楽天Edyが使えるおすすめクレジットカード比較

楽天Edyが付帯して利便性の高いクレジットカードはこれだ!
【迷ったらコレ!】楽天カード

10年連続顧客満足度No.1!
年会費無料でポイント還元率1%の超高還元カード!

の公式サイトでチェック

ポイント・電子マネーとの連動性がピカイチの楽天ブランド

楽天Edyが付帯するカードは色々ありますが、やはり楽天カードとの相性がもっともいいです。

楽天カードには楽天Edy機能を付帯できます。

付帯させれば、カードを余分に持つ必要がありませんし、「Edyオートチャージ対応店舗」でお買い物をすればチャージの手間が省けます。
楽天Edy機能が付帯していない楽天カードは、切り替え申し込みが可能

 

楽天カードはEdyがすぐに試せる!

楽天カードを申し込む際、楽天Edy機能を付帯するか否か選ぶことができます。

付帯を選んだ場合、楽天Edyを500円チャージした楽天カードが届きます。
家族カードも申し込んだ場合、家族カードには150円分チャージ

ちょっとしたお買い物なら、楽天カードを手に入れた直後にEdyを試すことができます。

ANAカードにも楽天Edyが付帯

ANAカードにも楽天Edyが付帯

実は、ANAカードも楽天カード同様にEdy機能を付帯することができます。

「ポイントではなくマイルを貯めたい」「楽天カード以外のクレジットカードが欲しい」という方は、こちらのクレジットカードもおすすめです。

  • デザインで比較
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位

楽天カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
楽天Edyのチャージ&利用でもポイントが貯まる!

楽天Edy利用、チャージでもポイントゲット!

入会ボーナスをはじめとしたポイントボーナスが豊富で、楽天市場での買い物でポイント3倍。
その他加盟店では3倍、キャンペーン利用は最大10倍などとにかくポイントが貯まりやすい。

貯まったポイントは楽天市場内で1ポイント=1円の高レートで利用が可能。

その他、楽天ポイントカードが使える店舗では提示と利用でポイントの2重取りができるので、ポイントをお得に貯めて使いたい方には優れもののカードです。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 100円 = 1ポイント Edy ANA × × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用で最大7,000ポイントプレゼント!
    締切間近
    2019年09月24日10:00まで!※
  • お買い物パンダデザインの選択で、抽選で1,000名様にお買い物パンダスピーカーをプレゼント!※2019年09月24日10:00まで!※
楽天カードの公式サイトでチェック
2位

楽天ゴールドカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
入手しやすくリーズナブルなゴールドカード

年会費2,160円(税込)という、ゴールドカードのなかでも圧倒的にお手頃な年会費が特徴。

一般的な楽天カードの良さはそのままに、楽天市場ではポイント還元率が2.0%アップ!

さらに、年2回ではあるものの、国内主要空港のラウンジを無料利用可能!

ETCカードの年会費540円(税込)も無料になるので、よく運転するという人にもおすすめのクレジットカード。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
2,000円(税抜) 2,000円(税抜) 100円 = 1ポイント Edy ANA ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用で最大9,000ポイントプレゼント!
    締切間近
    2019年09月24日10:00まで!※
楽天ゴールドカードの公式サイトでチェック
3位

楽天プレミアムカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
楽天Edyのチャージ&利用でもポイントが貯まるゴールドカード!

楽天ゴールドカードから、さらにワンランクアップしたゴールドカード。

「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」の3つから好きなものを1つを選ぶと、対象のサービスのポイント還元率がアップ!

世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジで利用できる「プライオリティ・パス」が無料登録できる上、旅行保険、ショッピング保険も充実。

様々なサービスが受けられることを考えると年会費10,800円(税込)は魅力的!

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 100円 = 1ポイント Edy ANA
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用で最大13,000ポイントプレゼント!
    締切間近
    2019年09月24日10:00まで!※
楽天プレミアムカードの公式サイトでチェック
4位

楽天ANAマイレージクラブカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
楽天Edyのチャージ&利用でもポイントが貯まる!

楽天Edy利用、チャージでもポイントゲット!

マイルを貯めたり、空港で便利な「ANAマイレージクラブ」と海外旅行傷害保険やカード盗難補償で安心な「楽天カード」の2つサービスを装備。

貯めたいポイントに応じて「楽天スーパーポイントコース」と「ANAマイルコース」の2つのコースから自由に選択。

「ANAマイルコース」は200円=1マイルに。

「楽天スーパーポイントコース」は常に1%のポイント高還元。
楽天市場の利用なら3%、キャンペーン開催時などはポイント最大10%以上になることも。

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 500円(税抜) 100円 = 1ポイント Edy ANA × × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+利用で最大12,000円相当の特典プレゼント!
    締切間近
    2019年09月24日10:00まで!※
楽天ANAマイレージクラブカードの公式サイトでチェック
5位

ANA JCB一般カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ポイントとマイルが両方貯められるカード

ANAとJCBが提携したクレジットカード。

ANAマイレージクラブ・楽天Edy・JCBカードの3つの特徴を兼ね備えています。

楽天Edyを使った場合、200円につき1マイル貯まります。

その他おすすめポイント
  • スキップサービスで保安検査まで一気にスキップ
  • ANA国内線、国際線の機内販売が10%OFF
  • 免税店で5%OFF
  • 国内・海外旅行傷害保険自動付帯死亡・後遺障害のみ
  • QUICPay付帯可能
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 2,000円(税別) 1,000円 = 1ポイント EdyQuicpayPITAPA ANAJALデルタ航空 × × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会+キャンペーン登録+利用等の条件を満たすと最大36,100マイルプレゼント!
    2019年10月15日まで!※
  • Apple Pay、Google Payの利用で20%キャッシュバック!上限1万円※2019年12月15日まで!※
ANA JCB一般カードの公式サイトでチェック
6位

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ポイントとマイルが両方貯められるカード

マイルが欲しい方やANAの航空便をよく利用される方にはおすすめ。

また、一般カードながら国内主要空港のラウンジを無料利用できるので、フライトまでの時間を贅沢に過ごせるのも魅力。

特徴・特典
  • 提携店でのカード利用でポイントとマイルが貯められる(100円=1ポイント+1マイル)
  • ANAグループでの利用時はポイント1.5倍
ポイント付与
  • 買い物や公共料金等のクレジット利用100円=1ポイント
主なポイント交換
  • 1ポイント=0.3円でカード利用代金に充当可能
  • イベントや体験メニューの参加費
  • 商品やギフト券と交換
  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
7,000円(税抜) 7,000円(税抜) 100円 = 1ポイント Edy ANA
キャンペーン情報
  • 【Web限定!】新規入会+利用で合計35,000マイル相当獲得可能!
    締切間近
    2019年09月30日まで!※
ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトでチェック

楽天Edyの歴史

「楽天Edy」は、楽天Edy株式会社が発行する前払い方式の電子マネー。
多くの会員数を抱え、日本における電子マネーの草分け的存在です。

歴史は古く、1999年にソニーファイナンスなど「ゲートシティ大崎」のビル内の従業員を対象にした社員食堂や自動販売機用の電子マネーとして誕生。
「ユーロ」「ドル」「円」の頭文字をから、「楽天Edy!」に決定。

2001年に運営会社「ビットワレット」が設立。
2003年にANAと提携し「ANAマイレージクラブ楽天Edyカード」の発行が開始され、利用者が増加。

その後、「おサイフケータイ」の登場によって利用者はさらに増加。

 

一方で、ビットワレット社は赤字が続き、2009年末には楽天の連結子会社となりました。

そして、2012年に現在の「楽天Edy」という名称に変更。

「楽天Edy」の利用可能店舗は非常に広範囲で、コンビニは主要各社をほぼ全てカバーしています。

また、PaSoRi(FeliCaリーダ/ライタ)を利用することでオンライン決済にも利用できます。

楽天Edyのメリット

楽天Edyは電子マネーの草分け的存在

現在楽天Edyの利用可能店舗数は55万箇所を突破。

Suicaでも45万件以下、nanacoは30万件にとどまっていることからも、楽天Edyの浸透率がわかります。

もちろん発行枚数、会員数もダントツで、電子マネー業界の中ではNo.1といっても間違いないでしょう。

 

FeliCaリーダでオンライン決済にも対応

リアル店舗では主要なコンビニを網羅するなど生活で便利に使える楽天Edyですが、もうひとつの利便性としてオンライン決済に対応していることがあります。

FeliCa対応のパソコンやFeliCaリーダがあれば、チャージされた楽天Edyからの支払いが可能となります。

クレジットカードからチャージしておけばポイントが2倍に貯められるので、クレジットカード決済よりもさらにお得に使えます。

さらに利用店舗ごとのポイントに対応している提携先も多く、楽天Edyを使うと独自ポイントが付与されるためムダがありません。

 

貯められるポイントに縛りがない

楽天Edyでは利用の際にポイントが付与されますが、楽天スーパーポイントでなければならないという制限がありません。

おサイフケータイ(アプリ)で楽天Edyを使った場合、ANAのマイルやPonta、Tポイント、auポイントなどなんでも好きに選んで貯められます。

  • 楽天スーパーポイント
  • ANAマイル
  • Ponta
  • Edyでコイン
  • WALLETポイント
  • Tポイント
  • ヨドバシゴールドポイント
  • ヤマダポイント
  • エポスポイント
  • ビックポイント
  • マツモトキヨシ
  • エディオンポイント
  • ドットマネー

楽天Edyはおサイフケータイにも対応していますが、あらかじめ好きなポイントで設定しておけば貯めたいポイントがザクザクと加算されていきます。

チャージしてポイント、使ってポイント、しかも自由度がこれほど高い電子マネーは他に見られません。

クレジットカード払いではポイント還元率が落ちてしまうという店舗は意外とありますが、楽天Edyにチャージして支払えば高還元率のままショッピングを楽しむことができます。

 

チャージ方法が多様多彩

楽天Edyは利用店舗が電子マネーの中で最も多く、そのためあちこちでチャージできる仕組みがあります。

もちろん、楽天サイトから会員IDを使ってもチャージは可能ですが、auかんたん決済でのチャージにも対応しています。

現金で入金できるEdyチャージャーを置く店も増加中で、スーパーのコーナーでも良く見かけるようになりました。

クレジットカードからのチャージはもちろんですが、一定金額が自動で入金されるオートチャージ設定もあります。

その他には銀行アプリや銀行口座からのチャージ、もちろんレジでのチャージもOKです。

利用の仕方も多彩ならチャージの方法も多数という利用者への利便性は、まさに電子マネーのトップを走る存在といえるでしょう。

楽天カードへのEdyチャージ方法

オートチャージ

  • 楽天e-NAVIにログインする
  • 「Edyチャージ」を選ぶ
  • 「Edyオートチャージ」を選ぶ
  • 金額・セキュリティコードを入力する

全国約15万店舗でオートチャージ可能(2019年3月時点)

いつでもEdyチャージ

  • 楽天e-NAVIにログインする
  • 「Edyチャージ」を選ぶ
  • 「いつでもEdyチャージ」を選ぶ
  • 金額・セキュリティコードを入力する
  • Famiポート・Kステーションで受け取りの手続きをする

いつでもEdyチャージは1日1回のみ

Edyチャージ

  • 楽天e-NAVIにログインする
  • 「Edyチャージ」を選ぶ
  • 次も「Edyチャージ」を選ぶ
  • 金額・セキュリティコードを入力する
  • Famiポート・Kステーションで受け取りの手続きをする

「楽天Edyリーダー」か「パソリ」をパソコンに接続、もしくは「Felicaポート搭載パソコン」を使うことでもEdyの受け取りが可能

現金からEdyチャージ

  • レジでチャージしたい金額を支払う
  • 楽天カードを端末に置く
現金入金機を使う場合
  • 現金入金機の読み取り機に楽天カードを置く
  • チャージしたい金額を入金する
  • 入金ボタンを押す

楽天Edyのお得な活用術

クレジットカードからチャージでお得に貯める

楽天Edy付帯のクレジットカードなら、カードからのチャージ分と楽天Edy利用でダブルでポイントを貯めることが可能!

楽天市場などではお店独自のポイントが還元されるところもあるので、楽天Edyだけでポイントの三重取りが可能になることも。

 

おサイフケータイで提携ポイントを貯める

楽天Edy利用200円毎に提携先のポイントを貯めることのできるサービス「楽天Edyでポイント」

提携している企業も幅広く、楽天Edyの利用であらかじめ設定した提携先のポイントを貯めることができます。

 

楽天Edy支払いとクレジットカード支払いを賢く使い分けてお得

ヨドバシカメラなどの大手家電量販店ではクレジットカード利用の場合、ポイントが2%減少します。

しかし楽天Edyでの支払いなら現金と同じ付与率になってお得!

家電製品は購入金額が大きいだけにポイントの差は大きいです。

家電量販店では楽天Edyへチャージしてから支払いするのが断然お得。

電子マネー選びのポイント

普段何気なく使っている小額の支払いに便利な電子マネーはクレジットカード付帯が断然お得!

おサイフケータイを設定しておけば、携帯ひとつでお出かけも可能。

支払い方法やポイント付与などの特徴で電子マネーを比較!

電子マネー比較表
チャージ型
(プリペイド式)
後払い型
(ポストペイ式)
電子マネー

Suica
PASMO
楽天Edy
WAON
nanaco

iD
クイックペイ

支払い方法

事前チャージ(オートチャージ含)

クレジットカード利用請求

ここが便利

・公共交通機関も利用できる(Suica/Pasmo)
・相互でポイント移行、ポイントチャージ可能
・支払いがスムーズ

・面倒なチャージ不要
・支払いがスムーズ

ポイント

・オートチャージでクレジットカードポイントが貯まる
・利用で電子マネーポイントが貯まる

・クレジットカード利用ポイント対象となり、マイル等への交換もスムーズ

紛失・盗難

原則自己責任
※紛失・盗難連絡時のチャージ残高・定期等の補償対象も有

クレジットカード補償適用

チャージ型電子マネー付帯のメリット

クレジットカード一体型やクレジットカード付帯なら、残高不足の心配いらずのオートチャージ機能もあって便利で安心。

オートチャージ分でもクレジットポイントが貯まるカードなら、お得にポイントが貯まる!

Suica付帯のカードは通勤・通学などで交通機関をよく利用する人におすすめ。

さらに、別途登録は必要だがSuicaポイントやメトロポイントといった電子マネーポイントも貯まり、電子マネーやマイルに交換することもできる。自動販売機やコンビニなどの利用分が無駄なくポイントとして貯められるので要チェック!

クレジットカードポイント+電子マネーポイント+ANA(提携のカードのみ)と二重、三重でポイントが貯められ、相互移行できるメリットも。

楽天Edy付帯のカードWAON付帯のカードは電子マネー利用でポイントが貯まり、1ポイント=1円にチャージ可能。また、クレジットポイントも電子マネーに移行・チャージ可能。

例えば三井住友VISAクラシックカードはワールドプレゼントからWAONポイントへの移行は1ワールドプレゼントポイント=5WAONポイント。よく利用するお店の提携電子マネーを選んで付帯し、賢く使いたい。

紛失・盗難時は電子マネー部分については原則自己負担。ただし、連絡した時点での電子マネー残額のみの補償やポイント補償がある場合もある。

 

後払い型電子マネー付帯のメリット

iD付帯のカードQUICPay付帯のカードは電子マネーを利用した分だけクレジット利用分と同様に後から支払代金が請求されるので事前チャージ不要。

後払い型の最大のメリットは、チャージ不要の利便性に加え、紛失・盗難などではクレジットカードの補償適用となるセキュリティ面。おサイフケータイではロック機能なども使えばセキュリティはさらに万全。

電子マネーの利用で貯まるポイントもクレジット利用分と同じクレジットポイント。それぞれ利用次第でキャッシュバックやプレゼントなどお得なキャンペーンも豊富。

全国で利用できる店舗もコンビニ、スーパーからガソリンスタンド、飲食店、アミューズメントまで幅広く、サインレスで簡単スピーディに支払完了。

電子マネーでの支払いは普段からクレジットカードで支払うことが多い人にとって非常に便利。

まとめ

生活のすみずみに浸透する電子マネーが楽天Edyです。

意識して見渡せば、ほとんどの場所で利用できることに気づくでしょう。

しかもポイントと連動した使い方ができるので、クレジットカードを使いながら楽天Edyとループさせるのも簡単です。

電子マネーはたくさんありますが、より便利に、お得に暮らしたいなら、楽天Edy付帯のクレジットカードがイチオシです。

最終更新日:2019/8/27

口コミ

無駄なお金を使わなくなり貯金できるようになった(男性 30代 サラリーマン)

楽天Edyでお得なクレジットカードはチャージがすぐにできて尚かつポイントもすぐに貯めることが出来るのでカード一枚持っているだけで生活することが出来ます。

コンビニでの買い物やネットショッピングで利用することが出来るのでとても便利です。
コンビニでも簡単にチャージすることが出来るので財布を持たなくても簡単に買い物することが出来ます。

カードを取得した際に5千円分のポイントも送付してもらえたことも取得しようとしたきっかけです。

便利でお得なカードは楽天しかないと思います。

ポイントを手軽に貯められるのは生活するにおいて本当にお得です。
私は楽天Edyでお得なクレジットカードを取得して無駄遣いすることがなくなりました。

楽天カードの更新時に手数料無料で出来る事を知ったので(女性 10代 学生)

元々、楽天の通常クレジットカードを所有していました。
去年の更新時に、手数料無料でEdy付帯カードに切り替える事が出来る事を知りました。
さらに、更新時に切り替えれば500円分のEdyがついてくるとのこと。
何も自分にデメリットが感じられなかったので、Edy付帯カードで更新をしました。

その後、色々調べるうちにEdyへは楽天ポイントから移行することも出来るし、Edyを利用すればするほど楽天ポイントもつくし、一石二鳥以上のメリットを感じました。

現在、Edyが使えるコンビニやお店は多くあります。
初めの500円分プレゼントだけでも得すればいいかなと思っていたのですが、結局さまざまな買い物に利用させてもらっています。

財布を持たなくてもこのカード一枚で生活出来ます(男性 20代 サラリーマン)

楽天Edyでお得なクレジットカードは電子マネーでコンビニなどのお店で使うことが出来てチャージすることも出来ます。

それだけではなく、一部の自動販売機やインターネットショッピングでも利用することが可能です。
数多くの加盟店で利用することが出来るのでポイント、ANAマイルなどを貯まることがメリットです。
チャージしてポイントを利用することが出来るので本当に良いことだらけのカードです。

楽天Edyでお得なクレジットカードを持っているだけで財布を持つ必要性がないので1枚のカードを持っているだけで何でもショッピングすることが出来ます。
チャージも指定のコンビニで出来るので本当に簡単にできます。

時間がないサラリーマンにとって便利なカードです。

楽天市場をよくショッピングするので楽天ポイントが貯まりやすい(女性 20代 アルバイト)

初めて取得したクレジットカードが楽天Edyでした。

知ることになったきっかけは楽天から送られてきたメルマガです。
入会すると高いポイントが付与されるという点にとても魅力を感じました。

また、楽天市場でショッピングする機会が多く、支払いの際にかかる振り込み手数料や代引き手数料を大変ネックに思っていました。
しかし、クレジットカード決済で支払えば手数料がかからず、さらに楽天ポイントも貯まるというお得さに心惹かれたのです。

楽天市場での利用以外にも、楽天Edy加盟店で利用することで楽天ポイントが貯まり、楽天ポイントをEdyに交換して店頭で使うこともできます。

楽天Edyを取得してから買い物が便利になり、今まで以上にポイントが貯まるようになったので取得して本当によかったと思うクレジットカードです。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。