クレジットカードを作れる年齢は何歳から?申し込み時の注意点

クレジットカード 年齢

この記事でわかること

クレジットカードが作れる年齢

高校生や大学生でも作りやすいカード

クレジットカードの審査に通過するコツ

クレジットカードの申し込みにはさまざまな条件がありますが、その中に年齢制限があります。
「クレジットカードを発行できるのって何歳から?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

ほとんどのクレジットカード会社では「高校生を除く18歳以上」を条件としていますが、18歳以上であっても年齢によっては審査が通りにくくなってしまう場合もあるのです。

今回はクレジットカードと年齢の関係や審査に通過するコツなどを紹介していきます。

美咲
こんにちは、美咲です。
そういえば高校生の頃って大人に憧れてクレジットカード欲しかったな~。
ガマ蔵
なんかわかる気するわ、お会計のときクレジットカード使うのって大人って感じするわな。
せやけど、今は高校生でもクレジットカードが作れるの知ってるやろ?
美咲
はい、知ってます!
今回はクレジットカードと年齢について解説していきますよ!

クレジットカードを作れるのは18歳から

一般的に、クレジットカードの申し込みが可能な年齢は18歳からです。

ただし、18~19歳までは未成年なのでクレジットカードの発行に当たっては親権者の同意が必要です。

補足説明

大学生や専門学校生は、成人であっても親権者の同意を求められる場合もあります。
一部のカードでは聴講生や語学学校生、研究生、予備校生も申し込みができない場合もあるので、カードを作る前に入会条件を確認しておきましょう。

なぜ未成年者や学生だとクレジットカードを作れないかというと、金融的な信用や支払い能力が関係しています。

クレジットカードは利用者の支払い能力を信頼したうえで、一時的に代金を立て替えるシステムです。
支払い能力がない相手にお金を貸してしまえば、貸し倒れになってしまう危険があります。

そのため、利用者は立て替てもらった分の代金を支払うだけの収入があることを、カード会社に証明しなければいけません。

ただし、カード会社が審査の際に重視するのは収入だけではありません。
社会的な責任を負うことができるかどうかも審査の基準に含まれます。

そのため、たとえ早くから社会人として働いていても、18歳未満は社会的な立場や信用が基準に満たないとみなされてカードを作ることができないのです。


クレジットカードの仕組み・審査で見られるポイントの詳細はこちらをご覧ください。

クレジットカード審査徹底追跡

クレジットカードの審査基準|審査落ちを防ぐポイントとおすすめカード

 

18歳の高校生はクレジットカード作れる?

18歳未満はもちろん、18歳以上であっても原則として高校生はクレジットカードを作れません
留年や浪人をして19歳以上になっている高校生も例外ではありません。

ただし例外として職業訓練を行う4年制高校や5年制高校、そして海外留学をする場合は審査に通ることもあります。

 

30歳までに一枚でもクレジットカードを作っておいたほうがよい理由

クレジットカードはなるべく早いうちに、できれば30歳になる前に最低1枚は作っておくべきです。
クレジットカードは18歳以上にならないと発行できないので、社会人になったばかりの人がクレジットカードを持っていなかったとしてもそれほど珍しくありません。

カード会社側もできるだけ長く使ってくれる顧客を獲得したいため、20代のうちは比較的審査も通りやすくなっているといわれています。

しかし30代以上になってもクレジットカードに関する実績がないと、カード会社は申込者が支払い能力がある人なのか判断できません。
そのため審査が通りにくくなってしまうのです。

将来のためにも早めにクレジットカードを作り、利用履歴を積み重ねておきましょう。

 

高齢になるとクレジットカードが作りにくくなる理由

クレジットカードは20代~30代前半くらいの時期が一番作りやすく、年齢を重ねるごとに審査に通りにくくなっていきます
特に高齢になってからクレジットカードを作るのは難しいのが実情です。

カードが発行ができる年齢の上限は、カード会社により異なります。
65~70歳頃が上限年齢の会社が多いものの、法律や規則で決まっているわけではありません。

申し込み年齢に上限がある理由
  • 高齢者になると収入が減少する傾向にある
    →貸し倒れになる可能性がある
  • 突然の病気やケガ
    →働けなくなるリスクもある
特に年金で生活している人は収入が安定せず、貸し倒しになってしまう可能性もあります。

これらの要因から、カード会社も高齢者の審査基準を厳しくせざるを得なくなり、クレジットカードを作りにくくなってしまいます。

ただし、カード会社によっては高齢者や年金受給者でも作成可能なクレジットカードがあります。
クレジットカードの作成を検討しているのであれば、まずはカード会社に問い合わせて、高齢者向けのカードがあるか相談してみましょう。

 

高校生や大学生でも作りやすいカード

ではここからは高校生におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

美咲
学生でも発行が可能なおすすめのカードを紹介していきます!
クレジットカード以外のカードを申し込むという選択肢もありますよ。

 

家族カード

海外留学などの理由で高校生のうちにクレジットカードを作りたい場合は、家族カードを検討してみましょう。

家族カードとは

本会員と同一生計の配偶者や親、子どもに発行されるクレジットカードのことです。

契約者はすでに審査に通過した本会員なので、他社のカード審査に落ちてしまった人や、収入のない専業主婦や学生でも使えます。
家族カードの中には審査なしで作ることのできるものも多くあります。

しかし家族カードをおすすめする理由は、審査に通りやすいというだけではありません。
利用明細書には本会員のカードと家族カードの利用金額が一緒に記載されているため、誰がどれくらいの金額を使ったのかが一目瞭然です。

家族カード メリットカードごとに別々の明細を見る必要がないので家計の管理がしやすく、高校生の子どもにも安心して持たせることができます。

注意事項

  • 家族カードを発行できるのは原則として満18歳以上からです。
  • 18歳未満の子どもや高校生に持たせることはできません。
  • 例外として海外留学をする場合に限り、18歳未満の高校生にも家族カードを発行できます。
一部のクレジットカードは家族カードを発行していないこともあるので、こちらの記事で家族カードが発行できるクレジットカードや申し込み前の注意点などを確認しておきましょう。
家族カード一挙解説

家族カード丸わかり!メリット・おすすめクレジットカードを一挙紹介

 

デビットカード

高校生でも使えるカードには、家族カードのほかにデビットカードというものがあります。

デビットカードとは

カードを使って銀行口座から直接支払いをする仕組みのカードです。
銀行口座を開設すれば使えるので、15歳以上であれば海外留学をする予定がなくても作ることができます。

使い勝手はクレジットカードと同様ですが、口座に入っている金額分しか使えないので、うっかり使い過ぎてしまう心配もありません。

また、デビットカードは海外留学や海外旅行の際も便利なカードです。
日本の銀行口座にお金を入れておけば、キャッシュカードのように現地通貨を引き出せます。

仕送りも簡単にできるので、学生は持っておくと便利です。

しかしクレジットカードと違い、いくら使っても利用履歴には残りません。
そのため後々クレジットカードを作ろうとしたとき、クレジットカードを作ったことがない人(スーパーホワイト)として審査にマイナスを与える可能性が高いです。

デビットカードは学生の間だけと割り切って使い、成人後はなるべく早くクレジットカードを作っておいたほうが安心です。

 

学生専用のクレジットカード

大学生や専門学生は働く時間があまりなく、アルバイトなどをしても個人では収入が安定しません。
そんな学生向けに、「学生専用のクレジットカード」を発行しているカード会社があります。

学生専用のクレジットカードは、「年会費無料」「ポイント還元率が高い」ものが多く、維持費が少なくて済むのが特徴です。
提携施設での優待や付帯保険といった特典は、所持しているだけでも利用できます。

注意事項

学生がクレジットカードに申し込む場合は、親権者からの同意が必要です。

しかし原則として学生専用カードではキャッシングができません。
一部のカードにはキャッシング枠を設けているものもありますが、限度額は10万円程度と少額です。

学校を卒業して社会人になれば、自動的に学生専用カードから一般カードに切り替わるクレジットカードもあります。
カードを作る際には、一般カードに切り替わった後の使い勝手まで見据えたうえで選びましょう。

学生専用クレジットカードについては「学生向けおすすめクレジットカード比較」をご覧ください。

 

クレジットカードの審査を通過するコツ

クレジットカードの発行を申し込む場合、少しでも審査を通過しやすくしたいものですよね?
ここからはクレジットカードの審査について解説していきます。

 

審査が通りにくいならクレヒスを積む

「35歳以降に初めてクレジットカードを作る人」や「定年退職後の人」など、年齢によってはクレジットカードの審査が通りにくい場合があります。

その場合、いきなり高い利率のカードを狙うと、ますますカードが作りにくくなってしまいます。
まずは低い利率でカードを作り、クレヒスを積むことから始めましょう。

クレジットカードの利用履歴をクレヒス(クレジットヒストリー)と言います。
クレヒスはカード会社が審査を行う際、信用度を判断する非常に重要な材料です。

与信に関する実績を作っていけば、利用可能額を上げたり、よりランクの高いカードに切り替えたりすることも可能となります。

しかし「クレヒスを積むには具体的にどんなことをしたよいのか分からない」という人も少なくありません。
そんな人のためにクレヒスを早く確実に積む方法をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

クレヒスを早く確実に積む方法3つ
  • 公共料金やインターネット通信料など毎月の生活費をカード払いにする
  • 普段の買い物を現金払いからクレジット決済に変える
  • クレジットカード会社のキャンペーンを活用する

 

安定した収入を得る

クレジットカードの審査の一つに「年収」があり、申込資格には「安定継続収入がある方」と設けているカード会社がほとんどです。

たとえば「一般カードであれば年収200万円以上」「ゴールドカードであれば年収300万円以上」が必要とされています。
クレジットカードの審査と年収の関係についてはこちらの記事をご覧ください。

クレジットカードの審査と年収の関係

クレジットカードは年収を正確に書くのが審査通過のポイント!

 

審査に通過しにくいクレジットカードは避ける

審査の難易度はクレジットカードのランクごとに異なり、ゴールドカードやプラチナカードなどのハイステータスカードは難易度が高く、審査基準が厳しく設定されています。

そのためいきなりハイステータスカードの申し込みは避け、一般カードから申し込みを検討したほうがよいでしょう。

一般カードからクレヒスを積んでいけば、ワンランク上のゴールドカードを目指すこともできます。

 

ワンランク上を目指すならゴールドやプレミアム

クレジットカードにはゴールドカードやプレミアムカードなど、通常よりもランクの高いカードが存在します。
クレジットカードランクカードのランクが高くなると年会費も高くなりますが、その分サービスや特典も一般的なカードより充実しています。

高ランクのカードは維持費がかかるため、高所得の人が持っているケースが多いです。
ただ収入が多いだけでは、ゴールドカードやプレミアムカードを作ることはできません。

まずランクの高いカードには、以下のような条件が設けられている場合があります。

  • 申込資格は満25歳以上~30歳
  • 一般カードの利用実績
  • インビテーション(招待制)
ただし、18歳以上であれば作れるゴールドカードも存在するため、若いからといってグレードの高いカードが持てないとは限りません。
ゴールドカードやプレミアムカードへ申し込む前に、条件をしっかりと確認しておきましょう。

また、年齢に関係なくクレジットカードの利用実績を積んでいる人のほうが審査に通りやすいといわれています。

たとえ最初に作ったカードのランクが低くても、クレヒスを積んでいけばランクアップしていくことも可能なのです。
そのため、クレジットカードを作る時期が早ければ早いほど実績も重なり、ランクの高いカードを手に入れやすくなります。

クレジットカードのランクについては「クレジットカードのランク」の記事にまとめているので、あわせてご覧ください。

 

まとめ

たとえクレジットカードを作りにくい年齢でも、カードの種類や利用額を選べば、カードを発行することが可能です。

ただしいきなり限度額の高いカードを作ろうとしても、審査に落ちてしまうでしょう。
最初はショッピング枠を少額に設定し、実績を重ねながら徐々に枠を上げていきましょう。

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。