【両替不要!】クレジットカードで海外キャッシング|3つのメリット

クレジットカード 海外キャッシング

この記事でわかること

海外キャッシングの利用方法

海外キャッシングのメリット3つ

利用する際の5つの注意点

多くのクレジットカードではキャッシング枠が設定でき、国内だけではなくカードによっては海外で現地通貨の引き出しにも利用可能です。

クレジットカードは海外で広く使えますが、お店や交通機関など現金しか使えない場合も。

そのような場合は「海外キャッシング」が便利!

そこで今回は、海外キャッシングの利用方法やメリット、利用する場合の注意点について解説していきます。

美咲
こんにちは、美咲です。
海外旅行に行くときって現地のお金が必要になるけど、それだけのお金を海外で持ち歩くのってなんだか怖いですよね。
ガマ蔵
せやったら現金の代わりにクレジットカードや!
もちろんクレジット払いはできるし、現金が必要ならキャッシングすればええしな。

しかも、最初っから現金を持っていくよりもメリットがあるんやで!

まずは海外キャッシングはもちろん、海外で利用するとお得なクレジットカードからおすすめのカードを3枚ご紹介!

  特徴 公式ページ
JCB一般カード
JCB一般カード
  • 海外ショッピングでのポイント付与率が2倍
  • 海外ATMでのキャッシング手数料が無料
エポスカード
エポスカード
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 国際ブランドが海外でも安心のVisa

クレジットカードの海外キャッシングとは?

クレジットカードの海外キャッシングとは、海外での利用に対応しているキャッシング機能のことです。

クレジットカード会社によって細かい条件や設定、審査内容は異なりますが、キャッシング枠のあるクレジットカードであれば海外でも利用は可能です。

ただしすべてのクレジットカードで海外キャッシングができるわけではありません。
クレジットカードの種類によってはキャッシング自体に対応していない場合もあるので、作る前に確認をしておきましょう。

また、キャッシング枠が利用できるクレジットカードであっても、あらかじめ希望をしなければキャッシングを使うことはできません。

次に、海外キャッシングのメリットについて紹介していきます。

 

海外キャッシングのメリット

海外キャッシングのメリット

1.現金を持ち歩かなくていい

キャッシングを利用すれば現金を持ち歩く必要がないので、万が一盗難にあった場合でも被害を最小限に抑えられます

また、クレジットカード自体が盗難に遭って不正利用されても、補償の対象になります。

渡航先にもよりますが、治安が悪い地域の場合は手に持っている荷物であっても安心はできません。
例えば、バッグを持ち替えるタイミングや、お財布を出した瞬間など、ほんの一瞬で奪い取られてしまうこともあります。

日本国内にいると油断しがちですが、実は観光客などの行動の一部始終を観察していて隙を狙っているということもあるのです。

海外では、観光客が多いからといって治安がよいというわけではありません。
治安があまりよくない地域であれば、土地勘やその地域の言語にうとい観光客はスリや盗難の対象になります。

スリなどの盗難も、詐欺のような手口で余計にお金をとられてしまうのも、飲食店などで支払いをする際など実際に現金を見られていて狙われることが原因である場合が多いのです。

渡航先によっては、まとまった現金は所持しないほうが安全です。

 

2.世界中で使える

海外キャッシングが利用できるATMは世界各国に設置されています。

わざわざその国に合わせて通貨を用意する必要はありません

ただし土地勘のない場所で、実際に現地に行ってから探すのは大変かもしれません。
渡航先で困らないためには、国内にいるときにあらかじめ現地のATM設置場所を確認しておきましょう。

クレジットカードの国際ブランドによっては、海外のどの場所にATMがあるかを、公式サイトで確認できるようになっています。

例えばMastercardの場合は、公式サイトの海外キャッシング専用ページで、国ごとにATMの設置場所を見ることができます。
住所から検索することも可能で、事前確認がしやすく便利です。

マップで示してくれていると分かりやすいので、自分が行く国にはどこに設置されているのか見ておきましょう。
海外キャッシングに対応したATMは、観光名所になっている場所やメインストリート、ホテルの周辺などによく設置されています。

 

3.為替レートがお得

旅行や出張などで海外に行く際、渡航前に銀行や空港内で両替するという方もいるかもしれませんね。

現地に着いてからも地域によっては空港やホテルで両替ができ、通常はその日の為替レートで換算されます。

しかし、現地でキャッシングを利用する場合は利用日の実勢レート(その日実際に市場で変動しているレート)で換算されるので、銀行や空港で両替をするよりもお得に利用できる場合があるのです。


ここまで海外キャッシングについて3つのメリットを挙げてきましたが、利用するにあたって注意しなければならないこともあります。

次の章で海外キャッシングを利用する際の注意点を確認していきましょう。

 

海外キャッシングの5つの注意点

  • カードの管理を徹底する
  • 暗証番号を忘れない
  • ATMの利用時に油断しない
  • 手数料をチェック
  • クレジットカードの利用状況をチェック

1.カードの管理を徹底する

カード自体を紛失してしまうとショッピングもキャッシングも利用できなくなってしまうので、注意して管理しましょう。

対策1:財布と携帯する場所を分ける
まず気をつけたいのは、財布とは携帯する場所を分けておくことです。

クレジットカードだと財布の中に入れておきそうですが、その場合は財布の紛失や盗難があった際、すべて失ってしまいます。
財布に限らず、バッグを分けておくのもおすすめ。

海外でのアクシデントに備えて、クレジットカードを2枚以上持って行く方もいるかもしれません。
その場合は、クレジットカードごとに分けておく方法もあります。

例えば1枚はパスポートと一緒にしておくといった方法です。
パスポートは、ホテルで貴重品として預ける方も多いでしょう。
その際に一緒に預けておけばいいのです。

パスケースやIDカードホルダーなどに入れて首にかけておけば、外出中も安全に所持できますし、万が一バッグごと盗難にあっても現金を引き出すことが可能です。
もちろん、外からは見えないようにしましょう。

対策2:暗証番号を知られないようにする

万が一盗難にあってお金を引き出されてしまうと、保険の補償外になってしまうクレジットカードもあります。

これは暗証番号を知られてしまったことが前提と考えられるためで、所有者の過失という扱いになるからです。
暗証番号がわからないようにしておくことも大切ですし、覚え方や保管にも工夫が求められます。

間違っても暗証番号の控えとクレジットカードを一緒に保管しないようにしましょう。

また、海外でも暗証番号を聞き出そうとしてくる詐欺がないとも限りません
クレジットカードの保管同様、暗証番号の管理にも気をつけることが重要です

 

2.暗証番号を忘れない

キャッシングには暗証番号が必要なので、暗証番号を忘れてしまうと海外キャッシングを利用できません
キャッシングどころか、場合によってはクレジットカードそのものも使えなくなってしまいます。

クレジットカードを利用するときは、サインレスの場合もあれば、サインが必要な場合もあります。
サインだけならいいですが、ショップや施設によっては暗証番号の入力を求められる場合もあるので、暗証番号を忘れていたら使えないと考えたほうがいいでしょう。

もしも暗証番号を忘れてしまった場合は、出国する数日前には確認しておきましょう。
完全に忘れているようなら、クレジットカード会社に問い合わせれば解決できます。


もしクレジットカードの暗証番号を忘れてしまったら、こちらの記事を参考にして対処をしましょう。

クレジットカード 暗証番号 忘れた

クレジットカードの暗証番号を忘れた!確認方法と対処法を解説

 

3.ATMの利用で油断しない

ATMを利用している際に注意したいのがスリや盗難です。
キャッシュディペンサーから現金が出てきたタイミングで横から奪われる可能性があります。

ATMから後をつけられることもないとは限りません。
できるだけ危険を回避するためにはどうしたらいいか、考えて行動しましょう。

対策としては、まず1人でATMに行かないことです。
空港内など、できるだけ外国人観光客が多く安全そうな場所に設置されているATMを利用しましょう。

人気の少ない場所や、外部から完全に視界がさえぎられてしまう状況になっていると、逆に危険な場合もあります。
不審な人が近寄ってきても、すぐに回避できること、そして周囲の人が気づきやすいことが重要です。

実際に現地を歩いてみて、安全そうな場所であれば利用するのもいいかもしれません。
インターネット上のマップを利用すれば、渡航前でも実際に現地がどうなっているか見ることができます。

また、現地の治安についてもさまざまな方向から情報を吸収しておくことが大切です。

 

4.手数料をチェック

海外キャッシングを利用するときには、ATMの利用手数料がかかる場合があります。
手数料は国やATMを管理している機関、またはクレジットカードの国際ブランドによっても異なります。

利用する際は、手数料がかかるかどうか、また、かかる場合はどれくらいか確認しておきましょう。

 

5.クレジットカードの利用状況をチェック

現地で利用できるATMの場所や治安もチェックし、クレジットカードの暗所番号も再確認しておけば、あとは現地でキャッシングするだけです。

しかし、紙幣を引き出す前に「利用残高」も確認しておかなければなりません。
いざキャッシングしようと思っても、残高がないのでは意味がありません。

十分な残高が残っているか、渡航する前に利用状況を確認しておきましょう。

補足説明

ATMによっては1回に引き出せる限度額が異なります。
利用可能な金額が引き出せない場合があることも考えておくと慌てることがありません。

そしてもう一つ忘れてはならないのが、クレジットカードの支払いやキャッシングの返済に遅れがないことです。
ショッピングでもキャッシングでも、支払いや返済が数日でも遅れてしまえば、その分が返済されるまで新たな利用はできません。

海外に渡航する前に、利用状況を確認して残高をチェックしておくこと、うっかり支払い漏れがあったらすぐに支払っておき、十分な金額が利用可能な状態にしておきましょう。

 

海外ATMの操作手順

海外キャッシングを利用する際のATM操作手順の説明をします。

  1. カードを挿入
  2. 暗証番号を入力
  3. 「SELECT TRANSACTION(取引内容を選択)」と表示されたら「WITH-DRAWAL(お引き出し)」を選択
  4. 取引口座を選ぶ画面で「CREDIT(クレジットカード)」を選びます
  5. 引き出したい金額を入力
  6. 現金、カード、明細書を受け取る
国際ブランドのキャッシングに対応しているATMといっても、国や設置場所によって細かい操作方法が

異なることもあります。

例えばカードの読み取り方にしても、タイプが違うので注意しましょう。
カードの磁気部分を縦方向にスライドさせるようにして読み取るATMや、磁気部分を上にして挿入するATMなどさまざまです。

 

また、ATMのタイプもいろいろな特徴があります。
銀行など金融機関にあるATMは適度に仕切られているタイプも多く、安全に利用できる傾向があります。
営業時間内であれば人もいるので安心です。

空港にあるATMは独立したタイプが多く、街中に設置されているものは壁に埋め込んでいるタイプが多く見受けられます。
この2つのタイプは暗証番号の覗き見などに注意しましょう。

海外のATMで実際にキャッシングする操作方法について、VisaやMastercardなど、公式サイトでシミュレーションができるサービスを行っている国際ブランドもあります。

海外自体が初めての方や、キャッシングに慣れていない方は、シミュレーションを利用してイメージしておきましょう!

 

海外提携の金融機関窓口で利用する方法もある

ATMの利用に抵抗がある場合には、海外の提携先金融機関の窓口を利用する方法もあります。
宿泊先の近くにATMがない場合にも、この方法を使えば現金を引き出せて便利です。

まず窓口でクレジットカードとパスポートを提示し、利用金額を伝えましょう。
金融機関によっては、用意されている専用の用紙に自分で記入が必要になるかもしれません。
現金が用意されたら、金額を確認してサインし、受け取ったら完了です。

受け取る際は、サインではなくクレジットカードの暗証番号が必要にあることもあります。
落ち着いて案内を聞き、正しく対応しましょう。

 

海外キャッシング利用額の返済方法

海外キャッシングの返済方法は、国内で利用するキャッシングとは異なる場合があります。

  • 利用日の翌日から支払い日までの利息を合わせた金額を全額自動引き落とし
  • 通常のクレジットカードの支払い日の前に、海外キャッシングの利用分だけ個別に返済
後者の場合は、現地での利用データがクレジットカード会社に届いていることが前提です。
早めに返済ができると、その分利息も抑えられて経済的ですが、返済したいタイミングで利用データが届いているとは限りません。

そのときには清算できる分だけ返済しておくといいでしょう。

 

帰国後はできる限り早く返済する

海外キャッシングは、帰国したらできるだけ早めに返済しておきましょう。
海外キャッシングは日割り計算で利息が発生しているので、返済が遅くなるほど利息がかかるリスクが出てきます。

通常の支払い日より前に、海外キャッシングの利用分だけを臨時で返済できるようにしているクレジットカード会社があるのはそのためです。

また、慣れない通貨で引き出すことで金額の感覚が麻痺してしまい、必要以上にキャッシングを利用してしまうこともあります。
海外という非日常的な雰囲気や、開放感から使いすぎてしまう方もいるかもしれません。

利用する前には日本円に換算した場合の金額も考え、すぐに返済可能な範囲内を保つようにしましょう。

 

海外キャッシングが使えるかは審査次第

海外キャッシングが利用できるかどうかは、クレジットカードごとの審査によります。
審査の結果によってはキャッシングが利用できません。

海外キャッシングが使えるかは審査次第

また、利用できる場合でも限度額を低く設定されることもあるので、海外旅行での利用を予定しているなら、早めに申請しておくほうがいいでしょう。
そうすれば、限度額が希望より低い金額になったとしても慌てずに済みます。

審査の結果海外キャッシングができないという場合には、ある程度の現金を手元に用意しておき、お土産などの買い物はショッピング枠の利用で海外旅行を乗り切るという方法もあります。

または、お土産をオンラインショップで購入できるサービスもあるので、それを利用するのもいいでしょう。

信用状況で心配なことがあれば、事前に信用情報機関に情報開示請求をし、自分のデータがどうなっているか確認しておくこともできます。

もしも問題が見られたら、数カ月程度時間を置いてから申請するという方法もあります。


信用情報機関の情報開示方法については「クレヒスについて」のページの中でもご紹介しているので、ぜひあわせてご確認ください。

 

まとめ

海外キャッシングは両替よりレートがお得などのメリットがある

利用する上でカードの管理やATMの使い方などに注意

余分な利息を払うことのないよう、帰国後は早めに返済する

渡航先で現金が必要になったときのために準備しておきたい場合は、海外キャッシングが便利。

海外キャッシングが利用できるクレジットカードで、快適で安心な海外旅行を楽しみましょう!

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。