クレジットカード更新の注意点|有効期限が切れる前に必ずチェック!

クレジットカード 更新

この記事でわかること

クレジットカードの更新が必要な理由

更新前・更新後にやるべきこと

更新カードが届かない場合の対処法

数年に一度訪れる、クレジットカードの有効期限
持っているカードがそろそろ有効期限が切れるという頃になると、カードの更新方法が気になってしまうかもしれません。

「クレジットカードの更新はどうすればいいんだろう?」
「事前にやっておくべきことはあるの?」

更新時期になって焦ってしまうことのないよう、クレジットカードの更新の仕組みや方法を事前にチェックしておきましょう。
有効期限が切れる前にしておきたいこと、新しいカードが届いたらするべきことなども解説していきます。

美咲

こんにちは、美咲です。
クレジットカードは一生使えるわけじゃなくて、更新が必要だから要注意ですね。

ガマ蔵
面倒に思うかもしれへんけど、クレジットカードを長く使っていくには必要な知識やからな。
この機会にお勉強や!

クレジットカードに有効期限がある理由

クレジットカードは、同じカードを永久的に使えるわけではありません。
カードには必ず有効期限があり、それを過ぎるとそのカードは使えなくなってしまいます。

では、どうしてクレジットカードに有効期限があるのでしょうか?

 

クレジットカードの劣化対策

クレジットカードに有効期限がある理由のまず1つ目がカードの劣化対策です。

プラスチック素材でできているクレジットカードは、長く使っているとどうしても劣化してしまいます。

汚れやキズがつくだけでなく、磁気部分やICチップが正常に反応しなくなることもあります。
そうなると読み取りエラーとなってしまいカードで支払いをすることができなくなるので、クレジットカード会社にとっても利用者にとっても損失になってしまうでしょう。

クレジットカードの劣化

こういった事態を避けるためにも、有効期限を設定することでカード自体を新しいものに交換しているのです。

 

クレジットカードの不正利用を防止するため

もう一つの理由は、カードの不正利用の防止です。

クレジットカードの製造技術は年々向上しています。

ひと昔前まではクレジットカードといえば、カードの裏側に黒い帯がある磁気カードが一般的でした。
磁気カードは比較的安いコストで製造できるというメリットがありますが、スキミングという磁気ストライプ部分からカードの情報を読み取り、カードを複製して本物のカードのように装って悪用されてしまうかもしれないデメリットがあるのです。

この不正利用の被害をおさえるために最近増えているのが、ICチップを搭載したクレジットカードです。
ICチップ搭載のカードには、カードの情報が複雑に暗号化されて保存されていて、磁気カードに比べて個人情報を読み取りにくくスキミングされにくいので、カードを偽造したり複製したりするのも簡単ではありません。

そのため、多くのクレジットカード会社はカードの更新時期を利用して、ICチップ搭載など防犯機能を高めたカードに切り替えたりしています。

 

クレジットカードの有効期限の見方

クレジットカードの有効期限は、一般的にクレジットカードの表面に記載されています。

カードを見てみると、カード番号や会員名の他に、「09/20」や「09-20」などと文字の部分が盛り上がったエンボス加工がされているのが確認できるでしょう。
「09/20」と表示されていたり、「VALID THRU」や「GOOD THRU」といった記載のある部分です。
英字と合わせて、日本語で「有効期限」とわかりやすく表示されていることもあります。

クレジットカード 有効期限これがそのカードの有効期限で、「09/20」や「09-20」といった表示であれば2020年9月が有効期限という意味です。
有効期限は表示されている月の月末までなので、9月末日まで有効です。

補足説明

日本語とは年と月の順番が逆になっていて、「月/年」または「月-年」となります。
日本人にとってなじみは薄いですが、世界中で使えるクレジットカードは国際規格の表示になっているのです。


クレジットカードの有効期限について理解したところで、肝心の「クレジットカードの更新」について見ていきましょう。

 

クレジットカードの更新方法

有効期限が近づいてくると、クレジットカード会社から新しいカードが送られてきます。
そのため「更新手続きをしないと有効期限切れでカードが停止になってしまうのでは・・・」という心配は不要です。

クレジットカードは自動的に更新されるので、更新のために特別な手続きをしたり、カード会社に連絡したりする必要はありません。
通常は有効期限が切れる前に、新しいカードが自宅に届くようになっています。

 

新しいクレジットカードが届くタイミング

有効期限が近づくと、新しいカードはいつ受け取ることができるんだろうと気になるかもしれません。

新しいカードが届くタイミングはカード会社によって異なりますが、有効期限が切れる2カ月ほど前から順次発送の準備が行われ、1カ月前あたりに手元に届くことが多いです。

新しいカードは、簡易書留や本人限定受取郵便などで届き、原則としてカード会員本人が受け取る必要があります
そのため、配達時に不在だからといってポストに投函されることはありません。
これはカードを申し込んでいる会員が、本当に登録住所に住んでいることを確認する意味もあるのです。

注意事項

簡易書留なら家族でも代理で受け取ることができますが、本人限定受取郵便は家族でも受け取ることはできません。
本人が対応し、運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認ができる書類を提示することで受け取ることができます

 

早めに更新できるケースがある

前述したように更新されたクレジットカードが手元に届くのは、有効期限が切れる1カ月前ほどになることが多いのです。

しかし、海外旅行や出張などで長い間家を空ける場合もあるかもしれません。
では更新の時期に長期不在で新しいクレジットカードを受け取ることができない可能性がある場合はどうすればよいでしょうか?

そんなときは、まずクレジットカード会社に連絡してみましょう。
更新時期に家を長期で留守にする予定があるなどの事情を説明します。

クレジットカード会社によって対応はさまざまですが、家にいるときに受け取ることができるように早めに新しいクレジットカードを送ってくれることもあります

どの程度まで融通が利くか一概にはいえませんが、3カ月前くらいから発行を受け付けていることが多いようです。

 

ETCは別便になる

クレジットカードと一緒にETCカードを申し込んでいる場合もあるでしょう。

ETCカードの有効期限は、ほとんどの場合本カードと同じです。
ETCカードも更新は自動的に行われるため、更新の手続きやカード会社への連絡をする必要はありません。

ETCカードは本カードの付帯特典という位置づけなので、更新方法も本カードと基本的には同じなのです。

ただし、新しいETCカードはクレジットカードとは別便で送られます

美咲
新しいクレジットカードが届いたのに、ETCカードが入っていないと慌てないようにしましょう。

 

クレジットカードの更新前にやるべきこと

クレジットカードの更新に特別な手続きは必要ないとはいえ、更新の時期にやっておきたいことがあります。
それは「クレジットカードを使って自動引き落とししている固定費の把握」です。

自動引き落としの固定費とは、電気・水道・ガスなどの公共料金や携帯電話料金、インターネットのプロバイダ料金などのことを指します。
新聞の購読料や保険料の支払いなどもあるかもしれません。

クレジットカードを複数持っている場合には、どのクレジットカードでどの固定費を払っているかをはっきりさせておきましょう。
固定費の一覧を作成すればわかりやすくなるのでオススメです。

こうして備えておくことで、クレジットカードが更新された後も問題なく引き落としを続けることができるでしょう。

ガマ蔵
逆に言うと、固定費の支払いに使っとるカードの更新を忘れると滞納してしまうリスクがあるっちゅうこっちゃ!

 

クレジットカードの更新後にやるべきこと

新しいクレジットカードが送られて来たら、いくつか確認したいことがあります。

 

同封の書類を読む・保管する

封筒を開けると、クレジットカードのほかにパンフレットや利用規約が記載された書類なども同封されています。
クレジットカードを台紙から剥がしたら、他の書類は読まずに捨ててしまう人もいるかもしれません。

しかし、書類にはクレジットカードの利用についての大切な情報が記載されています
同梱されていた書類はすべて取り出して、確認してみましょう。

クレジットカードが貼りつけられている台紙には、新しいカードのショッピング利用枠とキャッシング利用枠が記載されています。
以前のカードと限度額が変わっていることもあるので必ず確認しましょう。

また、リボ払いをしたときの毎月の返済金額も書かれています。

 

カードにサインをする

そしてカードの名義人の名前の欄も、アルファベットの綴りが間違っていないかを確認します。
問題なければ台紙からはがして、カード裏面にサインをしましょう。

サインがなくてもネットショッピングでは使用可能ですが、店頭では基本的に使うことができません。
また、万一不正利用があった場合にサインがなければ補償がきかなくなってしまうので、必ず使う前にサインをしておきます。


どうしてサインをしなくてはいけないか、詳しい説明はこちらの記事をご覧ください。

クレジットカード サイン

クレジットカード裏面のサインは忘れずに!サインを書く理由と書き方

 

古いカードを処分する

新しいクレジットカードが届いたら、古いカードは不要です。
有効期限までにまだ1カ月以上ある場合もあるかもしれませんが、忘れてしまわないように新しいクレジットカードに切り替えてしまいましょう。

有効期限までは両方のカードを財布に入れておくという人もいますが、新しいカードを一度でも使うと古いカードは利用できなくなることがあります。
トラブルを防ぐため、新しいカードが届いたら、そちらのみを使うようにしましょう。

古いクレジットカードは、使えなくなるとはいえ大切な個人情報が記載されています。
そのままゴミ箱に捨てるのではなく、シュレッダーやハサミを使ってできるだけ細かくバラバラの状態にして処分しましょう

特にカード番号や名義人、裏面のセキュリティコードの欄は細かく切って読めない状態にします。
その後はお住まいの地域のごみの分別にしたがって処分してください。

 

固定費の支払いに登録しているカード情報を更新する

公共料金や携帯電話料金など毎月引き落としされる固定費には、クレジットカード会社から加盟店に新しい情報が送られます。
クレジットカードが更新された場合は自動的に有効期限の更新手続きが行われ、特に手続きの必要がないこともあるでしょう。

しかし、クレジットカード会社によっては原則会員自身での変更が必要としているところもあるので注意が必要です。

前述の通り、クレジットカードを使って自動引き落とししている固定費の一覧があると、スムーズに確認することができます。

補足説明

ネットショッピングの利用は、固定費の支払いとは異なり毎月定期的に支払うものではありません。
そのため、クレジットカード会社から加盟店へ新しい情報が送られることはなく、更新されたカードで支払いたいときは自分で新しいカード情報を登録し直す必要があります。

 

更新カードが届かない理由

住所が間違っている

更新の時期になっても、新しいクレジットカードがなかなか送られてこないことがあるかもしれません。
カードが届かない場合には、いくつかの理由が考えられます。

まずよくあるのは、登録住所と現在住んでいる住所が違うケースです。
引越しをしたのに新しい住所に変更していなければ、新しいクレジットカードは登録されている以前の住所に発送されてしまいます。

転居届を出していても、クレジットカードはセキュリティ上転送されることはありません。
そのままクレジットカード会社に返送されてしまい、改めて審査が行われることになります。

住所変更はほとんどの場合WEBサイトなどで簡単に手続きができるので、引越しをしたら忘れずに住所を変更しましょう。


クレジットカードの住所変更の詳細についてはこちらをご覧ください。

クレジットカード 住所変更

引越ししたらクレジットカードの住所変更手続きを絶対にするべき理由

 

カード会社に更新を拒否されている

クレジットカードをほとんど使っていないために更新できないこともあります。

クレジットカードの利用がなければ、クレジットカード会社は利益を上げることができません。
年会費がかかるカードならあまり利用がなくても更新できるケースが多いですが、年会費無料のカードでは更新できないこともあります。

新しいカードの発行や発送、会員一人ひとりのデータ管理などにも費用がかかるため、クレジットカードを使ってもらわなければ赤字になってしまうのです。
そのため、クレジットカード会社は更新の時期に会員の利用頻度をチェックし、更新するかどうかを判断しています。

 

また、カード会員の信用情報が失われたために発行できないケースもあります。

クレジットカードは新規で入会するときだけでなく、更新のたびにも改めて審査が行われているのです。
個人の信用情報は変化するので、入会のときに問題がなくても更新の時期に信用情報に問題があれば更新されないことがあります。

 

カードの発行が停止している

めったにありませんが、カード会社がそのクレジットカードの発行を停止してしまっていることもあります。
これは利用者サイドの問題ではありません。

近年では、ポイント高還元のクレジットカードでよく発行停止が見られます。
まず新規の入会が停止され、その後既存のカードも停止になることがあります。

ただし、その場合には事前に会員にはその旨を記載した案内が送られてくるので、カード会社からの連絡はこまめに確認するようにしましょう。

 

新しいクレジットカードが届かない場合の対処法

有効期限が切れる頃になっても新しいクレジットカードが手元に届かなければ、一度クレジットカード会社に問い合わせてみましょう。

連絡先は、通常カードの裏面に記載されています。
クレジットカード会社のWEBサイトにも掲載されているでしょう。

新しいクレジットカードが届かないことを伝えると、その原因を調べて案内してもらえます。
何らかのトラブルで発送が遅れているのかもしれません。

発行停止などでカードが利用できなくなった場合は、クレジットカードによる支払いを続けるためにも別のクレジットカードを申し込みましょう。
信用情報の悪化が原因で更新できないケースでも、別のクレジットカードなら審査に通ることもあります。

 

クレジットカードの審査に注意!

更新時には、自社のクレジットカード会員としてふさわしい人かどうかの審査が再度行われます。

では、審査はどのような情報にもとづいて審査が行われるのでしょうか?

その一つは、「社内データ」です。
クレジットカードを作成してから現在までの利用状況や支払い状況がチェックされます。
主に考慮されるのは、カードをどれほどの頻度で使用しているかと、支払いの滞納がないかということです。

継続的にクレジットカードを使い、支払いを滞納していなければ特に問題とされることはありません。

 

もう一つ考慮されるのは、「個人信用情報機関の情報」です。
個人信用情報機関に問い合わせれば、他社カードの滞納やリボ払い、キャッシングの利用状況なども照会することができます。

リボ払いやキャッシングの利用が多額であれば、お金に困っていて返済能力が低い人とみなされるかもしれません。
そして自己破産など債務整理や、事故情報などの履歴も照会することができるようになっています。

 

クレジットカードの更新ができないのはどんな人?

クレジットカードの更新にも審査があると聞くと、審査に通るかどうか不安に感じるかもしれません。
残念ながら審査に落ちてしまうのは、どのような人なのでしょうか?

ガマ蔵

心配な人はこっからよーく読んどかなアカンでぇ!

 

1.支払いの延滞が多い

クレジットカードが更新拒否になるケースで、最も多い理由が支払いの延滞です。
利用しているカードで繰り返し延滞をしている場合には信用を失い、更新が拒否されてしまうことがあります。

クレジットカード会社は、信用度の低い会員にお金を貸して貸し倒れされることを警戒しています。
クレジットカードは信用のもとに成り立っているので、延滞しないように注意しましょう。

 

2.他社の延滞が多い

他社のクレジットカードの延滞でも、自社のカードを滞納した場合と同じように更新拒否となることがあります。
「会社が違うからばれることはないだろう」と安易に考えるのは禁物です。

信用情報機関にはさまざまな情報が登録されているので、他社のカードの取引状況についても明らかになります。
たった一枚のクレジットカードの滞納が、手持ちのすべてのクレジットカードに影響を及ぼしてしまうこともあるのです。

 

3.カードを利用していない

契約したクレジットカードを全く利用していなければ、クレジットカード会社は更新を拒否することがあります。
前記したように、クレジットカードを利用してもらわなければカード会社は利益を上げることができないからです。

クレジットカード会社にとって、使われていないカードをわざわざ再発行するメリットはほとんどありません。
再発行やその後の会員情報維持にかかるコストを考えれば、デメリットのほうが大きくなってしまいます。

クレジットカード会社は、今後カードをどれほど使ってもらえるかをこれまでの利用実績をもとに判断します。
これまでカードが全く使われていなければ、今後も使われることはないと判断されてしまうでしょう。

クレジットカードには、さまざまな特典やサービスも付帯されています。
こうした特典は、カードを定期的に利用してもらうことを前提として付帯されています。

カードの利用がない人にまでそのような特典の提供を続けるのは難しいでしょう。

 

4.カードの利用方法が不自然

利用方法が不自然な場合も、更新拒否となることがあります。

たとえば他社のカードも含めて、ショッピング利用枠やキャッシング利用枠を上限いっぱいまで使っている場合が挙げられます。
お金に困っている人で、今後返済能力以上にお金を借り入れる危険があると判断されてしまうかもしれません。

また、クレジットカードの現金化も問題となることがあります。
クレジットカードの現金化とは、カードで購入した商品を転売するなどして現金に換えることです。
法律的には問題がなくても、クレジットカード会社の利用規約では多くの場合違反行為とされています。


クレジットカードの現金化についてはこちらの記事をご覧ください。

クレジットカード 現金化

クレジットカードの現金化は違法性が高い!その仕組みとリスクを解説

 

5.カード会員の属性の変化

新規入会したときや前回の更新時と会員の属性が変化したために更新できなくなることもあります。

属性とは、年齢や住所、勤務先、年収などその人を評価する基盤となる個人情報のことです。
正社員かパートかといったか就業形態や婚姻の有無、同居している家族の人数なども属性に含まれます。

異動したり転職をしたりすると、収入や勤続年数、役職といった属性が変わります。
それにより、カード会員の条件を満たさなくなったと判断されることもあるのです。

収入が上がった場合は問題にはなりませんが、収入が大幅に下がってしまった場合は注意が必要でしょう。
特に、仕事を辞めて無職になったり専業主婦になったりすると、支払い能力が低いとみなされがちです。

しかし、それまで滞納がなくきちんと支払いを済ませていれば、無職や専業主婦になっても引き続きカードが発行されることもあります。

専業主婦であれば、配偶者の安定した収入を証明することでカードを持ち続けることができる場合が多いようです。

 

審査の通過率を上げる方法

クレジットカードを持ち続けるには、入会のときだけでなく更新のたびに行われる審査も通過しなければなりません。
審査に通過する可能性を上げるためにできることがいくつかあります。

まず、日頃から定期的にクレジットカードを利用して利用実績を作っておくことです。
カードを利用していれば、カード会社に利益が入るので「大切なお客様」となることができます。

利用頻度が高ければ高いほど、カード会社にとってメリットの多い顧客とみなしてもらえます。
特に採算がとりづらい年会費無料のカードを持っている場合は、このことを意識しましょう。

自分の信用情報を確認するために、信用情報の開示請求をしてみることもできます。
信用情報は、金融機関だけでなく個人でも開示を依頼することができるのです。

国内に信用情報機関はいくつかあるので、自分のカード会社が登録している信用情報機関を調べて開示請求をします。

開示を請求は郵送や窓口、オンラインなどで行えます。
信用情報機関によって請求方法は少し異なるので、依頼したい信用情報機関の請求方法を調べてみましょう。

開示にかかる手数料は、500円から1,000円ほどです。
これまでに滞納や自己破産などをしていなければ特に必要ありませんが、心当たりがあるなら一度チェックしてみるのもよいかもしれません。

 

まとめ

クレジットという言葉には「信用」や「信頼」という意味があります。
クレジットカードを新規で作成したり更新したりするには信用力が何よりも大切なのです。

利用した分の支払いが遅れるなどすると、大切な信用が失われてしまうかもしれません。
日頃からきちんと支払いをして、更新の時にもスムーズに新しいカードを受け取ることができるようにしましょう。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。