Apple Pay対応おすすめクレジットカード比較

Apple Payが使えて利便性の高いクレジットカードまとめ
【迷ったらコレ!】JCB CARD W

ポイント還元率が2倍(1%)!
39歳以下しか申し込めない高還元JCBカード

の公式サイトでチェック

Apple Payとは

Apple Payイメージ

Apple PayはiPhoneやApple Watchを使った決済サービスであり、クレジットカードやSuicaなどの情報を取り込むことでiPhoneにその情報を格納し、自由に使用することができるのが特徴。

読み込み方はとても簡単で、クレジットカードの券面をスキャンしたり、Suicaの上にiPhoneを置いたりするだけで自動的にiPhoneに情報が移行します。

QUICPayやiDといった電子マネー機能を利用するため、「QUICPay加盟店」もしくは「iD加盟店」のレジなら決済が可能です。

【目的別】Apple Pay対応おすすめクレジットカード

ほとんどのクレジットカードでApple Payは利用可能。

Apple Payに登録したクレジットカードを自分ならどのように使うのか、利用目的で選ぶのがおすすめです。

ここでは、「Suicaを使う」「コンビニでよくお買い物をする」「とにかくポイントを貯めたい」という方向けのクレジットカードをご紹介していきます。

 

Suicaユーザーにおすすめのクレジットカード

電気代やショッピングにSuicaを利用する方には、Suica機能が搭載されたビューカードがおすすめ!

ビューカードなら定期代の購入やSuicaへのチャージなどの際、ポイントがなんと通常の3倍貯まってお得です。

  • 「ビュー・スイカ」カード:定期券機能付き。ビューカードの中では数少ない家族カードの追加が可能。利用代金明細書をWeb明細にすることで年会費分以上のポイントが還元。
  • ビックカメラSuicaカード:ビックカメラでの支払いで10%のビックポイントが付与。普段のお買い物でもビックポイントとJRE POINTを合わせて1%の還元率に。

 

[タイトル コンビニユーザーにおすすめのクレジットカード
日常的にコンビニでお買い物をする場合にもApple Payでの支払いは便利!

現金やクレジットカードをお財布からわざわざ出さなくても、iPhoneまたはApple Watchでスマートに支払いができます。]

さらにコンビニ利用にお得なクレジットカードを選べばよりお得!

  • 三井住友カード:セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンでの利用でポイントが通常の5倍(2.5%)!デイリーヤマザキ・セイコーマート・アズナス・ポプラは登録でポイント2倍。
  • dカード GOLD:ローソンで使う際、Apple Payで支払った場合も3%OFF。

 

高還元率クレジットカード

ポイントを貯めたいのであれば高還元率カードを選びましょう。

一般的に、高還元率とは1%以上を言います。

特別なキャンペーンに参加しなくても、普段から1%以上の還元率が設定されているカードを積極的に支払いに使えば、ポイントがどんどん貯まっていきます。

  • JCB CARD W:ポイント還元率1%。新規入会後3か月間は2%にアップ。
  • Orico Card THE POINT:ポイント還元率1%。新規入会後6か月間は2%にアップ。
  • リクルートカード:ポイント還元率はどこでも1.2%。「じゃらんnet」や「ポンパレモール」などのリクルートのネットサービスの利用でさらにポイントアップ。

  • デザインで比較
  • 一覧表で比較
  • ランキングで比較
1位

JCB CARD W

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
39歳以下しか申し込めない高還元JCBカード

年会費は無料で、ポイント還元率は通常の2倍の1%。

さらに新規入会後3か月間は2%にアップ!

その他おすすめポイント
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • 女性向けカード「JCB CARD W plus L」も申し込める
JCB CARD Wはこんな人におすすめ
  • 39歳以下の人
  • ポイントをたくさん貯めたい人
  • 女性

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 1,000円 = 2ポイント Quicpay ANAJALデルタ航空 × × ×
キャンペーン情報
  • 条件を満たすと最大11,500円分の特典プレゼント!
    締切間近
    2020年09月30日まで!※
  • 新規入会で3か月間ポイント4倍!
  • Amazon利用でポイント10倍!※2020年07月31日まで!※
JCB CARD Wの公式サイトでチェック
2位

Orico Card THE POINT

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
負担ゼロの代表的な高還元カード!

ポイント還元率は1%。
さらに入会後6か月間はポイント2倍(2%)!

カード自体に電子マネー「iD」「QUICPay」機能を搭載しているので、カード自体が使いやすいのも特徴です。

その他おすすめポイント
  • ETCカード・家族カードを無料で発行可能
  • 利用可能枠が最大300万円と高額
Orico Card THE POINTはこんな人におすすめ
  • ポイントをたくさん貯めたい人
  • 年会費無料のカードが欲しい人

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 100円 = 1ポイント iDQuicpay ANAJAL × × × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会&カード利用で最大8,000オリコポイントをプレゼント!
Orico Card THE POINTの公式サイトでチェック
3位

ビックカメラSuicaカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
Suicaチャージでポイント還元率3倍!

「ビューカード」の一種であるビックカメラSuicaカードは、Suicaチャージでポイント還元率3倍(1.5%)!
Visaブランドで登録したカードはSuicaチャージ不可

年会費は2年目以降477円(税抜)ですが、年1回の利用で無料!

その他おすすめポイント
  • 最高500万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 最高1,000万円の国内旅行傷害保険が利用付帯
ビックカメラSuicaカードはこんな人におすすめ
  • ビックカメラでよくお買い物をする人
  • 電車に乗る機会が多い人

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 477円(税抜) 1,000円 = 5ポイント Suica - × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会&カード利用で最大8,000円相当のポイントをプレゼント!
    締切間近
    2020年09月30日まで!※
  • VIEWショッピングステーション経由のお買い物で抽選でご利用金額分のポイントをプレゼント!上限10,000円※2020年07月31日まで!※
ビックカメラSuicaカードの公式サイトでチェック
4位

dカード GOLD

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
ドコモユーザー必携のゴールドカード!

ゴールドカードになったことで、補償面が大幅にパワーアップ!

年間利用額に応じて特典ももらえるので、高額なショッピングが多いヘビーユーザーの方におすすめです。

その他おすすめポイント
  • ローソンでの買い物はiD/クレジット決済で請求時3%OFF+2ポイントで最大5%分お得
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯一部利用付帯
  • 最高5,000万円の国内旅行傷害保険が利用付帯
  • 空港ラウンジ無料利用サービス
dカード GOLDはこんな人におすすめ
  • ドコモのヘビーユーザー
  • 旅行によく行く人

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 100円 = 1ポイント iD JAL
キャンペーン情報
  • 条件を満たすと最大18,000dポイントをプレゼント!期間・用途限定
    2020年09月30日まで!※
  • メルカリで200円(税込)ごとに4%ポイント還元!メルカリアカウントとdアカウントの連携が必要※2020年08月31日まで!※
dカード GOLDの公式サイトでチェック
5位

三井住友カード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
信頼性の高い定番クレジットカード!

新デザインに生まれ変わった、三井住友カードの代表的なクレジットカード

顔写真入りも選べるカード、「ネットショッピング認証サービス」、カード不正使用検知システム(24時間)など高いセキュリティを誇り、「三井住友カード会員保障制度」でカード紛失・盗難の際も安心。

25歳以下なら、ポイント還元率が高い三井住友カード デビュープラスもおすすめです。

その他おすすめポイント
  • 最短翌営業日発行
  • 年1回の利用で翌年度の年会費1,250円(税抜)が無料
  • 年間100万円までのショッピング補償
三井住友カードはこんな人におすすめ
  • 初めて三井住友カードを作る人
  • 信頼性の高いクレジットカードが欲しい人

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 1,250円(税抜) 200円 = 1ポイント iDWAONPITAPA ANA × × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会&Vpassスマホアプリログインで利用金額の20%プレゼント!最大8,000円
  • 抽選でお買物利用金額と同額を還元!上限10万円※2020年08月31日まで!※
三井住友カードの公式サイトでチェック
6位

リクルートカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
トップクラスのポイント還元率を誇る無料カード!

リクルートカードは年会費無料にもかかわらずポイント還元率は1.2%!

リクルートのネットサービスを利用するばさらにポイント還元率アップ!

その他おすすめポイント
  • 海外旅行傷害保険(利用付帯):最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険(利用付帯):最高1,000万円
  • ショッピング保険(国内・海外):年間最高200万円
  • 一部電子マネーのチャージがポイント対象
リクルートカードはこんな人におすすめ
  • ポイントをたくさん貯めたい人
  • 保険も付けたい人

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 100円 = 1.2ポイント QuicpayApple Pay対応 - × ×
キャンペーン情報
  • 新規入会&カード利用で最大6,000円分ポイントプレゼント!
  • 【JCB限定】家族カード同時入会&キャッシング枠の設定・利用で合計1,000円相当ポイントプレゼント!
  • 【Visa・Mastercard限定】楽Pay登録&カード利用で最大3,000円相当ポイントプレゼント!
リクルートカードの公式サイトでチェック
7位

ライフカード<年会費無料>

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
独自のポイントプログラムでポイントが貯まる!

ライフカードのポイント還元率は0.5%と普通ですが、使い方次第で還元率を大きく上げることができます。

カード利用枠は最高200万円なので、高額なお買い物や、家族カードを発行してみんなで使っても余裕があります。

学生の方には学生専用ライフカードもおすすめ!

その他おすすめポイント
  • 入会後1年間ポイント1.5倍(0.75%)
  • お誕生月はポイント3倍(1.5%)
  • 年間利用額に応じてポイント還元率最大2倍(1%)
ライフカード<年会費無料>はこんな人におすすめ
  • ポイントをたくさん貯めたい人
  • クレジットカードの利用が多い人

  • 年会費無料
  • ポイントがたまる
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • ETC
  • 電子マネー
  • 旅行保険
  • キャンペーン
年会費 ポイント付与 電子マネー マイル 旅行保険 ラウンジ利用
初年度 2年目以降 海外 国内 海外 国内
無料 無料 100円 = 0.1ポイント iD ANA × × × ×
キャンペーン情報
  • 条件を満たすと最大15,000円相当のポイントプレゼント!
    2020年09月30日まで!※
ライフカード<年会費無料>の公式サイトでチェック

Apple Payの機能

iPhoneユーザーの要望でとくに多かったもののひとつに「おサイフケータイのような、端末による決済機能を搭載して欲しい」というものがありました。

日本では携帯電話(ガラケー)の時代から決済機能が搭載されており、それらに慣れた人から見るとiPhoneは不便に感じるシーンが多いためだと思われます。

Apple Pay(アップルペイ)は、その期待に応えて登場したiPhone独自の決済機能です。

しかし、従来のおサイフケータイとはちょっと違う仕様となっています。

ここでは、そんなApple Payを便利に使いこなす方法について解説をしていきます。

 

Apple Pay は電子マネーではない

Apple PayはiPhone搭載の電子決済システムのこと。

QUICPayやiDという電子マネーを利用した支払い方法であり、Apple Pay自体は電子マネーではありません。

Apple Payを利用するためには「Wallet」という専用アプリにQUICPayまたはiD対応のクレジットカードやSuica、ポイントカード、プリペイドカードなどを登録する必要があります。

今後は各種デビットカードなど、登録可能なカードの幅が広がっていくと予想されます。

 

Apple Payでできること

それではApplePayで何ができるのかを見てみましょう。

現在(2020年6月時点)の機能で対応しているのは次の通りです。

  • モバイルSuica
  • 店舗での支払い
  • Web上での支払い

 

モバイルSuica

Apple PayはモバイルSuicaに完全対応!

電車、自販機、コンビニ、バスなどSuicaが利用できるところではすべてApple Payが使えます。

さらにWalletアプリに登録したSuicaをあらかじめエクスプレスカードとして設定しておけば、指紋認証や顔認証といった生体認証なしで自動改札機を通過することができます。

また、新しくSuicaを購入して設定できる他、すでに持っているSuicaカードからのデータ移行も可能です。

移行後は既存のカードは使えなくなりますが、デポジット分もしっかり戻るので得した気分になれます。
PASMOは非対応

 

店舗での支払い

店舗での支払いでは、Apple Pay、Suica、iD、QUICPayのマークがあるお店で利用できます

Edyやnanacoのような他の電子マネーと同じく、iPhoneをレジの読み取り端末にかざして支払いを行います。

利用可能な範囲は非常に広く、大手コンビニチェーン店やドーナツチェーン、レストラン、ショッピングモール、ガソリンスタンド、書店などほとんどの業種で対応しています。

ただし、個人商店や地方の小規模チェーンなどでは対応不可の場合もあるので、該当の店舗で利用したい場合は事前にチェックしておきましょう。

 

Web上での支払い

Apple PayはオンラインショッピングなどのWebでの支払いにも便利!

お買い物先のページで支払い方法にApple Payがあれば、iPhoneやApple Watchはもちろん、Touch IDを搭載したMacでもApple Payで支払うことが可能です。

また、改めてカード情報を入力する必要もなく、スムーズ勝つ安全に決済を済ませることができます。
使用するインターネットブラウザはSafariである必要があります。

Apple Payのメリット

Apple Payのメリット

複数のカードをまとめられる

Apple PayはiPhone8、iPhone8Plus以降なら12枚、それ以前の機種では8枚までカードを登録できます。

全てのカードをお財布に入れているとパンパンになってしまいますが、Apple Payがあれば0枚に!

もちろん現金も少なくて済むので、鞄やポケットに分厚い財布を入れる必要はなくなります。

 

Suicaのデポジットが不要

Apple PayはSuicaを登録すると一層便利になります。

なかには「まだSuicaカードを持っていないから作ろう」という方がいるかもしれませんが、Apple Payがあれば必要ありません

代わりにモバイルSuicaのアプリをダウンロードしましょう。

すでにSuicaカードを持っている場合は、Apple PayにSuicaを登録することでデポジット500円がSuicaの残高に追加されます。
Suicaカードは使えなくなります。

Suicaの登録方法
  • Walletアプリを開いて「+」をタップ
  • 「次へ」「Suica」の順にタップ
  • カード裏面記載の下4桁の数字を「カード番号」に入力
  • iPhoneの上部をSuicaカードの中央部にしばらく置く数分かかる場合があります。

 

セキュリティ性が高い

手軽に利用できるApple Payですが、不正利用の危険性について気になる方もいるのではないでしょうか?

実はApple Payにカードを読み込む際、カード番号などの情報がそのままiPhoneなどに登録・保存されるわけではありません

登録するiPhone固有の番号が割り当てられるため、支払いの際にもお買い物先のお店でカード情報を知ることはできません

また、Apple Payを利用する場合は指紋認証や顔認証が必要となるため、本人以外が不正利用することは難しいでしょう。

そのためクレジットカードなどをそのまま出すよりも、Apple Payを利用すればより安全に支払いができます。

Apple Payのデメリット

Apple Payにはデメリットもあるので、いざ使おうとしたときに慌てないようにしましょう。

Apple Payのデメリット

支払いに手間がかかることがある

慣れないうちはiPhoneの操作に戸惑い、現金で支払う以上に時間がかかってしまうことがあります。

操作に慣れてきても、指紋認証や顔認証に手間取ってしまうこともあるでしょう。

また、店員のほうが操作に不慣れで時間がかかったり、場合によっては断られてしまうこともありえます。

ですが、Apple Payは使い方を理解し、慣れればとても便利な支払い方法なので、この後にご紹介する使い方もぜひご覧ください。

 

iPhoneのバッテリー切れに注意が必要

iPhoneに様々な機能を集約すると、いざバッテリー切れになってしまったときに何もできなくなります

普段からiPhoneの利用が多い場合は、モバイルバッテリーを持ち歩くか、他のカードや現金を用意しておきましょう。

ちなみにSuicaの場合はiPhone XSやiPhone XR以降の機種でエクスプレスカード設定をしておけば、もしバッテリー切れになった場合も最大5時間は予備電力があるので安心です。

 

ポイント還元率が下がることがある

たとえばビックカメラSuicaカードをビックカメラで使った場合、ポイント還元率は10%です。

しかしApple Payにカードを登録して使った場合、電子マネー(QUICPay)での支払いとみなされてポイント還元率が8%に落ちてしまいます。

そのため、ビックカメラでの支払いはビックカメラSuicaカードそのものを出して支払うほうがお得です。

 

Visaブランドは店舗でのみ利用可能

国際ブランドがVisaのカードは店頭でならApple Payが利用できますが、オンライン決済の支払いカードに選ぶことはできません

そのため、Apple Payに登録したSuicaにチャージする際もVisaカードは使えないので注意が必要です。

さまざまな支払いに対応できるよう、Apple PayにはMastercardやJCBなどの国際ブランドのカードも登録しておくとよいでしょう。

Apple Payの使い方

Apple Payにカードを登録する方法

Apple Payを利用するためには、手元のカードを設定する必要があります。

これを行わなければ空箱のようなものです。

設定方法は次の2つです。

  • Walletアプリ起動⇒「+」をタップ
  • トップ画面「設定」⇒「WalletとApple Pay」⇒「カードを追加」

カードの種類で「クレジット/プリペイドカード」を選ぶと、カメラが起動します。

続いてセキュリティコードを入力、クレジットカード会社とSMSか電話での認証が行われます。

 

Apple Payの買い物時の使い方

Touch IDを使う場合
  • 店員にQUICPay(もしくはiD)で支払うことを伝える
  • Touch ID(指紋認証センサー)に指を置く
  • iPhoneの上側をリーダーにかざす
Face IDを使う場合
  • 店員にQUICPay(もしくはiD)で支払うことを伝える
  • サイドボタンをダブルクリックする(Apple Payが起動する)
  • iPhoneの画面を見る(顔認証)
  • iPhoneの上側をリーダーにかざす

 

Apple Payが使える場所と対応クレジットカード

Apple Payは、Apple Payのロゴが表示されている店舗はもちろん、QUICPayとiDが使える店舗でも利用可能です。

クレジットカードを登録するとQUICPayかiDで設定されます。

このときどちらかの選択はできず、登録するカードによって決定されます。

QUICPay iD
楽天カード

三井住友VISAカード

JCBカード ライフカード
MUFGカード dカード
オリコカード セディナカード
ビューカード イオンカード
セゾンカード ポケットカード
ヤフーカード
ジャックスカード
エポスカード
リクルートカード
アメリカン・エキスプレス・カード
ダイナースクラブカード
au WALLETクレジットカード

 

ApplePay を利用する際の注意点

店舗で利用する場合、Android端末や電子マネー搭載カードは専用リーダーに軽くタッチして読み取りますが、iPhoneはまずWalletアプリを起動させる必要があります

事前に「ロック中にアクセスを許可」の設定と「ホームボタンをダブルクリック」をオンにしておけば、ロック中でもWalletアプリの起動と生体認証を一度に済ませることが可能

初期設定で自動的にそのようになっているはずですが、念のため利用する前に設定の確認をしておきましょう。


Apple Payの使い方についてはこちらもご覧ください。

ApplePayの使い方

Apple Payは使い方次第で幅広く活躍!利用方法を徹底解説

Apple PayにはSuicaを登録するのがおすすめ!

Apple Payの最大の魅力の一つは、何と言ってもSuica機能が使える点でしょう。

Suicaを新規に取得する場合は、ダウンロードしたアプリ内から行います。

すでにSuicaが手元にある場合には、Walletアプリで「カード追加」を選択後、手順に従うとSuicaの番号を要求されます。

その後、iPhone本体をSuicaに重ねるだけでデータ移行が完了し、残高が表示されるようになります。

定期券のデータも同じく簡単に移行することが可能です。

 

Suica1つで通勤・通学・お買い物がスマート!

電車の改札を通る際、わざわざ定期ケースを取り出す手間が省けます

Suicaが使える店舗や自動販売機などのお買い物もお財布いらず!

iPhone1台を持つだけで、通勤・通学、お買い物が済むようになります。

 

Suicaのチャージが一層便利!

いつでもどこでもSuicaにチャージができます

もちろんビューカードならポイント還元率が3倍(1.5%)!

Suicaでの支払いを中心にすれば、クレジット払い以上のポイントが貯まります。

 

Suicaを使う際の注意点

  • ビューカードと一体型のSuicaはApple Payに登録できない
  • Apple PayからSuicaにチャージするとき、VISAブランドのビューカードは使えない
  • Suicaチャージの限度額は2万円

Apple PayにSuicaを追加する方法、おすすめのカードなどはこちらをご覧ください。

Apple PayにSuicaを追加

Apple PayにSuica追加でお得&便利な使い方を徹底解説

Apple Payが使える端末一覧

最後に、交通機関・店舗でApple Payを使える端末をご紹介します。
2020年6月時点

製品 交通機関 店舗 アプリ内 ウェブ上
  • iPhone8以降
  • 日本国内で発売されたiPhone7、iPhone7 Plus
iPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone6、iPhone6 Plus、iPhone SE(第1世代)
  • Apple Watch Series3以降
  • 日本国内で発売されたApple Watch Series2
  • Apple Watch Series1
  • Apple Watch(第1世代)
Touch IDもしくはFace IDを搭載したiPad Pro、iPad Air、iPad miniのモデル
2012年以降に発売されたMacモデル

まとめ

日本のiPhoneユーザーの声を受け、おサイフケータイに匹敵するサービスを搭載したApplePay。

まだ融通がきかない部分も多少見受けられますが、自動改札の利用やコンビニでの買い物など、日常生活で便利になるシーンはたくさんあります。

Apple Pay はセキュリティに優れた電子決済システムとも言われています。

使い慣れるほどに、さらに快適なiPhoneライフを楽しめることでしょう。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。