ETC(電子料金収受システム)とは?

ETCって何?ETC利用の前に知っておくべきETCカードの基礎知識
【今月のイチオシ!】シェル スターレックスカード

カード利用額に応じてガソリン・軽油代が割引される、ドライバー必携のクレジットカード。
最大で、ハイオクなら13円/L割引、レギュラー・軽油なら8円/L割引の大幅割引!
もちろんETCカードは年会費無料!

の公式サイトでチェック

ETC(電子料金収受システム)とは?

有料道路で一番渋滞する場所はどこか? そう、それは料金所。 車を停めずに料金所を通過できたら、ドライブはもっと快適に。

そこで開発されたのがETC。ETCとはElectronic Toll Collection System(エレクトロニック・トール・コレクション・システム=電子料金収受システム)の事で、車に取り付けたETC車載器と料金所のアンテナが無線で交信することで、料金の自動支払いを行えるシステムで、これにより車は料金所をスムーズに通過。

料金は、基本的にクレジットカードを利用した後払いが可能になっている。

日本でも以前は高速道路の料金所で慢性的な渋滞に悩んでいた。そこで海外で導入されていたシステムを見習いシステムを開発。

1997年3月に小田原厚木道路小田原料金所で業務用の車輛を対象に試験運用が行われ、全国では2001年11月末に導入開始された。

ETCシステムを利用すると、有料道路の料金所で停止することなく通過できるため、ゴールデンウィークやお盆時期になると当たり前だった「○○インターチェンジ付近での渋滞50km」といった渋滞も大分解消された。

ETCの導入方法は?

なかなか便利なETC。導入するにはどういう手続きが必要なのか解説しよう。

まず、ETCシステムを利用するには「ETCカード」と、車に取り付ける「ETC車載器」が必要になる。

カードと車載器は別々になっていて、ETC車載器が取付された車なら、カード所有者がどの車を運転してもETCゲートの通過ができる。また友人の車を借りて、友人のETCカードで通過しても問題は無い。

ETCカードの申し込みと車載器の購入、セットアップは、それぞれ別々に行う必要がある。

導入方法は下記の1~3になる。

1.ETCカードの申込み

クレジットカード会社が発行するETCカードを取得

2.車載器の取付け

自動車販売店やカー用品店などで車載器を購入して取り付け

3.セットアップ

登録認可を受けたセットアップ店で車載器に車両情報をインプット

となっている。なお、車載器を2台以上の車両で共有することはできないので注意が必要。
ETC車載器取扱店では上記すべてまとめて対応してくれるところもある。

ETCの利用方法は?

車載器のセットアップが終わったら、ETCカードを車載器に挿入すればETCゲートを通過する事が可能。

ETCカードを持っていれば、自分の車はもちろん、車載器を装着した車ならどの車でも利用ができる。

例えば、自分のカードを知人から借りた車やレンタカーの車載器に入れて使用することも出来る。

ETCは、通信と料金の収受に関する規格が統一されているので、車載器のメーカーや種類とカード発行会社の組み合わせが問題になることは無い。

また、通行料金はカードの名義人に請求されるため、グループで旅行といった場合には、「行きの高速料金は鈴木さん、帰りの高速料金は佐藤さんが支払う」という使い方もできる。

初めて利用する際の注意点としては、ETCは高速道路の料金所にETCゲートという専用のゲートがある。ここを通過しないとETCでの決済は出来ない。必ずETCと明記されているゲートを通過しよう。

稀に「一般・ETC」と共有ゲートもあるが、これはETCで通過可能。

また、ETCゲートには開閉バーが取り付けてあり、車載器を通してETCカードでの決済をやり取りする。その際にカードの有効期限が切れていたり、カードを更新しないでいると開閉バーが開かずに事故を起こす可能性もあるので注意しよう。

同じく、開閉バーは無線でのやり取りがある為、稀に送受信が不具合を起こし開かないこともあるので、ゆっくりと通過する必要がある(原則20km)。急いでいても事故を起こしては元も子も無いので必ず厳守しよう。

ETC専用カード(分離型)

ETC専用カードとはクレジットカード会社が発行するETC決済に特化したカードの事。

有料道路のETCによる通行料金を精算するための機能に特化した専用のカードであり、ETC専用カード単体で発行することはできず、必ずクレジットカードの申込みが必要。

そのため、発行・取得するにはクレジットカード会社の審査が必然となる。

なお、発行は個人でも法人でも可能で、法人契約の場合、必要な枚数を一つの契約で発行し、利用料金の管理を一元化することも可能。

クレジットカード機能が一体化した一体型の場合、万一紛失や盗難に遭った場合にクレジットカード機能を悪用される心配があるが、専用カードの場合は分離型の為、そこまで神経質になる必要もない。

ドライブインやコンビニなどで少しの間車を離れる程度であれば車載器に挿入したままで良いという管理が楽な面がメリットと言える。

また、分離型と言っても、ETCでポイントが付いたりする特典は一体型と同じく使うことが出来る。

「有料道路をよく使う」「車載器に挿入したままでドライブしたい」「カードはたくさん持って、役割に応じて使い分けたい」という人には分離型のETC専用カードがおすすめ。

クレジットカード機能付ETCカード(一体型)

一体型のETCカードとはクレジットカード機能も、ETCカード機能も一枚のカードに一体となったETCカード。

有料道路で利用する際は、「ETCカード」兼「クレジットカード」として、料金所通過と同時に通行料金の支払いにも使うことが可能。

もちろん、一般のクレジットカード同様、普段の買い物や食事、公共料金の支払いなどにも使える。

カードの種類も豊富で、カード会社によってさまざまな特典も付与されているので、ライフスタイルに合わせて選ぶとよいだろう。

クレジットカードとしても使える為、「1枚でさまざまなシーンに対応可能なほうがいい」「カードの数はなるべく減らしたい」と言う人にはこちらがおすすめ。

ただし、クレジットカード機能があるので盗難には要注意。車を離れる際には必ず取り外しが必要だ。車を離れるたびに車載器から取り出すのが面倒な人は分離型にしよう。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードとは、クレジットカード契約をしなくてもETCを使えるよう、有料道路の通行料金支払い限定のETCカード。

高速道路会社6社(NEXCO東日本/中日本/西日本、首都高速道路(株)、阪神高速道路(株)、本州四国連絡高速道路(株))が共同して発行している。

クレジットカードを作りたくない、またはクレジットカードを作る事が難しい人でもETCが使えるのがメリット。

しかし申し込みにあたっては、保証金(デポジット)の預託が条件で、またカード1枚あたり1,234円(税込)の年会費が必要となる。

なお利用した通行料金は、銀行などの口座から1ヶ月単位で引き落としとなり後払いとなる。

ETCパーソナルカードのデポジットは、月の平均利用額を5,000円単位で切り上げた額の4倍、または年間最高利用月額を2万円単位で切り上げた額のどちらかで金額の高い方が選択され、その金額を預託する必要がある。

また月平均利用額に関しては、利用額が10,000円未満の場合は10,000円として計算される。

デポジットの計算方法

たとえば平均利用月額が4,500円、年間最高利用月額が42,000円の場合

  • 10,000円×4=40,000円(4,500円は切り上げ)
  • 42,000円を20,000円単位で切り上げ=60,000円

この2つを比較して高いほうの金額である2番の「60,000円」をデポジットとして預託しなければならない。
しかもデポジットはあくまで保証金のため、通行料金の支払いに充てることは不可。別途利用料金を支払う為、ユーザーにとっては負担の大きいETCカードと言える。

ETCコーポレートカード

NEXCO東日本・中日本・西日本が発行する大口・多頻度割引を利用する者に貸し出しするETCカード。

法人だけでなく、個人利用も可能で、NEXCO各社に申込みを行うと、信用保証や預託金の納付などで貸し出しを受けることが出来、1車両に1枚のETCコーポレートカードが発行される。

一般のETCカードとの違いは、ETCコーポレートカードと車両の組み合わせが決まっている事で、カードに記載された車以外では利用できない規則となっている(例外はある)。

記載された車両以外で利用した場合には割引が不適用となったりするペナルティを科せられる。利用料金は月締めで請求され後払いができる。

ETC車載器とは?

ETCシステムを利用するために必要な「ETC車載器」とは、有料道路における料金所のETCレーン通過する際に、ETCレーンに設置されたアンテナと無線を使って料金情報を情報交換する為の機材。

車載器事態に精算(支払い)機能は無いので、必ずETCカードの挿入が必要となる。

また車載器の取り付けは認可を受けたショップでの「セットアップ」が必要となるセットアップについては後述

車載器は自動車関連用品の取扱店や家電量販店など以外にも、インターネットショップなどでも購入できるので機能や人気、価格などを比較したうえで購入するのが良いだろう。

機能としては、ETCレーンが近づいた際にやカード抜き忘れ、ETCカードの有効期限を音声案内する機能が付いたものなど、様々な機能があり種類も豊富で、安いものでは5,000円台から、高いものでも50,000円台ぐらいで購入できる。

またカーナビと一体化した機能性の高い車載器もあるので、新しいカーナビを導入予定の場合は車載器の機能をチェックするのも良いだろう。

ETC車載器の種類は3つ

ETC車載器には、大きく分けて3つのタイプがある。使い勝手やデザイン、価格など、ライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめだ。

2ピースタイプ

ETCの通信情報を処理したりカードの着脱部分などがある本体と、アンテナが一体になったタイプ。

取付位置は、車のダッシュボードの上、無線通信の妨げにならないように取り付けする。

アンテナが一体となった車載器とETCカードの「2ピース」から構成されている。

比較的安価で取り付けが簡単というメリットがある半面、「ダッシュボードの上にド~ン!と鎮座するので見た目がちょっと…」という声や、「カードを抜き忘れると外から丸見えなのでセキュリティ上不安…」などの声も。

3ピースタイプ

本体とアンテナ、ETCカードの「3ピース」から構成されているタイプ。ダッシュボードの上に取り付けるのは小型のアンテナだけ。

本体は車内であれば、自分の使いやすい場所に設置することが可能だが、ETCカードの着脱部があるため、運転席から着脱しやすい場所に取り付けるようにしよう。

またナビ連携モデルも多く、音声案内ほかの機能も充実。
ダッシュボードにはアンテナのみなので見た目はスッキリで、カードが外から見えない位置に本体を設置することで安全面も問題は無い。

ただし、2ピースタイプに比べると値段は高めで、「取り付け費用が高い」という声も。

ビルトインタイプ

車内のインテリアとデザインを一体化したタイプ。アンテナはフロントガラス上部に装着したり、ルームミラーに組み込まれているものもある。

本体のほうは、「インパネのポケットにスッキリ」「オーディオ下の小物入れに装着」など、自動車メーカー各社がそれぞれ独自性を競っている。
またビルトインタイプにも、本体アンテナ一体型、本体アンテナ分離型がある。

デザインにこだわるなら、このタイプがおすすめ。
インテリアの一部に組み込まれているため、見た目も気にならないはず。これから新車を買う予定が場合はビルトインタイプを検討するのも良いだろう。

ETC車載器のセットアップは登録店で

車載器を取り付けたら、最後に必要なのはセットアップ。

セットアップとは取り付ける車両の情報を車載器に登録する事を指し、ナンバープレート情報(車検証記載の自動車登録番号および車両番号)が含まれる。したがってナンバープレートを変更する際は、再びセットアップをしなければいけない。

また、セットアップに関しては、セットアップ店で行う必要がある。ETCは料金収受の情報を無線でやり取りするため、安全面も含め、特殊かつ高度なセキュリティ処理が必要となるからだ。

その為セットアップ店は登録制となっていて、登録には非常に厳しい審査がある。

現在では、全国に約26,000店ある登録されたセットアップ店(「ETC SHOP」のステッカーが目印)のみで実施可能で、登録されていない店や個人ではセットアップをすることは出来ない。

セットアップには2種類の申込み方法があり、店により異なる。特に急ぐ場合など、事前に店舗で確認を。

オンラインセットアップ店

ORSEと呼ばれる情報発行元とETC SHOPの間でセットアップ情報をオンラインで送受信する。

短時間でのセットアップが可能なため、ETCカードを持っていれば、申込をしたその日からETCが利用可能。
「今すぐETCを利用したい」と言う場合はこちらがおすすめ。

オフラインセットアップ店

ORSEと呼ばれる情報発行元とETC SHOPの間で、セットアップ情報をFAXや郵送でやり取りをする。

オンラインに比べ両者間の情報伝達に時間がかかるため、申込からETCが利用できるようになるまで1週間程度の時間が必要となる。

また、セットアップが完了すると「セットアップ証明書」が発行されるがこれを無くなさいように保管しなければならない。

証明書には再セットアップ時やマイレージサービスなどのサービスを申込む際に必要となる様々な情報を含んでいる為、車検証などと同様にしっかりと取り扱うことが必要。

このカテゴリーのページ一覧

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。