楽天ゴールドカードのような格安ゴールドカードや、三井住友カード ゴールドのように初年度無料のゴールドカードもあります。

また、家族カードの年会費も有料になりますが本会員と比べて格安なのでトータルで見るとお得です。

また、ゴールドカード以上はETCカードの年会費が無料になることがあります。

 

プラチナカードの年会費の目安

プラチナカードの年会費の目安は20,000~100,000円ほどです。

他のクレジットカードと比べて幅広く、最上級のブラックカードに匹敵するプラチナカードもあります。

本会員の年会費は高額ですが、家族カードの年会費が格安・無料になることがあるので、家族カードを発行すると実質的な年会費を抑えることができます。

また、例外として年会費3,000円(税抜)で発行できるTRUST CLUB プラチナマスターカードという格安プラチナカードもあります。

 

ブラックカードの年会費の目安

ブラックカードの年会費の目安は30,000~350,000円ほどです。

ブラックカードの中でも最高級のアメックスセンチュリオンの年会費は350,000円(税抜)と言われており、誰でも持てるクレジットカードではありません。

ほぼ全てのブラックカードはインビテーション(招待)が必要なので、自分から申し込めないのも特徴です。

クレジットカードの年会費の種類

年会費が変わらないタイプ

「年会費が永年無料」「常に1,000円」など、利用状況に関係なく年会費が一定のタイプです。

年会費について何も考える必要がないので使いやすいクレジットカードです。

 

条件を満たすと年会費が安くなるタイプ

特定の条件を満たすことで年会費が安くなったり、無料になったりするタイプです。

条件としては以下のものが多いです。

年会費が安くなる条件の例
  • 前年度に1回でもカード利用がある
  • 一定金額以上のカード利用がある
  • リボ払いを申し込む
  • Web明細にする(Web明細にしないと年会費が高くなる場合もある)

 

初年度の年会費が無料のタイプ

一般カードとゴールドカードに多いタイプです。

クレジットカードは発行してから1年で解約しても問題ないため、「とりあえず1年間試してみたい」という方におすすめです。

クレジットカードの手数料

年会費以外でかかる費用はキャッシングや分割払い、リボ払いの際にかかる「金利手数料」があります。

また、最近ではWeb上で利用明細が確認できるサービスが定着しつつあることから、郵送で利用明細を希望する場合に必要となる「利用明細書発行手数料」がかかる場合もあります。

 

カード発行手数料

クレジットカードを作る(発行する)ときに、カード会社に支払う費用です。

しかし発行手数料がかかるクレジットカードは現在ほとんど存在しないので、気にする必要はないでしょう。

 

(利用明細書)発行手数料

以前は月々の支払明細書は郵送で手元に送られてきましたが、最近ではインターネット上で明細書の確認ができるシステムが定着しています。

そのため、特に希望しなければ利用明細の確認はWebになります。

希望する場合のみ郵送代、印刷・用紙代などの経費として手数料を取るカード会社が多くなっているということ。

また郵送代は無料ですが、Web明細にすることでポイント・割引が受けられるというカード会社もあります。

他にも「Webのほうが早く、いつでもどこでも明細を確認できる」「家族などに明細を見られる心配がない」といったメリットもあります。

クレジットカードの手数料

加盟店手数料

加盟店手数料はカード会員ではなく、クレジットカードの加盟店がカード会社に支払う手数料です。

加盟店手数料はカード会社や加盟店の業種によって異なります。

この手数料はカード会員が支払う必要はないので、もしも請求されたとしても支払う義務はありません。

 

金利手数料

キャンシングや分割払い、毎月一定額を支払っていくリボ払いなどで発生する支払い利息と手数料のことです。

1回払いや2回分割払いの場合は金利手数料がかからないことがほとんどですが、最近よく見かけるリボ払い専用のカードでは、一括で支払っても金利手数料がかかることもあります。

支払い回数が多ければ多いほど「1回あたりの金利手数料は高くなる=支払いの総額も増える」ので注意しましょう!


加盟店手数料と金利手数料の詳細はこちらをご覧ください。

クレジットカードの2つの手数料

クレジットカードの手数料|加盟店とカード利用者が支払う手数料の違い

最終更新日:2020/5/25

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。