UCSゴールドカードの口コミ・評判・審査・特徴まとめ

UCSゴールドカード
  • visa
  • mastercard
  • jcb
  • ETC
  • 初年度無料
  • QUICPay
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険

UCSゴールドカードはこんな方におすすめ!

アピタ・ピアゴに行く機会が多い方

旅行に行く機会が多い方

クレジットカードの利用が多い方

UCSゴールドカードは、ゴールドカードながら年会費3,300円(税込)と格安!

年会費が安いものの、国内・海外旅行傷害保険とショッピング安心保険が付帯。

さらにロードサービスまで付いているので、旅行中の車のトラブルなどにも備えることができます。

ただし申し込み条件は少々厳しいので、条件を満たしている場合はぜひ申し込んでみてください。

UCSゴールドカードを公式サイトでチェック

格安年会費に充実のサービス!お買い物にも旅行にも持っていきたいゴールドカード

UCSゴールドカードの基本情報

UCSゴールドカードはUCSカードの最上位ランクのゴールドカードで、国際ブランドはVISA・Mastercard・JCBの3つから選べます。

月間利用金額200円(税込)ごとに1ポイントの「Uポイント」が貯まり、各種商品券やギフトカードなどに交換することができます。

家族カードの利用分は本会員の利用分に合算されるので、家族で利用することで効率的にポイントを貯められるでしょう。  

UCSゴールドカードの年会費

UCSゴールドカードは初年度年会費無料! 2年目からの年会費は3,300円(税込)なので、ゴールドカードの中でも破格の安さです。

家族カードの年会費は1,100円(税込)ですが、本会員と同時申し込みすることで初年度無料になるので、本会員と同時に発行することをおすすめします。  

ETCカードも年会費無料

ETCカードも年会費・発行手数料は無料です。

高速道路でのETCカード利用でもUポイントが貯まるので、車での移動が多い方は発行しておいて損はありません。

なお、ETCカードの発行枚数はUCSカード1枚につき1枚となります。  

QUICPayに対応

UCSゴールドカードは付帯カードとしてUCS QUICPayを発行できるため、サイン不要で専用リーダーにかざすだけで決済できます

後払い式のQUICPayは事前のチャージが不要なので、クレジットカードと似たような感覚で使うことができます。 1回の利用金額の上限は20,000円です。  

Apple Payにも対応

UCSゴールドカードはApple Payにも対応しています。

Apple Payにカードを追加した後でも、現在利用しているQUICPayカードはそのまま利用可能なので、両者を併用することも可能です。

また、Apple PayのSuica機能でのチャージも可能で、チャージ金額分もUポイントの付与の対象になります。

UCSゴールドカードを公式サイトでチェック

UCSゴールドカードの特典

Uポイントプレゼント

毎年3月~翌年2月の間にUCSゴールドカードでUポイントを5,000ポイント貯めると、Uポイントが3,000ポイントプレゼントされます。

UCSゴールドカードのポイント還元率は0.5%なので、5,000ポイント貯めるには年間100万円(税込)のカード払いが必要という計算になります。

大きな買い物や家族カードを利用して効率よくポイントを貯めていきましょう。  

充実の保険

ゴールドカードには年会費3,000円とは思えないほどの保険が付帯しています。

もちろん家族会員も補償の対象になります。

担保項目保険金額
海外旅行傷害保険(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
傷害治療最高200万円
疾病治療最高200万円
個人賠償責任最高2,000万円
携行品損害最高50万円(自己負担3,000円)
救援者費用最高200万円
国内旅行傷害保険(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害最高1,000万円
入院(フランチャイズ7日)3,000円/1日
手術入院中:入院保険金日額×10
入院中以外:入院保険金日額×5
通院(フランチャイズ7日)2,000円/1日
ショッピング安心保険(国内・海外)
1品1事故 購入価格5,000~100万円を補償
1事故につき自己負担額3,000円
商品購入日より90日間補償(事故発生日より45日以内に連絡が必要)

  海外での急な発病・怪我・事故等で困った場合は、世界各国で対応可能な24時間日本語受付のフリーダイヤル「AD海外あんしんダイヤル」がヘルプデスクとして対応してくれます。

帰国後などの保険請求には「AD海外あんしんダイヤル日本センター」に相談することができます。  

空港ラウンジサービス

空港ラウンジサービス

国内主要28空港と「ダニエル・K・イノウエ国際空港」のラウンジを無料利用できます。

同伴者料金は空港ラウンジによって異なります。 使い方は、UCSゴールドカードと当日の搭乗券(または航空券)を提示するだけです。  

ロードサービス

UCSゴールドカードはUCSロードサービス24というサービスを利用できます。

全国約7,300か所以上の整備工場・専門業者が年中無休でサービスを行います。

UCSロードサービス24の内容
  • 一般道路・ハイウェイなどでのトラブル対応
  • 24時間年中無休の受付対応・出動要請
  • 原則30分以内の到着を目標とした救援
  • バッテリー上がり・パンクなどの現場での緊急対応
  • 自走不能時の帰宅・宿泊サポートサービス
UCSゴールドカードを公式サイトでチェック

お申し込みの目安

申し込み基準

UCSゴールドカードの申し込みの目安は「金属5年以上、本人年収500万円以上で30歳以上の方、安定した収入があり、社会的信用を有する方」となっています。

年齢や勤続年数、および収入などの条件が厳しいクレジットカードとなっていますが、年収50万円以下でもUCSゴールドカードを取得する方法があります。

その方法は、一般カードのUCSカードから切り替えるという方法です。 一般カードを毎月遅れず支払いすることで利用実績を高めることで、前もってカード会社からの信用を得ることができるのです。

UCSゴールドカードを公式サイトでチェック

まとめ

UCSゴールドカードはお得なサービスがそろった使い勝手のよいクレジットカードですが、取得条件が厳しくなっています。

そのためUCSが定めた条件に満たない場合は、審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

もしも審査に不安がある場合は、一般カードからの切り替えを視野に入れてみましょう。

UCSゴールドカードを公式サイトでチェック

UCSゴールドカードに関するQ&A

UCSゴールドカードの年会費は?

無料-

UCSゴールドカードのポイント還元率は?

0.5%

UCSゴールドカードの審査・発行スピードは?

約2週間

UCSゴールドカードの申込み条件は?

勤続5年以上、本人年収500万円以上で30歳以上の方 安定した収入があり、社会的信用を有する方

UCSゴールドカードのサービス詳細まとめ

基本情報

国際ブランド
  • visa
  • mastercard
  • jcb
申込資格勤続5年以上、本人年収500万円以上で30歳以上の方 安定した収入があり、社会的信用を有する方
発行約2週間
年会費 初年度無料-
2年目以降3,300円(税込)-
家族カード 初年度取り扱い無し-
2年目以降1,100円(税込)-
ETCカード初年度無料-
2年目以降無料-
発行手数料無料-

利用枠・支払い

利用限度枠ショッピング公式サイト参照
利率ショッピングリボ
※公式サイト参照
キャッシング
※公式サイト参照
締め日毎月15日
支払い方法1回払い
2回払い
ボーナス払い
リボ払い
分割払い
支払日翌月10日

電子マネー

電子マネーQUICpay

ポイントプログラム

ポイントプログラム名Uポイント
付与率200円 = 1ポイント
有効期限最長2年
還元率0.5%
交換・還元方法ユニー商品券・ユニコ電子マネー・ギフトカードなど
ポイントモール

キャッシュバック

キャッシュバック機能-

マイレージ

主な交換・移行可能マイレージ JAL
交換・還元率1,000ポイント = 500マイル

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険最高5,000万円 (自動付帯)
国内旅行傷害保険最高1,000万円 (利用付帯)
ショッピング保険年間最高100万円まで(国内/海外)
その他の保険・補償

空港サービス

国内主要空港ラウンジ利用28空港
プライオリティ・パス優待

機能で絞り込める!クレジットカード検索

条件を入力してください

機能・特徴で選ぶ

年会費で選ぶ

国際ブランドで選ぶ

カードの種類で選ぶ

付帯カードで選ぶ

付帯保険・補償で選ぶ

マイレージで選ぶ

電子マネー付帯で選ぶ

支払日で選ぶ

クレジットカード 会社別一覧

銀行系
信販系
ガソリン
ネット・通信系
航空系
鉄道系
小売店
人材サービス

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。