デポジット型ライフカード ゴールドの口コミ・評判・審査・特徴まとめ

ゴールドカードだけど審査に通りやすい!ワンランク上のデポジット型クレジットカード

デポジット型ライフカード ゴールド
  • mastercard

デポジット型ライフカード ゴールドはこんな方におすすめ!

クレジットカードの審査に不安がある方

過去に金融事故などを起こしたことがある方

数少ないデポジット型のクレジットカードであるデポジット型ライフカードのゴールドカードです。

ゴールドカードといえば「審査に通るのが難しい」というイメージがありますが、最初にデポジット(保証金)を支払うことで審査の難易度は下がる特殊なクレジットカードです。

そのため、審査に不安がある方でも手に入れるチャンスがあります。

もちろん、ライフカードの基本的なサービスは利用可能!

「いつかはゴールドカードが欲しい!」という方は、デポジット型ライフカード ゴールドを検討してみてはいかがでしょうか?

  • ETC
  • iD
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
年会費(初年度) 10,000円(税抜)10,000円(税抜)
審査/発行 最短3営業日
利用限度額 20万円~20万円
ポイント還元率 0.5~3.3%
デポジット型ライフカード ゴールドを公式サイトでチェック

デポジット型ライフカード ゴールドの基本情報

年会費 10,000円(税抜)
ポイントの種類 LIFEサンクスポイント
ポイント還元率 0.5%~3.3%
国際ブランド Mastercard
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(自動付帯):最高1億円
  • 国内旅行傷害保険(自動付帯):最高1億円
  • ショッピングガード保険(国内・海外):年間最高200万円まで補償
  • シートベルト傷害保険
追加可能カード
  • ETCカード
  • ライフカードiD
Apple Pay 登録可能
Google Pay 登録可能
申し込み条件 日本国内にお住まいの20歳以上で、電話連絡が可能な方。
発行スピード  最短3営業日

初年度の年会費は代金引換。2年目以降は口座振替となり、限度額・保証金によっては20,000円(税抜)。

デポジット型ライフカード ゴールドを公式サイトでチェック

デポジット型ライフカードは審査に通りやすい!

デポジット型ライフカードの審査が通りやすい理由は、「デポジット(保証金)を預けるから」

毎月のカード利用代金は申し込みの際に登録した金融機関の口座から自動振替されますが、もしも支払いができなかった場合は預けたデポジットから使われます。

そのため、カード会社は安心して契約ができるというわけです。 デポジットはカード退会時に返還されます。

デポジットのイメージ

さらに審査通過の可能性を高めるためには、以下のポイントについてもしっかりおさえておきましょう!

審査通過のコツ
  • 在籍確認の電話には必ず対応する
  • 虚偽申告をしない
  • 金融事故を起こしてすぐの申し込みは避ける

 

在籍確認の電話には必ず対応する

デポジット型ライフカードの申し込み資格は「日本国内にお住まいの20歳以上で、電話連絡が可能な方」です。

電話連絡について明記されているということは、在籍確認などで電話がかかってくることがあるかもしれません。

申し込みの際は、固定電話でも携帯電話でもかまわないので必ず連絡がつく電話番号を入力しましょう。  

 

虚偽申告をしない

審査通過率を上げるために、嘘の内容で申告することは絶対にやめましょう。

カード会社は審査の際に信用情報機関などの情報を確認するため、高確率で嘘を見破ることができます。

さらに虚偽申告をしたことは信用情報機関に残り、他のカードを作る際にも審査に通りづらくなります

申し込みの際は正確な情報を申告し、もちろん入力ミスもないように気を付けましょう。  

 

金融事故を起こしてすぐの申し込みは避ける

審査に通りやすいデポジット型ライフカードでも、金融事故を起こしてすぐの状態では信用がないため審査に落ちる可能性があります

カード会社が加盟する信用情報機関にもよりますが、自己破産の場合は最低でも5年が経過してからカードの申し込みをすると安心です。

「カードを申し込む前に自分の信用情報を確認しておきたい」という方は、信用情報開示報告書を個人で取り寄せることもできます。


デポジット型ライフカードはデポジットを支払うことと申し込み資格を満たせば、ほとんどの方が審査に通ると思われますが、絶対に通る保証はありません。

審査に少しでも不安を感じているなら、ライフカードの審査についての記事も確認してさらに審査通過率をアップさせましょう!

ライフカード審査 アイキャッチ (2)

ライフカードの審査基準は厳しくない!審査通過のポイントをチェック

デポジット型ライフカード ゴールドを公式サイトでチェック

デポジット型ライフカード ゴールドのメリット

付帯保険が充実

デポジット型ライフカード ゴールドは付帯保険が充実!

国内・海外旅行傷害保険は最高1億円の補償額となっており、デポジット型ライフカードと比較すると、どれほど補償額が手厚くなっていることがわかります。

付帯保険 デポジット型ライフカード デポジット型ライフカード ゴールド
国内旅行傷害保険(自動付帯) 最高1,000万円 最高1億円
海外旅行傷害保険(自動付帯) 最高2,000万円 最高1億円
ショッピングガード保険 年間最高200万円まで補償(国内・海外) ※1事故につき自己負担額3,000円
シートベルト傷害保険 最高200万円 最高200万円

  デポジット型ライフカード ゴールドには、年間最高200万円まで補償してくれる「ショッピングガード保険」が付帯しており、国内はもちろん海外でお買い物をした際にも保険が適用されます。  

 

ETCカードを発行可能

通常のデポジット型ライフカードの場合ETCカードの発行が不可(デポジット額が5万円の場合)となっていますが、デポジット型ライフカード ゴールドはETCカードの無料発行が可能です。

ETCカードはカード受け取り後、ライフカード会員専用インターネットサービス「LIFE-Web Desk」より申し込みが可能。

カード申し込みから約2週間程度で登録住所へ送付されます。 普段からよく車を利用する機会が多い方は、デポジット型ライフカード ゴールドの利用がおすすめです。  

 

空港ラウンジサービスの利用

デポジット型ライフカード ゴールドは空港ラウンジサービスが付帯

「LIFE CARD GOLD専用ラウンジ」に指定されている全国主要空港のラウンジが無料で利用できます。

利用方法は、ラウンジ入口でゴールドカードと搭乗券または「eチケットお客様控え」を提示するだけ。

旅行や出張をする際、LIFE CARD GOLD専用ラウンジを利用すると搭乗までの時間を優雅に過ごすことができます。  

 

LIFE Desk(日本語サービス)

LIFE Desk(日本語サービス)」は、海外のホテル・レストランの案内・予約、カードの紛失・盗難時の手続き案内などをしてくれる海外アシスタンスサービスです。

世界主要都市20か所に設置された会員専用窓口で現地スタッフが日本語で対応してくれるので、安心して海外旅行を楽しむことができます。

デポジット型ライフカード ゴールドを公式サイトでチェック

デポジット型ライフカード ゴールドのデメリット

キャッシングが利用できない

ショッピングに特化したクレジットカードであるため、キャッシングが利用できません

もし海外や国内でキャッシングサービスを利用されたい方は、キャッシングが利用できる年会費無料のサブカードを用意したほうがよいでしょう。  

 

デポジット(保証金)を預けなければならない

デポジット型であるため年会費に加え、デポジットとして20万円以上(不課税)を預けなければいけません。

ただし、あくまでデポジットは預り金ということなので、支払いの遅れがなければ退会時に返してもらえます。

しかしカード利用料の支払いが遅れた場合は保証金が使われることになるので、支払いには注意が必要です。

 

年会費がデポジット型ライフカードよりも高い

デポジット型ライフカード ゴールドは付帯保険やサービスが充実している分、通常のデポジット型ライフカードよりも年会費が高く設定されています

デポジット額によって年会費が異なるので注意しましょう。

デポジット額 20~90万円 100~190万円
限度額 20~90万円 100~190万円
年会費(税抜) 10,000円 20,000円
デポジット型ライフカード ゴールドを公式サイトでチェック

デポジット型ライフカードと比較

大まかな特徴はデポジット型ライフカードと共通なので、ここでは一般カードとの違いを見ていきましょう。

初期費用

券種 一般カード ゴールドカード
年会費(税抜) 5,000円 10,000円 20,000円
申し込み資格 日本国内にお住まいの20歳以上で、電話連絡が可能な方。
国際ブランド Mastercard
限度額 5万円 10万円 20万円~90万円 100万円~190万円
保証金必要額 5万円 10万円 20万円~90万円 100万円~190万円
付帯保険
  • 国内・海外旅行傷害保険
  • シートベルト傷害保険
  • 国内・海外旅行傷害保険
  • シートベルト傷害保険
  • ショッピングガード保険
ETCカード 発行不可 発行可能(年会費無料)

ゴールドカードだけあって、年会費は一般カードと比べて高額になります。

さらにデポジットが20万円以上なので、カード受け取り時に支払う金額は21万円(税抜)以上になります。

高額ではありますが、デポジットが上がったことで、限度額も最高190万円に引き上げられています。  

 

ゴールドカード内でもサービスが違う

表を見てわかるとおり、ゴールドカードの中でも限度額・デポジットが「20万円~90万円」「100~190万円」の2種類に分かれています。

おおまかなサービス内容は同じですが、「100~190万円」のみロードサービスが追加されます。

 

保険内容

ゴールドカードだけあって、保険内容はとても充実しています。

ゴールドカードの保険内容

海外旅行傷害保険(自動付帯)
対象 本人会員 ご家族
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
傷害治療費用 最高300万円/1事故 最高150万円/1事故
疾病治療費用 最高300万円/1疾病 最高150万円/1疾病
賠償責任 最高1億円/1事故(免責金額なし) 最高5,000万円/1事故(免責金額なし)
携行品損害 最高40万円/1事故 最高20万円/1事故
免責3,000円 免責3,000円
救援者費用 最高300万円/1年間 最高100万円/1年間
国内旅行傷害保険(自動付帯)
傷害死亡 最高1億円 最高1,000万円
傷害後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
入院日額 10,000円(フランチャイズ7日) 5,000円(フランチャイズ7日)
通院日額 4,000円(フランチャイズ7日) 2,000円(フランチャイズ7日)
手術保険金 入院中に受けた手術:入院保険金日額×10倍
上記以外に受けた手術:入院保険金日額×5倍
シートベルト傷害保険
補償内容 日本国内で自動車搭乗中にシートベルトを着用していた場合の事故を補償
※急激かつ偶然な外来の事故による傷害に限る
死亡 200万円
重度後遺障害 200万円
ショッピングガード保険(動産総合保険)
年間補償限度額 200万円
免責3,000円

 

一般カードの保険内容

海外旅行傷害保険(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高200万円/1事故
疾病治療費用 最高200万円/1疾病
賠償責任 最高2,000万円/1事故(免責金額なし)
携行品損害 最高20万円/1事故
免責3,000円
救援者費用 最高200万円/1年間
国内旅行傷害保険(利用付帯)
傷害死亡 最高1,000万円
傷害後遺障害 40万円~1,000万円
入院日額 5,000円(フランチャイズ7日)
通院日額 3,000円(フランチャイズ7日)
シートベルト傷害保険
補償内容 日本国内で自動車搭乗中にシートベルトを着用していた場合の事故を補償
※急激かつ偶然な外来の事故による傷害に限る
死亡 200万円
重度後遺障害 200万円

大きな違いは、ゴールドカードのほうが補償金額が高く、さらにショッピングガード保険が付帯している点です。

一部は家族特約も付いているので、カード会員ではない家族のアクシデントにも備えることができます。

デポジット型ライフカード ゴールドを公式サイトでチェック

まとめ

ゴールドカードは限度額・保険・その他サービスが充実している

審査が不安な方でも比較的作りやすいゴールドカード

デポジット額によって限度額だけでなく、年会費とサービスが異なる

デポジット型ライフカードは作り方が特殊ですが、使い勝手は普通の、審査で有利なクレジットカードです。

ゴールドカードの場合、カード受け取り時に預けるデポジット額によって年会費やサービスが変わるので、その点だけ注意しましょう。

「ゴールドカードが欲しいけれど審査に落ちてしまった」という経験がある方は、こちらのカードに挑戦してみてはいかがでしょうか。

デポジット型ライフカード ゴールドを公式サイトでチェック

スペック表

基本情報

国際ブランド
  • mastercard
申込資格 日本国内にお住まいの20歳以上で、電話連絡が可能な方。
審査/発行 最短3営業日
年会費 初年度 10,000円(税抜) ※初年度は代金引換※限度額・保証金によっては20,000円(税抜)
2年目以降 10,000円(税抜) ※2年目以降は口座振替※限度額・保証金によっては20,000円(税抜)
家族カード 初年度 取り扱い無し -
2年目以降 取り扱い無し -
ETCカード 初年度 無料 -
2年目以降 無料 -
発行手数料 無料 -
特典
法人追加カード 年会費
引落し口座
追加カード枚数

利用枠・支払い

利用限度枠 ショッピング 20万円~20万円 支払い方法 1回払い
キャッシング 公式サイト参照 2回払い -
利率 ショッピングリボ
※公式サイト参照
ボーナス払い -
リボ払い -
キャッシング
※公式サイト参照
分割払い -
その他 -
締め日 毎月5日 支払日 当月27日(翌月3日と選択可)

電子マネー

電子マネー

ポイントプログラム

ポイントプログラム名 LIFEサンクスプレゼント
付与率 100円 = 0.1ポイント
※ご利用金額に応じて1,000円=最大2ポイント※入会後1年間は1,000円=1.5ポイント個目お誕生日月はポイント3倍
有効期限 2年間
還元率 0.5~3.3% 最低交換条件 100ポイント
交換・還元方法 他社ポイント・マイルへの移行、カタログギフト、Vプリカに交換など
ポイントモール名
提携ネットショップ L-Mall(エルモール)

キャッシュバック

キャッシュバック機能 -

マイレージ

主な交換・移行可能マイレージ ANA
交換・還元率 300ポイント = 900マイル 最低交換単位 300ポイント以上/100ポイント単位
移行手数料 移行日数 約1ヶ月

付帯保険・補償

海外旅行傷害保険 最高1億円 (自動付帯) ショッピング保険 年間最高200万円まで(国内/海外)
国内旅行傷害保険 最高1億円 (自動付帯)
ネット不正利用保険 - 航空便遅延保険 -
その他の保険・補償 カード会員保障制度、シートベルト傷害保険

引落し対応

電気 北海道電力/東北電力/東京電力/中部電力/北陸電力/関西電力/中国電力/四国電力/九州電力/沖縄電力
ガス 仙台市ガス局/千葉ガス/大多喜ガス/東京ガス/大阪ガス/大和ガス/西部ガス
水道 東京都水道局/横浜市水道局/浜松市上下水道部/福岡市水道局/長崎市上下水道局
新聞 朝日新聞/毎日新聞/産経新聞/北日本新聞/中国新聞/南日本新聞
携帯電話・PHS NTT docomo/au/SoftBank/Y!mobile
固定電話 KDDI/フュージョンコミュニケーションズ
インターネットプロバイダー
受信料 NHK/スカパー!/WOWOW
その他 国民年金保険料/toto購入など

空港サービス

空港ラウンジ
利用
国内 プライオリティ
パス
国内
海外 海外

ロードサービス・ガソリン代特典

ロードサービス
ガソリン代特典 スタンド
特典内容

機能で絞り込める!クレジットカード検索

条件を入力してください

機能・特徴で選ぶ

年会費で選ぶ

国際ブランドで選ぶ

カードの種類で選ぶ

付帯カードで選ぶ

付帯保険・補償で選ぶ

マイレージで選ぶ

電子マネー付帯で選ぶ

支払日で選ぶ

クレジットカード 会社別一覧

銀行系
信販系
ガソリン
ネット・通信系
航空系
鉄道系
小売店
人材サービス

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。