エポスカードの締め日・支払い日は選択可能!その仕組みを解説

エポスカードの支払いの仕組みを解説

「エポスカード」は、クレジットカードの中でも特に人気が高いカードの1つです。
マルイに入っている店舗のほか、世界中のさまざまなお店で使用することができます。

エポスカードの大きな特徴が、締め日が一般的なクレジットカードとは違う仕組みになっているという点です。
締め日の仕組みをしっかりと理解しておけば、エポスカードをより便利に利用することができるでしょう。

今回は、そんなエポスカードの締め日について詳しく解説します。

美咲
こんにちは、美咲です。
実はエポスカードの締め日は人によって違うんです!
ガマ蔵
クレカの締め日は支払いにおいて大切やからな。
特殊な分、ちゃんと確認しておかんとな。

エポスカードのお申し込みはこちらからどうぞ。

バナー特徴公式ページ

  • 10,000以上のお得な優待店舗
  • 自動で付帯する海外旅行傷害保険
  • 最短即日発行ですぐに手に入る!

エポスカードの締め日と支払い日

エポスカード 締め日と支払い日
さまざまなメリットを備えているエポスカードですが、支払いの「締め日」の種類が非常に豊富という点もメリットの一つ。
この点について詳しく知るためには、まず「締め日」と「支払い日」についてしっかりと理解しておくことが必要です。

  • 締め日:一定期間の支払額が決定する日
  • 支払い日:締め日に決定した支払額を支払う日
締め日に決定した金額は、翌月の支払い日に支払うというのが基本的な流れです。

エポスカードの場合、締め日は複数の中から自分の好きな日を選ぶことができます。

毎月の収入が入る時期になどを考慮したうえで締め日を選ぶことが可能なので便利!
これは他のクレジットカードにはないエポスカード特有のメリットです。

 

エポスカードの締め日は支払い方法で変わる

支払い方法をによって、選択できるエポスカードの締め日の種類が変化します。

エポスカードの支払い方法としては、「口座引き落とし」「ご持参払い」の2つがあります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

口座引き落とし
口座引き落としは、支払い日になると指定した金融機関の口座から自動的に支払額が引き落しになるという一般的な支払い方法です。
忙しくても支払いを忘れる心配がないため、安心して利用できます。

ただし、支払い日までに支払額以上の金額を口座に入れておかなければ、引き落しをすることができません。
そのため、下手をすると引き落としができていなくても気が付かないということもあります。

ご持参払い
ご持参払いは、エポスATMやローソン・ミニストップなどのコンビニまたは銀行のATM、ネットバンキングのペイジー、マルイのエポスカードセンターなどで手続きをして支払いを行うという方法です。
ご持参払いを選べば、申込時に口座情報を登録する手間が省けますが、毎回支払いの期限までに確実に入金が済むように手配しなければなりません。

ご持参払いを選ぶと、口座引き落とし以上にたくさんの選択肢の中から締め日を選ぶことができます。

 

口座引き落としの締め日

エポスカードの支払日

口座引き落としの場合、締め日は2種類の中から選ぶことができます。
どちらの場合も対象となるカードの利用期間は1か月間で、締め日はその最終日です。

それぞれの締め日についてまとめると、次のようになります。
(カッコ内には対応するカードの利用期間を表記しています。)

  • 引き落としを27日にした場合:前月の27日(前々月の28日から前月の27日)
  • 引き落としを4日にした場合:前月の4日(前々月の5日から前月の4日)
2種類のうちどちらの締め日にするかについては、自分で選択することが可能です。
毎月の給料日などに合わせて選ぶことができるのでとても便利ですね。

ただし、インターネットまたは郵送でエポスカードの申し込みをした場合は、基本的に引き落し日が27日として案内されます。
また、一部の金融機関の口座を指定する場合は、引き落し日として4日を選択することができないこともあるので要注意です。

使用したい口座が締め日を自由に選択できる金融機関のものかどうか、申し込み前にあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

補足説明

締め日を自由に選ぶことができる金融機関の口座であれば、締め日をあとから変更することも可能です。
ただし、その場合は改めて口座引き落としの手続きをし直す必要があります。
手間がかかってしまうため、できるだけ最初の段階で計画的に締め日を決定したほうがよいでしょう。

 

ご持参払いの締め日

エポスカード支払日

ご持参払いの場合は締め日が6種類あり、その中から自由に選択することが可能です。
口座引き落としよりも選択の幅が広いのがポイントです。

それぞれの締め日については、以下のようになっています。
(カッコ内には対応するカードの利用期間を示しています。)

  • 支払い日が5日の場合:前月の5日(前々月の6日から前月の5日)
  • 支払い日が10日の場合:前月の10日(前々月の11日から前月の10日)
  • 支払い日が15日の場合:前月の15日(前々月の16日から前月の15日)
  • 支払い日が20日の場合:前月の20日(前々月の21日から前月の20日)
  • 支払い日が25日の場合:前月の25日(前々月の26日から前月の25日)
  • 支払い日が30日の場合:前月の末日(前々月の1日から前月の末日)

ご持参払いを選べば、1か月の中で都合のよい時期に締め日を設定することが可能です。

支払いがある月は忘れずに支払いの手続きをする手間がありますが、ご持参払いはコンビニやインターネットで支払いを済ませることもできるので、意外と負担は少なくて済むでしょう。

ご持参払いは締め日の自由度が非常に高いので、締め日にこだわるなら利用すべき支払い方法です。

美咲
エポスカードの締め日は種類が豊富です。
そのため、自分の締め日がいつなのか忘れないようにしましょう。

 

締め日と支払い日では異なる注意点

クレジットカードの締め日と支払い日は似ていますが、まったく別のものです。
そのため、注意すべき点も違うということをおさえておきましょう。

  • 締め日の注意点:支払い額が高くなりすぎないよう、締め日までのショッピング利用をセーブする必要がある。
  • 支払い日の注意点:口座引き落としなら、支払い日までに口座の残高を確認する。
美咲
クレジットカードの締め日と支払い日は違うんですね!
ガマ蔵
そうや!
締め日は支払い額が決定する日、支払日は締め日に確定した金額を実際に支払う日や。
それぞれ注意せなあかんことも覚えておくんやで!
美咲
なるほど!
締め日と支払い日に合わせて、カードの使用状況や銀行口座のお金の状況を確認する必要があるんですね!
ガマ蔵
その通りや。
特に口座引き落としを選んだ場合は、支払い日前に口座のお金が少ないんやったら、引き落としができるようにお金を入れておく必要があんねん。
忘れると支払いが滞ってしまうさかい!

 

支払いが遅れた場合の対処法

支払いが遅れた場合の対処法

万が一、エポスカードの支払い日までに支払いが完了しなかったときは、気が付いた時点ですぐに対処しましょう。

支払い日を過ぎると延滞金が発生するため、できる限りはやく対応しなければ高額のお金が請求される可能性もあります。
支払いが遅れたときは、必ず振り込みで支払いを行わなければなりません。

  1. まず、エポスカードのコールセンターへ連絡し、振込先の確認を行いましょう。
  2. 振込先がわかったら、エポスATMやインターネット、ローソンやミニストップから入金をします。
  3. 入金が済めば、エポスカードの支払いが遅れたときに必要な手続きは完了です。
なお、口座残高が足りず引落しができなかった場合でも、改めて引落しをしてもらうことはできないので注意が必要です。
支払いが遅れてしまったら、もともとの支払い方法に関係なく振り込みで支払いを行う必要があります。

支払いが遅れていることに気付いたら、なるべく早く連絡を入れましょう。
コールセンターの受付時間は9時~19時までとなっており、夜間や早朝は電話がつながらないので要注意です。

また、コールセンターは、年末年始は定休日となっています。
その時期に連絡を取る必要が出ないように気を付けましょう。

 

エポスカードの締め日はいつに設定するのがベスト?

エポスカードの締め日は、複数の選択肢の中から自分の好きな日を選ぶことができます。

ただし、どの時期を締め日として設定するのがベストなのかについては、その人の状況によっても異なります。
そのため、自分の1カ月のお金の動きを考慮しながら慎重に締め日を決めるようにしましょう。

たとえば、引落し日や支払い日がいつであれば都合がよいのか考えると、締め日を決定しやすくなります。

クレジットカード以外のお金を流れもあわせて考慮することで、自分に合った締め日の候補が必然的に決まってくるはずです。

一般的には、引落し日や支払い日は、給料日の数日後となるように設定するのがおすすめです。
給料日の直後は口座に一番お金がある時期ですよね。

そのため、残高不足で引落しができないという事態を防ぐことができます。

補足説明

給料日と引落し日が同日になってしまうと、給料の入金がある前に引落しの手続きが実行される可能性があるので避けたほうがよいです。
引落し日や支払い日として給料日の「数日後」をおすすめするのは、そういった理由もあるからです。

口座引き落としの場合、給料日の数日後を引落し日としても、給料以上の高額な支払いがある月は口座の残高を確認することを忘れてはいけません。

 

エポスカードの締め日を変更する方法は全部で3つ

エポスカードの締め日や引落し日は、あとからでも変更することが可能です。

たとえば、転職をして給料日が変わった場合でも、あらかじめ手続きを行うことで自分に合ったスケジュールに変えることができます。
ただし、変更方法によっては手続きが完了するまでに時間がかかることもあるので、早めに準備を進めたほうがよいでしょう。

締め日の変更の方法は、全部で3種類あります。

 

インターネットで変更

1つ目は、インターネットを利用し、エポスカードのホームページから変更手続きをする方法です。
この方法では口座振替Net手続きサービスを利用します。

補足説明

利用を希望する金融機関によっては、事前にインターネットバンキングなどの手続きを済ませておく必要がある場合もあるので、事前によく確認しておきましょう。
また、システムメンテナンス時は、変更の手続きを行うことができないため要注意です。

 

書類の郵送で変更

2つ目は、書類の郵送による手続きです。
エポスカードの会員用のマイページにアクセスし、資料請求の画面から「預金口座振替依頼書」を取り寄せましょう。
書類を手に入れたら、必要事項を記入し、、もれがないようにしっかり確認したうえで送付を行います。

補足説明

変更手続きが完了するのは、書類が株式会社エポスカードの事務局に到着してから1か月~1か月半後です。
郵送での変更手続きには時間がかかるため、余裕をもって手続きを進めましょう。

 

店頭で変更

3つ目は、マルイ各店のカードセンターに実際に出向いて手続きをする方法です。

銀行印とキャッシュカード、エポスカードを持参することで手続きを行うことができます。
手続きに不安がある場合でも、カードセンターなら直接質問しながら手続きを進めることができるので安心ですね。

それほど時間はかからないので、買い物でマルイにでかけた際に手続きを済ませることも可能です。

 

締め日直前の支払いは要注意!当月分に含まれない理由

エポスカードを利用するときは、締め日を把握することで利用金額を調整することができます。

ただし、締め日の前にカードを利用しても当月分の支払いに金額が反映されないこともあります。
その場合は、翌月分として処理されてしまうため注意が必要です。

特に締め日の当日や前日などにカードを利用したとすれば、それが当月分に含まれないことがあります。

想定される月に金額が反映されない理由は、それぞれのお店がクレジットカードの利用データをすぐに処理するとは限らないからです。

クレジットカードを利用すると、買い物をしたお店から株式会社エポスカードにデータが送られます。
そのデータが処理され、明細に反映されることで支払額が決定するのです。

しかし、クレジットカードの利用データの到着にかかる日数は、それぞれのお店によって異なります。
支払額の反映の時期は、それぞれのお店の対応に大きく左右されるといえるでしょう。

場合によっては、締め日の直前にクレジットカードを利用した際の情報が、締め日をかなり過ぎてからエポスカードへ送られることもあります。
データの到着が遅れると、実際の該当月以降の支払いとして処理されてしまうので注意しなければなりません。

想定していた月に情報が反映されないというケースを防ぐためには、締め日の直前にはなるべくエポスカードを使わないようにしましょう。

特に高額な買い物をする場合は、想定している月に請求にならないと困ることもあるはず。

買い物の支払い月を明確にしたいときは、前回分の締め日が過ぎてすぐの時期にカードを利用するとよいです。
そうすることにより、ほぼ確実にその月の利用分として明細に反映させることができます。

美咲
こういった事情はエポスカードに限ったことではなく、クレジットカード全般に対していえることです。
余計な心配をしなくて済むよう、締め日が近づいてきたらクレジットカードの使い方には気を付けましょう。

 

締め日をすぎても支払い方法の変更は可能!

クレジットカードの締め日が過ぎると、該当する利用期間について支払額が決定します。
エポスカードなら、締め日を過ぎて支払額が決定したあとでも、支払い方法をリボ払いへ変更することが可能です。

クレジットカードを利用していると、想定していたよりも支払額が高くなってしまい、支払額を支払い日までに用意できないという場合もありますよね。
そんなときでも、支払い方法をリボ払いに変更することができれば、1回の支払いに必要な金額を下げることができるので安心です。

仮にエポスカードの締め日として27日を選択している場合、支払い月の17日頃までであればリボ払いへの変更手続きをすることができます。

補足説明

リボ払いへの変更が可能な時期は、もともと選択している締め日だけでなく、引き落しを行うために指定している口座によっても異なる場合があります。
また、月によって手続きの締め切りが前後する場合もあるため、リボ払いへの変更を希望するときは早めに確認して確実に手続きを済ませましょう。

 

まとめ

エポスカードの支払い方法は「口座引き落とし」と「ご持参払い」の2種類

締め日と支払い日を選べる

エポスカードを選ぶメリットの一つは、やはり複数の締め日の中から自分の好きな日にちを選べるという点です。
エポスカードを利用すれば、毎月の支払いを計画的かつスムーズに行うことができるでしょう。

仮に複数枚のクレジットカードを持つ場合でも、その1つとしてエポスカードを選べば、支払い日が被らないように工夫することもできますね。

締め日を自由に選べるクレジットカードは、ほかにはあまりありません。
そのため、エポスカードを取り入れることで、毎月の支払いがより便利になるはずです。

締め日をしっかり意識することができるようになれば、毎月の支払額をうまく調整することができますよ。
エポスカードを普段使いのカードとして選ぶことで、クレジットカードをより上手に利用することができるようになるでしょう。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。