エポスカードの解約方法とタイミング|解約前に確認するべき7項目

エポスカードの解約

この記事でわかること

エポスカードの解約方法

解約前に確認する7項目

エポスカードは即日で発行でき、マルイや提携店、ネットでもポイントが貯まるお得なカード。

しかし、作ってはみたものの結局あまり利用しなくなったという理由で、解約を考える方もいるかもしれませんね。

ということで、今回はエポスカードの解約の方法と注意点を一挙ご紹介。
解約前にしっかり確認して、損することのないようにしましょう!

二村
こんにちは、二村です。

エポスカードの解約前に、利用状況を今一度確認しておくことが大事です。
いざ解約となってから慌てないためにも事前準備をしておきましょう。

まずはエポスカードの特徴をおさらい!

バナー 特徴 公式ページ

  • 10,000以上のお得な優待店舗
  • 自動で付帯する海外旅行傷害保険
  • 最短即日発行ですぐに手に入る!

エポスカードの解約前に確認する7つのポイント

はじめに、解約前にチェックしておくべき大切な7つのポイントを解説していきます。

  • カードの利用残高
  • エポスポイントの残高
  • 各種サービスのお支払いに利用している
  • ETCカードを利用している
  • エポスVisaプリペイドカードを持っている
  • カード会員現地柄の保険に加入している
  • tsumiki証券の口座を持っている

1.エポスカードの利用残高が残っている

エポスカードを利用したお買い物の支払い残高やキャッシング利用残高が残っている場合、カードの解約はできません。

すべてのお支払いが完了した後にカード解約の手続きが可能となります。

補足説明

支払い予定額を確認したい場合は、エポスNetのマイページへのログインが必要です。

 

2.エポスポイントが残っている

エポスカードの利用で貯まったエポスポイントは、解約した時点で失効してしまいます。

そのためポイントは使いきってから解約しましょう。


エポスポイントの使い方はこちらの記事でもご紹介していますので、ぜひご覧ください!

エポスカードでポイントを貯める

エポスカードでポイントを貯める!主な貯め方と上手な活用方法を紹介

 

3.各種サービスのお支払いに利用している

毎月かかる公共料金や携帯電話代などの支払いをエポスカードで決済している場合、カードの解約と同時に引き落としができなくなります。

エポスカードを解約したという情報は、自動的に支払い先へは伝わりません。
支払うべき料金が引き落とせないまま滞納が続くと、最悪の場合サービスを停止されてしまう可能性がありクレヒスにも傷がついてしまいます。

解約前に、他のクレジットカードにするか支払い方法を変更するのを忘れないようにしましょう。

 

4.ETCカードを利用している

追加カードであるETCカードは、エポスカードを解約すると使えなくなります。

ETCカードの利用を続けたい場合はエポスカードの解約をやめるか、別のカードを検討しましょう。


他のETCカードを探している方にはこちらの記事がおすすめ!

 

5.エポスVisaプリペイドカードを持っている

エポスVisaプリペイドカードは、エポスカード会員のみが作れるプリペイドカードです。
エポスカードを解約した後も、プリペイドカードに残高があるなら有効期限までは利用できます

ただし、エポスカード解約後のチャージはできなくなるので気をつけましょう。

補足説明

エポスカスタマーセンターで退会後のカード残高の確認ができます。

 

6.カード会員限定の保険に加入している

エポスカードの会員限定の保険が各種ありますが、カードを解約すると保険契約も解約され補償が喪失します

こういった保険に別途加入している場合、エポスカードの解約をしても大丈夫かあらためて確認が必要です。

 

7.tsumiki証券口座を持っている

つみたて投資をするために開設していたtsumiki証券の口座は、エポスカードの解約とともに閉鎖となります。

口座を解約する際には、「残高がないこと」「つみたて設定が0円になっていること」を確認しておきましょう。

 

エポスカードの解約方法

エポスカードの解約方法は以下の2通り。

  • エポスカードセンターで受付
  • エポスカスタマーセンターに電話

いずれもカード名義本人が手続きを行う必要があります。

エポスカードセンターは全国各地にありますが、近くにない場合は電話でも解約手続きをすることが可能です。
電話をかける際は、エポスカードを手元に用意しておきましょう。

また、店頭で解約手続きをする際もカードを持参します。
エポスカードを作ったときのように、免許証や保険証といった本人確認書類も持っていくと安心です。

 

ETCカードを解約する場合

ETCカードのみを解約したい場合は、カード裏面に記載のエポスカスタマーセンターに電話をすることで手続きできます。

 

エポスVisaプリペイドカードを解約する場合

エポスカードはそのままに、エポスVisaプリペイドカードだけを解約したい場合、カード裏面に記載の電話番号へ連絡しましょう。

有効期限まではカード残高分の利用ができます。

ただし、解約後は追加チャージやエポスポイントの移行はできないのでご注意ください。

 

退会証明書の発行方法

カードを解約したことを証明する退会証明書が必要な場合、エポスカスタマーセンターへの連絡で発行が可能です。

 

カード名義人が死亡した場合

カード名義人が亡くなってしまった場合、ご親族の方が代わりにエポスカスタマーセンターへの連絡で解約手続きをすることができます。

その際にカード名義人について以下の情報を確認されるので、事前に準備しておきましょう。

  • カード名義人の名前
  • カード番号
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号

 

カードデザインを変更したい場合

エポスカードには、エポスカードVisaの他、キャラクターがデザインされたカードがあります。

今持っているエポスカードのデザインを変えたいだけという場合は、解約をしなくてもデザインの変更手続きが可能です。

デザインの変更手続きでは、カードのポイントや支払いなどはそのまま引き継がれます。

カードデザインごとの変更手数料や変更方法は以下のとおり。

カードデザインの種類 変更手数料 変更方法
パラリンアートデザインカード 500円 エポスNet
各種キャラクターデザインカード 1,000円
エポスカードVisa(シルバー・赤) 無料 カード裏面に記載の電話番号に連絡
注意説明

もし持っているカードがゴールドカードやプラチナカードの場合は、カードデザインを変更するとそれぞれの特典や機能が利用できなくなってしまうので注意しましょう。

 

エポスカードの解約後は必ず処分!

解約後のエポスカードは忘れないうちに処分しましょう。

そのままの状態で放置または捨ててしまった場合、悪用されてしまう恐れがあります。

カード番号や名前の部分の他、特にICチップの部分をハサミで細かく切り刻んでおきましょう。

 

まとめ

エポスカードは「電話」または「店舗」で解約できる

スムーズな解約には解約前の準備が大切

エポスカードは年会費が永年無料。
さらに付帯保険や割引特典など、年会費無料のカードとは思えない充実の内容です。

もしかしたら普段のお買い物に利用することがなくなっただけで、まだまだ利用できるカードかもしれません。

解約前に利用残高やポイントが残っていないか、利用していたサービスはなかったかなどをあらためて確認し、十分な準備をしてから解約の手続きをしましょう。


エポスカードのページではカードの魅力について詳しくご紹介しています。
解約する前に今一度確認してみませんか?

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。