自動車税をクレジットカードで支払うメリット|おすすめカード紹介

自動車税 アイキャッチ

この記事でわかること

クレジットカードで自動車税を支払うメリット・注意点

クレジットカードで自動車税を支払う方法

おすすめクレジットカード

毎年、自動車税を支払っているそこのあなた!

「自動車税をクレジットカードで支払えたら、カードのポイントも貯まるのにな・・・」
「自動車税をコンビニで支払いたいけど、クレジットカードって使えるの?」

こんな疑問はありませんか?
そもそも、自動車税をクレジットカードで支払えるのかどうかも気になるところです。

今回は自動車税をクレジットカードで支払うメリット・注意点や、クレジットカードで支払う方法について解説していきます!

自動車税はクレジットカード払いできる

自動車税 クレジットカード(注意点画像)

自動車を持っている人は支払の義務のある自動車税ですが、毎年どのような方法で支払っていますか?

一般的な支払い方法は払込用紙を持って金融機関やコンビニなどで払うという方法ですが、この場合は高額な現金を手元に用意しなくてはいけませんよね。

こんなときこそクレジットカード払いがおすすめです。
自動車税は現金を持ち歩かなくても、スマートフォンやPCを使って自宅にいながら、クレジットカードで支払うことができるんです。

クレジットカード払いなら、カードのポイントも一気に貯められるチャンスなのでクレジットカード払いにするのがおすすめ!

参考までに、自動車税の税額を表にまとめましたので自分の対象の金額がいくらなのか確認してみてください。

排気量 税額/年
(2019年9月以前の購入)
税額/年
(2019年10月以前の購入)
軽自動車 10,800円 10,800円
1000㏄以下 29,500円 25,000円
1001㏄~1500㏄以下 34,500円 30,500円
1501㏄~2000㏄以下 39,500円 36,000円
2001㏄~2500㏄以下 45,000円 43,500円
2501㏄~3000㏄以下 51,000円 50,000円
3001㏄~3500㏄以下 58,000円 57,000円
3501㏄~4000㏄以下 66,500円 65,500円
4001㏄~4500㏄以下 76,500円 75,500円
4501㏄~6000㏄以下 88,000円 87,000円
6001㏄~ 110,000円 110,000円

 

自動車税をクレジットカードで払うメリット

自動車税をクレジットカードで支払うメリットは主に2つあります。

 

自宅で簡単に納付できる

先ほども少し書きましたが、郵送で送られてくる「自動車税納税通知書」に書いてあるURLにアクセスをすれば、PCやスマートフォンから簡単に自動車税を納付することができます。
必要情報をするだけなので、ほんの数分もあれば納税が完了します。

この方法なら24時間いつでも納税が可能なので、忙しくてなかなか支払いにいけない人にはピッタリです!

支払った後、「お支払い手続き完了のご案内」というものが入力したメール宛てに届くので、支払った証拠を残しておくことももちろん可能です。

 

クレジットカードのポイントが貯まる

クレジットカードをポイントの還元率を基準に選んでいる人も多いと思います。

ポイントを一気にたくさん貯めようと思ったとき、高額な買い物をしなくてはいけません。
しかし高額な買い物は頻繁にしないものですよね。

そんなとき、自動車税を含む公共料金などをクレジットカードで支払えばポイントをたくさん貯めることができます

金融機関やコンビニで現金納付する場合はポイントは貯まらないので、クレジットカード払いをする大きなメリット!

 

自動車税をクレジットカードで支払う際の注意点

自動車税をクレジットカードで支払うメリットはありますが、注意点もあるので確認していきましょう。

 

決済手数料がかかる

金融機関で直接支払った場合には必要のない「決算手数料」が必要になります
手数料の金額は納付をする自治体によって多少変わりますが、330円(税込)の所が多いようです。

自動車税をクレジットカードで支払う前に、クレジットカードの還元率を確認して、現金払いとクレジットカード払いではどちらがお得になるか調べておくとよいかもしれません。

参考までに主要都市での手数料を表にまとめました。
これ以外の都市は、各自治体のホームページをご参照ください。

自治体 手数料(税込)
北海道 330円
岩手県 330円
千葉県 330円
東京都 1万円まで80円
以降1万円ごとに80円加算
神奈川県 330円
愛知県 1万円ごとに80円
大阪府 330円
兵庫県 330円
広島県 330円
福岡県 330円

 

納付証明書の発行に時間がかかる

メリットの項目で「お支払い完了のメールが届く」と書きましたが、これはあくまでもWEB上で支払が完了したことをお知らせするだけで、公的な証明書とは異なります。

車検のときなどには必ず「納付証明書」が必要です
金融機関やコンビニで現金で自動車税を支払った場合は、その場で納付証明書を発行してもらえますが、PCやスマートフォンから納税した場合は証明書が発行されるまでおよそ2~3週間かかります

車検の期限が近い場合や、車検の予約をしている場合、クレジットカード払いはあまりおすすめできません。

しかし、自治体によっては納税確認の電子化を取り入れているところもあるようなので、車検時に納税証明書を提示する必要がない場合もあるようです。

 

自動車税を支払う2つの方法

「自動車税をクレジットカードで支払う」と言っても、銀行や郵便局などの金融機関では現金のみの取り扱いでクレジットカードで支払うことはできません

では、自動車税をクレジットカードで払えるのはどんな条件のときなのでしょうか?
自動車税をクレジットカードで支払う方法は下記の2つになります。

  1. PCやスマートフォンから自動車税納付サイトへアクセスして、クレジットカード情報を入力して支払う。
  2. nanacoを使ってコンビニ(セブンイレブン)で支払う
まずは1の方法について詳しく解説していきます。

 

PCやスマートフォンから自動車税を支払う方法

4月中に郵送で「自動車税納税通知書」というものが届きます。
その封筒の裏面に、自動車税をクレジットカードで支払う際のURLが記載されているはずです(自治体によっては、URL記載場所が異なる可能性があります)。

そのURLにアクセスし、必要情報(納付番号・確認番号・納付区分・クレジット情報)を入力するだけで納付が完了となります。

この方法なら、わざわざ金融機関やコンビニに出向かなくても自宅にいながらほんの数分で自動車税を支払うことができます。
忙しくてなかなか自動車税を払いに行けない人こそ、サクっと払えるクレジットカード払いがとても便利!

 

コンビニではnanacoで自動車税を支払える

自動車税は、PCやスマートフォンを使って自宅からも支払えることはおわかりいただけたかと思いますが
「コンビニに行く用事があるから、ついでに自動車税も一緒に払いたい!だけどクレジットカードで支払えるんだろうか・・・?」

そんなふうに疑問に思う方もいるかと思います!

結果から言うと「コンビニでもクレジットカードで自動車税を支払うことはできます。ただし、nanacoにチャージした場合のみ」という答えになります。

つまり支払えるコンビニはセブンイレブンのみということになります。
では具体的にどういうことなのか次の章で詳しく説明したいと思います!

nanacoにチャージして支払う方法

まずはnanacoカードを発行しましょう。
nanacoカードはセブンイレブン、イトーヨーカドーなどで店頭に設置されている申込書から申し込みをすることができます。

nanacoカードはチャージ式のカードなので、nanacoにお金をチャージする必要があります。
ここがポイントです!

ガマ蔵
nanacoカードにチャージするときはクレジットカードでチャージするんや!
クレジットカードからチャージしたnanacoで支払えば、クレジットカード利用分のポイントをゲットすることができるんや。
現金でチャージした場合はクレジットカードにポイントはつかへんで気ぃ付けや~。

 

ポイントが貯まりやすいおすすめクレジットカード

メインカードとしてお得に使えるのはもちろん、年会費が無料でポイントの還元率も高い、自動車税をクレジットカード払いするのにおすすめカードをご紹介したいと思います。

楽天カード

楽天カード
年会費(本会員) 無料
年会費(家族会員) 無料
国際ブランド
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
ポイントプログラム 楽天スーパーポイント
ポイント還元率 1%~
主な特典
  • 海外旅行傷害保険(利用付帯):最高2,000万円
  • ネット不正あんしん制度

数あるクレジットカードの中でも、顧客満足度1位を何度も獲得しているクレジットカードです。

楽天カードの魅力は何と言ってもポイントの貯まりやすさ!
楽天グループの利用だけでなくミスタードーナツやマクドナルドなどの店舗でもポイントを貯めることができます!

 

Orico Card THE POINT

年会費(本会員) 無料
年会費(家族会員) 無料
国際ブランド
  • Mastercard
  • JCB
ポイントプログラム オリコポイント
ポイント還元率 1%~
主な特典
  • 電子マネーiD・QUICPayを同時搭載
  • 入会後6か月間ポイント2倍

オリコが誇る、年会費無料の高還元クレジットカード!

楽天カードと同じくポイント還元率は1%ですが、入会後6か月間はポイント2倍!

会員専用のショッピングモール「オリコモール」を経由してお買い物をすることで、ポイント還元率が1%以上プラスされます。

 

リクルートカード

年会費(本会員) 無料
年会費(家族会員) 無料
国際ブランド
  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
ポイントプログラム リクルートポイント
ポイント還元率 1.2%~
主な特典
  • 海外旅行傷害保険(利用付帯):最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険(利用付帯):最高1,000万円
  • ショッピング保険(国内・海外):年間200万円
  • 一部電子マネーのチャージでポイントが貯まる

リクルートカードの魅力は、何といっても高還元率であること
還元率1%のカードが多い中でリクルートカードの還元率は何と1.2%!
ここまでの還元率のカードは、年会費無料のカードの中ではほとんどありません。

カードの名前からもわかる通り、リクルートグループ(じゃらん、ホットペッパーなど)でカードを利用すると、さらにお得にポイントを貯めることもできます。


その他の高還元カードはポイント高還元率のおすすめクレジットカード比較をご覧ください。

 

まとめ

車を持っている人は、毎年支払わなくてはいけない自動車税。
どうせ支払うなら、自動車税もクレジットカードで支払ってカードのポイントをお得にゲットしちゃいましょう!

最近では、PCやスマートフォンからでも簡単にクレジットカード払いが可能になったので、時間を有効に使うこともできます。
ただ、メリットばかりでなく手数料が発生するので、現金払いかクレジットカード払いかどちらがお得かよく考えて、賢くクレジットカードを利用してください。

今まで現金で自動車税を支払っていた方!
自動車税の納付期限が迫ってきたら、クレジットカード払いも検討してみてください。

上記のクレジットカード以外にもおすすめクレジットカード を紹介していますので、参考にしてみてください。

クレジットカード忍法帖

クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

プライバシー対策も万全です。 プライバシーポリシー
クレジットカード忍法帖はシェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ上場)が運営するサイトです。
JPXロゴ
シェアリングテクノロジー株式会社
証券コード:3989

当サイトに関する注意事項

  1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
  2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
  3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
  4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
  5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。